Top>音楽ジャンル>木村宏子

木村宏子

検索結果 17 件の見つかりました。
並び替え=> 最新閲覧数順 総合閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
 
荒城の月
秋の月
箱根八里
さくらさくら
この道
からたちの花
中国地方の子守唄
鐘が鳴ります
赤とんぼ
かやの木山の
曼珠沙華
野薔薇
二十三夜
砂山
待ちぼうけ
ペチカ
六騎
松島音頭
小諸なる古城のほとり
千曲川旅情の歌
富士山見たら
お六娘
お菓子と娘
斑猫
叱られて
浜千鳥
出船
白月
出船の港
波浮の港
鉾をおさめて
砂山
カチューシャの唄
ゴンドラの唄
さすらいの唄
城ケ島の雨
お母さんおぼえていますか
アヴェ・マリア
林檎の花が降りそそぐ
水色のワルツ
浅き春に寄せて
くちなし
飛騨高原の早春
日記帳
落葉松
茨の実
かんぴょう
信田の薮
椰子の実
平城山
初恋
浜辺の歌
ちんちん千鳥
宵待草
かごかき
野の羊
早春賦
時計台の鐘
ふるさと
少年
口笛
さくら横ちょう
沙羅
犀川
花林
しぐれに寄する抒情
夏の思い出
ちいさい秋見つけた
悲しくなったときは
ねむの花
霧と話した
サルビア
むこうむこう
たあんき ぽーんき
たんぽぽ
ゆく春
雪の降る街を
花のまち
花季
紫陽花
藤の花
はる
旅上
故郷
わかば
おぼろ月夜
夏は来ぬ
里の秋
冬の夜
スキー
四季の歌
月の砂漠
鳩ぽっぽ
赤い靴
七つの子
十五夜お月さん
花嫁人形
青い目の人形
かなりや
あわて床屋
すかんぽの咲くころ
海ぼうず こぼうず
おかあさん
夕方のおかあさん
サッちゃん
あめふり くまのこ
おはなし ゆびさん
ゆりかご
ねむの木の子守歌
子守歌
みんなでたたえましょう
せかいのともよ
きよいあさあけて
けさもわたしの
かみさまは
めぐみうけて
ことりたちは
ぱらぱらおちる
てんちをつくる
うれしいあさよ
おとなしくねむるイエスよ
とおくのひがしから
おほしがひかる
そらにひびくかねが
うれしいうれしい
きよしこのよる
かみからしゅくふく
キリストイエスは
ダビデのこ ホサナよ
しゅ われをあいす
しゅイエスのみちを
わたしたちのつみのため
よあけのほしが
おことばしんじ
さんびのうたを
わたしたちはしゅイエスのこども
わたしたちのともだちに
せいしょはかみのことば
こどもをまねく
わたしはしゅのこどもです
ひかりひかり
しゅにしたがいゆくは
かみよこのひ
しゅよわたしをあわれみ
かみよわたしの
おそいくるライオン
ペテロは
ちいさいひつじが
せかいのこどもは
ささげましょうすべてを
めぐみのかみさま
うまれるまえから
諸人こぞりて(第246番)
さやかに星はきらめき(第219番)
雪はつもり(第127番)
さあ目をさまして(第123番)
われらは来たりぬ(第52番)
神のみ子は今宵しも(第245番)
こよい鳴りわたる(第121番)
み子なるイエス(第120番)
マリヤはあゆみぬ(第124番)
この日ひととなりし(第126番)
古いものはみな(第152番)
きよしこの夜(第244番)
椰子の実
この道
かやの木山の
からたちの花
夏の思い出
城ヶ島の雨
宵待草
出船の港
鉾をおさめて
初恋
浜辺の歌
中国地方の子守歌
花のまち
平城山
箱根八里(箱根の山)
お菓子と娘
ちんちん千鳥
砂山
荒城の月
母(小松耕輔)
白月(本居長世)
からたちの花(山田耕筰)
「沙羅」~鴉(信時潔)
鉾をおさめて(中山晋平)
河原柳(藤井清水)
出船(杉山長谷夫)
城ヶ島の雨(梁田貞)
叱られて(弘田竜太郎)
宵待草(多忠亮)
「亡き児に」~悲歌〈海の幻〉(箕作秋吉)
朝(小田進吾)
椰子の実(大中寅二)
ちんちん千鳥(近衛秀麿)
海の若者(清瀬保二)
お六娘(橋本国彦)
野の羊(服部正)
初恋(越谷達之助)
かごかき(貴志康一)
平城山(平井康三郎)
「在りし日の歌」~サーカス(清水脩)
「三つの季節の歌」~もう直き春になるだろう(山田一雄)
汚れっちまった悲しみに(石渡日出夫)
「ひとりの対話」~くちなし(高田三郎)
「ギリヤーク族の古き吟誦歌」~アイ・アイ・ゴムテイラ(伊福部昭)
「優しき歌」~爽やかな五月に(柴田南雄)
きつね(石桁真礼生)
「二つのロンデル」~さくら横ちょう(別宮貞雄)
「低声のための三つの抒情歌」~花林〈まるめろ〉(畑中良輔)
サルビア(中田喜直)
「五つの断章」~舟唄-片戀(團伊玖麿)
サッちゃん(大中恩)
「子供の国」~あの紫は(諸井誠)
「四つの夕暮れの歌」~誰が明りを消すのだろう(林光)
落葉松(小林秀雄)
「子供のために」~鳴子をひいても(湯山昭)
「四つの秋の歌」~駅(三善晃)
花(滝廉太郎)
宵待草
砂山
初恋
さくら貝の歌
出船
あざみの歌
浜千鳥
花嫁人形
北上夜曲
青い山脈
学生時代
この広い野原いっぱい
誰もいない海
雪の降る街を
四季の歌
初恋
からたちの花
浜辺の歌
浜千鳥
波浮の港
平城山
夏の思い出
荒城の月
この道
城ヶ島の雨
宵待草
中国地方の子守唄
秋の月
小諸なる古城のほとり
ペチカ
花の街
砂山
椰子の実
出船
沙羅
短歌連曲
鴬の卵~絶句/示諸生/鹿柴/張節婦詞/茉莉花
海ゆかば
初恋
からたちの花
浜辺の歌
浜千鳥
波浮の港
平城山
夏の思い出
荒城の月
この道
城ヶ島の雨
宵待草
中国地方の子守歌
秋の月
小諸なる古城のほとり
ペチカ
花の街
砂山
椰子の実
出船
旅愁
埴生の宿
庭の千草
ダニー・ボーイ
ソルベーグの歌
野ばら(ウエルナー)
ローレライ
恋はやさし(「ボッカチオ」より)
故郷の空
ダニューブ川のさざ波
オー・ソレ・ミオ
カタリ・カタリ
黒い瞳
赤いサラファン
モスクワ効外の夕べ
なつかしきケンタッキーのわが家
ドレミの歌
エーデルワイス
菩提樹
蛍の光
旅愁
埴生の宿
庭の千草
夢見る人
ローレライ
ともしび
赤いサラファン
ヴォルガの舟歌
峠のわが家
故郷の廃家
雪山讃歌
おおスザンナ
フニクリ・フニクラ
サンタルチア
ウェルナーの野ばら
菩提樹
忘れな草
谷間の灯
ロンドンデリーの歌
故郷を離るる歌
入祭唱 永遠の安息を与え給え
あわれみの讃歌 主よあわれみ給え
あわれみの讃歌 (入祭祈願)
あわれみの讃歌 (聖書朗読)
あわれみの讃歌 (昇階唱)
あわれみの讃歌 (詠誦)
続唱 怒りの日
続唱 不思議なラッパ
続唱 みいつの大王
続唱 思い出させ給え
続唱 判決を受けたのろわれた者は
続唱 涙の日
続唱 (福音の朗読)
奉納唱 主イエズス・キリストよ
奉納唱 称賛のいけにえ
奉納唱 (叙唱)
感謝の賛美 聖なるかな
感謝の賛美 (奉挙-沈黙)
感謝の賛美 祝せられますように
感謝の賛美 (主の祈り)
平和の賛歌 神の子羊
聖体拝領唱 永遠の光を
聖体拝領唱 (聖体拝領祈願)
この道
からたちの花
荒城の月
浜辺の歌
椰子の実
野薔薇
出船
宵待草
赤とんぼ
浜千鳥
初恋
城ケ島の雨
早春賦
夏の思い出
花のまち
叱られて
中国地方の子守唄
鉾をおさめて
曼珠沙華
ペチカ
雪の降る町を
組曲「四季」 花
組曲「四季」 納涼
組曲「四季」 月
組曲「四季」 雪
「中学唱歌」 荒城の月
「中学唱歌」 箱根山(箱根八里)
「中学唱歌」 豊太閤
「中学唱歌」 秋の月
「中学唱歌」 荒磯
「中学唱歌」 四季の瀧
「童話集」 ほうほけきょ
「童話集」 ひばりはうたひ
「童話集」 鳩ぽっぽ
「童話集」 菊
「童話集」 雁
「童話集」 雀
「童話集」 お正月
「童話集」 さよなら
「童話集」 別れの歌
「ピアノ曲」 メヌエット
「ピアノ曲」 憾
「中学唱歌」 荒城の月
「中学唱歌」 箱根山(箱根八里)
「中学唱歌」 豊太閤
組曲「四季」 花
組曲「四季」 納涼
組曲「四季」 月
組曲「四季」 雪
「童謡集」 ほうほけきょ
「童謡集」 ひばりはうたひ
「童謡集」 鳩ぽっぽ
「童謡集」 菊
「童謡集」 雁
「童謡集」 雀
「童謡集」 お正月
「童謡集」 さよなら
「童謡集」 別れの歌
「童謡集」 秋の月
「童謡集」 荒磯
「童謡集」 四季の瀧
ピアノ曲 メヌエット
ピアノ曲 憾
1
2017-04-23 04:50:33

CiNii Books 著者 - 木村, 宏子 - https://t.co/LJ9VKqcEvA