Top>音楽ジャンル>山勢松韻

山勢松韻

初代

(弘化2年7月28日(1845年8月30日)-1908年9月9日)
山勢派の3世家元。本名は吉田専吉ないし千吉。3歳で失明。2世山勢検校に師事し山清勾当、山勢勾当などを経て山勢松韻を名乗る。また明治元年には3世山勢検校を襲名し山勢派3世家元となる。1880年文部省音楽取調掛に出仕、1890年東京音楽学校開校式のために「都の春」を作曲。1891年東京音楽学校(現東京藝術大学)教授。「朧月」「花の雲」「四季の友」などの作品がある。多弦箏を開発。門下に初代萩岡松韻、今井慶松などがいる。
検索結果 11 件の見つかりました。
並び替え=> 最新閲覧数順 総合閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
 
六段
秋の言の葉
五段砧
楓の花
千鳥の曲
竹生島
鐘が岬
山田流箏曲六代山勢松韻集
取り扱い開始日:2004-03-28
初音曲
宮の鶯
和風の曲
千鳥の曲
熊野
葵上
石山源氏(上下)
鉢の木
花の雲
竹生島(一中・箏歌掛合)
尾上の松
笹の露
根曵の松
六段
秋の言の葉
五段砧
楓の花
千鳥の曲
竹生島
かねがさき
1