Top>音楽ジャンル>水前寺清子

水前寺清子

その他のエピソード

TBSのドラマ「ありがとう」に出演を拒んだ理由として、「私は歌手であり、女優をやったら歌が売れなくなってしまうから」と本人が語っている。しかし、石井ふく子の熱心な説得により出演し、結果的に高視聴率を獲得し、シリーズ化されるほどの人気を博した。しかし、「その後、歌が売れなくなった」と、本人は自虐的に語っている。
実母の介護経験から、熊本市に老人ケアハウス「水清庵」を設立した。切っ掛けは、仲の良かった母親が認知症を患って、最初に水前寺の名前を忘れてしまいショックだった事と語っており、その時の経験を生かせないかと思い、設立を決意したという。
夫である6歳下の小松明は、現在、水前寺のマネージメントに専念しているという。子どもはいないが夫婦仲は良く、自分の仕事よりも水前寺のマネージメントに徹して平身低頭で売り込む姿から、『水前寺清』と業界内で形容されているという。皮肉にも、この事が知られることとなったのは、同じく夫がマネージメントに乗り出した小林幸子の独立騒動が切っ掛けであった。

検索結果 214 件の見つかりました。
並び替え=> 最新閲覧数順 総合閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
 
関東春雨傘
ギター仁義
俺はお前に弱いんだ
東京の灯よいつまでも
お座敷小唄
愛と死をみつめて
おんなの宿
花と竜
アンコ椿は恋の花
涙を抱いた渡り鳥
兄弟仁義
二人の世界
赤いグラス
下町育ち
涙の連絡船
函館の女
他人船
女の意地
夜霧の慕情
星影のワルツ
ラブユー東京
柳ヶ瀬ブルース
恍惚のブルース
骨まで愛して
女のためいき
悲しい酒(セリフ入り)
おさらば故郷さん
絶唱
いっぽんどっこの唄
風雪ながれ旅
アンコ椿は恋の花
兄弟船
昔の名前で出ています
三百六十五歩のマーチ
兄弟仁義
雪椿
自動車ショー歌
さようならは五つのひらがな
男はつらいよ
いっぽんどっこの唄
河内遊侠伝
叱らないで
花はおそかった
不如帰
好きですサッポロ
涙を抱いた渡り鳥
函館の女
あの鐘を鳴らすのはあなた
北の宿から
津軽海峡・冬景色
舟唄
ざんげの値打ちもない
京都から博多まで
せんせい
白い蝶のサンバ
絹の靴下
赤い靴はいてた淫らな娘
別れましょう
深夜放送
渚にて
ふるえて眠る子守唄
水中花
おんなの一生
湯の町放浪記
昭和放浪記
かなしみ模様
花蕾(はなつぼみ)
全曲集
取り扱い開始日:2006-12-06
三百六十五歩のマーチ
なでしこの歌
いっぽんどっこの唄
ありがとうの歌
関東春雨傘
艶歌
いつでも君は
涙をふいて
人生一路
だめでもともと音頭
自慢じゃないが女だよ
昭和放浪記
涙を抱いた渡り鳥
大勝負
どうどうどっこの唄
春雷
戦友の遺骨を抱いて~水前寺清子軍歌を唄う
取り扱い開始日:1995-06-05
戦友
日本陸軍
海軍小唄
雪の進軍
敵は幾万
勇敢なる水兵
道は六百八十里
戦友の遺骨を抱いて
ラバウル小唄
愛馬進軍歌
婦人従軍歌
進軍の歌
水師営の会見
ラッパ(各種)
大全集
取り扱い開始日:1996-01-24
涙を抱いた渡り鳥
娘田原坂
花の都の渡り鳥
女黒田節
ゆさぶりどっこの唄
女三四郎
人情一枚
みそこなっちゃいけないよ
いっぽんどっこの唄
どうどうどっこの唄
いつでも君は
おしてもだめならひいてみな
男でよいしょ
艶歌
ひとりでよいしょ
にんげんどっこの唄
三百六十五歩のマーチ
男じゃないか
友達の唄
空手道
虚空太鼓
肥後の駒下駄
こころの港
人生一路
大勝負
真実一路のマーチ
東京でだめなら
ありがとうの歌
あゝ恋唄
昭和放浪記
九州よかとこ
船頭小唄
雨に咲く花
並木の雨
人生の並木路
男の純情
恋は神代の昔から
別れ船
酒落男
影を慕いて
青い背広で
緑の地平線
二人は若い
かえり船
かよい船
裏町人生
アラビアの唄
兄弟仁義
ソーラン仁義
東京流れ者
大利根月夜
名月赤城山
旅笠道中
妻恋道中
大江戸出世小唄
人生劇場
仁義
命預けます
花と龍
流転
おしどり道中
赤城の子守唄
唐獅子牡丹
戦友
水師営の会見
空の神兵
麦と兵隊
戦友の遺骨を抱いて
ラバウル小唄
討匪行
アキラのダンチョネ節
九段の母
上海だより
上海の街角で
男なら
加藤隼戦闘隊
月月火水木金金
愛馬進軍歌
紀元二千六百年
どだればち・サンバ
平成音頭
みちのく自慢
ほのぼの音頭
黒潮太鼓
火の国太鼓
九州よかとこ
大東京音頭
東京音頭
九州炭坑節
相馬盆唄
北海盆唄
花笠音頭
真室川音頭
八木節
日本列島ふるさと音頭
関東春雨傘
三郎太鼓
ラブユー東京
涙を抱いた渡り鳥
東京流れ者
ふり向いてもくれない
いっぽんどっこの唄
兄弟仁義
浪曲子守唄
温泉芸者
自動車ショー歌
下町育ち
河内遊侠伝
夢は夜ひらく
柳ヶ瀬ブルース
函館の女
北の漁場 / 北島三郎
函館の女 / 北島三郎
命くれない / 瀬川瑛子
長崎の夜はむらさき / 瀬川瑛子
兄弟船 / 鳥羽一郎
北へ / 小林旭
昔の名前で出ています / 小林旭
涙を抱いた渡り鳥 / 水前寺清子
いっぽんどっこの唄 / 水前寺清子
下北漁港 / 鳥羽一郎
浪曲子守唄 / 一節太郎
祝い船 / 門脇陸男
若鷲の歌
空の神兵
暁に祈る
雪の進軍
江田島健児の歌
可愛いいスウチャン
陣中ひげくらべ
隣組
ほんとにほんとに御苦労ね
日本陸軍
ハートソング
紀元は二千六百年
軍艦行進曲
麦と兵隊
敵は幾万
お山の杉の子
討匪行
海軍小唄
加藤隼戦斗隊歌
爆弾三勇士
軍隊のぞき節
婦人従軍歌
P D
歩兵の本領
北支派遺軍
戦友
ハバロフスク小唄
水師営の会見
P D
愛馬進軍歌
ラバウル小唄
明日はお立ちか
父よあなたは強かった
巡航節
男なら
空の勇士
関東軍軍歌
戦友の遺骨を抱いて
同期の桜
青年日本の唄
九段の母
月月火水木金金
勇敢なる水兵
上海だより
He Ri Jun Zai Lai
道は六百八十里
国境の町
ダンチョネ節(原曲)
日の丸行進曲
海行かば
全曲集 母・子守唄 C.C.レモン(チータ)
取り扱い開始日:1997-10-22
母・子守唄
いつでも君は
大勝負
涙を抱いた渡り鳥
東京でだめなら
真実一路のマーチ
昭和放浪記
いっぽんどっこの唄
ありがとうの唄
C.C.レモン(チータ)
三百六十五歩のマーチ
花の散りぎわ
どうどうどっこの唄
艶歌
自慢じゃないが女だよ
幸せをつかまえろ
大河
北の秋桜
心の旅人
いのち川
紅葉坂
泣かんとこ
命花
雪の花
初めてのひと
だめでもともと音頭
せきれいの宿
冬の嵐
おんな大漁船
愛愁
はぐれコキリコ
恩返し
櫻橋
浪花のおんな
さすらい純情
花散里
越後海道
坂東太郎
赤い鴎
似てるなあ
アカシアの女
風鈴
春雷
最北航路
一剣
おふくろ
三百六十五歩のマーチ
なみだ船
アンコ椿は恋の花
昔の名前で出ています
兄弟船
雪椿
男はつらいよ
みだれ髪
黄色いさくらんぼ (モノラル音源)
女の港
城ヶ崎ブルース
恋は神代の昔から (モノラル音源)
海鳴りの詩
いっぽんどっこの唄
おんなの宿
思い出さん今日は (モノラル音源)
不如婦
風雪ながれ旅
OH!演歌だよ
取り扱い開始日:1996-06-26
Oh! 演歌だよ
同(カラオケ)
龍馬のように
同(カラオケ)
銀座の庄助さん(北島三郎)
君だけを(西郷輝彦)
涙を抱いた渡り鳥(水前寺清子)
兄弟仁義(北島三郎)
下町育ち(笹みどり)
函館の女(北島三郎)
男の償い(笹みどり)
ラブユー東京(ロス・プリモス)
柳ヶ瀬ブルース(美川憲一)
星のフラメンコ(西郷輝彦)
信濃川慕情(ロス・プリモス)
薩摩の女(北島三郎)
さようならは五つのひらがな(ロス・プリモス)
長崎の夜はむらさき(瀬川瑛子)
大勝負(水前寺清子)
おんなの朝(美川憲一)
ついて来るかい(小林旭)
昔の名前で出ています(小林旭)
与作(北島三郎)
風雪ながれ旅(北島三郎)
兄弟船(鳥羽一郎)
祝い船(門脇陸男)
命くれない(瀬川瑛子)
男の港(鳥羽一郎)
北の漁場(北島三郎)
北の大地(同)
あじさいの花(真咲よう子)
笑いじわ(瀬川瑛子)
カサブランカ・グッバイ(鳥羽一郎)
慕情(美川憲一)
涙のしずく(キム・ヨンジャ)
花しぐれ(里見浩太朗)
竹(北島三郎)
北物語(瀬川瑛子)
根っこ(北島三郎)
チータの男の純情-水前寺清子 古賀メロディーを唄う-
取り扱い開始日:2003-12-10
人生劇場
緑の地平線
男の純情
人生の並木路
青い背広で
白虎隊
影を慕いて
東京娘
青春日記
二人は若い
愛の小窓
ああ それなのに
1 2 3 4 5 6 7 8 9 11