Top>音楽ジャンル>箏曲

箏曲

筑紫箏

近世箏曲は、戦国末期から江戸時代はじめにかけて活躍した賢順が完成した「筑紫箏」(つくしごと)を始祖とする。彼は浄土僧でもあり、寺院に伝承される雅楽や歌謡を修め、また当時来日していた明人の鄭家定に琴(きん)を学び、これらから箏曲を作り出した。これが筑紫箏である。ただし筑紫箏の音楽は、高尚で雅びであるが娯楽性は少なく、礼や精神性を重んじ、また調弦も雅楽に近い「律音階」に由っていた。

箏曲 (イギリス民謡)

検索結果 155 件の見つかりました。並び替え=> 閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
取り扱い開始日:2012-09-28
錦木によせて〜五つの小品(長澤勝俊作曲)
三つの断章(中能島欣一作曲)
中空砧(宮城道雄作曲)
六段の調
二十絃箏曲 物云舞(伊福部昭作曲)
結婚行進曲(メンデルスゾーン)
結婚行進曲
雅楽 越天楽
箏曲 春の海
ファンファーレ「華美」
スネアドラムのロール
涅槃講式(表白・初段) 【抜粋】 (声明)
横笛 (平家琵琶)
熊野(村雨留) 【ライブ録音】 (能楽)
高砂 (能・謡)
田植 (狂言・小謡)
七つ子 (狂言・小謡)
浮舟 (箏組歌裏組新曲)
琉球組 (三味線組歌表組)
六段の調 (箏曲)
千鳥の曲 (箏曲)
雪 (地歌)
勤行寺 (地歌)
都十二月 (地歌) (SP盤復元)
お夏笠物狂 (一中節)
二十絃箏曲「物云舞」
ヴァイオリン・ソナタ
サハリン島土民の三つの揺籃歌
郢歌「鬢多々良」
六段
みだれ (平調子)
千鳥の曲 (古今調子) (「古今和歌集」「金葉集」より)
春の曲 (「古今和歌集」より)
五段砧
八千代獅子
夕顔 (「源氏物語」より)
鹿の遠音
竹藾五章 第1章 芬陀
竹藾五章 第2章 爽竹
竹藾五章 第3章 虚藾
竹藾五章 第4章 破竹
竹藾五章 第5章 明暗
奥州薩慈
巣鶴鈴慕
残月 (生田流箏曲尺八素吹き)
さらし (生田流箏曲尺八素吹き)
盤渉調
五段砧
けしの花
八重衣
ままの川
夜々の星
揖枕
残月
1 2 3 4 5 6 7 8