Top>音楽ジャンル>神楽坂浮子

神楽坂浮子

経歴

東京の深川出身。高校生のときに神楽坂はん子に憧れ、高校を中退して芸者になる。後に、古賀政男門下となり、芸者歌手としてデビューする。市丸や榎本美佐江ら先輩日本調歌手に後押しされ、1956年には『十九の春』が大ヒット。プロ歌手の仲間入りを果たす。その後も日本調のみにとどまらず、ドドンパなどのリズムにも挑戦する。また、その美貌から映画にも出演。
NHK紅白歌合戦に2回出場している(詳細は下記参照)。
1963年に一般人の男性と結婚。
昭和40年代の懐メロブームの際は、東京12チャンネルの「なつかしの歌声」にも出演し、自身のヒット曲を披露していたが、1979年(昭和54年)に一旦引退する。
1997年に歌手活動を再開する。
1995年に神楽坂はん子が亡くなってからは、テレビで彼女の持ち歌だった『ゲイシャ・ワルツ』を披露している。その後は歌手活動を行いながら、若手芸者の育成も務めていた。日本歌手協会の所属歌手としては唯一の芸者歌手。
2013年4月26日放送の「爆報!THEフライデー」(TBS)に出演したのが最後のテレビ出演となった。2013年11月20日、千葉県松戸市の病院で心不全のため死去。75歳没。
死去後の2013年12月6日、「爆報!THEフライデー」で生前に出演した時の映像が追悼放映された。
検索結果 5 件の見つかりました。
並び替え=> 最新閲覧数順 総合閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
 
潮来笠
おけさ唄えば
南海の美少年(天草四郎の唄)
沓掛時次郎
明日を呼ぶ港
風の三度笠
江梨子
東京オリンピック音頭
中山七里
いつでも夢を
すずらん娘
舞妓はん
若い東京の屋根の下
白い制服
お嬢吉三
赤いブラウス
花の舞妓はん
そこは青い空だった
青いセーター
恋をするなら
ゼッケンNO.1スタートだ
CHE CHE CHE(涙にさよならを)
あの娘と僕(スイム・スイム・スイム)
雨の中の二人
君・星よりもはるかなり
恋と涙の太陽(アメリアッチ)
霧氷
殺陣師一代
恋のメキシカン・ロック
佐久の鯉太郎
思い出のカテリーナ
赤い夕陽の三度笠
京都・神戸・銀座
東京-パリ
子連れ狼
人生はまだ語れない
今夜は離さない
メッセージ
お袋の袋
面影 渡り鳥
ほんまにしゃーない
取り扱い開始日:1997-05-21
ほんまにしゃーない
こんなベッピン見たことない
ほんまにしゃーない(オリジナル・カラオケ)
こんなベッピン見たことない(同)
いつでも夢を/橋幸夫 / 吉永小百合 : モノラル
若い歌声/橋幸夫 / 吉永小百合 : モノラル
若い東京の屋根の下/橋幸夫 / 吉永小百合
東京オリンピック音頭/橋幸夫 / 市丸 / 松島アキラ / 神楽坂浮子 / ビクター少年民謡会
白いギター/チェリッシュ
二人の星をさがそうよ/田辺靖雄
いとしのナターシャ/久保浩
若い港/三田明
若い仲間/中尾ミエ / 田辺靖雄 / 東京混声合唱団
いつも心に太陽を/松島アキラ / 山中みゆき : モノラル
明日は咲こう花咲こう/吉永小百合 / 三田明
光る海/吉永小百合
雨の中に消えて/吉永小百合 : モノラル
寒い朝/吉永小百合 / 和田弘とマヒナスターズ : モノラル
美しい十代/三田明 : モノラル
ほんまにしゃーない
取り扱い開始日:1997-05-21
ほんまにしゃーない
ほんまにしゃーない
こんなベッピン見たことない
こんなベッピン見たことない
1