Top>音楽ジャンル>荻江節

荻江節

歴史

初代荻江露友(本名千葉新七、?~1787年)は弘前藩に仕えた武家の出身と伝えられる。長唄唄方初代松島庄五郎に入門して、明和三年(1766年)ごろから江戸市村座で立唄をつとめ、中村座の冨士田吉次とともに名人として知られた。明和五年(1768年)に舞台を退いて後は吉原を中心とする座敷芸として活動し、次第に芸風が本来の長唄から離れて独自のものとなったため、一流を成して「荻江節」と呼ばれるようになった。
安永年間に初代の門弟・有田栄橘が二世露友を襲うが、二世および三世露友の事蹟はつまびらかにしない。座敷芸として好事家の間で好まれたものだけに、早くに流れが細いものとなり、近世後期には芸系も途絶えがちであったらしい。しかし幕末になるとようやく吉原の玉屋山三郎などを中心に荻江節の復興が行われるようになった。明治時代に入ると深川の材木問屋近江屋喜左衛門が四世露友(1836年-1884年)を継いで(1875年)、長唄の影響を脱し、上方地唄の曲目を取り入れるなど、荻江節の発展と芸風の確立に大きく寄与した。四世の没後は高弟柳原ひさ・うめの兄弟が中心となって活動し、1956年に前田すゑ(前田青邨夫人)が五世露友となった。現在では宗家露友の名跡は不在で、荻江寿友が初代・二代と家元を継承している。

荻江節 都一千恵

検索結果 10 件の見つかりました。並び替え=> 閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
春の海 <現代曲 合奏> (春季)
梅にも春 <端唄> (春季)
助六所縁江戸桜 <河東節> (春季)
真鶴・手古・五万石 <木遣り> (春季)
東大寺修二会 [実況録音] <声明> (春季) (モノラル)
祇園精舎 <平家琵琶> (春季) (モノラル)
さくらさくら <現代曲 箏曲> (春季)
傾城浅間嶽 <一中節> (春季)
鳥辺山 <宮薗節> (春季)
実盛 <薩摩琵琶> (春季)
松魚売り <常磐津> (春季)
連獅子 (正治郎) <長唄> (春季)
靭猿 <狂言> (春季)
あやめ <大和楽> (春季)
雨夜之伝(通小町) <能楽囃子> (春季)
蝉の曲 <胡弓> (夏季)
曽根崎心中(道行・天神森の段) <義太夫> (夏季)
お化け屋敷 <邦楽鳴物> (夏季)
夕立がザット~とめてよかった <都々逸> (夏季) (モノラル)
火垂~十七絃独奏の為に~ <現代曲十七絃箏曲> (夏季)
三社祭 <清元> (夏季) (モノラル)
平調 越天楽~残楽三返~ <雅楽> (秋季)
天変斯止嵐后晴 <義太夫 三味線> (秋季)
秋の曲 <生田流 箏曲> (秋季)
虫の音 <山田流 箏曲> (秋季)
さらし幻想曲 <現代曲 三曲合奏> (秋季)
初穂神楽 <現代曲 笛> (秋季)
毛利元就(厳島の戦) <筑前琵琶> (秋季) (モノラル)
鎌倉 <里神楽> (秋季)
紅葉賀 <荻江節> (秋季)
蘭蝶 (四谷) <新内> (秋季)
津軽じょんから節 (青森) <民謡・津軽三味線> (秋季)
柿食えば <吟詠・俳句> (秋季)
鹿の遠音 <琴古流 尺八> (秋季)
木枯 <都山流 尺八> (冬季)
柝・雪音・粉雪 <歌舞伎囃子> (冬季)
本調子 初雪に降りこめられて <小唄> (冬季)
ゆき <地歌> (冬季)
秩父屋台ばやし (埼玉県) <日本の太鼓> (冬季)
嘉手久~多幸山(カチャーシー) <沖縄音楽> (冬季)
永平寺の鐘 <鐘の音> (冬季)
越天楽より <雅楽>
祗園精舎より <平家琵琶> (SP音源・モノラル録音)
隅田川より <能楽(謡曲)>
七つ子 <狂言(謡)>
鹿の遠音より <尺八(琴古流)>
六段の調より <箏曲>
鳥辺山より <地歌> (SP音源・モノラル録音)
蘆屋道満大内鑑~狐別れの段~より <義太夫> (SP音源・モノラル録音)
弁天小僧~浜松屋店先の場~より <歌舞伎> (SP音源・モノラル録音)
勧進帳より <長唄>
助六所縁江戸桜より <河東節>
傾城浅間嶽より <一中節>
忍夜恋曲者~将門~より <常磐津>
北州千歳寿~北州~より <清元>
若木仇名草~蘭蝶~より <新内>
鳥辺山より <宮薗節>
金谷丹前より <荻江節>
梅にも春 <端唄> (SP音源・モノラル録音)
綱は上意より <哥沢>
三つの車 <小唄>
おせんより <大和楽>
真鶴・手古より <木遣り>
にんばより <江戸の祭り囃子>
御諏訪太鼓(飛竜三段返し)より <太鼓>
津軽じょんから節 <日本民謡(津軽三味線)>
富士山 <吟詠>
松の内
乱髪夜編笠(白さぎ)
浮世傀儡師
助六由縁江戸桜
廓八景
道成寺
松竹梅 (河東節-3)
弓始 (河東節-3)
鵜飼石和川 (一中節-1)
松羽衣 (一中節-1)
熊野文の段
橋弁慶
寿獅子
粟の段
都若衆万歳
江戸紫
松襲
道行縁花房(掛行灯)
鳥辺山
口舌八景(小いな)
桂川恋の柵(おはん)
小春治兵衛 炬燵の段(こたつ)
夕霧由縁の月見(夕ぎり)
現在道成寺
夜半楽
金谷丹前
短夜
紅葉狩
百夜車
喜撰
小町
紅葉賀
山姥
式三番叟
松・竹・梅(しょうちくばい)
鐘の岬(かねのみさき)
神田祭 (清元) (SP盤復元)
浅間(初霞浅間嶽) (清元) (明治43年SP盤復元)
蘭蝶 (新内)
桜狩 (筝曲 山田流)
八重衣 (箏・三弦・尺八・三曲合奏)
鐘の岬 (荻江節)
荒神経訓読 (廻壇琵琶)
須磨の浦 (薩摩琵琶)
茨木 (筑前琵琶)
綱は上意 (歌沢)
木遣りくずし (端歌)
梅にも春 (端唄) (SP盤復元)
葉桜や・八重一重 (小唄) (SP原盤復元)
都々逸 (都々逸) (SP原盤復元)
水音 (歌舞伎音楽)
浪音 (歌舞伎音楽)
雨音 (歌舞伎音楽)
滝音 (歌舞伎音楽)
風音 (歌舞伎音楽)
雪音 (歌舞伎音楽)
幽霊(ドロ・ネトリ) (歌舞伎音楽)
葛の葉二度目の子別れ (説教節)
1
2017-03-21 09:21:19

5月14日(日)に豊中市立文化芸術センターで行われる、『花の宴』で「荻江節 鐘の岬」を踊らせていただきます(^^) 久しぶりの女形ですので、お時間宜しければ是非是非観に来ていただきたいです(^^) よろしくお願いします(^^) https://t.co/Ik1ySIyrsA