Top>音楽ジャンル>松本美和子

松本美和子

検索結果 48 件の見つかりました。
並び替え=> 最新閲覧数順 総合閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
 
荒城の月
秋の月
箱根八里
さくらさくら
この道
からたちの花
中国地方の子守唄
鐘が鳴ります
赤とんぼ
かやの木山の
曼珠沙華
野薔薇
二十三夜
砂山
待ちぼうけ
ペチカ
六騎
松島音頭
小諸なる古城のほとり
千曲川旅情の歌
富士山見たら
お六娘
お菓子と娘
斑猫
叱られて
浜千鳥
出船
白月
出船の港
波浮の港
鉾をおさめて
砂山
カチューシャの唄
ゴンドラの唄
さすらいの唄
城ケ島の雨
お母さんおぼえていますか
アヴェ・マリア
林檎の花が降りそそぐ
水色のワルツ
浅き春に寄せて
くちなし
飛騨高原の早春
日記帳
落葉松
茨の実
かんぴょう
信田の薮
椰子の実
平城山
初恋
浜辺の歌
ちんちん千鳥
宵待草
かごかき
野の羊
早春賦
時計台の鐘
ふるさと
少年
口笛
さくら横ちょう
沙羅
犀川
花林
しぐれに寄する抒情
夏の思い出
ちいさい秋見つけた
悲しくなったときは
ねむの花
霧と話した
サルビア
むこうむこう
たあんき ぽーんき
たんぽぽ
ゆく春
雪の降る街を
花のまち
花季
紫陽花
藤の花
はる
旅上
故郷
わかば
おぼろ月夜
夏は来ぬ
里の秋
冬の夜
スキー
四季の歌
月の砂漠
鳩ぽっぽ
赤い靴
七つの子
十五夜お月さん
花嫁人形
青い目の人形
かなりや
あわて床屋
すかんぽの咲くころ
海ぼうず こぼうず
おかあさん
夕方のおかあさん
サッちゃん
あめふり くまのこ
おはなし ゆびさん
ゆりかご
ねむの木の子守歌
子守歌
夏の思い出
ちいさい秋みつけた
雪の降る街を
おかあさん
かわいいかくれんぼ
アヒルのぎょうれつ
めだかの学校
くいしんぼうのカレンダー
さわると秋がさびしがる
シャベルでホイ
とんとん友だち
わらいかわせみに話すなよ
もう春だ
アマリリス
おかあさん
ねむの花
ぶどうのふさ
ぶらんこ
むこうむこう
花のお国の汽車ぽっぽ
秋の日には
青空の小径
別れの歌
忘れなぐさ
霧と話した
夕方のおかあさん
六つの子供の歌::うばぐるま
六つの子供の歌::烏
六つの子供の歌::風の子供
六つの子供の歌::たあんき ぽーんき
六つの子供の歌::ねむの木
六つの子供の歌::おやすみ
日本のおもちゃうた::あねさまにんぎょう
日本のおもちゃうた::ヨーヨー
日本のおもちゃうた::お手玉とおはじき
日本のおもちゃうた::海ほおずきと少年
日本のおもちゃうた::竹とんぼ
日本のおもちゃうた::おまつりはどこ
日本のおもちゃうた::紙風船
女声合唱組曲『美しい訣れの朝』::あなたはいつも
女声合唱組曲『美しい訣れの朝』::くちなし
女声合唱組曲『美しい訣れの朝』::お母さん
女声合唱組曲『美しい訣れの朝』::おやすみぼくチン-生まれなかった子供への子守唄-
女声合唱組曲『美しい訣れの朝』::赤い風船
混声合唱曲集『午後の庭園』::午後の庭園
混声合唱曲集『午後の庭園』::野に出でよ
混声合唱曲集『午後の庭園』::八月のヒロシマ
混声合唱曲集『午後の庭園』::水のこころ
混声合唱曲集『午後の庭園』::合掌
混声合唱曲集『午後の庭園』::春を歌おう
アマリッリ
私を死なせて
愛の神よ,私に告げてください
側にいることは
勝利だ,私の心よ
お前は私を苦しめていなかったのに
さようなら,コリンド
姿を隠さないでほしい
教会のアリア
あなたは知っている
私は心に感じる
陽はすでにガンジス川から
私を傷つけるのをやめるか
フロリンドが誠実なら
私は悩みに満ちて
貴女が私の死の栄光を
恋をしたい人は
いとしい絆よ
あなたへの愛を捨てることは
美しい唇よ,お前は言ったのだ
たとえつれなくて
お前を賛える栄光のために
樹木の蔭で~ラルゴ
私を泣かせてください
ああ私の心である人よ
愛に満ちた処女よ
踊れ,やさしい娘よ
ニーナ
もし貴方が私を愛してくれて
ああ私のやさしい情熱が
ああ私のやさしい情熱が
いとしい人が来る時
もはや私の心には感じられない(うつろの心)
ジプシー女をお望みの方はどなた
愛のよろこびは
愛のよろこびは
いとしい女よ
赤とんぼ
この道
からたちの花
ペチカ
あわて床屋
鐘が鳴ります
待ちぼうけ
砂山
酸模の咲くころ
かやの木山の
かえろかえろと
蟹味噌
六騎
馬売り
城ケ島の雨
松島音頭
野薔薇
お友だちといっしょ
燕(つばくらめ)
青がえる
嘆き
ちんころ小犬
烏の番 雀の番
海坊主小坊主
母のこえ
みぞれに寄する愛の歌
ねぎぼうず
小人の地獄
青い小鳥
電話
中国地方の子守唄
さくら さくら
「風に寄せてうたへる春の歌」::青き臥床をわれ飾る
「風に寄せてうたへる春の歌」::君がため織る綾錦
「風に寄せてうたへる春の歌」::光に顫ひ、日に舞へる
「風に寄せてうたへる春の歌」::たたへよ、しらべよ、歌ひつれよ
「ロシア人形のうた」::ウェドロウ(水桶)
「ロシア人形のうた」::ヂェーウォチカ(娘さん)
「ロシア人形のうた」::ニャーニュシカ(乳母)
「ロシア人形のうた」::カロゥワ(牛)
「ロシア人形のうた」::ロートカ(小舟)
歌曲集「幽韻」::花のいろは
歌曲集「幽韻」::忘らるる
歌曲集「幽韻」::あらざらむ
歌曲集「幽韻」::玉の緒よ
歌曲集「幽韻」::わが袖は
「雨情民謡集」::捨てた葱
「雨情民謡集」::紅殻とんぼ
「雨情民謡集」::二十三夜
「雨情民謡集」::波浮の港
「雨情民謡集」::粉屋念仏
「AIYANの歌」::NOSKAI
「AIYANの歌」::かきつばた
「AIYANの歌」::AIYANの歌
「AIYANの歌」::曼珠沙華
「AIYANの歌」::気まぐれ
音詩「曼陀羅の華」
交響詩「暗い扉」
六つの子供の歌-うばぐるま
六つの子供の歌-鳥
六つの子供の歌-風の子供
六つの子供の歌-たあんき ぽーんき
六つの子供の歌-ねむの木
六つの子供の歌-おやすみ
未知の扉
サルビア
悲しくなったときは
日本のおもちゃうたーあねさまにんぎょう
日本のおもちゃうたーヨーヨー
日本のおもちゃうたーお手玉とおはじき
日本のおもちゃうたー海ほおずきと少年
日本のおもちゃうたー竹とんぼ
日本のおもちゃうたーおまつりはどこ
日本のおもちゃうたー紙風船
ゆく春
おかあさん
アマリリス
夏の思い出
ちいさい秋みつけた
ぶどうのふさ
夕方のおかあさん
ねむの花
むこうむこう
霧と話した
火の鳥-“マチネ・ポエティク”による四つの歌曲
さくら横ちょうー“マチネ・ポエティク”による四つの歌曲
髪-“マチネ・ポエティク”による四つの歌曲
真昼の乙女たちー“マチネ・ポエティク”による四つの歌曲
木兎
つくだ煮の小魚
結婚
四季の歌-春の歌
四季の歌-夏の歌
四季の歌-秋の歌
四季の歌-冬の歌
桐の花
すずしきうなじ
またある時は
たんぽぽ
海四章-馬車
海四章-蝉
海四章-沙上
海四章-わが耳は
夢路より 光さす窓辺
取り扱い開始日:2000-12-16
光さす窓辺
夢みるフィレンツェ
嘆きのセレナーデ
禁じられた音楽
私の歌に翼があったなら
君を愛す
マリア・マリ
魅惑の瞳
一番細い髪の毛で
夢のあとに
ウィーンわが夢の街(あらかはひろし訳詩)
わが母の教えたまいし歌(山川啓介訳詩)
眠りの精(堀内敬三訳詩)
夢路より(津川主一訳詩)
ともしび(楽団カチューチャ訳詩)
アモール、モナムール、マイ・ラブ(パレシ,ピンチ作詩、荒川基裕訳詩)
マイ・ウェイ(中島淳訳詩)
赤とんぼ
六騎
この道
病める薔薇
かやの木山の
からたちの花
鐘が鳴ります
燕(つばくらめ)
蟹味噌
樹立(こだち)
母のこえ
みぞれに寄する愛の歌
待ちぼうけ
野薔薇
ペチカ
中国地方の子守歌
さくらさくら
馬売り
城ヶ島の雨
松島音頭
嘆き
あわて床屋(童謡100曲集より)
青がえる(童謡100曲集より)
海坊主小坊主(童謡100曲集より)
ねぎぼうず(童謡100曲集より)
小人の地獄(童謡100曲集より)
青い小鳥(童謡100曲集より)
ちんころ小犬(童謡100曲集より)
電話(童謡100曲集より)
お友だちといっしょ(童謡100曲集より)
かえろかえろと(童謡100曲集より)
砂山(童謡100曲集より)
酸模の咲くころ(童謡100曲集より)
烏の番 雀の番(童謡100曲集より)
からたちの花(II)(童謡100曲集より)
花のいろは(歌曲集「幽韻」)
忘らるる(歌曲集「幽韻」)
あらざらむ(歌曲集「幽韻」)
玉の緒よ(歌曲集「幽韻」)
わが袖は(歌曲集「幽韻」)
青き臥床をわれ飾る(「風に寄せてうたへる春の歌」)
君がため織る綾錦(「風に寄せてうたへる春の歌」)
光に顫ひ、日に舞へる(「風に寄せてうたへる春の歌」)
たたへよ、しらべよ、歌ひつれよ(「風に寄せてうたへる春の歌」)
NOSKAI(「AIYANの歌」)
かきつばた(「AIYANの歌」)
AIYANの歌(「AIYANの歌」)
曼珠沙華(「AIYANの歌」)
気まぐれ(「AIYANの歌」)
ウェドロウ(水桶)(「ロシア人形のうた」)
ヂェーウォチカ(娘さん)(「ロシア人形のうた」)
ニャーニュシカ(乳母)(「ロシア人形のうた」)
カロゥワ(牛)(「ロシア人形のうた」)
ロートカ(小船)(「ロシア人形のうた」)
捨てた葱(「雨情民謡集」)
紅殻とんぼ(「雨情民謡集」)
二十三夜(「雨情民謡集」)
波浮の港(「雨情民謡集」)
粉屋念仏(「雨情民謡集」)
近代イタリア歌曲集II
取り扱い開始日:2002-12-18
牧人たち
祈念
ペトラルカの3つのソネット I. 人生は逃げゆき、かたときも留まることなく
ペトラルカの3つのソネット II. かくも優しく啼(な)くあの小夜鶯(さようぐいす)は
ペトラルカの3つのソネット III. 我が思いは昇りぬ
空は暗い
郷愁
明るい星々よ
5つの抒情詩第二集より 小さな漁船
戯れ
ストルネッロ
雪の夜
天使たちとともに
最後の夜
悲しい夜
不在
わたしは夜、月がそうするように出かけます
お教えくださいますか、素敵なあなた、どうすればよいか
今日あたしのあの人が結婚する、とても愛していたのに!
祈り ― 夜、わたしが床(とこ)につくとき
お若いあなた、そこの道を通るなんて
愛に身をおまかせなさい
物想い
フランスのセレナーデ ― わたしの心やさしいピエロ
四月
魅惑 太陽と愛 近代イタリア歌曲集
取り扱い開始日:1992-09-23
太陽と愛
大地と海
小鳥が歌っている
愛している…愛していない
セレナータ
君の星
ああ愛する人の
どうか吹いておくれ
戯れの歌
宣告
ミミズク
八月の夜
雪の夜
魅惑
君なんかもう
可愛い口許
ああ,私の溜息よ
貴方が通りかかると,なんと腹が立つことでしょう
リスペット1 Op.11-1
リスペット3 Op.11-3
リスペット4 Op.11-4
リスペット5 Op.12-1
薔薇に
雪が舞い落ちる
ああ春よ
江差追分(前唄)
江差追分(本唄後唄)
道南盆唄
江差餅つき囃子(北海道)
北海よされ節
石狩川流れ節
ナット節
江差馬子唄
松前三下り
浜小屋おけさ
北海タント節
道南口説
ソーラン節
松前追分
松前タラ釣り節
船こぎ流し唄
十勝馬唄
北海盆唄
北海荷方節
磯浜盆唄
江差甚句
蝦夷富士の唄
いやさか音頭
出船音頭
浜辺の歌
夏は来ぬ
夏の思い出
椰子の実
ちいさい秋みつけた
里の秋
からたちの花
浜千鳥
宵待草
叱られて
中国地方の子守歌
赤とんぼ
故郷
この道
初恋
雪の降る町を
さくらさくら
早春賦
おぼろ月夜
花のまち
追憶 ゆかしい月よ
取り扱い開始日:2000-11-22
追憶
マリンコニーアよ,優しい妖精
後生だから,わたしの愛してやまぬ人よ
わたしのフィリデの悲しげな幻よ
ゆかしい月よ
詩人の祈り
主よ,憐れみたまえ
人生は苦悩の海
私は安らぎを失い
ストルネッロ
孤独な部屋で
日没
誰がまたわたしに美しい日々をもたらしてくれましょう
約束
黙って嘆こう
家を建てたい
ひとつぶの涙
母と子
愛の手紙
水色のワルツ 城ヶ島の雨~日本
取り扱い開始日:1995-11-22
からたちの花
花林
さくら横ちょう
さくらさくら
しぐれに寄する抒情
城ヶ島の雨
落葉松
サルビア
ちいさい秋みつけた
ねむの木の子守唄
時計台の鐘
霧と話した
水色のワルツ
野薔薇
砂山
ちんちん千鳥
待ちぼうけ
赤いかんざし
子守唄
春が来た
春の小川
おぼろ月夜
こいのぼり
茶つみ
夏は来ぬ
うみ
村まつり
虫の声
もみじ
ゆき
スキー
冬げしき
ふるさと
われは海の子
みなと
村の鍛冶屋
赤とんぼ
つき
スキーの歌
ふじの山
雁(かりがわたる)
とんび
七つの子
ゆりかごの唄
椰子の実
浜辺の歌
浜千鳥
波浮の港
箱根八里
待ちぼうけ
あわて床屋
砂山
平城山
野ばら(三木露風作詩,藤田厚生編曲)
人を恋うる歌
からたちの花
この道
早春賦
花のまち
城ケ島の雨
宵待草
荒城の月
夏の思い出
故郷の空
埴生の宿
旅愁
ペチカ
雪の降る町を
宵待草
砂山
初恋
さくら貝の歌
出船
あざみの歌
浜千鳥
花嫁人形
北上夜曲
青い山脈
学生時代
この広い野原いっぱい
誰もいない海
雪の降る街を
四季の歌
ああ愛らしく美しい瞳
愛の神よ、何を待っているのですか
翼を持つ愛の神よ
紅の美しい扉よ
悩む心よ、追うがいい
もし美しい小川が
美しい瞳よ、慈悲を、慈悲を
その日はいつのことか
私はよく場所を変える
いとしい人の回りに
もし幸せの中に
なんと尊大な習性だろう
羊飼いの娘よ、希望をお持ちなさい
眠っているのか、美しい女よ
お休み、お眠り
気を取り直して希望を抱け
恋する蝶のように
苦しい想いよ
私を燃え立たせるあの炎
買いたい人はどなた
私が口説かれて
ああ夜よ、神秘の女神よ
どんなに多くの人が言ったことでしょう
私の伯爵様も好きですが
私の賛える美しい神よ
楽しい安らぎが
いとしい女よ
ニーナ
貴方が私を愛してくれて
もはや私の心には
私を泣かせてください
樹木の蔭で
私は心に感じる
たとえつれなくても
私を死なせて
私の偶像である人の回りに
フロリントが誠実なら
あなたへの愛を捨てることは
熱い血潮よ
私を傷つけるのをやめるか
愛の喜びは
この道 浜辺の歌~日本の名歌を
取り扱い開始日:1995-11-22
荒城の月
この道
中国地方の子守歌
かやの木山
ペチカ
鐘が鳴ります
赤とんぼ
椰子の実
叱られて
浜千鳥
平城山
ゆりかご
宵待草
初恋
お菓子と娘
出船
浜辺の歌
早春賦
雪の降る町を
ねむの花
夏の思い出
花のまち
1 2 3