Top>音楽ジャンル>伊藤京子

伊藤京子

検索結果 47 件の見つかりました。
並び替え=> 最新閲覧数順 総合閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
 
荒城の月
秋の月
箱根八里
さくらさくら
この道
からたちの花
中国地方の子守唄
鐘が鳴ります
赤とんぼ
かやの木山の
曼珠沙華
野薔薇
二十三夜
砂山
待ちぼうけ
ペチカ
六騎
松島音頭
小諸なる古城のほとり
千曲川旅情の歌
富士山見たら
お六娘
お菓子と娘
斑猫
叱られて
浜千鳥
出船
白月
出船の港
波浮の港
鉾をおさめて
砂山
カチューシャの唄
ゴンドラの唄
さすらいの唄
城ケ島の雨
お母さんおぼえていますか
アヴェ・マリア
林檎の花が降りそそぐ
水色のワルツ
浅き春に寄せて
くちなし
飛騨高原の早春
日記帳
落葉松
茨の実
かんぴょう
信田の薮
椰子の実
平城山
初恋
浜辺の歌
ちんちん千鳥
宵待草
かごかき
野の羊
早春賦
時計台の鐘
ふるさと
少年
口笛
さくら横ちょう
沙羅
犀川
花林
しぐれに寄する抒情
夏の思い出
ちいさい秋見つけた
悲しくなったときは
ねむの花
霧と話した
サルビア
むこうむこう
たあんき ぽーんき
たんぽぽ
ゆく春
雪の降る街を
花のまち
花季
紫陽花
藤の花
はる
旅上
故郷
わかば
おぼろ月夜
夏は来ぬ
里の秋
冬の夜
スキー
四季の歌
月の砂漠
鳩ぽっぽ
赤い靴
七つの子
十五夜お月さん
花嫁人形
青い目の人形
かなりや
あわて床屋
すかんぽの咲くころ
海ぼうず こぼうず
おかあさん
夕方のおかあさん
サッちゃん
あめふり くまのこ
おはなし ゆびさん
ゆりかご
ねむの木の子守歌
子守歌
夏の思い出
ちいさい秋みつけた
雪の降る街を
おかあさん
かわいいかくれんぼ
アヒルのぎょうれつ
めだかの学校
くいしんぼうのカレンダー
さわると秋がさびしがる
シャベルでホイ
とんとん友だち
わらいかわせみに話すなよ
もう春だ
アマリリス
おかあさん
ねむの花
ぶどうのふさ
ぶらんこ
むこうむこう
花のお国の汽車ぽっぽ
秋の日には
青空の小径
別れの歌
忘れなぐさ
霧と話した
夕方のおかあさん
六つの子供の歌::うばぐるま
六つの子供の歌::烏
六つの子供の歌::風の子供
六つの子供の歌::たあんき ぽーんき
六つの子供の歌::ねむの木
六つの子供の歌::おやすみ
日本のおもちゃうた::あねさまにんぎょう
日本のおもちゃうた::ヨーヨー
日本のおもちゃうた::お手玉とおはじき
日本のおもちゃうた::海ほおずきと少年
日本のおもちゃうた::竹とんぼ
日本のおもちゃうた::おまつりはどこ
日本のおもちゃうた::紙風船
女声合唱組曲『美しい訣れの朝』::あなたはいつも
女声合唱組曲『美しい訣れの朝』::くちなし
女声合唱組曲『美しい訣れの朝』::お母さん
女声合唱組曲『美しい訣れの朝』::おやすみぼくチン-生まれなかった子供への子守唄-
女声合唱組曲『美しい訣れの朝』::赤い風船
混声合唱曲集『午後の庭園』::午後の庭園
混声合唱曲集『午後の庭園』::野に出でよ
混声合唱曲集『午後の庭園』::八月のヒロシマ
混声合唱曲集『午後の庭園』::水のこころ
混声合唱曲集『午後の庭園』::合掌
混声合唱曲集『午後の庭園』::春を歌おう
赤とんぼ
この道
からたちの花
ペチカ
あわて床屋
鐘が鳴ります
待ちぼうけ
砂山
酸模の咲くころ
かやの木山の
かえろかえろと
蟹味噌
六騎
馬売り
城ケ島の雨
松島音頭
野薔薇
お友だちといっしょ
燕(つばくらめ)
青がえる
嘆き
ちんころ小犬
烏の番 雀の番
海坊主小坊主
母のこえ
みぞれに寄する愛の歌
ねぎぼうず
小人の地獄
青い小鳥
電話
中国地方の子守唄
さくら さくら
「風に寄せてうたへる春の歌」::青き臥床をわれ飾る
「風に寄せてうたへる春の歌」::君がため織る綾錦
「風に寄せてうたへる春の歌」::光に顫ひ、日に舞へる
「風に寄せてうたへる春の歌」::たたへよ、しらべよ、歌ひつれよ
「ロシア人形のうた」::ウェドロウ(水桶)
「ロシア人形のうた」::ヂェーウォチカ(娘さん)
「ロシア人形のうた」::ニャーニュシカ(乳母)
「ロシア人形のうた」::カロゥワ(牛)
「ロシア人形のうた」::ロートカ(小舟)
歌曲集「幽韻」::花のいろは
歌曲集「幽韻」::忘らるる
歌曲集「幽韻」::あらざらむ
歌曲集「幽韻」::玉の緒よ
歌曲集「幽韻」::わが袖は
「雨情民謡集」::捨てた葱
「雨情民謡集」::紅殻とんぼ
「雨情民謡集」::二十三夜
「雨情民謡集」::波浮の港
「雨情民謡集」::粉屋念仏
「AIYANの歌」::NOSKAI
「AIYANの歌」::かきつばた
「AIYANの歌」::AIYANの歌
「AIYANの歌」::曼珠沙華
「AIYANの歌」::気まぐれ
音詩「曼陀羅の華」
交響詩「暗い扉」
懐かしきケンタッキーのわが家
故郷の人々 (スワニー河)
金髪のジェニー
おお スザンナ
オールド・ブラック・ジョー
主人は眠る
夢路より
草競馬
懐かしのヴァージニア
ミネトンカの湖畔にて
旅愁
峠の我が家
なつかしき愛の歌
谷間の灯
深い河
赤い河の谷間 (レッドリバーバレー)
故郷の廃家
冬の星座
希望のささやき
星の界(よ)
コロラドの月
リパブリック讃歌
庭の千草
埴生の宿
ロンドンデリーの歌
アニー・ローリー
グリーン・スリーブス
故郷の空
ロング・ロング・アゴー (久しき昔)
ロッホ・ローモンド
灯台守
アイルランドの子守歌
君よ知るや南の国
螢の光
ホフマンの舟唄
アヴィニョンの橋の上で
ジョスランの子守歌
悲歌(エレジー)
夜の調べ
ラ・メール
枯葉
幸福(しあわせ)を売る男
パリの空の下
愛の讃歌
オー・ソレ・ミオ
カタリ・カタリ
サンタ・ルチア
帰れソレントへ
君に告げよ
嘆きのセレナーデ
ドリゴのセレナーデ
村の娘
シチリアの子守歌
ラ・スパニョラ
マリア・マリ
忘れな草
マンマ
アネマ・エ・コーレ
コメ・プリマ
ボラーレ
アモール、モナムール、マイ・ラブ
アル・ディ・ラ
チャオ・チャオ・バンビーナ
フニクリ フニクラ
グラナダ
ホタ
ローレライ
故郷を離るる歌
歌の翼に
ブラームスの子守歌
野ばら
モーツァルトの子守歌
セレナード
シューベルトの子守歌
アヴェ・マリア
野ばら
ます
菩提樹
美しき青きドナウ
トリッチ・トラッチ・ポルカ
メリーウィドウ・ワルツ
恋はやさし野辺の花よ
乾杯の歌
流浪の民
楽に寄す
眠りの精
別れ (ムシデン)
ウィーンわが夢の街
カチューシャ
トロイカ
バイカル湖のほとり
ステンカ・ラージン
黒い瞳
赤いサラファン
ヴォルガの舟歌
ともしび
面影
ポーリュシカ・ポーレ
二つのギター
カリンカ
黒い瞳の
コサックの子守歌
山のロザリア
果てしなき荒野
収穫の歌
一週間
モスクワ郊外の夕べ
泉のほとり
鈴の音ははるかに
ソルヴェーグの歌
ドナウ河のさざ波
わが母の教えたまいし歌
別れの曲
おお、ブレネリ
雪山讃歌
山の人気者
山男の歌
おお牧場はみどり
遠き山に日はおちて (家路)
コンドルは飛んで行く
灰色の瞳
魅惑の宵 ~ 「南太平洋」 より
トゥナイト ~ 「ウエストサイド物語」 より
ドレミの歌
エーデルワイス
チム・チム・チェリー
慕情
マイ・ウェイ
アロハ・オエ
スワニー
草原情歌
六つの子供の歌-うばぐるま
六つの子供の歌-鳥
六つの子供の歌-風の子供
六つの子供の歌-たあんき ぽーんき
六つの子供の歌-ねむの木
六つの子供の歌-おやすみ
未知の扉
サルビア
悲しくなったときは
日本のおもちゃうたーあねさまにんぎょう
日本のおもちゃうたーヨーヨー
日本のおもちゃうたーお手玉とおはじき
日本のおもちゃうたー海ほおずきと少年
日本のおもちゃうたー竹とんぼ
日本のおもちゃうたーおまつりはどこ
日本のおもちゃうたー紙風船
ゆく春
おかあさん
アマリリス
夏の思い出
ちいさい秋みつけた
ぶどうのふさ
夕方のおかあさん
ねむの花
むこうむこう
霧と話した
火の鳥-“マチネ・ポエティク”による四つの歌曲
さくら横ちょうー“マチネ・ポエティク”による四つの歌曲
髪-“マチネ・ポエティク”による四つの歌曲
真昼の乙女たちー“マチネ・ポエティク”による四つの歌曲
木兎
つくだ煮の小魚
結婚
四季の歌-春の歌
四季の歌-夏の歌
四季の歌-秋の歌
四季の歌-冬の歌
桐の花
すずしきうなじ
またある時は
たんぽぽ
海四章-馬車
海四章-蝉
海四章-沙上
海四章-わが耳は
中国地方の子守唄
島原地方の子守唄
最上地方の子守唄 (せんどのやんま)
大阪の子守唄 (天満の市は)
五木の子守唄
江戸子守唄 (坊やはよいこだ)
ねんねこぼっちゃん
モーツァルトの子守歌
ジョスランの子守歌
夜の調べ
ブラームスの子守歌
眠りの精
ララルー
おやすみ
レクイエム 作品48 第1曲 入祭唱とキリエ
レクイエム 作品48 第2曲 奉献唱
レクイエム 作品48 第3曲 聖なるかな
レクイエム 作品48 第4曲 ああ、イエズスよ
レクイエム 作品48 第5曲 神の小羊
レクイエム 作品48 第6曲 われを許したまえ
レクイエム 作品48 第7曲 楽園にて
交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」 第1部 讃歌:来たれ、創造の主なる聖霊よ 現れたまえ、創造の主、聖霊よ
交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」 第1部 讃歌:来たれ、創造の主なる聖霊よ いと高きにある恵みにて満たしたまえ
交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」 第1部 讃歌:来たれ、創造の主なる聖霊よ われらが肉体の脆き弱さに
交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」 第1部 讃歌:来たれ、創造の主なる聖霊よ テンポ・プリモ(アレグロ、少し急いで)
交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」 第1部 讃歌:来たれ、創造の主なる聖霊よ われらが肉体の脆き弱さに
交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」 第1部 讃歌:来たれ、創造の主なる聖霊よ そが光にてわれらが感ずる心を高めたまえ
交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」 第1部 讃歌:来たれ、創造の主なる聖霊よ 護り神とよばれし聖霊
交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」 第1部 讃歌:来たれ、創造の主なる聖霊よ 父なる主に栄光あれ
交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」 第2部 ゲーテ「ファウスト」より最終場面 ポコ・アダージョ
交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」 第2部 ゲーテ「ファウスト」より最終場面 ピウ・モッソ(アレグロ・モデラート)
交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」 第2部 ゲーテ「ファウスト」より最終場面 森の梢揺らぎて靡き寄り(聖なる隠者たちの合唱と木霊)
交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」 第2部 ゲーテ「ファウスト」より最終場面 永遠の愉悦の炎、燃えたつ愛の絆(法悦の教父)
交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」 第2部 ゲーテ「ファウスト」より最終場面 わが足もとで、岩の断崖が重たく(瞑想の教父)
交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」 第2部 ゲーテ「ファウスト」より最終場面 霊の世界の気高い人間がひとり(天使たちの合唱)
交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」 第2部 ゲーテ「ファウスト」より最終場面 愛を揮う聖らな贖罪の少女たちの手から(天使になりきっていないものたち)
交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」 第2部 ゲーテ「ファウスト」より最終場面 地上の残り滓を運ぶのは(天使になりきっていないものたち)
交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」 第2部 ゲーテ「ファウスト」より最終場面 岩の頂きをめぐって霧のようにたなびき(天使になりきっていないものたち)
交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」 第2部 ゲーテ「ファウスト」より最終場面 ここは見晴らしが開け(マリア崇拝の博士)いわば蛹のこのかたを(昇天した少年たち)
交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」 第2部 ゲーテ「ファウスト」より最終場面 ああ、世界を統べたもう最高の女王よ(マリア崇拝の博士)
交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」 第2部 ゲーテ「ファウスト」より最終場面 いと美しき意味での浄き処女(マリア崇拝の博士)
交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」 第2部 ゲーテ「ファウスト」より最終場面 かなりゆっくりと(アダージッシモ)
交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」 第2部 ゲーテ「ファウスト」より最終場面 触れることのかなわぬあなたにも(合唱)永遠なる国の(贖罪の女たちの合唱)
交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」 第2部 ゲーテ「ファウスト」より最終場面 パリサイ人の嘲りにもかかわらず(いと罪深き女)
交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」 第2部 ゲーテ「ファウスト」より最終場面 その昔、アブラハムが家畜の群を(サマリアの女)
交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」 第2部 ゲーテ「ファウスト」より最終場面 主を横たえ憩わせもうした(エジプトのマリア)
交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」 第2部 ゲーテ「ファウスト」より最終場面 大きな罪を犯した女たちにも(三人の女にて)
交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」 第2部 ゲーテ「ファウスト」より最終場面 傾けさせたまえ、世に類ない聖母さま(贖罪の女の一人)
交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」 第2部 ゲーテ「ファウスト」より最終場面 手足も逞しく、このかたははやくも(昇天した少年たち)
交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」 第2部 ゲーテ「ファウスト」より最終場面 気高い霊の群にとりかこまれて(贖罪の女の一人)
交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」 第2部 ゲーテ「ファウスト」より最終場面 さあ、もっと高い天へとお昇りなさい!(栄光の聖母)
交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」 第2部 ゲーテ「ファウスト」より最終場面 悔い改むる優しきかたがたよ(マリア崇拝の博士)
交響曲第8番変ホ長調「千人の交響曲」 第2部 ゲーテ「ファウスト」より最終場面 うつろいゆくものはなべて これ比喩なるものにすぎず(神秘の合唱)
さくら横丁 中田喜直の世界~歌曲篇
取り扱い開始日:2000-03-24
六つの子供の歌
三好達治詩集より
宮本正清詩集より
四季の歌
こどものための八つのうた
逢引
あなたとわたし
ひなの日は
「マチネ・ポエティク」による四つの歌曲~さくら横丁
赤とんぼ
六騎
この道
病める薔薇
かやの木山の
からたちの花
鐘が鳴ります
燕(つばくらめ)
蟹味噌
樹立(こだち)
母のこえ
みぞれに寄する愛の歌
待ちぼうけ
野薔薇
ペチカ
中国地方の子守歌
さくらさくら
馬売り
城ヶ島の雨
松島音頭
嘆き
あわて床屋(童謡100曲集より)
青がえる(童謡100曲集より)
海坊主小坊主(童謡100曲集より)
ねぎぼうず(童謡100曲集より)
小人の地獄(童謡100曲集より)
青い小鳥(童謡100曲集より)
ちんころ小犬(童謡100曲集より)
電話(童謡100曲集より)
お友だちといっしょ(童謡100曲集より)
かえろかえろと(童謡100曲集より)
砂山(童謡100曲集より)
酸模の咲くころ(童謡100曲集より)
烏の番 雀の番(童謡100曲集より)
からたちの花(II)(童謡100曲集より)
花のいろは(歌曲集「幽韻」)
忘らるる(歌曲集「幽韻」)
あらざらむ(歌曲集「幽韻」)
玉の緒よ(歌曲集「幽韻」)
わが袖は(歌曲集「幽韻」)
青き臥床をわれ飾る(「風に寄せてうたへる春の歌」)
君がため織る綾錦(「風に寄せてうたへる春の歌」)
光に顫ひ、日に舞へる(「風に寄せてうたへる春の歌」)
たたへよ、しらべよ、歌ひつれよ(「風に寄せてうたへる春の歌」)
NOSKAI(「AIYANの歌」)
かきつばた(「AIYANの歌」)
AIYANの歌(「AIYANの歌」)
曼珠沙華(「AIYANの歌」)
気まぐれ(「AIYANの歌」)
ウェドロウ(水桶)(「ロシア人形のうた」)
ヂェーウォチカ(娘さん)(「ロシア人形のうた」)
ニャーニュシカ(乳母)(「ロシア人形のうた」)
カロゥワ(牛)(「ロシア人形のうた」)
ロートカ(小船)(「ロシア人形のうた」)
捨てた葱(「雨情民謡集」)
紅殻とんぼ(「雨情民謡集」)
二十三夜(「雨情民謡集」)
波浮の港(「雨情民謡集」)
粉屋念仏(「雨情民謡集」)
椰子の実
この道
かやの木山の
からたちの花
夏の思い出
城ヶ島の雨
宵待草
出船の港
鉾をおさめて
初恋
浜辺の歌
中国地方の子守歌
花のまち
平城山
箱根八里(箱根の山)
お菓子と娘
ちんちん千鳥
砂山
荒城の月
浜辺の歌
夏は来ぬ
夏の思い出
椰子の実
ちいさい秋みつけた
里の秋
からたちの花
浜千鳥
宵待草
叱られて
中国地方の子守歌
赤とんぼ
故郷
この道
初恋
雪の降る町を
さくらさくら
早春賦
おぼろ月夜
花のまち
浜千鳥
城ヶ島の雨
宵待草
叱られて
赤とんぼ
荒城の月
ふるみち
秋の野
ペチカ
夜店の唄
夢見たものは
ばらの木
浜辺の歌
カチューシャの唄
水色のワルツ
見上げてごらん夜の星を
霧と話した
火の鳥 (「マチネポエティクによる四つの歌曲」 より)
さくら横ちょう (「マチネポエティクによる四つの歌曲」 より)
髪 (「マチネポエティクによる四つの歌曲」 より)
真昼の乙女たち (「マチネポエティクによる四つの歌曲」 より)
あなたとわたし
荒城の月
平城山
花の街
初恋
くちなし
さとうきび畑
交響曲 第9番 ニ短調 Op.125 「合唱つき」 第1楽章 Allegro ma non troppo un poco maestoso
交響曲 第9番 ニ短調 Op.125 「合唱つき」 第2楽章 Molto vivace
交響曲 第9番 ニ短調 Op.125 「合唱つき」 第3楽章 Adagio molto e cantabile
交響曲 第9番 ニ短調 Op.125 「合唱つき」 第4楽章 Presto
おはながわらった
ちょうちょう
ことりのうた
森のくまさん
こぶたぬきつねこ
おかあさん
おべんとうばこのうた
こいのぼり
すてきなパパ
かたつむり
あめふりくまのこ
しゃぼん玉
たなばたさま
おもちゃのチャチャチャ
うみ
南の島のハメハメハ大王
こんぺいとう
夕方のおかあさん
赤とんぼ
たきび
やきいもグーチーパー
ジングル・ベル
赤鼻のトナカイ
お正月
ゆき
豆まき
うれしいひなまつり
赤いやねの家
はじめの一歩
にじ
初恋
からたちの花
浜辺の歌
浜千鳥
波浮の港
平城山
夏の思い出
荒城の月
この道
城ヶ島の雨
宵待草
中国地方の子守唄
秋の月
小諸なる古城のほとり
ペチカ
花の街
砂山
椰子の実
出船
オペラ「夕鶴」第1部 前奏
オペラ「夕鶴」第1部<わらべ唄>子供たち「じやんにきせるふとぬうの」
オペラ「夕鶴」第1部<つう登場>つう「まあ、あんた」
オペラ「夕鶴」第1部<運ず、怱ど登場>怱ど「あの女が与ひょうの女房か」
オペラ「夕鶴」第1部<運ず、怱ど、つうに対面>怱ど「あっ!こ、これは留守の間に」
オペラ「夕鶴」第1部<鶴の羽根を見ながら>怱ど「鶴や蛇がのう」
オペラ「夕鶴」第1部<与ひょう再登場>与ひょう「じやんにきせるふとぬうのか」
オペラ「夕鶴」第1部<子供たちとつう>子供たち「あっ!おばさんおったぞ」
オペラ「夕鶴」第1部<つうのアリア>つう「与ひょう、あたしの大事な与ひょう」
オペラ「夕鶴」第1部<運ず、怱どが与ひょうに話しかける>怱ど「な、分かったな?」
オペラ「夕鶴」第1部<つう、与ひょうを迎えに出る>つう「さ、あんた、早く上がって」
オペラ「夕鶴」第1部 つう「こうして、じっとあんたに抱かれていると」
オペラ「夕鶴」第1部<与ひょう、つうを探しに外へ>与ひょう「おい、どうしただ?つう」
オペラ「夕鶴」第1部<つう、お金を払いのけながら>つう「これなんだわ」
オペラ「夕鶴」第1部<つう、与ひょうの寝顔を見つめながら>つう「与ひょう、与ひょう、あの布をね」
オペラ「夕鶴」第1部<つう、布を織りはじめる>
オペラ「夕鶴」第2部 間奏曲
オペラ「夕鶴」第2部<運ず、怱ど、与ひょうを抱えながら>運ず「やい、与ひょう、しっかりせんか」
オペラ「夕鶴」第2部<つう、布をかかえ、機屋から出てくる>
オペラ「夕鶴」第2部<つう、別れの場面>つう「あんた、とうとう見てしまったのね」
オペラ「夕鶴」第2部 子供「おばさん、おばさん、うた唄うてけれ」
初恋
からたちの花
浜辺の歌
浜千鳥
波浮の港
平城山
夏の思い出
荒城の月
この道
城ヶ島の雨
宵待草
中国地方の子守歌
秋の月
小諸なる古城のほとり
ペチカ
花の街
砂山
椰子の実
出船
ナレーション(柳生博)
宵待草(中沢桂)
早春賦(ボニージャックス)
砂山(平井英子)
ペチカ(立川清登)
さすらいの唄(佐藤千夜子)
カチューシャの唄(同)
ゴンドラの唄(同)
赤とんぼ(伊藤京子)
荒城の月(立川清登)
花(中村邦子・木村宏子)
箱根八里(東京混声合唱団)
庭の千草(中沢桂)
埴生の宿(東京混声合唱団)
紅屋の娘(佐藤千夜子)
赤城の子守唄(東海林太郎)
1 2 3