Top>音楽ジャンル>清元

清元

概要

清元は豊後節系浄瑠璃として、また浄瑠璃一般としてもっとも遅く成立した流派で、初代清元延寿太夫(1777年-1825年)が1814年(文化11年)に創始したものである。延寿太夫は初代富本斎宮太夫に師事して、二世富本斎宮太夫を襲名し、その後富本節を離れて豊後路清海太夫を名乗っていたが、1814年(文化11年)11月、市村座顔見世に出演して清元の名称を興した。以降、歌舞伎の伴奏音楽として徐々に発達し、江戸後期にはその瀟洒な節まわしが世人に広く愛好されたものである。
音楽的な特徴としては、豊後節系統の叙情的で艶っぽい風情を濃厚なものとし、これに長唄の影響を受けて歌うような声ののびやかさや節回しの面白さを加味したものであり、語りものの豪壮さはいささか影が薄い。その代わり、瀟洒かつ粋で軽妙な音楽であり、特にその高音を多用する語りは江戸浄瑠璃の精髄を示すものとして広く愛された。基本的には劇付随音楽であるが、その唄い物的な要素のため、芝居よりも所作事で用いられることのほうが多く、また時代が下るにしたがって純粋な観賞用としての側面も持つようになった。
なお河竹黙阿弥が清元を愛し、いわゆる余所事浄瑠璃として多くの清元を作詞している。これによって幕末期から明治初期にかけて清元は新たな展開を見せた。
検索結果 72 件の見つかりました。
並び替え=> 最新閲覧数順 総合閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
 
プレリュード (Preludes)
雨音
うちわ雨
雨音(雷入り)
波音 波打ちぎわ
波音 川波
水音(小川)
滝音
雪音
風音
虫の音
小鳥
カラス
ウグイス
ホトトギス
ニワトリ
千鳥
トンビ
ヒグラシ
フクロウ
カッコウ
赤ん坊
秋風の曲 (前弾)
長唄 秋色種 (合方)
義太夫「生写朝顔話」(朝顔日記)より「宿屋の段」
矢の根 <長唄・大薩摩> (MONO)
越後獅子 <長唄>
勧進帳 <長唄>
忍夜恋曲者~将門~ <常磐津>
北州千歳寿~北州~ <清元>
都々逸 (MONO)
新保広大寺
鈴ケ森:題目塚の場 (MONO)
毬唄 (「京鹿子娘道成寺」より) <箏曲>
門付 <尺八>
にんば <江戸の祭り囃子>
ノクターン (Nocturne)
鳥さし 祇園町一力の段
明烏 (明烏花濡衣) 下
野崎 〈義太夫〉
狐火 〈義太夫〉
柳のきやり 〈義太夫〉
芦屋道満大内鑑 / 狐別れの段 〈義太夫〉
傾城恋飛脚 / 新口村の段 〈義太夫〉
傾城倭荘子 / 蝶の道行 〈義太夫〉
だんまり 〈歌舞伎〉
勧進帳 〈歌舞伎〉
白浪五人男 / 稲瀬川勢揃いの場 〈歌舞伎〉
恋飛脚大和往来 / 封印切の場 〈歌舞伎〉
忍夜恋曲者 / 将門 〈常磐津〉
保名 〈清元〉
助六所縁江戸桜 <河東節>
傾城浅間獄 <一中節>
鳥辺山 <宮園節>
鐘の岬 <萩江節>
明の鐘 (宵は待ち) <長唄>
松の緑 <長唄>
京鹿子娘道成寺 <長唄>
勧進帳 <長唄>
秋色種 <長唄>
雪 <地歌>
綱は上意 <哥沢>
新内流し <新内>
蘭蝶 (若木仇名草/四谷の段) <新内>
蘭蝶 (若木仇名草/お宮口説の段) <新内>
蘭蝶 (若木仇名草/深川竹の段) <新内>
明烏夢泡雪 (浦里部屋の段) <新内>
梅にも春 <端歌>
春雨 <端歌>
三つの車 <小唄>
深川節 <俗曲>
かっぽれ <俗曲>
奴さん <俗曲>
虚空 <普化尺八>
巣鶴鈴慕 <琴古流尺八>
鹿の遠音 <琴古流尺八>
鶴の巣籠 <郡山流尺八>
六段 <生田流箏>
みだれ <生田流箏>
八千代獅子 <生田流箏>
秋の言の葉 <生田流箏>
五段砧 <生田流箏>
千鳥の曲 <生田流箏>
松風 <山田流箏>
寄せ太鼓・一番太鼓・跳太鼓 <櫓太鼓>
当地興行 <相撲甚句>
山づくし <相撲甚句>
真鶴・手古 <木遣り>
駅路:東海道 <木遣り>
屋台囃子 <祭り太鼓>
一調 <小鼓>
ご祝儀曲:翁千歳三番叟 <邦楽囃子>
山伏 <邦楽囃子>
獅子 <邦楽囃子>
ひとだま <邦楽囃子>
【雅楽】::(管弦) 「越殿楽」 より
【雅楽】::(舞楽) 「春庭花」 より
【仏教音楽】::真言声明 「云何唄」 より
【仏教音楽】::天台声明 「四智梵語」 より
【能楽・狂言】::能 「高砂」 より
【能楽・狂言】::狂言小舞謡 「七つになる子」
【琵琶楽】::薩摩琵琶 「壇ノ浦」 より
【琵琶楽】::筑前琵琶 「茨木」 より
【三味線音楽】::義太夫 「菅原伝授手習鑑 ~寺子屋の段~」 より
【三味線音楽】::常磐津 「関の扉 ~積恋雪関扉~」 より
【三味線音楽】::清元 「青海波」 より
【三味線音楽】::長唄 「勧進帳」 より
【三味線音楽】::小唄 「涼み舟」
【三味線音楽】::端唄 「梅は咲いたか」
【箏曲・地歌】::地歌 「黒髪」 より
【箏曲・地歌】::箏曲 (段物) 「六段調」
【箏曲・地歌】::生田流 「夕顔」 より
【箏曲・地歌】::山田流 「江の島の曲」 より
【尺八】::琴古流尺八本曲 「鹿の遠音」 より
【尺八】::都山流尺八本曲 「岩清水」 より
【民謡】::「江差追分」
【民謡】::「津軽じょんから節」
【民謡】::「磯節」
人間国宝シリーズ(4)清元
取り扱い開始日:2006-11-01
神田祭
神田祭
神田祭
神田祭
神田祭
神田祭
神田祭
三千歳(忍逢春雪解)
三千歳(忍逢春雪解)
三千歳(忍逢春雪解)
三千歳(忍逢春雪解)
三千歳(忍逢春雪解)
三千歳(忍逢春雪解)
三千歳(忍逢春雪解)
三千歳(忍逢春雪解)
三千歳(忍逢春雪解)
三千歳(忍逢春雪解)
三社祭
三社祭
三社祭
三社祭
三社祭
三社祭
三社祭
三社祭
三社祭
三社祭
三社祭
三社祭
ビクター舞踊名曲選(5)清元
取り扱い開始日:1990-06-06
四君子(しくんし)
花がたみ
ビクター舞踊名曲選(2)清元
取り扱い開始日:1990-06-06
名寄の寿(なよせのことぶき)~豊春名集寿(ゆたかのはるなよせのことぶき)
柏の若葉(かしわのわかば)~寿祝柏若葉(ことぶきいわうかしわのわかば)
玉兎 女太夫
取り扱い開始日:1990-03-21
玉兎 幕明き・実に楽天が~月の影勝・ド
玉兎 ドロドロ・飛び団子~これはさて置
玉兎 昔々~猪牙船合点だ
玉兎 心得狸に~乗りが来て
玉兎 お月様さえ~段切れ
女太夫 幕明き・ことわりや~四ツ竹に
女太夫 東上総の~調子も合の手
女太夫 わしにさ逢いたくンば~段切れ
1 2 3 4