Top>音楽ジャンル>多羅尾伴内

多羅尾伴内

多羅尾伴内



出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』



移動:案内,
検索

多羅尾伴内(たらおばんない)は、比佐芳武原作・脚本のミステリ映画シリーズ、および同シリーズの主人公である架空の探偵の名。「七つの顔の男」シリーズまたは「藤村大造(ふじむらたいぞう)」シリーズと呼ばれることもある。
片岡千恵蔵主演で、1946年(昭和21年)〜1948年(昭和23年)に大映が4作品を、1953年(昭和28年)〜1960年(昭和35年)に東映が7作品を製作し、興行的に大成功を収めた。千恵蔵が七変化の活躍をするという痛快無比な面白さが大評判となり、とくにクライマックスの名ゼリフ「ある時は○○、またある時は××、しかしてその実体は……!(ここで名乗りを上げる)」は多くのファンによって模倣された。
昭和42年(1967年)には「七つの顔の男」の題名でテレビシリーズ化される。制作はNET(現・テレビ朝日)、比佐芳武の原作、高城丈二が主演した。
昭和53年(1978年)には、伴内ファン世代の小池一夫作・石森章太郎画による劇画『七つの顔を持つ男多羅尾伴内』(講談社)が発刊。同年には、東映が小林旭主演でリメイク映画を製作して二代目シリーズ化をめざしたが、2作目が興行的に成功せず、シリーズは打ち切られた。
片岡千恵蔵が演じた多羅尾伴内を林家木久扇が真似をしている。また、大瀧詠一は変名として使用した。
検索結果 3 件の見つかりました。
並び替え=> 最新閲覧数順 総合閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
 
恋の汽車ポッポ (シングル・バージョン)
それはぼくじゃないよ (シングル・バージョン)
空飛ぶくじら (シングル・バージョン)
五月雨 (シングル・バージョン)
おもい
それはぼくぢゃないよ
指切り
びんぼう
五月雨
ウララカ
あつさのせい
朝寝坊
水彩画の町
乱れ髪
恋の汽車ポッポ第二部
いかすぜ! この恋
空飛ぶくじら (ピアノ・イントロ・バージョン)
それはぼくぢゃないよ (アルバムMIX-2)
びんぼう (ヒマダラケ・バージョン)
ウララカ (イントロ・ドラム・バージョン)
おもい (UNDUBBED VERSION : TAKE1)|おもい (UNDUBBED VERSION : TAKE2)
いかすぜ! この恋 (カセット・バージョン)
夏のペーパーバック
Bachelor Girl
木の葉のスケッチ
恋のナックルボール
銀色のジェット
1969年のドラッグレース
ガラス壜の中の船
ペパーミント・ブルー
魔法の瞳
レイクサイド ストーリー
フィヨルドの少女
サイダー '83 (Bonus Track)
恋のナックルボール (1st Recording Version) (Bonus Track)
マルチスコープ (Bonus Track)
多羅尾伴内楽團 Vol.1&Vol.2 30th Anniversary Edition
取り扱い開始日:2007-09-19
vol.1::霧の彼方へ
vol.1::悲しき北風
vol.1::さすらいのギター
vol.1::霧のカレリア
vol.1::悲しき打明け
vol.1::フォーエヴァー
vol.1::雪やコンコン
vol.1::雪の降る街を
vol.1::霧の中のロンリー・シティー
vol.1::テルスター
vol.1::アウト・オブ・リミッツ
vol.1::ブルー・スター
vol.2::太陽の渚NO.1
vol.2::ビーチ・バウンド
vol.2::ブラック・サンド・ビーチ
vol.2::ムーン・ドーグ
vol.2::クルエル・サーフ
vol.2::サーフ・パーティ
vol.2::心のときめき
vol.2::イン・ザ・スティル・オブ・ザ・ナイト
vol.2::ザ・サーファー・ムーン
vol.2::ジャワの夜は更けて
vol.2::魅惑の宵
vol.2::パラダイス・ロスト
Bonus Tracks::サーフ・ライダー
Bonus Tracks::ブラック・サンド・ビーチ(Kayama Tribute Mix)
Bonus Tracks::霧の乙女号
Bonus Tracks::霧の彼方へ(Speed-up Mix)

カテゴリー

多羅尾伴内に関連したアーティスト



スポンサード リンク



スポンサード リンク

1