Top>音楽ジャンル>メン アット ワーク

メン アット ワーク

来歴

1979年にデビュー。1981年にアルバム『ワーク・ソングス(BusinessasUsual)』をリリース。アルバムの好評を受けて1982年に世界進出する。いきなり「ノックは夜中に(WhoCanItBeNow?)」、「ダウン・アンダー(DownUnder)」の2曲の全米ナンバーワンヒットを放ち、グラミー賞最優秀新人賞にも輝いた。
コリン・ヘイの飄々とした歌声と、オーストラリアのことを世界地図の下側にあるから自虐的に「ダウン・アンダー」と表現するユーモアセンスが受け、一時はオーストラリアのロックを指して「オージー・ロック」なる言葉も生まれるほど、シーンに対する影響力を持った。
初来日は1983年4月。招聘元はVANProduction(現H.I.P)。中野サンプラザで始まり渋谷公会堂で終る。
余勢を駆って次作の『カーゴ』もヒットするが、メンバーの脱退もあって後が続かず、1985年に活動を停止。ヘイはソロ活動に移行したが成功には至らなかった。
1996年に再結成され、2000年にシドニーオリンピックの閉会式においてライブパフォーマンスを行った。

メン アット ワーク ワム!

検索結果 8 件の見つかりました。並び替え=> 閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
取り扱い開始日:2008-09-10
ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ / ワム!
ガール・ジャスト・ワナ・ハブ・ファン / シンディ・ローパー
アップタウン・ガール / ビリー・ジョエル
マニック・マンデイ / バングルズ
ザッツ・ザ・ウェイ / デッド・オア・アライヴ
クロス・マイ・ハート / エイス・ワンダー
ノックは夜中に / メン・アット・ワーク
ヒーロー / ボニー・タイラー
心の道標 / ポール・ヤング
コンガ / マイマミ・サウンド・マシーン
フェイマス / ブロス
それ行け!ウィークエンド / ラヴァーボーイ
アフリカ / TOTO
永遠の愛の炎 / チープ・トリック
おもちゃの兵隊 / マルティカ
トーキング・イン・ユア・スリープ / ロマンティックス
取り扱い開始日:2008-09-10
オープン・アームズ / ジャーニー
セクシャル・ヒーリング / マーヴィン・ゲイ
イッツ・ア・ミステイク / メン・アット・ワーク
愛のかげり / ボニー・タイラー
カム・バック・アンド・ステイ / ポール・ヤング
マグネティック / アース・ウィンド&ファイアー
カモン・フィール・ザ・ノイズ / クワイエット・ライオット
恋のかけひき / ワム!
パーティー・オール・タイム / エディ・マーフィー
冷たくしないで / チープ・トリック
スウィーテスト・タブー / シャーデー
アイル・ビー・オーヴァー・ユー / TOTO
ブランド・ニュー・ラヴァー / デッド・オア・アライヴ
トゥルー・カラーズ / シンディ・ローパー
浮気なテディ・ボーイ / エイス・ワンダー
テイク・ミー・ホーム・トゥナイト / エディ・マネー
胸いっぱいの愛 / バングルス
アイ・オウ・ユー・ナッシング / BROS
レッツ・グルーヴ (アース、ウィンド&ファイアー)
ドリーム・ポリス (チープ・トリック)
ダウン・アンダー (メン・アット・ワーク)
ロック・ザ・カスバ (クラッシュ)
ロザーナ (TOTO)
テル・ハー・アバウト・イット (ビリー・ジョエル)
シー・バップ (シンディー・ローパー)
99レフト・バルーンズ (ネーナ)
ロック・イット (ハービー・ハンコック)
イッツ・レイニング・メン (ウェザー・ガールズ)
スムース・オペレイター (シャーデー)
ウォーク・ライク・アン・エジプシャン (バングルズ)
エヴリタイム・ユー・ゴー・アウェイ (ポール・ヤング)
ヴォイス・キャリー (ティル・チューズデイ)
ユー・スピン・ミー・アラウンド (デッド・オア・アライヴ)
ファイナル・カウントダウン (ヨーロッパ)
ロスト・イン・エモーション (リサ・リサ&カルト・ジャム)
ステイ・ウィズ・ミー (エイス・ワンダー)
イントロダクション~ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ
明日への願い
消えた恋
メンフィス・イン・ユア・マインド
リンゴと彼のドラムス
ロンリー・イズ・ザ・ナイト/ビリー・スクワイア
フリー・ライド/エドガー・ウィンター
ダウン・アンダー(メン・アット・ワークのカヴァー)/コリン・ヘイ
夢織り人/ゲイリー・ライト
ボーイズ
ピック・アップ・ザ・ピーセズ(アヴェレージ・ホワイト・バンドのカヴァー)
想い出のリヴァプール
アクト・ナチュラリー
イエロー・サブマリン
フランケンシュタイン/エドガー・ウィンター
オール・スター・バンド・イントロダクション
ネヴァー・ウィズアウト・ユー
チューズ・ラヴ
ザ・ストローク/ビリー・スクワイア
ワーク・トゥ・ドゥ(アイズレー・ブラザーズのカヴァー)
彼氏になりたい
ラヴ・イズ・アライヴ/ゲイリー・ライト
ノックは夜中に(メン・アット・ワークのカヴァー)/コリン・ヘイ
想い出のフォトグラフ
オー・マイ・マイ
ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ
平和を我等に
オープン・アームズ / ジャーニー
セクシャル・ヒーリング / マーヴィン・ゲイ
イッツ・ア・ミステイク / メン・アット・ワーク
愛のかげり / ボニー・タイラー
カム・バック・アンド・ステイ / ポール・ヤング
マグネティック / アース・ウィンド&ファイアー
カモン・フィール・ザ・ノイズ / クワイエット・ライオット
恋のかけひき / ワム!
冷たくしないで / チープ・トリック
スウィーテスト・タブー / シャーデー
アイル・ビー・オーヴァー・ユー / TOTO
ブランド・ニュー・ラヴァー / デッド・オア・アライヴ
トゥルー・カラーズ / シンディ・ローパー
浮気なテディ・ボーイ / エイス・ワンダー
テイク・ミー・ホーム・トゥナイト / エディ・マネー
キャリー / ヨーロッパ
アイ・オウ・ユー・ナッシング / ブロス
胸いっぱいの愛 / バングルス
ウキウキ・ウェイク・ミー・アップ/ ワム!
ガール・ジャスト・ワナ・ハブ・ファン/ シンディ・ローパー
アップタウン・ガール/ ビリー・ジョエル
マニック・マンデイ/ バングルズ
サイキック・マジック/ G.I.オレンジ
レッテ・ミッヒ(私をた・す・け・て)/ ネーナ
ザッツ・ザ・ウェイ/ デッド・オア・アライヴ
クロス・マイ・ハート/ エイス・ワンダー
ノックは夜中に/ メン・アット・ワーク
ヒーロー/ ボニー・タイラー
心の道標/ ポール・ヤング
コンガ/ マイマミ・サウンド・マシーン
フェイマス/ ブロス
それ行け!ウィークエンド/ ラヴァーボーイ
アフリカ/ TOTO
永遠の愛の炎/ チープ・トリック
おもちゃの兵隊/ マルティカ
トーキング・イン・ユア・スリープ/ ロマンティックス
取り扱い開始日:2008-09-10
レッツ・グルーヴ / アース、ウィンド&ファイアー
ドリーム・ポリス / チープ・トリック
ダウン・アンダー / メン・アット・ワーク
ロック・ザ・カスバ / ザ・クラッシュ
ロザーナ / トト
あの娘にアタック / ビリー・ジョエル
シー・バップ / シンディー・ローパー
ロック・イット / ハービー・ハンコック
イッツ・レイニング・メン / ウェザー・ガールズ
スムース・オペレイター / シャーデー
ウォーク・ライク・アン・エジプシャン / バングルズ
エヴリタイム・ユー・ゴー・アウェイ / ポール・ヤング
ヴォイス・キャリー / ティル・チューズデイ
ユー・スピン・ミー・アラウンド / デッド・オア・アライヴ
ファイナル・カウントダウン / ヨーロッパ
ロスト・イン・エモーション / リサ・リサ&カルト・ジャム
ステイ・ウィズ・ミー / エイス・ワンダー
マイケル・ジャクソン 「ビート・イット」
デュラン・デュラン 「ハングリー・ライク・ザ・ウルフ」
ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース 「パワー・オブ・ラヴ」
ビリー・ジョエル 「アップタウン・ガール」
アイリーン・キャラ 「フラッシュダンス・・・ ホワット・ア・フィーリング」
ケニー・ロギンス 「フットルース」
テリ・デサリオ 「オーヴァーナイト・サクセス」
フィル・コリンズ 「恋はあせらず」
エイス・ワンダー 「ステイ・ウィズ・ミー」
バングルス 「マニック・マンデー」
ノーランズ 「ダンシング・シスター」
グロリア・エステファン&ザ・マイアミ・サウンドマシーン 「1-2-3」
ワム! 「フリーダム」
デッド・オア・アライヴ 「ユー・スピン・ミー・ラウンド」
ネーナ 「ロック・バルーンは99」
ジャーニー 「セパレイト・ウェイズ」
ボニー・タイラー 「ヒーロー」
ヨーロッパ 「ザ・ファイナル・カウントダウン」
マイケル・ジャクソン 「ビリー・ジーン」
フィリップ・ベイリー Duet with フィル・コリンズ 「イージー・ラヴァー」
エレクトリック・ライト・オーケストラ 「トワイライト」
フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド 「リラックス」
ユーリズミックス 「ゼア・マスト・ビー・アン・エンジェル」
Mr.ミスター 「キリエ」
ドリーム・アカデミー 「ライフ・イン・ア・ノーザン・タウン」
ベルリン 「愛は吐息のように(トップガン・愛のテーマ)」
ジョー・コッカー&ジェニファー・ウォーンズ 「愛と青春の旅立ち」
マイク・レノ&アン・ウィルソン 「パラダイス ~愛のテーマ」
ポール・ヤング 「エヴリタイム・ユー・ゴー・アウェイ」
デニース・ウィリアムス 「レッツ・ヒア・イット・フォー・ボーイ」
ラヴァーボーイ 「それ行け!ウィークエンド」
TOTO 「ロザーナ」
マーヴィン・ゲイ 「セクシャル・ヒーリング」
メン・アット・ワーク 「ノックは夜中に」
REOスピードワゴン 「涙のフィーリング」
シンディ・ローパー 「タイム・アフター・タイム」
1
2017-04-25 18:05:03

『ノックは夜中に』のヒットで有名なグループの名前 メン アット ワーク