Top>音楽ジャンル>津村謙

津村謙

経歴・人物

魚津中学校卒業後、上京し、江口夜詩の門下となる。1943年(昭和18年)、テイチクからデビューしたが、まもなく徴兵される。
1946年(昭和21年)、芸名を津村謙として再デビュー。この芸名は、戦時中に発表されて一世を風靡した映画『愛染かつら』の主人公・津村浩三の「津村」と、それを演じた俳優・上原謙の「謙」を取ったものである。
しばらくヒットに恵まれなかったが、1951年(昭和26年)に、「上海帰りのリル」(作詞:東条寿三郎、作曲:渡久地政信)が大ヒット(島耕二監督によって1952年に映画化/後に根津甚八がカバーする)。一躍大スターになる。この曲は、1957年に作家の松本清張が『別冊・文藝春秋』に発表した「捜査圏外の条件」にモチーフとして使われており、発売後6年経過した時点でも、人々に口ずさまれていたことがわかる。「上海帰りのリル」の大ヒットに便乗して、他社からもリルと銘打った楽曲がいくつか発売されたが、「上海帰りのリル」を超えるリルソングは生まれなかった。なお、リルとは「mylittledaring」の略であるとされている。
その後、「リルを探してくれないか」、「心のリルよなぜ遠い」、「紅椿の歌」、「東京の椿姫」、「待ちましょう」、「あなたと共に」(吉岡妙子とのデュエット)などのヒット曲を歌った。端正な風貌と、声楽家を思わせる美声で、「天鵞絨(びろーど)の歌声」のニックネームがあった。
NHK紅白歌合戦にも、1952年から1958年まで8回連続出場している(詳細は下記参照)。
1961年11月28日、東京都杉並区の自宅車庫にエンジンを入れたまま停めてあった乗用車の運転席で、排気ガスによる一酸化炭素中毒で昏睡状態になっているところを家族に発見され病院に搬送されたが、意識が快復しないまま同日死去。37歳没。飲酒の形跡はなかった。麻雀帰りで遅くなり、家族を起こしてしまうのではと気遣い、自家用車の中で眠ってしまったのが事故の原因であった。
検索結果 80 件の見つかりました。
並び替え=> 最新閲覧数順 総合閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
 
東京ブギウギ(笠置シヅ子)
リンゴの唄(並木路子、霧島昇)
青い山脈
銀座カンカン娘(高峰秀子)
東京の屋根の下
三味線ブギウギ
長崎の鐘(藤山一郎)
水色のワルツ(二葉あき子)
星影の小径(小畑実)
上海帰りのリル(津村謙)
夜来香(イエライシャン)(山口淑子)
桑港(シスコ)のチャイナ街(タウン)(渡辺はま子)
東京キッド(美空ひばり)
イヨマンテの夜(伊藤久男)
君の名は(織井茂子)
僕は特急の機関士で〜東海道の巻〜(三木鶏郎、丹下キヨ子、森繁久爾)
買い物ブギー(笠置シヅ子)
東京シューシャイン・ボーイ(暁テル子)
ボタンとリボン(池真理子)
青いカナリヤ(雪村いづみ)
テネシー・ワルツ
リンゴ追分(美空ひばり)
君の名は(織井茂子)
雪の降る町を(高英男)
高原列車は行く(岡本敦郎)
青いカナリヤ(雪村いづみ)
ガード下の靴みがき(宮城まり子)
カスバの女(エト邦枝)
ここに幸あり(大津美子)
若いお巡りさん(曾根史郎)
バナナ・ボート(浜村美智子)
青春サイクリング(小坂一也)
東京のバスガール(初代コロムビア・ローズ)
喜びも悲しみも幾歳月(若山彰)
嵐を呼ぶ男(石原裕次郎)
銀座九丁目は水の上(神戸一郎)
からたち日記(島倉千代子)
有楽町で逢いましょう(フランク永井)
星は何でも知っている(平尾昌晃)
おーい中村君(若原一郎)
ギターを持った渡り鳥(小林旭)
黄色いサクランボ(スリー・キャッツ)
僕は泣いちっち(守屋浩)
東京ナイトクラブ(フランク永井・松尾和子)
可愛い花(ザ・ピーナッツ)
お祭りマンボ(美空ひばり)
高原列車は行く(岡本敦郎)
青春サイクリング(小坂一也)
東京のバスガール(初代コロムビア・ローズ)
若いお巡りさん(曽根史郎)
おーい中村君(若原一郎)
ガード下の靴みがき(宮城まり子)
カスバの女(エト邦枝)
雪の降る町を(高英男)
ここに幸あり(大津美子)
喜びも悲しみも幾歳月(若山彰)
東京ナイト・クラブ(フランク永井、松尾和子)
銀座九丁目は水の上(神戸一郎)
有楽町で逢いましょう(フランク永井)
ギターを持った渡り鳥(小林旭)
嵐を呼ぶ男(石原裕次郎)
バナナ・ボート(浜村美智子)
黄色いさくらんぼ(スリー・キャッツ)
からたち日記(島倉千代子)
僕は泣いちっち(守屋浩)
星は何でも知っている(平尾昌章)
可愛い花(ザ・ピーナッツ)
影を慕いて
影を慕いて (カラオケ)
リンゴの唄
リンゴの唄 (カラオケ)
港が見える丘
港が見える丘 (カラオケ)
憧れのハワイ航路
憧れのハワイ航路 (カラオケ)
お富さん
お富さん (カラオケ)
テネシー・ワルツ
テネシー・ワルツ (カラオケ)
上海帰りのリル
上海帰りのリル (カラオケ)
おんな船頭唄
おんな船頭唄 (カラオケ)
星影の小径 (モノラル)
星影の小径 (カラオケ)
別れの一本杉
別れの一本杉 (カラオケ)
カスバの女
カスバの女 (カラオケ)
月がとっても青いから
月がとっても青いから (カラオケ)
ここに幸あり
ここに幸あり (カラオケ)
いつでも夢を
いつでも夢を (カラオケ)
学生時代
学生時代 (カラオケ)
水色のワルツ
水色のワルツ (カラオケ)
おーい中村君
おーい中村君 (カラオケ)
白い花の咲く頃
白い花の咲く頃 (カラオケ)
ミネソタの卵売り
トンコ節
僕は特急の機関士で(東海道の巻)
ひばりの花売娘
私は街の子
アルプスの牧場
高原の駅よ、さようなら
東京シューシャインボーイ
野球小僧
上海帰りのリル
江の島悲歌
連絡船の唄
あざみの歌
ヤットン節
東京悲歌
東京の椿姫
あこがれの郵便馬車
ニコライの鐘
娘十九はまだ純情よ
山のけむり
りんご追分
お祭りマンボ
泪の夜汽車
あゝモンテンルパの夜は更けて
ゲイシャ・ワルツ
丘は花ざかり
火の接吻
赤いランプの終列車
伊豆の佐太郎
ハワイの夜
毒消しゃいらんかね
雪の降る町を
街のサンドイッチマン
ふるさとの燈台
花の三度笠
落葉しぐれ
君の名は
黒百合の歌
待ちましょう
雨降る街角
津村謙&小畑実 全曲集
取り扱い開始日:2009-12-05
流れの旅路
上海帰りのリル
赤いマフラー
東京の椿姫
待ちましょう
あなたと共に(デュエット 吉岡妙子)
長崎のザボン売り
函館のランタン娘
小判鮫の唄
アメリカ通いの白い船
バラを召しませ
星影の小径
川は流れる(仲宗根美樹)
ここに幸あり(大津美子)
マロニエの木陰(松島詩子)
かりそめの恋(三条町子)
吹けよ木枯し(石井千恵)
函館ブルース(小野由紀子)
まつのき小唄(二宮ゆき子)
おーい中村君(若原一郎)
男のブルース(三船浩)
上海帰りのリル(津村謙)
刃傷松の廊下(新川二朗)
君を慕いて(真山一郎)
あの娘さがして(佐々木新一)
あゝ青森(平川幸夫)
啼くな小鳩よ
マロニエの木蔭
高原の宿
湖畔の宿
野崎小唄
長崎物語
湯の町エレジー
誰か故郷を想わざる
かりそめの恋
ここに幸あり
吹けば飛ぶよな
男のブルース
おんなの船頭唄
別れの一本杉
月の出ぬ間に
哀愁列車
あなたと共に
銀座の蝶
湖畔の宿
誰れか故郷を想わざる
長崎物語
東京の花売娘
むらさき小唄
星影の小径
夜霧のブルース
憧れのハワイ航路
湯の町エレジー
ダンスパーティーの夜
喫茶店の片隅で
上海帰りのリル
月よりの使者
赤いランプの終列車
リンゴ村から
ここに幸あり
おーい中村君
男のブルース
影を慕いて
十三夜
上海の花売娘
マロニエの木蔭
ダンス・パーティーの夜
上海帰りのリル (モノーラル)
かりそめの恋
リンゴ村から
銀座の蝶
あなたと共に (モノーラル)
あざみの歌
啼くな小鳩よ
古城
岸壁の母
喫茶店の片隅で
湯の町エレジー
星の流れに
別れの一本杉
憧れのハワイ航路
赤城の子守唄
唐獅子牡丹
ここに幸あり
哀愁列車
おーい中村君
男のブルース
川は流れる
東京の灯よいつまでも
女心の唄
決定版 津村謙
取り扱い開始日:2009-11-06
流れの旅路 (モノラル)
白夜行路 (モノラル)
上海帰りのリル (モノラル)
緑の牧場 (モノラル)
紅椿の歌 (モノラル)
母三人の歌 (モノラル)
待ちましょう (モノラル)
一筆しめし参らせ候 (モノラル)
流転わらべ唄 (モノラル)
あなたと共に <デュエット:吉岡妙子> (モノラル)
東京の椿姫 (モノラル)
マドロス追分 (モノラル)
赤いマフラー (モノラル)
リルを探してくれないか (モノラル)
マルーシャ可愛いや (モノラル)
月夜の笛 (モノラル)
霧雨のけむる道 (モノラル)
夕陽に走る汽車
川の流れのように
千の風になって (アルバム・バージョン)
池上線
ゴンドラの唄
青葉城恋唄
炭坑節 (モノラル音源)
上を向いて歩こう (モノラル音源)
長崎の鐘 (モノラル音源)
赤とんぼ
ホレホレ節 (尺八唄)
上海帰りのリル (モノラル音源)
ここに幸あり
神田川
愛の讃歌
第九番交響曲 歓喜の歌≪抜粋≫
釜山港へ帰れ
五木の子守唄 (モノラル音源)
初恋 (アルバム・ヴァージョン)
なごり雪
山は夕焼け(東海林太郎)
あゝ我が戦友(近衛八郎)
マロニエの木蔭(松島詩子)
若しも月給が上がったら(林伊佐緒)
出征兵士を送る歌(林伊佐緒,樋口静雄,児玉好雄,三門順子,井口小夜子,横山郁子)
東京の花売娘(岡晴夫)
啼くな小鳩よ(岡晴夫)
憧れのハワイ航路(岡晴夫)
小判鮫の唄(小畑実)
かりそめの恋(三條町子)
ダンスパーティーの夜(林伊佐緒)
上海帰りのリル(津村謙)
赤いランプの終列車(春日八郎)
お富さん(春日八郎)
山は夕焼け
マロニエの木蔭
もしも月給が上ったら
東京の花売娘
啼くな小鳩よ
長崎のザボン売り
憧れのハワイ航路
小判鮫の唄
男一匹の唄
麗人草の歌
かりそめの恋
星影の小径
ダンスパーティーの夜
上海帰りのリル
東京の椿姫
赤いランプの終列車
テネシー・ワルツ
雪の降る街を
お富さん
真室川音頭 (山形県民謡)
吹けば飛ぶよな
高原の宿
おんな船頭唄
喫茶店の片隅で
別れの一本杉
リンゴ村から
ここに幸あり
哀愁列車
山は夕焼(東海林太郎)
あゝ我が戦友(近衛八郎)
マロニエの木陰(松島詩子)
若しも月給が上がったら(林伊佐緒,新橋みどり)
母子船頭唄(塩まさる)
国境の春(岡晴夫)
上海の花売娘(岡晴夫)
戦友の唄(樋口静雄)
港シャンソン(岡晴夫)
出征兵士を送る歌(林伊佐緒,樋口静雄,児玉好雄,三原順子,井口小夜子,横山郁子)
東京の花売娘(岡晴夫)
啼くな小鳩よ(岡晴夫)
長崎のザボン売り(小畑実)
流れの旅路(津村謙)
憧れのハワイ航路(岡晴夫)
小判鮫の唄(小畑実)
かりそめの恋(三条町子)
ダンスパーティーの夜(林伊佐緒)
上海帰りのリル(津村謙)
東京の椿姫(津村謙)
啼くな小鳩よ(岡晴夫)
東京の花売娘(岡晴夫)
国境の町(東海林太郎)
人妻椿(三島敏夫)
高原の宿(林伊佐緒)
君恋し(三船浩)
あなたと共に(津村謙,吉岡妙子)
星影の小径(小畑実)
憧れのハワイ航路(岡晴夫)
女の港(大月みやこ)
白い海峡(大月みやこ)
さざんかの宿(弦哲也)
北の宿から(綾世一美)
天城越え(綾世一美)
よこはまたそがれ(平尾昌晃)
津軽海峡冬景色(三島敏夫)
山は夕焼
あゝ我が戦友
マロニエの木蔭
若しも月給が上がったら
母子船頭唄
国境の春
上海の花売娘
黒き薔薇
戦友の唄
出征兵士を送る歌
上海の踊り子
忠義ざくら
東京の花売娘
啼くな小鳩よ
長崎のザボン売り
流れの旅路
憧れのハワイ航路
小判鮫の唄
麗人草の歌
かりそめの恋
アンコ可愛いや
星影の小径
パラオの真珠採り
ダンスパーティーの夜
上海帰りのリル
東京悲歌
東京の椿姫
テネシー・ワルツ
赤いランプの終列車
マロニエの並木路
雪の降る町を
街の灯台
待ちましょう
雨降る街角
お富さん
吹けば飛ぶよな
紅孔雀
スペインの恋歌
あなたと共に
私の幸福はどこへ
高原の宿
喫茶店の片隅で
おんな船頭唄
裏町のピエロ
東京アンナ
あの娘が泣いてる波止場
別れの一本杉
リンゴ村から
ここに幸あり
哀愁列車
お花ちゃん
山蔭の道
月の出ぬ間に
母恋吹雪
男のブルース
いのちの限り
あん時ゃどしゃ降り
吹けよ木枯し
おそかった
夕焼けとんび
マドロスさんは大嫌い
銀座の蝶
夜霧の滑走路
星は何んでも知っている
おーい中村君
赤い夕陽の故郷
南国土佐を後にして
古城
可愛い花
山の吊橋
サワーグラスの哀愁
達者でナ
北上夜曲
武田節
おもいで
北帰行
川は流れる
刃傷松の廊下
星屑の町
一本刀土俵入り
幸せを掴んじゃおう
下町の太陽
君を慕いて
新妻に捧げる歌
恋のバカンス
長崎の女
こんにちは赤ちゃん
東京の灯よいつまでも
夜明けのうた
潮来舟
女心の唄
学生時代
まつのき小唄
さよならはダンスの後に
ヨイトマケの唄
東京流れもの
あの娘たずねて
唐獅子牡丹
ネオン川
霧の摩周湖
小指の想い出
虹色の湖
恋の季節
希望
出発の歌
折鶴
お手やわらかに
二人でお酒を
酒場にて
シクラメンのかほり
青葉城恋唄
夢芝居
女の港
木曽路の女
音無川
白い海峡
テネシー・ワルツ(江利チエミ)
赤いランプの終列車(春日八郎)
待ちましょう(津村謙)
雨降る街角(春日八郎)
お富さん(春日八郎)
あなたと共に(津村謙,吉岡妙子)
おんな船頭唄(三橋美智也)
別れの一本杉(春日八郎)
リンゴ村から(三橋美智也)
ここに幸あり(大津美子)
哀愁列車(三橋美智也)
男のブルース(三船浩)
銀座の蝶(大津美子)
おーい中村君(若原一郎)
南国土佐を後にして(ペギー葉山)
古城(三橋美智也)
情熱の花(ザ・ピーナッツ)
武田節(三橋美智也)
下町の太陽(倍賞千恵子)
長崎の女(春日八郎)
1 2 3 4
2017-03-30 19:30:03

今日の紅白動画(Today's kouhaku YouTube Video.)「津村謙(8回目出場)」の 『霧雨のけむる道』(第9回1958年紅白歌合戦登場曲) https://t.co/Ao4ok8hXUU

2017-03-30 10:17:58

船を見つめていた ハマのキャバレーにいた 風の噂は リル 上海帰りの リル リル 甘いせつない 思い出だけを 胸にたぐって 探して歩く リル リル どこにいるのか リル だれかリルを 知らないか 上海帰りのリル 津村謙

2017-03-29 16:43:21

1951年に第1回日本レコード大賞を受賞した水原弘の曲は『黒い○○○』?→はなびら(花びら) /(別問)1951年にリリースされた歌手・津村謙のヒット曲は『上海帰りの○○』?→リル

RT @shitekiya: 赤いマフラー  津村 謙 https://t.co/xyeS2u7Djc

赤いマフラー  津村 謙 https://t.co/xyeS2u7Djc

昨日帰りがけに聞いていた懐メロリクエスト番組で津村謙の「赤いマフラー」という曲が流れたのだが、聞き覚えのあるメロディーだと思ったら「これ BSS山陰放送の『音楽の風車』のテーマ曲じゃん!」

2017-03-28 19:00:03

今日の紅白動画(Today's kouhaku YouTube Video.)「津村謙(4回目出場)」の 『待ちましょう』(第5回1954年紅白歌合戦登場曲) https://t.co/4eWAYmWXhL

2017-03-28 17:16:58

@aizenkatsura 韓国の津村謙、と言ったところか。ただ知名度で言うと、日本で言うところの藤山一郎くらいはありそうだな。 #南仁樹

2017-03-24 20:39:59

船を見つめていた ハマのキャバレーにいた 風の噂は リル 上海帰りの リル リル 甘いせつない 思い出だけを 胸にたぐって 探して歩く リル リル どこにいるのか リル だれかリルを 知らないか 上海帰りのリル 津村謙

2017-03-24 18:48:43

第5回(1954) 津村謙[4] 「待ちましょう」 待ちましょう 待ちましょう やがて来る その日まで 淋しくって 淋しくって とても たまらぬ朝は そよ風に 逃げてゆく 夢のあと 追いながら 待ちましょう 待ちましょう 胸のうつろを 抱きしめて

2017-03-23 07:50:48

おんえあなう:待ちましょう / 津村 謙(SakuっとLa・ら・Ra西宮)

2017-03-23 07:50:48

おんえあなう:待ちましょう / 津村 謙(SakuっとLa・ら・Ra西宮)

2017-03-22 22:35:58

窓うつ風の ためいきか 更けてネオンの 点る街 その名は 知らない いつか寂しく 浮ぶ顔 あゝ思い出の 胸にすむ 東京の椿姫 東京の椿姫 津村謙

2017-03-21 08:55:36

RT @GLOBISJP: 第9回G1サミット第9部D「日本の防衛政策 ~東シナ海、北朝鮮の脅威にどう対抗すべきか~」石破茂議員、小原凡司東京財団ディレクター、津村啓介議員、神保謙慶應大学准教授 @shigeruishiba @shigeruishiba @kenj0126 後…

RT @GLOBISJP: 第9回G1サミット第9部D「日本の防衛政策 ~東シナ海、北朝鮮の脅威にどう対抗すべきか~」石破茂議員、小原凡司東京財団ディレクター、津村啓介議員、神保謙慶應大学准教授 @shigeruishiba @shigeruishiba @kenj0126 後…