Top>音楽ジャンル>ビリー バンバン

ビリー バンバン

デビューから解散まで

1966年に当時青山学院大学の学生であった進が友人達四人組のバンドとして結成。翌年メンバーチェンジが行われ、孝とパーカッションの中野光雄(後のせんだみつお)の三人組のバンドとなる。
その頃から、アマチュアバンドに物凄い腕前の持ち主がいるとの噂が音楽業界関係者の間に広まり、浜口庫之助の指導を受け、紆余曲折を経てビリーバンバンは孝と進による兄弟デュオとして、「白いブランコ」でキングレコード(SEVENSEAS)よりメジャーデビュー、20万枚を超える売上となり、一躍フォークシンガーの代表的存在として人気を得る。この曲は当初「星空のハプニング」のB面曲として発表される予定であったが、ニッポン放送のディレクター井村文彦のアドバイスにより、発表直前にA面とB面が入れ替えられたというエピソードがある。レコーディングで曲の冒頭にトランペットが勝手に入れてあり、これに怒った進がスタッフに抗議したという話がある。一方の孝は、与えられた曲を歌えばいいという考えで特に何も言わず、進のフォローに回ることが多かった。
その後人気は低迷するものの1972年、テレビドラマ『3丁目4番地』(日本テレビ)の主題歌である「さよならをするために」が約80万枚の大ヒット、その年の『第23回NHK紅白歌合戦』にも出場。当時のフォークシンガーは、自分の手で作詞、作曲をし、それを歌う物という風潮が強く、石坂浩二作詞、坂田晃一作曲の曲に対して進は躊躇しレコーディングを当日にすっぽかしたという逸話が残っている(後に進は本当はいい曲だったと語っている)。この頃から、お互いの考え方に違いが生じ始め、1976年に解散。孝は司会者として、進は歌手として、作曲家として己の道を行くこととなる。
検索結果 139 件の見つかりました。
並び替え=> 最新閲覧数順 総合閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
 
また君に恋してる
取り扱い開始日:2007-11-07
また君に恋してる
ひとりぼっち、ふたりぼっち
If(日本語ヴァージョン)
また君に恋してる(カラオケ)
40周年記念ベストアルバム テーマ・ソング コレクション~また君に恋してる~(DVD付)
取り扱い開始日:2009-08-26
ロッテ::小さな瞳 (MONO)
アデランス::白いブランコ
集英社::ヴァンタンの子守唄
さよならをするために
コカ・コーラ::うるおいの世界・街編 (噴水編)
ANA::雪に抱かれて
サントリー::琥珀色の日々
ライオン::あなたのためなら
天狗
iichiko::遅すぎた季節
iichiko::砂漠の薔薇
週刊朝日::TUESDAY’S LOVE
ボクらはいつも片方の靴
iichiko::今は、このまま
iichiko::君の詩
春夏秋冬
iichiko::夢を紡ぐ季節 ~時は今、君の中~
iichiko::また君に恋してる
NHKラジオ「深夜便のうた」::時のしずく
白いブランコ (アカペラ・バージョン) [Bonus Track]
IBIZA (1988)
Cardiff (1992)
AEGEAN SEA (1993)
CORSICA (1997)
L’OASIS (1999)
St.PETERSBURG (2004)
BOSTON (2006)
BERNINA (2008)
決定版 ビリー・バンバン
取り扱い開始日:2007-11-21
白いブランコ
遅すぎた季節
さよならをするために
珊瑚色の天使
夢の中へ帰ろう
季節は回転木馬のように
君には君しかないのだから
あざやかな季節の中を
海が聴こえる
Sun is rising
まだ愛せそうだ
ガラス越しの君にメリー・クリスマス
青春の光と影
悲しみのジェット・プレーン
明日に架ける橋
雨にぬれても
セカンド・プロポーズ
取り扱い開始日:2009-01-14
終わりなき夢
二度目のWedding bell ~セカンド・プロポーズ~
また君に恋してる
木の葉揺れるままに
ラヂオのうた
もっと君を
GOLDEN☆BEST ビリー・バンバン+菅原進
取り扱い開始日:2009-12-16
白いブランコ (1972年再録音音源)
恋の花うらない
ミドリーヌ (1972年再録音音源)
悲しみの中に (1972年再録音音源)
白い風とすずらん (1972年再録音音源)
ふたり
ドアを開けたら
ヴァンタンの子守唄
みにくいあひるの子
さよならをするために
れんげ草
子供たちをよろしく
愛すべき僕たち
目覚めた時には晴れていた
思い出を作ろう
やさしい雨
風のように砂のように
青春の道程
あなたのためなら
誓います
横浜に鐘が鳴る
1965年夏
ラッシュアワー
愛のある景色
都会はストレンジャー
雪に抱かれて
悲しみのむこうに
琥珀色の日々
長い髪の少女
WOMAN WOMAN
瞳に映して
時は今、君の中
モダンタイムス
ジュリエット
プールサイド
想い出の雨音
ララバイ
蒼空より愛をこめて
ファーラウェイ
白いブランコ
ゴールデン☆ベスト ビリー・バンバン ~また君に恋してる~
取り扱い開始日:2010-09-29
また君に恋してる
二度目のWedding bell~セカンド・プロポーズ~
もっと君を
木の葉揺れるままに
終わりなき夢
ラヂオのうた
春夏秋冬
夢を紡ぐ季節~時は今、君の中~
AGAIN~ラブソングをもう一度~
君の詩
今は、このまま featuring 坂本冬美
ボクらはいつも片方の靴
砂漠の薔薇 ROSE DE SABLE
遅すぎた季節
さよならをするために
白いブランコ
時のしずく
全曲集
取り扱い開始日:2005-12-07
白いブランコ(ニューバージョン)
遅すぎた季節
さよならをするために(ニュー・バージョン)
珊瑚色の天使
夢の中へ帰ろう(シングル・バージョン)
季節は回転木馬のように(シングル・バージョン)
君には君しかないのだから
あざやかな季節の中を
海が聴こえる
Sun is rising
まだ愛せそうだ
ガラス越しの君にメリー・クリスマス
青春の光と影
悲しみのジェット・プレーン
明日に架ける橋
雨にぬれても
時には母のない子のように (カルメン・マキ)
白いブランコ (ビリー・バンバン)
みんな夢の中 (高田恭子)
夜明けのスキャット (由紀さおり)
白いサンゴ礁 (ズー・ニー・ブー)
どしゃぶりの雨の中で (和田アキ子)
別れのサンバ (長谷川きよし)
真夜中のギター (千賀かほる,新室内楽団)
坊や大きくならないで (マイケルズ)
遠い世界に (五つの赤い風船)
港町ブルース (森進一)
池袋の夜 (青江三奈)
風が落した涙 (小川ローザ)
オー・チン・チン (ハニー・ナイツ)
恋の奴隷(奥村チヨ)
人形の家 (引田三枝子,スリーシンガーズ)
フランシーヌの場合 (新谷のり子,古賀力)
風 (シューベルツ)
禁じられた恋 (森山良子)
或る日突然 (トワ・エ・モワ)
いいじゃないの幸せならば (佐良直美)
悲しみは駆け足でやってくる (アン真理子)
オリビアの調べ (フォーリーブス)
粋なうわさ (ヒデとロザンナ)
夜が明けたら (浅川マキ)
長崎は今日も雨だった (内山田洋とクールファイブ)
熱海の夜 (箱崎晋一朗)
忘れたいのに (I Love How You Love Me) (モコ・ビーバー&オリーブ)
私もあなたと泣いていい? (兼田みえ子)
雨に濡れた慕情 (ちあきなおみ,コロムビア・オーケストラ)
檸檬 Lemon
船旅
道程-みちのり-
明日への扉 (放送バージョン)
向日葵の影
恋 はるか
ふるさとの山に向ひて
遥かな町
松島春秋
約束は心の中に
未来へのたすき
ラヂオのうた (ボーナストラック)
さよならをするために
太陽がくれた季節
冬物語
傷だらけの天使
「太陽にほえろ!」のテーマ
僕にまかせてください
「前略おふくろ様」メイン・テーマ
無縁坂
「大都会」のテーマ
「大追跡」のテーマ
「祭ばやしが聞こえる」のテーマ
ガンダーラ
カリフォルニアコネクション
男達のメロディー
ロンリー・マン
結婚しようよ
あの素晴しい愛をもう一度
さらば青春
春夏秋冬
我が良き友よ
また逢う日まで
学生街の喫茶店
これが青春だ
心の旅
岬めぐり
ふれあい
初恋
旅立ち
「いちご白書」をもう一度
わかって下さい
さらば涙と言おう
あなた
白いブランコ (再録音源)
卒業写真
出発の歌
青春時代
裏切りの街角
あなただけを
空に太陽がある限り
旅の宿
翼をください
遠い世界に
この広い野原いっぱい (再録音源)
太陽がくれた季節
サルビアの花
酒と泪と男と女 (再録音源)
きみの朝
あずさ2号
精霊流し
冬が来る前に
恋人よ
白い冬
夕暮れ時はさびしそう
なごり雪
プレミアム・ベスト ビリー・バンバン
取り扱い開始日:2009-06-24
白いブランコ
れんげ草
さよならをするために
やさしい雨
子供たちをよろしく
ミドリーヌ
愛すべき僕たち
天使は踊る
白い風とすずらん
目覚めた時には晴れていた
みにくいあひるの子
すぎ去った日々
白い馬に乗って
野バラの咲いてた道
思い出を作ろう
自由を求めて
恋人も濡れる街角
けんかをやめて
赤道小町ドキッ
長い夜
ジェニーはご機嫌ななめ
愛の水中花
ガンダーラ
夏のお嬢さん
飛んでイスタンブール
キャンディ
マイ・ラグジュアリー・ナイト
わかって下さい
面影
サボテンの花
結婚するって本当ですか
学生街の喫茶店
太陽がくれた季節
さよならをするために
真夏の出来事
さらば恋人
四つのお願い
経験
白い蝶のサンバ
白い色は恋人の色
真夜中のギター
人形の家
フランシーヌの場合
白いサンゴ礁
ブルー・ライト・ヨコハマ
愛の奇跡
今は幸せかい
亜麻色の髪の乙女
恋のしずく
白馬のルンナ
ブルー・シャトウ
涙の太陽
青葉城恋唄/さとう宗幸
空に星があるように/荒木一郎
酒と泪と男と女/河島英五
赤とんぼの唄/あのねのね
冬物語/フォー・クローバース
さよならをするために/ビリーバンバン
ダスティン・ホフマンになれなかったよ/大塚博堂
池上線/西島三重子
雨やどり/さだまさし
精霊流し/グレープ
あなた/小坂明子
帰らざる日のために/いずみたくシンガーズ
口笛天国 ナレーション
愛燦燦
シクラメンのかほり
ナレーション
愛は傷つきやすく
野に咲く花のように
ふりむけばヨコハマ
ナレーション
ブルー・シャトウ
白いサンゴ礁
さらば恋人
ガンダーラ
ナレーション
白いブランコ
白い色は恋人の色
なごり雪
贈る言葉
ナレーション
心の旅
飛んでイスタンブール
大空と大地の中で
会いたい
少年時代
ナレーション
夏色のナンシー
けんかをやめて
聖母たちのララバイ
ナレーション
俺たちの旅
愛の水中花
もしもピアノが弾けたなら
ナレーション
壊れかけのRadio
木蘭の涙
最後の雨
ナレーション
見上げてごらん夜の星を
喝采
時の流れに身をまかせ
花と小父さん
ナレーション
もしかして <ボーナス・トラック>
愛は祈りのようだね~Northern Lights~
取り扱い開始日:2012-02-22
愛は祈りのようだね
雨の組曲
もう涙は
枯れたがる薔薇
岸辺のふたり
心からの魔法
れんげ草 (新録) (ボーナス・トラック)
名選集
取り扱い開始日:2005-04-27
さよならをするために
白いブランコ
れんげ草
目覚めた時には晴れていた
愛すべき僕たち
やさしい雨
ミドリーヌ
子供たちをよろしく
想い出を作ろう
白い馬に乗って
すぎ去った日々
ふたり
愛のおくりもの
ロング・アンド・ワインディング・ロ-ド
レット・イット・ビー
コンドルは飛んで行く
明日に架ける橋
この道をどこまでも
春夏秋冬
取り扱い開始日:2006-02-15
君の詩
春夏秋冬
君には君しかないのだから
If
虹と共に消えた恋
花のほとり
白いブランコ
ボクらはいつも片方の靴
涙の糸
さよならのあとで
生きるよろこびを
ひとりの悲しみ
未成年
哀愁の六本木
孤独な少女
京都・神戸・銀座
フラワー・ボーイ
夜霧のトランペット
フランス人のように
花と海
渚に夢ひとつ
星が降るまで
愛すべき僕たち
恋はうそつき
思いきらずにいられない
さらば恋人
恋人なんかすてちまえ
運がよければいいことあるさ
ベィビー,勇気をだして
恋人時代
ともしび(ダーク・ダックス)
山のロザリア(ボニー・ジャックス)
この広い野原いっぱい(小林啓子)
小さな日記(倍賞千恵子)
北上夜曲(ダーク・ダックス)
北帰行(ボニー・ジャックス)
夏の思い出(日本女声合唱団)
おもいでのアルバム(芹洋子)
四季の歌(芹洋子)
知床旅情(ダーク・ダックス)
惜別のうた(ダーク・ダックス)
忘れな草をあなたに(ヴォーチェ・アンジェリカ)
川は流れる(仲宗根美樹)
遠くに行きたい(上條恒彦)
かあさんの歌(合唱団 白樺)
琵琶湖周航の歌(ボニー・ジャックス)
若者たち(ビリー・バンバン)
たんぽぽ(アンサンブル・ヴェルソー)
雪山讃歌(ダーク・ダックス)
遥かな友に(ボニー・ジャックス)
1 2 3 4 5 6 7