Top>音楽ジャンル>三橋美智也

三橋美智也

歌謡界の重鎮

民謡をベースにした伸びと艶のある美声で、春日八郎、三波春夫、村田英雄らとともに長年歌謡界をリードしてきた、戦後日本を代表する歌手の一人。数多くのヒット曲を連発し、特に全盛期の昭和31年から32年当時は「三橋で明けて三橋で暮れる」と言われるほどの絶大な人気を得ていた。また、キングレコードの全盛期を春日、若原一郎と共に築き上げ、「キング三羽カラス」「三人男」とも呼ばれた。1973年には民謡三橋流を創設、津軽三味線を演奏し、レコードも出している。門下に細川たかし・石川さゆりらがいる。
幼い頃から民謡歌手だった母に鍛えられ、僅か9歳で全道民謡大会で優勝。12歳で民謡をレコードに吹き込むなど、もともと民謡歌手として活動していたが集団就職のため、中学卒業後に上京。神奈川県横浜市の綱島温泉で民謡を教える傍ら、ボイラーマンの仕事もしていた。真面目に働き、その勤勉さを風呂屋の主人に見込まれ、明治大学付属中野高等学校定時制に通うことを許された。高校では普通の生徒よりもずっと年上で、彼らから「おとっさん」と呼ばれ親しまれた。昭和29年(1954年)に「酒の苦さよ」でデビュー。同時に明治大学に進学。昭和30年(1955年)に「おんな船頭唄」が大ヒット。たちまち人気歌手の仲間入りをし、その後昭和30年代には「リンゴ村から」「哀愁列車」「母恋吹雪」「おさらば東京」「夕焼けとんび」「古城」「達者でナ」「星屑の町」などをはじめ18曲ものミリオンセラーを出し、歌謡曲黄金期を代表する男性歌手となった。
生真面目な性格で知られ、自身のショーで歌っているときに歌詞を間違ったら「もう一度」とやり直すほどであった。1988年には親交が深かった村田英雄・春日八郎と三人の会を結成し、演歌界の活性化を図った。
検索結果 408 件の見つかりました。
並び替え=> 最新閲覧数順 総合閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
 
江差追分 (前唄・本唄・後唄) (北海道)
北海盆唄 (北海道)
北海鱈つり唄 (北海道)
磯浜盆唄 (北海道)
ソーラン節 (北海道)
道南口説 (北海道)
十勝馬唄 (北海道)
津軽よされ節 (青森)
十三の砂山 (青森)
津軽じょんから節 (青森)
津軽あいや節 (青森)
俵つみ唄 (青森)
津軽山唄 (西通り) (青森)
南部餅つき踊り (青森)
南部じょんから節 (青森)
南部よしゃれ節 (岩手)
南部磯節 (岩手)
秋田船方節 (秋田)
本荘追分 (秋田)
秋田おばこ (秋田)
ドンパン節 (秋田)
喜代節 (秋田)
秋田小原節 (秋田)
秋田長持唄 (秋田)
真室川音頭 (山形)
花笠音頭 (山形)
最上川舟唄 (山形)
山形タント節 ~浪曲入り~ (山形)
山形大黒舞 (山形)
さんさ時雨 (宮城)
~博多小女郎浪枕より~ 米節 (宮城)
お立ち酒 (宮城)
斎太郎節 (宮城)
長持唄 (宮城)
相馬盆唄 (福島)
会津磐梯山 (素唄入) (福島)
新相馬節 (福島)
磯原節 (茨城)
磯節 (茨城)
常磐炭坑節 (茨城)
嵐を呼ぶ男
だから云ったじゃないの
銀座の蝶
銀座九丁目水の上
夕焼とんび
旅笠道中
花笠道中
無法松の一生
おーい中村君
ダイナマイトが百五十屯
ダイアナ
夜がわらっている
星はなんでも知っている
こいさんのラブ・コール
夜霧の滑走路
泣かないで
別れの燈台
からたち日記
赤い夕陽の故郷
海猫の啼く波止場
南国土佐を後にして
あれから十年たったかなァ
僕は泣いちっち
黄色いさくらんぼ
夜霧に消えたチャコ
黒い花びら
東京ナイト・クラブ
お別れ公衆電話
浅草姉妹
大川ながし
人生劇場
大利根無情
古城
山の吊橋
哀愁のからまつ林
足摺岬
ギターを持った渡り鳥
可愛い花
情熱の花
酒の苦さよ~新相馬ぶし
瞼のふるさと~南部牛追唄
はてなき涙
東京から故郷から(豊千代)
角帽浪人
おんな船頭唄
ご機嫌さんよ達者かね
里恋がらす
あゝ新撰組
噂のこして
二人の朝はきっと来る(音羽美子)
島の船唄
君は海鳥渡り鳥
小島の鴎
あの娘が泣いてる波止場
船頭追分
草枕幾度ぞ
御存知赤城山
男涙の子守唄
あゝ田原坂
リンゴ村から
笹川月夜
哀愁列車
玄海船乗り
泪と侍
篭つるべ
逢いぞめ笠
縁があったらまた逢おう
お花ちゃん(斉藤京子)
手まり数え唄
みれん峠
木曽恋がらす
母恋吹雪
江差恋しや
あゝ想夫恋
おさよ可愛や
旅行く一茶
おとこ三味線
俺ら炭坑夫
東京見物
一本刀土俵入り
折鶴三度笠
利根の夕焼け
おけさ舟唄
顔見に来たのさ
美智也さのさ
峠の馬っコ
リンゴ花咲く故郷へ
別れ笛
果てない航路
僕は郵便やさん
おさげと花と地蔵さんと
里恋い越後獅子
おさらば東京
すってんてん人生
ギター鴎
船は三十石艪は八丁
流転波止場
草笛の丘
夕焼けとんび
民謡酒場
夜霧のデッキ
美智也マドロス
美智也馬子唄
東京ばやし
島の見える峠
海の騎士(ナイト)
センチメンタル・トーキョー
月の峠路
重の井子別れ
東京よいとこ
帰る日が楽しみさ
赤い夕日の故郷
岩手の和尚さん
ごろすけほう
男の旅笠
木枯し子守唄
民謡風呂
笛吹峠
風の中の男
夢で逢えるさ
風流弥次喜多ぶし
かすりの女と背広の男
てんまり波止場
古城
祭り太鼓
ちんから馬子唄
俺は機関手
たった一人の人でした
泣くなよしきり
情け無用の男
麦ふみ坊主
北海の終列車
東京が泣いている
燕が帰る
迷子のとんびっコ
雪のだるまさん
大江戸まつり唄
あばよ
あゝ故里
快傑ハリマオの歌
みかんの故里
船出哀しや
こけしぼっこ
故郷はどこさ
城ヶ島慕情
あゝ大阪城
兄ちゃん案山子
恋の八丈太鼓
達者でナ
恋慕舟唄
津軽追分
恋の一刀流
センチメンタル・ガイ
雨の九段坂
花の八幡船
岸壁の男
武田節
北海道函館本線
雨とかたつむり
妻恋船頭唄
美智也子守唄
アヤヤ・アパパ
あゝ城山
懐しの高原
津軽恋しや
啄木旅愁
石狩川悲歌
忠臣蔵の唄
お軽可愛や
雪の泉岳寺
赤い林檎っコ
さいはての岬町
通りゃんせ小路
男の恋唄
津軽の三男坊
ノサップの風
星屑の町
つばくろやくざ
新撰組の唄
美智也数え唄
東京はふるさと
美智也都々逸
さすらい列車
舞扇花柳流
歌ひとすじに
君よいずこ
マドロス稼業はやめられぬ
流れ星だよ
ソーラン唄だより
大番
旅路
こけしの故里
徳川家康~啼くまで待とう時烏
花っコ追分
あゝこの街に雨が降る
あゝ太平洋
梅川忠兵衛
メノコ恋唄
俺らつらいなァ
でかいこの夢
じょんがら便り
流れ三味線
ひとすじの道
りんごの故里
男の舞扇
母恋だより
東京五輪音頭
俺らの街が目をさます
星と歩こう
離れるもんか故郷を
夜のブランコ
信濃川悲歌
さらば雪国
今夜も星がいっぱいだ
あの人は遠い人
いのちの恋を捨てたんだ
酔って候
山がある川がある
祭り獅子
大漁太鼓
話をしよう眠るまで
ふたり船頭
二本松少年隊
女形かずら
源義経
信濃の夕月
泣くな東京
旅の風車
緋牡丹仁義
ふるさとの笛
東京ってそんなにいいとこか
一本杉は男杉
浜木綿の花咲けば
博多の月
堀のある町
東京の鳩
わがこころ
夕陽の旅路
黒潮の男
星のこだま
大街道の女
城山
じょんがら慕情
男の出船
はぐれ念仏
夕陽の海峡
哀愁平野
ネオンに降る雨
機関車物語
おふくろ
鳴門海峡
大阿蘇慕情
君呼ぶ町
蝶々とかかし
泣かないでかえろう
涙そこどけ演歌が通る
ありがとう想い出
古都の雨
新府城
ちょっとお話しませんか
水上夜曲
サイパン小唄
急行をすてて各駅に乗り換えると
トレビノ小唄
悲しみ河岸
恋放浪
京都が泣いている
恋みれん
郷愁
悲恋草(かなしみ草)
弘前の女
春の音
夕月
なみだ雪
金沢ひとり
南の風
琴という女
哀愁湖畔
たそがれたずねびと
柳川の女
城下町の女
あんたの背中
東村山音頭
風の街
瞼の中に故里が
花恋し・人恋し・親恋し
重忠節
北国行の指定券
浮雲の町
春雪
忘郷花
竜飛岬
寒い春の物語
いいもんだな故郷は
さすらい船
ど根性船唄
噂のディスコボーイ
ディスコ天国
ムーンサルト和尚さん
大東京音頭(藤野とし恵)
もがり笛の子守唄
父子星
哀唱琴の湖
湯の町さのさ
木曽節やくざ
風雲児
あゝこの辛さ
月のひとり船
沓掛やくざ
ネオンギター
小雨なぜ泣く
さよなら夕焼け
赤い夕日
行こう遠くても
ひとり海峡を行く
恋は夜空の涯てに
夫婦舟
海辺の宿
わかれ路
牡丹燈篭
あばれ太鼓
別れの街角
次郎長三国志
雨の乾杯
男の旅路
人生七転び
夫婦船頭唄
あゝ靖国の花が散る
恋は前向き
まことの愛
石の地蔵さん
おんな雨
風の娘
故郷のリンゴ村
神戸流れて
津軽涙唄
北の別れ唄
いいじゃありませんか
みんな達者でね
越後絶唱
冬の花火
流しギターの独り言
霧笛
あゝ関ヶ原
十六夜だより
匠(たくみ)
秋風川中島
I’m A北海道MAN
筑波しぐれ
涙はおあずけ
あゝ高杉晋作
名将伊達政宗
千曲川旅情
望郷江差
冬峠
雪小僧
紅の櫛
津軽じょんから節
俵積み唄
津軽あいや節
鰺ヶ沢甚句
十三の砂山
津軽小原節
津軽山唄
リンゴ節
津軽よされ節
津軽甚句
謙良節
嘉瀬の奴踊り
南部じょんから節
からめ節
南部牛追唄
南部餅つき踊り
沢内甚句
チャグチャグ馬ッコ
南部よしゃれ節
外山節
古城 一本刀土俵入り 武田節
取り扱い開始日:2003-08-06
古城
一本刀土俵入り
武田節
古城 (オリジナルカラオケ)
一本刀土俵入り (オリジナルカラオケ)
武田節 (オリジナルカラオケ)
武田節 (山梨県民謡)
越中おわら節 (富山県民謡)
山中節 (石川県民謡)
伊勢音頭 (三重県民謡)
淡海節(馬子唄入り) (滋賀県民謡)
串本節 (和歌山県民謡)
吉野木挽唄 (奈良県民謡)
貝殻節 (鳥取県民謡)
安来節~どじょう掬い~ (島根県民謡)
隠岐祝い音頭 (島根県民謡)
広島木遣り音頭 (広島県民謡)
阿波踊り (徳島県民謡)
宇和島さんさ (愛媛県民謡)
黒田節 (モノラル) (福岡県民謡)
正調博多節 (福岡県民謡)
長崎ぶらぶら節 (長崎県民謡)
おてもやん (熊本県民謡)
刈干切唄 (宮崎県民謡)
正調鹿児島おはら節 (鹿児島県民謡)
安里屋ユンタ (沖縄県民謡)
岸壁の母
雨の酒場で
裏町夜曲
あなたと共に
高原列車は行く
ひばりのマドロスさん
吹けば飛ぶよな
若者よ!恋をしろ
青いカナリヤ
ウスクダラ
お富さん
真室川ブギ
野球けん
瓢箪ブギ
白鷺三味線
次男坊鴉
むすめ巡礼
おんな船頭唄
東京アンナ
あの日の船はもう来ない
別れの一本杉
逢いたかったぜ
渡り鳥いつ帰る
あの娘が泣いてる波止場
弁天小僧
月がとっても青いから
喫茶店の片隅で
この世の花
カスバの女
ガード下の靴みがき
親子舟唄
あゝ新撰組
りんどう峠
高原の宿
赤と黒のブルース
銀座の雀
素敵なランデブー
島の船唄
田舎のバス
小島通いの郵便船
武田節 ~詩吟「風林火山」入り~ (モノラル)
古城 ~詩吟「古城」入り~
川中島懐古 ~詩吟「不識庵機山を撃つの図に題す」入り~
白虎隊 ~詩吟「白虎隊」入り~
無法一代 ~詩吟「無法松」入り~
腥風川中島 ~詩吟「不識庵機山を撃つの図に題す」入り~
相生舟 ~詩吟「結婚式」入り~
夫婦契り酒 ~詩吟「松竹梅」入り~
寿祝い酒 ~詩吟「四海波」入り~
華燭 ~和歌「さしかわす」/詩吟「金婚祝詞」入り~
松竹梅 ~詩吟「松竹梅」入り
高砂の宴 ~詩吟「四海波」入り~
霊山 ~詩吟「富士山」入り~
ひえつき哀歌 ~詩吟「稗搗之歌」、宮崎県民謡「稗搗節」入り~
荒城の月~詩吟「荒城月夜の曲を聞く」入り~
浅草オペラ・メドレー(「天国と地獄」~「コロッケの唄」)
船頭小唄
酋長の娘
籠の鳥
ノンキ節~のんきな父さん~
思い出した
東京節(パイのパイ節)
羊飼いの歌
鴨緑江節
金色夜叉の歌
カチューシャの唄
すたれもの
奈良丸くずし
現代節
新呉節 (軍港節)
月岡花子の歌
ホットイテ節
数え唄 (花子さんよ)
ヤッコラヤノヤー
小鍛冶
抒情歌メドレー(「宵待草」~「城ヶ島の雨」)
春の名残り
月は無情
朝鮮北境警備の歌
馬賊の歌
まっくろ節
ハート・ソング
流浪の旅
ヨサホイ節
ヴェニスの舟唄
ストトン節
青島節 (ナッチョラン節)
恋慕小唄
ブラブラ節
ああ踏切番
新馬鹿の唄
水藻の花
新有明節
大震災の歌
復興節
ゴンドラの唄
影を慕いて
影を慕いて (カラオケ)
リンゴの唄
リンゴの唄 (カラオケ)
港が見える丘
港が見える丘 (カラオケ)
憧れのハワイ航路
憧れのハワイ航路 (カラオケ)
お富さん
お富さん (カラオケ)
テネシー・ワルツ
テネシー・ワルツ (カラオケ)
上海帰りのリル
上海帰りのリル (カラオケ)
おんな船頭唄
おんな船頭唄 (カラオケ)
星影の小径 (モノラル)
星影の小径 (カラオケ)
別れの一本杉
別れの一本杉 (カラオケ)
カスバの女
カスバの女 (カラオケ)
月がとっても青いから
月がとっても青いから (カラオケ)
ここに幸あり
ここに幸あり (カラオケ)
いつでも夢を
いつでも夢を (カラオケ)
学生時代
学生時代 (カラオケ)
水色のワルツ
水色のワルツ (カラオケ)
おーい中村君
おーい中村君 (カラオケ)
白い花の咲く頃
白い花の咲く頃 (カラオケ)
ステレオ録音による三橋美智也 Vol.1
取り扱い開始日:2006-01-12
哀愁列車
君は海鳥渡り鳥
赤い夕陽の故郷
石狩川悲歌
古城
おさげと花と地蔵さんと
江差恋しや
ご機嫌さんよ達者かね
夢で逢えるさ
岩手の和尚さん
リンゴ花咲く故郷へ
ああ新撰組
一本刀土俵入り
木曽恋がらす
男涙の子守唄
母恋吹雪
流れ星だよ
星屑の町
月光仮面は誰でしょう(近藤よし子,キング小鳩会)
あんみつ姫(中原美紗緒,ボニージャックス)
遊星王子のうた(ひばり児童合唱団)
豹の眼(三船浩,キング小鳩会)
矢車剣之助(上高田少年合唱団)
とんとんとんまの天狗さん(大村昆,かなりや子供会)
七色仮面の歌(近藤よし子,キング小鳩会)
口笛探偵長(上高田少年合唱団)
白馬童子(石川進)
まぼろし探偵の歌(岩瀬寛,上高田少年合唱団)
イガグリ君の歌(ボニージャックス)
小天狗小太郎(三橋美智也)
怪傑ハリマオの歌(三橋美智也,東京混声合唱団)
ポンポン大将(キング少年合唱団)
まぼろし城(上高田少年合唱団)
もうれつ先生(相模武,上高田少年合唱団)
CQペット21(上高田少年合唱団)
俺あ三太だ(小柳徹)
咲子さんちょっと(江利チエミ)
てなもんや三度笠(藤田まこと)
(隠密剣士)江戸の隠密渡り鳥(ボニージャックス)
名探偵X氏(ひばり児童合唱団)
鉄腕アトム(上高田少年合唱団)
鉄人28号(西六郷少年合唱団)
(マルマン深夜劇場)夜は恋人(中原美紗緒)
バス通り裏(中原美紗緒,ダーク・ダックス)
若い季節(ザ・ピーナッツ)
図々しい奴(谷啓)
(青春とは何だ)若い明日(布施明)
これが青春だ(布施明)
進め!青春(浜畑賢吉)
花のピュンピュン丸(財津一郎)
ゲゲゲの鬼太郎(熊倉一雄,ひばり児童合唱団)
ひょっこりひようたん島(前川陽子,ひばり児童合唱団)
おはなはん(倍賞千恵子)
ゆびきりげんまん(ピンキーとキラーズ)
太陽野郎(バニーズ)
(木枯し紋次郎)だれかが風の中で(上條恒彦)
天下堂々(上條恒彦)
江差追分~前唄・本唄・後唄~(佐々木基晴)
江差追分~前唄・本唄・後唄~(山本ナツ子)
江差追分~前唄・本唄・後唄~(吉沢浩)
江差追分~前唄・本唄・後唄~(早坂光枝)
江差追分~前唄・本唄・後唄~(大塚文雄)
江差追分~前唄・本唄・後唄~(青坂満)
江差追分~前唄・本唄・後唄~(鎌田英一)
江差追分~前唄・本唄・後唄~(三橋美智也)
江差追分~前唄・本唄・後唄~(浜田喜一)
江差追分~前唄・本唄・後唄~(三浦為七郎)
無法松の一生
潮来笠
東京流れもの
番場の忠太郎
吉良の仁吉
流転
旅姿三人男
妻恋道中
名月赤城山
赤城の子守唄
旅笠道中
大利根月夜
旅鴉
関の弥太っぺ
唐獅子牡丹
花と竜
一本刀土俵入り
瞼の母
赤いランプの終列車
夕焼けとんび
いのちの限り
喫茶店の片隅で
ダンス・パーティーの夜
おーい中村君
憧れのハワイ航路
裏町人生
星の流れに
旅の夜風
影を慕いて
白い花の咲く頃
南国土佐を後にして
あの娘たずねて
川は流れる
下町の太陽
東京の灯よいつまでも
女心の唄
東京音頭
大東京音頭
北海盆唄 (北海よされ節入り) -北海道民謡-
真室川音頭 (追分入り) -山形県民謡-
会津磐梯山 -福島県民謡-
越中おわら節 -富山県民謡-
秋田音頭 -秋田県民謡-
ソーラン節 -北海道民謡-
八木節 -群馬県民謡-
相馬盆唄 -福島県民謡-
佐渡おけさ -新潟県民謡-
秩父音頭 -埼玉県民謡-
ズンパ音頭
鹿児島おはら節 -鹿児島県民謡-
炭坑節 -福岡県民謡-
日光和楽踊り -栃木県民謡-
東村山音頭 -東京都民謡- (モノラル)
ドンパン節 -秋田県民謡-
郡上節~かわさき~ -岐阜県民謡-
江州音頭~お茶々づくし~ -滋賀県民謡-
篠山節 (デカンショ節) -兵庫県民謡-
おこさ節 -秋田県民謡-
大阪音頭
阿波踊り -徳島県民謡-
よさこい鳴子踊り -高知県民謡-
しあわせ音頭
花笠音頭 -山形県民謡-
バハマ・ママ
THE TOMBI(夕焼けとんび)(MITCHIE(三橋美智也))
ポパイ・ザ・セーラー・マン(スピニッヂ・パワー)
ディスコお富さん(エボニー・ウェッブ)
ヤキ!ヤキ!不思議な媚薬(ショー・ナフ)
オリーブとブルートの競走曲(スピニッヂ・パワー)
めざせモスクワ(バオバブ・シンガーズ)
ビューティフル・サンデー(平田・満)
ゆうわく(EL BIMBO)(ローレン・中野 和田弘とマヒナ・スターズ)
庄助さんブルース(松鶴家千とせ)
BYE BYE HORSE(達者でナ)(MITCHIE(三橋美智也))
ウシュカ・ダラ(USKA DARA)(エボニー・ウェッブ)
FUNKYダッコNo.1(ハルヲフォン)
マグネット・ジョーに気をつけろ(ギャル)
スーパー・スター(ギャル)
エレクトリック・ラブ・ストーリー(ディスコ・ヴァージョン)(近田春夫)
ディスコ天国(MITCHIE(三橋美智也))
ディスコじょんがらぶし(MITCHIE(三橋美智也))
城ヶ島雨情(詩吟「城ヶ島より霊峰を望む」入り)(平塚佳州)
武田節(詩吟「風林火山」入り)(三橋美智也)
荒城の月(詩吟「荒城月夜の曲を聞く」入り)(山田美楓)
相生舟(詩吟「結婚式」入り)(東鳳翔)
寿祝い酒(詩吟「四海波」入り)(後藤咲華)
あゝ七尾城(詩吟「九月十三夜」入り)(二葉百合子)
夫婦契り酒(詩吟「松竹梅」入り)(井口恵聖)
白虎隊(詩吟「白虎隊」入り)(二葉百合子)
風雲山形城(詩吟「月山」入り)(大塚文雄)
金沢旅情(和歌「春は花」入り)(後藤咲華)
光秀挽歌~明智光秀~(和歌「吾が敵は」入り)(河合暎風)
常盤絶唱(詩吟「常盤狐を抱くの図に題す」入り)(吉原朱山)
母の風雪(和歌「親思う」入り)(川瀬龍介)
虞美人草の詩(詩吟「垓下の歌」入り)(平塚佳州)
三橋美智也 昭和歌謡を歌う 珠玉のカバーソング・コレクション
取り扱い開始日:2010-05-26
ふるさと(五木ひろし)
うそ(中条きよし)
函館の女(北島三郎)
港町ブルース(森進一)
霧にむせぶ夜(黒木憲)
ひとり酒場で(美空ひばり)
星影のワルツ(千昌夫)
君は心の妻だから(東京ロマンチカ)
知床旅情(加藤登紀子)
長崎は今日も雨だった(クールファイブ)
よこはまたそがれ(五木ひろし)
女心の唄(バーブ佐竹)
酒は涙か溜息か(藤山一郎)
君恋し(フランク永井)
人生劇場(村田 英雄・楠木 繁夫)
影を慕いて(藤山一郎)
城ヶ島の雨(愛唱歌)
東京五輪音頭(オリジナル)
かえり舟(田端義夫)
上海帰りのリル(津村謙)
啼くな小鳩よ(岡晴夫)
青い背広で(藤山一郎)
麗人草の唄(林伊佐緒)
東京の花売娘(岡晴夫)
高原の旅愁(伊藤久雄)
人生の並木路(ディック・ミネ)
旅の夜風(霧島昇・ミスコロムビア)
国境の町(東海林太郎)
無情の夢(児玉好雄)
星の流れに(菊地章子)
上海の花売り娘(岡晴夫)
白い花の咲く頃(岡本敦郎)
あざみの歌(伊藤久男)
波浮の港(藤原義江)
望郷の唄(松平晃)
流れの旅路(津村謙)
緑の地平線(楠木繁夫)
誰か故郷を想わざる(霧島昇)
勘太郎月夜唄(小畑実)
赤城の子守唄(東海林太郎)
名月赤城山(東海林太郎)
波止場気質(上原敏)
船頭可愛いや(音丸)
母子船頭唄(塩まさる)
十三夜(小笠原美都子)
お夏清十郎(美空ひばり)
九段の母(塩まさる)
真実一路の唄(楠木繁夫)
男の純情(藤山一郎)
泪の乾杯(竹山逸郎)
新妻鏡(二葉あき子・霧島 昇)
並木の雨(ミスコロムビア)
雨に咲く花(関種子)
山は夕焼け(東海林太郎)
パラオ恋しや(岡晴夫)
天竜下れば(市丸)
すみだ川(東海林太郎)
祇園小唄(藤本二三吉)
別れの一本杉(春日八郎)
お富さん(春日八郎)
雨降る街角(春日八郎)
ごめんヨかんべんナ(春日八郎)
ギター流し(春日八郎)
足摺岬(春日八郎)
別れの波止場(春日八郎)
長良川旅情(春日八郎)
居酒屋(春日八郎)
トチチリ流し(春日八郎)
俺と影法師(春日八郎)
ひょうたんブギ(春日八郎)
あン時ゃどしゃ降り(春日八郎)
赤いランプの終列車(春日八郎)
裏町夜曲(春日八郎)
山の吊橋(春日八郎)
街の燈台(春日八郎)
苦手なんだよ(春日八郎)
浮草の宿(春日八郎)
78長崎の女(春日八郎)
1 2 3 4 5 6 7 8 9 21