Top>音楽ジャンル>暁テル子

暁テル子

経歴

東京・浅草生まれ。SSK(松竹少女歌劇団)出身。1933年(昭和8年)、子役でデビュー。古川ロッパ一座や東宝、松竹の舞台で活躍。1949年、照子からテル子に改名。
1949年(昭和24年)2月、ビクターレコードから「南の恋唄」、「これがブギウギ」でデビュー。これを作曲した“村雨まさを”は、服部良一のペンネームである。1951年(昭和26年)発売の「ミネソタの卵売り」「東京シューシャインボーイ」は代表的ヒット曲になった。
また、ダンスで鍛えたプロポーションと底抜けの明るさで、ミュージカルコメディを初めとする劇映画でも活躍。1957年(昭和32年)からは、NHKの「ジェスチャー」に出演するなど、テレビでも人気を博した。
1958年(昭和33年)、胸を患い事実上の引退となる。1962年(昭和37年)7月20日、心臓麻痺により41歳の若さで、中野区江古田4丁目の自宅で死去。
元夫は元アメリカ陸軍将校でサンフランシスコ・ジャイアンツ極東スカウトを務めた原田恒男(キャピー原田)。1947年に結婚し、1958年に離婚した。
検索結果 14 件の見つかりました。
並び替え=> 最新閲覧数順 総合閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
 
東京ブギウギ(笠置シヅ子)
リンゴの唄(並木路子、霧島昇)
青い山脈
銀座カンカン娘(高峰秀子)
東京の屋根の下
三味線ブギウギ
長崎の鐘(藤山一郎)
水色のワルツ(二葉あき子)
星影の小径(小畑実)
上海帰りのリル(津村謙)
夜来香(イエライシャン)(山口淑子)
桑港(シスコ)のチャイナ街(タウン)(渡辺はま子)
東京キッド(美空ひばり)
イヨマンテの夜(伊藤久男)
君の名は(織井茂子)
僕は特急の機関士で〜東海道の巻〜(三木鶏郎、丹下キヨ子、森繁久爾)
買い物ブギー(笠置シヅ子)
東京シューシャイン・ボーイ(暁テル子)
ボタンとリボン(池真理子)
青いカナリヤ(雪村いづみ)
テネシー・ワルツ
リンゴ追分(美空ひばり)
君の名は(織井茂子)
雪の降る町を(高英男)
高原列車は行く(岡本敦郎)
青いカナリヤ(雪村いづみ)
ガード下の靴みがき(宮城まり子)
カスバの女(エト邦枝)
ここに幸あり(大津美子)
若いお巡りさん(曾根史郎)
バナナ・ボート(浜村美智子)
青春サイクリング(小坂一也)
東京のバスガール(初代コロムビア・ローズ)
喜びも悲しみも幾歳月(若山彰)
嵐を呼ぶ男(石原裕次郎)
銀座九丁目は水の上(神戸一郎)
からたち日記(島倉千代子)
有楽町で逢いましょう(フランク永井)
星は何でも知っている(平尾昌晃)
おーい中村君(若原一郎)
ギターを持った渡り鳥(小林旭)
黄色いサクランボ(スリー・キャッツ)
僕は泣いちっち(守屋浩)
東京ナイトクラブ(フランク永井・松尾和子)
可愛い花(ザ・ピーナッツ)
お祭りマンボ(美空ひばり)
高原列車は行く(岡本敦郎)
青春サイクリング(小坂一也)
東京のバスガール(初代コロムビア・ローズ)
若いお巡りさん(曽根史郎)
おーい中村君(若原一郎)
ガード下の靴みがき(宮城まり子)
カスバの女(エト邦枝)
雪の降る町を(高英男)
ここに幸あり(大津美子)
喜びも悲しみも幾歳月(若山彰)
東京ナイト・クラブ(フランク永井、松尾和子)
銀座九丁目は水の上(神戸一郎)
有楽町で逢いましょう(フランク永井)
ギターを持った渡り鳥(小林旭)
嵐を呼ぶ男(石原裕次郎)
バナナ・ボート(浜村美智子)
黄色いさくらんぼ(スリー・キャッツ)
からたち日記(島倉千代子)
僕は泣いちっち(守屋浩)
星は何でも知っている(平尾昌章)
可愛い花(ザ・ピーナッツ)
ミネソタの卵売り
トンコ節
僕は特急の機関士で(東海道の巻)
ひばりの花売娘
私は街の子
アルプスの牧場
高原の駅よ、さようなら
東京シューシャインボーイ
野球小僧
上海帰りのリル
江の島悲歌
連絡船の唄
あざみの歌
ヤットン節
東京悲歌
東京の椿姫
あこがれの郵便馬車
ニコライの鐘
娘十九はまだ純情よ
山のけむり
りんご追分
お祭りマンボ
泪の夜汽車
あゝモンテンルパの夜は更けて
ゲイシャ・ワルツ
丘は花ざかり
火の接吻
赤いランプの終列車
伊豆の佐太郎
ハワイの夜
毒消しゃいらんかね
雪の降る町を
街のサンドイッチマン
ふるさとの燈台
花の三度笠
落葉しぐれ
君の名は
黒百合の歌
待ちましょう
雨降る街角
おしゃれ娘
東京見物
月に踊る
ビロードの月
夢見る心
霧の十字路
山寺の和尚さん
別れのブルース
泪のタンゴ
私のトランペット
もしもし亀よ
雨のブルース
バンジョーで唄えば
南京みやげ
舞踏会の手帖
ジャズ浪曲
想い出のブルース
誕生日の午後
一杯のコーヒーから
青い部屋
散りゆく花
チャイナ・タンゴ
広東ブルース
東京ブルース
懐かしのボレロ
夢去りぬ
鈴蘭物語
蘭の花
いとしあの星
小鳥売の歌
ラッパと娘
アリラン・ブルース
センチメンタル・ダイナ
旅の喫茶店で
胡桃の木陰
湖畔の宿
小雨の丘
蘇州夜曲
満州ブルース
ホット・チャイナ
ロッパ南へ行く
牡丹の曲
待ちわびて
わたしの好きなワルツ
西貢だより
春粧譜
バリ島の舞姫
風は海から
私の鶯
幸運の仲間
黒いパイプ
銀座セレナーデ
アイレ可愛や
夜のプラットホーム
白薇薔の唄
胸の振子
小鳥娘
バラのルムバ
東京ブギウギ
夢去りぬ
ヘイヘイ・ブギ-
アデュー上海
ジャングル・ブギ-
東京の屋根の下
三味線ブギウギ
青い山脈
恋のアマリリス
ホームラン・ブギ
カスタネット タンゴ
銀座カンカン娘
夜空のタンゴ
花の素顔
能里子の唄
午前2時のブルース
バイバイ上海
東京カチンカ娘
カルメン・ブギー
山のかなたに
買物ブギー
サム・サンデ-・モ-ニング
あきれたブギ
恋の蘭燈
雨の日ぐれ
丘は花ざかり
夕霧
尼寺にお尚さんが
花嫁はどこにいる
こころの小雨
ブルーとピンクの新婚旅行
俺はハイティーン
東京べべ
香港チャチャチャ
アキラのええじゃないか
都井岬旅情
あじさい旅情
Muchacha
昔のあなた
人生はブルース
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ブキ・ウギ
たそがれ東京
正月のあやぐ(しょーがちぃのあやぐ)
岩宿幻想
はにわとい節
街道懐古
じょしょう旅情
風神雷神
風神雷神
出湯讃歌
暮れ行く尾瀬
終曲 明日への足音
女子川を遡る
第1章 利根のみなかみ
第2章 グリーン利根
第3章 坂東太郎
第4章 水音
第5章 河童幻想
第6章 母なる川
第7章 河口絶唱
第1楽章 赤城我が山
第2楽章 赤城の四季
第3楽章 赤城讃歌
第4楽章 若者と山河
南京豆売り
キャリオカ
ラ・クカラチャ
情熱の舞姫(アマポーラ)
キューバの想い出
いとしきマリネラ
ルンバ・タンバ
コンガ
ドニャ・マリキータ
メキシコの乙女
姑娘可愛いや(チャイナ・ルンバ)
おやおやルンバ
ルンバ1940
ルンバ東京
シボネー
ルンバ・ニグロ
八木節
夜来香
東京コンガ
リオのポポ売り
たそがれのルンバ
カクテル・ルンバ
メキシコの夜
永遠の月影
マンボ・チャイナ
月夜の水車小屋(パライーバ)
ちゃっかりルンバ
チャンポン・ルンバ
愛の星(エストレリータ)
ベサメ・ムーチョ
マリア・ラ・オ
シェリト・リンド
アモール
パチンコ・マンボ
ルンバ・ギンザ
私のキューバ
そよ風のビギン
アンナ
パ・パヤ・ママ
パパはマンボがお好き
セレソ・ローサ
マンボ・イタリアーノ
マンボ・バカン
スイート・アンド・ジェントル
チャチャチャは素晴らしい
バナナ・ボート
ママはブーブー
ジャパニーズ・カリプソ
東京の屋根の下
恋はバラの花
南の恋唄
これがブギウギ
三味線ブギウギ
白薔薇の歌
鬼のブギウギ
涙の花くらべ
恋のジプシー
懐かしのタンゴ
リラの街角
沙漠の花嫁さん
銀座カンカン娘
わが夢わが歌
バイバイ上海
いのちむなしく
夜来香
想い出の白蘭
恋の長崎
銀座お洒落娘
ワン・エン・ソング
ハロー王さん
銀座カンカン娘
霧のサンフランシスコ
アメリカ土産
思い出のユーモレスク
東京よさこい
女ひとりのブルース
大阪娘
雨のビギン
花よりタンゴ
アリラン・ルンバ
夢よいづこ
チャッカリ・ルンバ
時計のささやき
チャイナ・ムーン
恋のハバネラ
あの夜のワルツ
東京やんちゃ娘
恋は陽気にスイングで
霧の夜汽車
青い夜のタンゴ
バイバイ東京
お酒の歌
東京シンデレラ
君懐しのトランペット
昭和を飾った名歌手たち(13)
取り扱い開始日:1999-01-21
南の恋唄
これがブギウギ
鬼のブギウギ
東京カチンカ娘
リオのポポ売り
チューインガムは恋の味
パラダイス夢の国
ミネソタの卵売り
東京シューシャインボーイ
りべらる銀座
桃太郎ブギ
泣き笑いABC
乾杯!サラリーマン諸君
青空パラダイス
フラ天国
君待てども
異国の丘
東京の屋根の下
三味線ブギウギ
月よりの使者
銀座カンカン娘
夜来香
リオのポポ売り
リオのポポ売り <インスト>
桑港のチャイナ街
ハワイ航空便
ミネソタの卵売り
アルプスの牧場
高原の駅よ、さようなら
東京シューシャインボーイ
雨のダンスパーティー
野球小僧
白樺の小径
ロンドンの街角で
あゝモンテンルパの夜は更けて
ハワイの夜
僕は特急の機関手で (東海道・九州篇)
君待てども
アゲイン
想い出のワルツ<ライブ>
九月の雨 <インスト>
ママ、私恋人が欲しいの
さいざんす・マンボ
街のサンドイッチマン
落葉しぐれ
青いカナリヤ
恋人よ我に帰れ
弁天小僧
ガード下の靴みがき
赤と黒のブルース
おばこマドロス
若いお巡りさん
東京の人
哀愁の街に霧が降る
あゝダムの町
夜霧の第二国道
有楽町で逢いましょう
バナナ・ボート
ビバップ・ルーラ
ナレーション
勘太郎月夜唄
湯島の白梅
夜来香
港が見える丘
泪の乾杯
君待てど
異国の丘
銀座カンカン娘
東京シューシャインボーイ
三味線ブギウギ
高原の駅よ,さようなら
野球小僧
アルプスの牧場
若いお巡りさん
落葉しぐれ
東京シュー・シャイン・ボーイ   ミネソタのタマゴ売り
取り扱い開始日:1998-12-19
東京シューシャイン・ボーイ
ミネソタのタマゴ売り
東京シューシャイン・ボーイ
ミネソタのタマゴ売り
ミネソタの卵売り(暁テル子)
僕は特急の機関手で(轟夕起子,波岡惣一郎,服部富子)
アルプスの牧場(灰田勝彦)
高原の駅よ,さようなら(小畑実)
東京シューシャイン・ボーイ(暁テル子)
山の端に月の出る頃(小畑実)
水色のスーツケース(灰田勝彦)
野球小僧(同)
あゝモンテンルパの夜は更けて(渡辺はま子,宇都美清)
弥太郎笠(鶴田浩二)
毒消しゃ,いらんかね(宮城まり子)
お俊恋唄(榎本美佐江)
街のサンドイッチマン(鶴田浩二)
花の三度笠(小畑実)
落葉しぐれ(三浦恍一)
青いカナリヤ(雪村いづみ)
港が見える丘
泪の乾杯
誰か夢なき
君待てども
異国の丘
東京の屋根の下
三味線ブギウギ
月よりの使者
銀座カンカン娘
流れの船歌
白い船のゐる港
夜来香
桑港のチャイナ街
ミネソタの卵売り
アルプスの牧場
高原の駅よさようなら
東京シューシャイボーイ
野球小僧
街のサンドイッチマン
想い出のワルツ
東京シューシャイン・ボーイ
取り扱い開始日:1998-12-19
東京シューシャインボーイ
ミネソタの卵売り
東京シューシャインボーイ
ミネソタの卵売り
君恋し
祗園小唄
島の娘
僕の青春
麦と兵隊
待ちましょう (J’ATTENDRAI)
港が見える丘
異国の丘
夜来香
ミネソタの卵売り
ガード下の靴みがき
船頭小唄
君恋し
村祭
フロリダ・マーチ
サラリーマンよ
鉾をおさめて
佐渡おけさ
荒城の月
出船
インフレふれふれ
茄子とかぼちゃ
誰も知らない
ほんとに困りもの
進軍スイング
東京ラグ・タイム
こりゃさの音頭
浪曲ブギウギ
東京ジルバ
これがブギウギ
鬼のブギウギ
銀座ジャングル
ミシシッピの恋唄
ねずみとドラム
君懐しのトランペット
僕は特急の機関手で(東海道,九州篇)
レディス&ジェントルマン&おとっさん、おっかさん(ユー・ビロングー・トゥ・ミー)
信号ラッパ
軍国に踊るリズム(上)
軍国に踊るリズム(下)
戦線日記
無情の夢
戦友ぶし
日の丸行進曲
一億の合唱
太平洋行進曲
海の勇者
証城寺の狸ばやし
三階節
佐渡おけさ
松前追分
美わしの河(ブンガワン・ソロ)
ジャワのマンゴ売り
出船
宵待草
森の小径
涙の渡り鳥
銀座の柳
湯島の白梅
勘太郎月夜唄
燦めく銀座
バタビヤの夜は更けて
1
2017-03-23 16:53:43

『虹男』角田喜久雄の推理小説を原作とし、大映東京撮影所の制作、1949年(昭和24年) 7月18日に公開。パートカラー、81分。 出演 小林桂樹、暁テル子、若杉須美子、大日方傳 監督 牛原虚彦 虹男の幻影シーンなど、特撮は円谷英二… https://t.co/2YpJRNgUfV

シャッフルで音楽聴いていたら、暁テル子「東京シューシャインボーイ」からの宮城まり子「ガード下の靴磨き」で泣く。東京の街と、そこで暮らす人たちを描き切った素晴らしい音楽。