Top>音楽ジャンル>伏見信子

伏見信子

経歴

東京市浅草区小島町出身。同志社女学校(現・同志社女子中学校・高等学校)高等女学部卒業。
父が新派の俳優で、早くから姉の直江と共に舞台の子役などで新派の舞台に出演。
1926年(大正15年)、姉と帝国キネマに入社。
1927年(昭和2年)、姉伏見直子=伏見直江と阪東妻三郎プロへ移籍し、同年11月、日活大将軍現代劇部に入社。
時代劇部へと移り、「大地に立つ」、「小市民」に主演。
1928年(昭和3年)、同志社女学校高等女学部に入学。4年通学の傍ら「春または丘へ」の主役を務める。
1931年(昭和6年)、「御誂次郎吉格子」で大河内伝次郎と共演。同年日活を退社。
この頃、六大学のスター選手・、明治大学の田部武雄と交際していた。
1933年(昭和8年)、松竹蒲田に入社。五所平之助監督「十九の春」主演をキッカケに人気女優に。
小津安二郎監督の「出来ごころ」に大日方伝と共演し、人気を不動のものとする。
1934年(昭和9年)、東京宝塚劇場専属に。
1935年(昭和10年)、新興キネマに姉と共に移籍。
大泉で「稽古扇」、「暁の麗人」に主演。
「初恋日記」の主題歌「花言葉の唄」では、歌手松平晃と共演し一世を風靡。後に松平と結婚(後に離婚)。
1937年(昭和12年)、松竹下加茂に入社。坂東好太郎、高田浩吉らと共演。
1940年(昭和15年)退社。1941年(昭和16年)から舞台に立ち、その後は楽団を結成して、1947年(昭和22年)まで活躍し引退。後に再婚し、飲食店などを経営した。
1971年(昭和46年)、東京12チャンネルの音楽番組「なつかしの歌声」に出演。元夫である松平晃とのデュエット曲「花言葉の唄」や「初恋日記」などを披露した。
検索結果 10 件の見つかりました。
並び替え=> 最新閲覧数順 総合閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
 
君恋し
沓掛小唄
ザッツ・オーケー
キャンプ小唄
酒は涙か溜息か
私このごろ憂鬱よ
丘を越えて
影を慕いて
大阪音頭
サーカスの唄
ほんとうにそうなら
十九の春
山の人気者
急げ幌馬車
さくら音頭
並木の雨
船頭可愛や
夕日は落ちて
満州想えば
花言葉の唄
東京ラプソディ
博多夜船
山寺のお和尚さん
露営の歌
別れのブルース
旅の夜風
シナの夜
兵隊さんよありがとう
愛馬進軍歌
一杯のコーヒーから
古き花園
誰か故郷を思わざる
春よいずこ
めんこい子馬
暁に祈る
湖畔の宿
目ン無い千鳥
燃ゆる大空
紅い睡蓮
今年のつばめ
南の花嫁さん
若鷲の歌
お山の杉の子
リンゴの唄
雨のオランダ坂
夜のプラットホーム
東京ブギウギ
フランチェスカの鐘
湯の町エレジー
民謡 おてもやん
トンコ節
青い山脈
長崎の鐘
悲しき口笛
イヨマンテの夜
水色のワルツ
買物ブギ
ボタンとリボン
赤い靴のタンゴ
ベサメ・ムーチョ
越後獅子の唄
ヤットン節
ニコライの鐘
こんな私じゃなかったに
リンゴ追分
白虎隊
ゲイシャ・ワルツ
伊豆の佐太郎
黒百合の歌
高原列車は行く
ひばりのマドロスさん
ワゴン・マスター
この世の花
小島通いの郵便船
早く帰ってコ
港町十三番地
逢いたいなァあの人に
どうせひろった恋だもの
十代の恋よさようなら
喜びも悲しみも幾歳月
東京のバスガール
思い出さん今日は
花笠道中
夜がわらっている
無法松の一生
たそがれの星
からたち日記
人生劇場
黄色いさくらんぼ
僕は泣いちっち
哀愁のからまつ林
地下鉄は今日も終電車
白い小ゆびの歌
癪な雨だぜ
初恋マドロス
アキラのダンチョネ節
アキラのズンドコ節
アキラのツーレロ節
ノーチョサン節
日本よいとこ
カチューシャの唄(復活唱歌) / 松井須磨子
ゴンドラの唄 / 松井須磨子
のんきな父さん(のんき節) / 石田一松
かやの木山の / 藤原義江
ある晴れた日に~歌劇《蝶々夫人》より / 三浦環
恋はやさしい野辺の花よ / 田谷力三
沓掛時次郎 / 大河内伝次郎
沓掛小唄 / 川崎豊、曽我直子
映画劇「金色夜叉」 / 林長二郎、田中絹代
金色夜叉(貫一の唄) / 藤山一郎
松竹映画「十九の春」映画劇 / 伏見信子、竹内良一、高峰秀子、十九の春 / ミス・コロムビア(*歌は3番のみ収録されています)
愛の紅椿 / 霧島昇、田中絹代
七里ケ浜 / 高田稔
小雨の丘 / 小夜福子
すみれの花咲く頃 / 宝塚少女歌劇月組生徒、天津乙女、門田芦子
カマラードの唄(友達はよいもの) / 水の江滝子
十五夜の娘 / 川島芳子
郷愁の舞姫 / 崔承喜
何日君再来 / 白光
興亜三人娘 / 李香蘭、白光、奥山彩子
思い出せないことばかり / 鶴田浩二
旅はそよ風 / 大谷友右衛門、八千草薫
花のいのちは / 岡本敦郎、岸恵子
君は遙かな / 佐田啓二、織井茂子
伊豆の佐太郎 / 高田浩吉
やくざ若衆 / 中村錦之助
湖水物語 / 山本富士子
山の男の唄 / 三船敏郎
海女の慕情 / 前田通子
青い山脈 / 宝田明
絵草紙若衆 / 勝新太郎
赤いカンナの花咲けば / 松島トモ子、小畑やすし
船頭小唄 / 森繁久彌
洒落男 / 榎本健一
ちょいといけます / 榎本健一、古川緑波
歌くらべ荒神山 / 川田晴久、永田とよ子
アジャパー天国 / 泉友子、伴淳三郎
僕が女房を貰ったら / 五月みどり、フランキー堺
彼奴ばかりがなぜもてる / 渥美清
かっぽれ / 吉原〆治
大石山鹿護送 / 桃中軒雲右衛門
大高源吾 / 二代目 吉田奈良丸
阿波の鳴門 / 豊竹呂昇
幌馬車の唄
想い出の丘
片瀬波
恋しぐれ
スキー・ソング
恋の鳥
青い小径
浜の乙女
並木の雨
花嫁日記(あなたのあたし)
別れ来て
さらば鴎よ
雨に咲く花
花言葉の唄
七里ヶ浜
東京セレナーデ
愛のささやき
日暮の窓で
影を慕いて
湖畔の宿
旅の夜風
誰か故郷を思わざる
サーカスの唄
別れのブルース
高原の旅愁
船頭可愛いや
雨に咲く花
十九の春
花言葉の唄
愛国の花
純情二重奏
蘇州夜曲
歌と映画劇~松竹映画「十九の春」
悲しき夢~松竹映画「十九の春」
沈丁花~松竹映画「沈丁花」
恋の鳥 荘司史郎~松竹映画「沈丁花」
青春街の唄~新興キネマ「青春街」
あなたのあたし~日活映画「花嫁日記」
いつも陽気で~日活映画「花嫁日記」
スイート・ホーム・ブルース~入江プロ「雁来紅」
映画劇~松竹映画「一つの貞操」
一つの貞操~松竹映画「一つの貞操」
希望のハンドル~新興キネマ「龍涎香」
あの日あの時~新興キネマ「龍涎香」
さらば鴎よ~新興キネマ「突破無電」
雨に咲く花~新興キネマ「突破無電」
初恋日記~新興キネマ「初恋日記」
花嫁行進曲~新興キネマ「初恋日記」
花言葉の唄~新興キネマ「初恋日記」
人妻椿~松竹映画「人妻椿」
わたし浄婚よ~新興キネマ「浄婚記」
泣くな比英美~新興キネマ「浄婚記」
可愛いあなた~PCL映画「日本女性読本」
赤い花束~松竹映画「蛍の光」
影を慕いて
湖畔の宿
旅の夜風
誰か故郷を想わざる
サーカスの唄
別れのブルース
高原の旅愁
船頭可愛いや
雨に咲く花
十九の春
花言葉の唄
愛国の花
純情二重奏
蘇州夜曲
愛染かつら|旅の夜風(挿入歌)|悲しき子守唄
博多夜船|博多夜船(挿入歌)
片瀬波|片瀬波(挿入歌)
シナの夜|シナの夜(挿入歌)|夜霧の波止場
新妻鏡|新妻鏡(挿入歌)|目ン無い千鳥
情人
人妻椿|人妻椿(挿入歌)|片羽鳥
船頭可愛や|船頭可愛や(挿入歌)
最後の審判
真白き富士の根|真白き富士の根(七里ヶ浜の哀歌)(挿入歌)|泣くな若人
母は強し|涙のすみれ(挿入歌)|嘆きの白百合
水郷裏話(男性美)
初恋日記|初恋日記(挿入歌)
乙女十九|春の大空(挿入歌)|乙女十九
夕日は落ちて|夕日は落ちて(挿入歌)
アントニーとクレオパトラ
雪之丞変化
吉良の仁吉
安中草三郎(榛名の梅ケ香)
原田甲斐
月形半平太
木村長門守
御存知 喧嘩安兵衛
椿姫
純情二重奏
下田夜曲
白蘭の歌
花言葉の唄
いとしあの星
人妻椿
湖畔の宿
別れのブルース
高原の旅愁
愛国の花
蘇州夜曲
旅の夜風
南から南から
悲しき子守唄
南の花嫁さん
シナの夜
あざみの歌
あこがれの郵便馬車
伊豆の佐太郎
君の名は
黒百合の歌
小島通いの郵便船
逢いたかったぜ
どうせひろった恋だもの
東京のバスガール
喜びも悲しみも幾年月
買物ブギー
幌馬車の唄
片瀬波
十九の春
並木の雨
船頭可愛や
雨に咲く花
リンゴの唄
愛のスウィング
別れても
雨のオランダ坂
夜のプラットホーム
夢淡き東京
山小舎の灯
懐しのブルース
東京ブギウギ
フランチェスカの鐘
さよならルンバ
青い山脈
別れのタンゴ
長崎の鐘
イヨマンテの夜
水色のワルツ
白い花の咲く頃
純情二重奏
下田夜曲
白蘭の歌
花言葉の唄
いとしあの星
人妻椿
湖畔の宿
別れのブルース
高原の旅愁
愛国の花
蘇州夜曲
旅の夜風
南から南から
悲しき子守唄
南の花嫁さん
シナの夜
あざみの歌
あこがれの郵便馬車
伊豆の佐太郎
君の名は
黒百合の歌
小島通いの郵便船
逢いたかったぜ
どうせひろった恋だもの
東京のバスガール
喜びも悲しみも幾歳月
買物ブギー
幌馬車の唄
片瀬波
十九の春
並木の雨
船頭可愛や
雨に咲く花
リンゴの唄
愛のスウィング
別れても
雨のオランダ坂
夜のプラットホーム
夢淡き東京
山小舎の灯
懐しのブルース
東京ブギウギ
フランチェスカの鐘
さよならルンバ
青い山脈
別れのタンゴ
長崎の鐘
イヨマンテの夜
水色のワルツ
白い花の咲く頃
サーカスの唄
希望の首途
港の雨
急げ幌馬車
利根の舟唄
あなたのあたし
吹雪を衝いて
沖のかもめ
村雨小唄
夕日は落ちて
初恋日記
夢の城ケ島
沙漠の旅
花言葉の唄
泪のタンゴ
人妻椿
何日君再来
小鳥売りの歌
1