Top>音楽ジャンル>常磐津

常磐津

歴史

初代文字太夫は豊後節における心中ものを継承するとともに、意欲的に新作を生み出し、流儀の発展に大いに寄与した。また、この当時、太夫に初代文字太夫、造酒太夫、若太夫、三味線方に初世佐々木市蔵、初世岸澤式佐などの名人が輩出したこともあって、明和年間までには、後発の富本節と並び、常磐津は江戸の代表的な浄瑠璃となる。
初代が没したのち、天明7年(1787年)に家元を相続した二代目文字太夫は、二代目岸澤式佐、鳥羽屋里長などの三味線方に支えられて大いに活躍し、後の興隆の基礎となる『関の扉』『戻駕』『双面』などの歌舞伎舞踊の曲を初演したことで知られる。またこの時期、二代目死後、遺児三代目文字太夫を補佐した三代目兼太夫などによって浄瑠璃の語り口に洗練が加えられ、これまでの古曲とは違った、当世流で瀟洒な味いが常磐津に生まれたことも逸することのできない改革である。

文化・文政時代に入ると江戸歌舞伎の繁栄はいよいよ頂点に達し、舞踏においても変化舞踏と呼ばれる新たな分野が登場する。常磐津はこの動きに敏感に反応し、『景清』『角兵衛』などの佳品を生むと同時に、長唄や富本などとも積極的に掛合を行うようになり、芸質の高まりを見せることになる。
幕末における常磐津は、四代目常磐津文字太夫(1804年-1862年、豊後大掾)と五代目岸澤式佐(1806年-1867年、古式部)という二人の名人によって完成期を迎える。文政年間から提携をはじめた二人は、常磐津の特色を生かしながら『宗清』『将門』『靱猿』『勢獅子』『三世相』などの傑作を残し、江戸三座でその芸を披露した。なお、安政年間より、三味線方の岸澤家が分派を興そうとする動きを見せ、長くその騒動が続いたが、昭和2年(1927年)の第一期常磐津協会発足により一応の和解を見た。現在でも常盤津の太夫・三味線方には、常磐津姓と岸澤姓とがある。

明治時代に活躍した常磐津林中(1842年-1906年)も名人としてその名を逸することができない。全浄瑠璃中第一の名手と謳われたその芸はまさに神技といえるもので、一時期相続のいざこざによって逼塞していたものの、九代目市川團十郎の誘いによって舞台に復帰するや、東京中の人気を博した。またこの時期には『釣女』『紅葉狩』のような能取物、そして『戻橋』のような新作によって曲目の充実が図られ、河竹黙阿弥と六代目岸澤式佐の提携により数々の傑作が生まれている。

検索結果 55 件の見つかりました。
並び替え=> 最新閲覧数順 総合閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
 
平調音取 越天楽
朗詠 嘉辰
催馬楽 伊勢海
高砂~高砂やこの浦舟に帆をあげて
鶴亀~庭の砂は金銀の
養老~長生の家にこそ
竹生島~所は湖の上
羽衣~あずま遊びの数々に
安宅~面白や山水に
八千代
三谷菅垣
子宝三番叟
松竹梅
六段(A)2
八千代獅子
鶴の声
末広がり
初春
御所のお庭
梅は咲いたか
白扇の
しめかざり
菊重ね
祝賀の詞
松坂
祇園囃子「九段」(当り鉦)
野崎 〈義太夫〉
狐火 〈義太夫〉
柳のきやり 〈義太夫〉
芦屋道満大内鑑 / 狐別れの段 〈義太夫〉
傾城恋飛脚 / 新口村の段 〈義太夫〉
傾城倭荘子 / 蝶の道行 〈義太夫〉
だんまり 〈歌舞伎〉
勧進帳 〈歌舞伎〉
白浪五人男 / 稲瀬川勢揃いの場 〈歌舞伎〉
恋飛脚大和往来 / 封印切の場 〈歌舞伎〉
忍夜恋曲者 / 将門 〈常磐津〉
保名 〈清元〉
助六所縁江戸桜 <河東節>
傾城浅間獄 <一中節>
鳥辺山 <宮園節>
鐘の岬 <萩江節>
明の鐘 (宵は待ち) <長唄>
松の緑 <長唄>
京鹿子娘道成寺 <長唄>
勧進帳 <長唄>
秋色種 <長唄>
雪 <地歌>
綱は上意 <哥沢>
新内流し <新内>
蘭蝶 (若木仇名草/四谷の段) <新内>
蘭蝶 (若木仇名草/お宮口説の段) <新内>
蘭蝶 (若木仇名草/深川竹の段) <新内>
明烏夢泡雪 (浦里部屋の段) <新内>
梅にも春 <端歌>
春雨 <端歌>
三つの車 <小唄>
深川節 <俗曲>
かっぽれ <俗曲>
奴さん <俗曲>
虚空 <普化尺八>
巣鶴鈴慕 <琴古流尺八>
鹿の遠音 <琴古流尺八>
鶴の巣籠 <郡山流尺八>
六段 <生田流箏>
みだれ <生田流箏>
八千代獅子 <生田流箏>
秋の言の葉 <生田流箏>
五段砧 <生田流箏>
千鳥の曲 <生田流箏>
松風 <山田流箏>
寄せ太鼓・一番太鼓・跳太鼓 <櫓太鼓>
当地興行 <相撲甚句>
山づくし <相撲甚句>
真鶴・手古 <木遣り>
駅路:東海道 <木遣り>
屋台囃子 <祭り太鼓>
一調 <小鼓>
ご祝儀曲:翁千歳三番叟 <邦楽囃子>
山伏 <邦楽囃子>
獅子 <邦楽囃子>
ひとだま <邦楽囃子>
角兵衛 幕明き・神楽はやして~後や先
角兵衛 えっちり越後の~オゝ嬉し
角兵衛 こんなぶざまも~ひやかしの
角兵衛 親兄弟にまで~筈はない
角兵衛 籬の清掻木き~色の外
角兵衛 新発田五万石~搗いて欲し・合
角兵衛 沖の之~段切れ
菖蒲売
取り扱い開始日:1990-10-21
菖蒲売
紅売り
【雅楽】::(管弦) 「越殿楽」 より
【雅楽】::(舞楽) 「春庭花」 より
【仏教音楽】::真言声明 「云何唄」 より
【仏教音楽】::天台声明 「四智梵語」 より
【能楽・狂言】::能 「高砂」 より
【能楽・狂言】::狂言小舞謡 「七つになる子」
【琵琶楽】::薩摩琵琶 「壇ノ浦」 より
【琵琶楽】::筑前琵琶 「茨木」 より
【三味線音楽】::義太夫 「菅原伝授手習鑑 ~寺子屋の段~」 より
【三味線音楽】::常磐津 「関の扉 ~積恋雪関扉~」 より
【三味線音楽】::清元 「青海波」 より
【三味線音楽】::長唄 「勧進帳」 より
【三味線音楽】::小唄 「涼み舟」
【三味線音楽】::端唄 「梅は咲いたか」
【箏曲・地歌】::地歌 「黒髪」 より
【箏曲・地歌】::箏曲 (段物) 「六段調」
【箏曲・地歌】::生田流 「夕顔」 より
【箏曲・地歌】::山田流 「江の島の曲」 より
【尺八】::琴古流尺八本曲 「鹿の遠音」 より
【尺八】::都山流尺八本曲 「岩清水」 より
【民謡】::「江差追分」
【民謡】::「津軽じょんから節」
【民謡】::「磯節」
夕月船頭 山姥
取り扱い開始日:1990-03-21
夕月船頭 幕明き・夕月に~彼奴が声
夕月船頭 合方・篠を束ねて~糸をかり節に
夕月船頭 淀の川瀬のなア~宵の雨
夕月船頭 逢いたさに~焦れったいではないかいな
夕月船頭 合・差せばえゝ~面白や
夕月船頭 合・屋台囃子に~段切
山姥(山めぐり) 柝・よし足引きの~色々に
山姥(山めぐり) 浮き立つ空の~風の鷹揚に
山姥(山めぐり) 誰を待つやら~盆踊り
山姥(山めぐり) ななこの池に~梶の葉は
山姥(山めぐり) 露の玉章~山めぐり山めぐり
山姥(山めぐり) いとま申して~なりにけり・柝
松廼羽衣 柝・前弾き・風早の~波路かな
松廼羽衣 「是れこの傍に…漁夫にて候」
松廼羽衣 実にのどかなる~帰らん
松廼羽衣 「のうのうそれこそは~返させ
松廼羽衣 合方・吹く春風に~富士の顔
松廼羽衣 「さては天女に…よき物得たり
松廼羽衣 と打ち悦び~楽しみに
松廼羽衣 賤が手業も~推してと
松廼羽衣 いとも床しき~羨まし
松廼羽衣 合方・面白や~常盤津の
松廼羽衣 合方
松廼羽衣 波打ち寄する~伝えける・柝
序幕 福島屋の段 その1-店先-
序幕 福島屋の段 その1-縁切-
序幕 福島屋の段 その2-長庵殺し-
第二幕 道行蝶吹雪-須崎堤の段-
第三幕 十万億土の段
第四幕 堕地獄の段
第五幕 極楽浄土の段
第六幕 三社祭礼の段-夢覚め-
第六幕 三社祭礼の段-大詰-
三ツ面子守 幕明き・あいたちこ~道草や
三ツ面子守 おさるが守りは~目顔で忍ぶ
三ツ面子守 間夫に~千そうせん
三ツ面子守 ゆびりすかして~月の宴
三ツ面子守 「おかめぼう…」~拍子よく
三ツ面子守 仁羽・余所の恋路~はんじも
三ツ面子守 人目忍んで~たがよと・段切
三ツ面子守 追補・七ツ馴染みの 後の合
三ツ面子守 追補・惚れたとそれで 後の
松島 廊八景
取り扱い開始日:1990-03-21
松島
廓(くるわ)八景
関の扉 ~積恋雪関扉~
乗合船 ~乗合船恵方万歳~
松廼羽衣 柝・前弾き・風早の~波路かな・合方
松廼羽衣 「是はこの傍に…漁夫にて候」
松廼羽衣 実にのどかなる~帰らん
松廼羽衣 「のうのうそれこそは…返させ給えのう」
松廼羽衣 合方・吹く春風に~富士の顔
松廼羽衣 「さては天女に…よき物得たり」
松廼羽衣 と打ち悦び~楽しみに
松廼羽衣 賤が手業も~推してと
松廼羽衣 いとも床しき~羨まし
松廼羽衣 合方・面白や~常磐津の
松廼羽衣 合方
松廼羽衣 波打ち寄する~伝えける・柝
廊八景
廊八景
廊八景
廊八景
廊八景
お夏狂乱
お夏狂乱
お夏狂乱
お夏狂乱
お夏狂乱
お夏狂乱
お夏狂乱
お夏狂乱
お夏狂乱
お夏狂乱
お夏狂乱
お夏狂乱
お夏狂乱
お夏狂乱
1 2 3