Top>音楽ジャンル>根津甚八

根津甚八

概要

原型は、江戸時代中期の小説『真田三代記』に見られるが、「真田十勇士」という表現をはじめて用いたのは、大正時代に刊行された立川文庫である。以後の「ヒーローとしてのイメージ」は、立川文庫という創作物によって定着した。
現在に至るまで、多くの派生作品が制作されており(#派生作品)、彼らに影響されたキャラクターが数多く生み出されている。
実在を唱える説、実在の人物がモデルであるとする説もある。真田氏の領地付近に戸隠流忍術の戸隠の里があり、そこから真田イコール戸隠忍者の主人との考えから生まれているという考えもある。
検索結果 9 件の見つかりました。
並び替え=> 最新閲覧数順 総合閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
 
熱き心に
もしもピアノが弾けたなら
さらばオーシャン
可愛いひとよ
街の灯り
嫁に来ないか
居酒屋
流されて
恋唄
おもいやり
夜叉のように
心くばり
さらば友よ
たった二年と二ヶ月で
花になれ
真夏のあらし
股旅’78
旅人の唄
生きる
黎明
この空を飛べたら
きっと愛がある
20才(はたち)になれば
MUGO・ん…色っぽい
ピエロ
世迷い言
ルージュ
そのあとは雨の中
空港日誌
花束を私のために
あばよ
ゆきずり 男の哀愁
取り扱い開始日:1994-10-21
ゆきずり
やすらぎ
ほたる草
おもいやり
地図のない旅
あじさいの宿で
昭和ブルース
ろくでなしの唄
真夏の迷子の子守唄
旅人の唄
さすらいの唄
甚八の夢は夜ひらく
熱き心に
センチメンタル・ハーバー
だけど泣かないさ
華のうちに
くちなしの花
葬いは俺が出す
夜霧のブルース
昭和ブルース
戦い続ける男達の詩
ブルースで死にな
最果て
マリーズ・ララバイ
ピエロ
やさしさ紙芝居
ベルベット・イースター
見上げてごらん夜の星を
ima just gumba(がんばろう)
大阪で生まれた女
網走番外地
吹き溜りの詩
花と竜 (MONO)
関東流れ唄
極道エレジー
橋ぐれる
番長シャロック
侠客仁義
男の嵐
命半分ある限り
男の紋章 (MONO)
御意見無用のブルース
仁吉星 (MONO)
極道ブルース
甚八の夢は夜ひらく
男の人生
あばよ
この空を飛べたら
春なのに
すずめ
雨…
黄砂に吹かれて
きっと愛がある
時代
しあわせ芝居
LA-LA-LA
ピエロ
さよならの鐘
比呂魅卿の犯罪
かもめはかもめ
ほうせんか
雪・月・花
ゆきずり 根津甚八・男の哀歌
取り扱い開始日:2016-12-14
ゆきずり
やすらぎ
ほたる草
おもいやり
地図のない旅
あじさいの宿で
昭和ブルース
ろくでなしの唄
真夏の迷子の子守唄
旅人の唄
さすらいの唄
甚八の夢は夜ひらく
ついて来るかい
こんな男でよかったら
惜別の唄
ふるさと慕情
こころ泣き
1