Top>音楽ジャンル>菅原洋一

菅原洋一

経歴

国立音楽大学卒業後、1958年にタンゴバンド「早川真平とオルケスタ・ティピカ東京」に参加し、歌手デビューをする。
デビューからしばらくの間はヒット作に恵まれない不遇を味わったが、1965年に発売した「知りたくないの」(元々は「恋心」のB面曲だった)が2年後の1967年に入ってからヒット、80万枚を超える売上を記録し、人気歌手の仲間入りを果たし、同年、NHK紅白歌合戦にも初出場を果たす(以降1988年まで通算22回連続で紅白に出場)。
1968年に「誰もいない」で第10回日本レコード大賞歌唱賞、1970年には「今日でお別れ」の大ヒットにより第12回日本レコード大賞を受賞し、実力派シンガーとしての地位を確立。また、愛嬌のある笑い皺が特徴的な丸顔から、当時の人気音楽番組「夜のヒットスタジオ」の司会者・前田武彦に「3日前のハンバーグ」との珍妙なニックネームを付けられ、以後、「ハンバーグ」という愛称が彼の代名詞的フレーズとなった。1970年代に入ってからは料理番組「キッチンパパ」(TBS)の司会も担当するなど、歌手以外の活動にも重点を置くようになった。
2000年代頃からはライフワークともなった最小限の音飾で「生の歌声と生音の演奏」が中心の「ニュークラシカルコンサート」を全国クラシックホールを中心に展開している。

検索結果 96 件の見つかりました。
並び替え=> 最新閲覧数順 総合閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
 
ふたりの大阪
居酒屋
アマン
今夜は離さない
愛が生まれた日
もしかしてPartII
男と女のラブゲーム
麦畑
浪花姉妹
星空に両手を
赤いグラス
東京ナイト・クラブ (モノラル録音)
青い山脈 (モノラル録音)
旅の夜風 (モノラル録音)
北空港
忘れていいの-愛の幕切れ-
償いの日々
ロンリー・チャップリン
泣きながら夢を見て
別れても好きな人
ふたりのラブソング
3年目の浮気
愛の奇跡
愛は傷つきやすく
東京砂漠のかたすみで
東京めぐり愛
昭和枯れすゝき
浪花恋しぐれ
アカシアの雨がやむとき
君恋し
王将
高校三年生
夜明けのうた
自動車ショー歌
涙を抱いた渡り鳥
アンコ椿は恋の花
赤いグラス
函館の女
知りたくないの
星影のワルツ
ラブユー東京
柳ヶ瀬ブルース
悲しい酒
夜霧よ今夜も有難う
君こそわが命
伊勢佐木町ブルース
長崎は今日も雨だった
港町ブルース
タンゴを歌う
取り扱い開始日:1993-09-26
奥様お手をどうぞ
カミニート
夜のタンゴ
ミロンギータ
さよならも云わないで
小雨降る径
歌いながら
永遠に別れを
ラ・クンパルシータ
黒き汝が瞳
カプリ島
小さな喫茶店
恋心
バラのタンゴ
許されぬ恋
エル・チョクロ
白いスカーフ
アディオス・コラソン
恋のフーガ / ザ・ピーナッツ
エメラルドの伝説 / ザ・テンプターズ
知りすぎたのね / ロス・インディオス
誰もいない / 菅原洋一
天使の誘惑 / 黛ジュン
夕月 / 黛ジュン
花の首飾り / ザ・タイガース
恋の奴隷 / 奥村チヨ
人形の家 / 弘田三枝子
夜と朝のあいだに / ピーター
雨がやんだら / 朝丘雪路
今日でお別れ / 菅原洋一
暗い港のブルース / ザ・キングトーンズ
別れの朝 / ペドロ&カプリシャス
グッド・バイ・マイ・ラブ / アン・ルイス
突然炎の如く / 大橋純子
ANAK(息子. / 杉田二郎
悲しい芝居 / 千葉紘子
時には娼婦のように / 黒沢年男
愛の証明 / 野口五郎
誰も誰も知らない / 加藤登紀子
涙と雨にぬれて / 裕圭子とロス・インディオス
愛のさざなみ / 島倉千代子
君は心の妻だから / 鶴岡雅義と東京ロマンチカ
港町ブルース / 森 進一
あなたならどうする / いしだあゆみ
手紙 / 由紀さおり
恋の別れ道 / 西田佐知子
五月のバラ / 尾崎紀世彦
愛情物語 / 井上 順
石狩挽歌 / 北原ミレイ
心のこり / 細川たかし
さくらの唄 / 美空ひばり
思いやり / 小林 旭
北酒場 / 細川たかし
まわり道 / 琴風豪規
まつり / 北島三郎
ホテル / 島津ゆたか
わが人生に悔いなし / 石原裕次郎
風の盆恋歌 / 石川さゆり
愛のフィナーレ / ザ・ピーナッツ
ラ・マンマ / 小林暁美
恋心 / 菅原洋一
シャンゼリゼ・ブルース / 小林暁美
知りたくないの / 菅原洋一
恋はせつなく / 加藤登紀子
青春のブルース / 加藤登紀子
時計をとめて / 倍賞美津子
サバの女王 / グラシェラ・スサーナ
シェルブールの雨傘 / いしだあゆみ
人々の言うように / 戸川昌子
リリー・マルレーン / 戸川昌子
ラ・ボエーム / しますえよしお
想い出の瞳 / 石井晶子
さくらんぼの実る頃 / 堀内 環
メケ・メケ / 仲代圭吾
そして今は / 川島 弘
私の神様 / 深緑夏代
さらば銀巴里 / なかにし礼&ミュージカルアカデミー
ベスト・アルバム-ひとひらの雪-
取り扱い開始日:2009-01-28
ひとひらの雪
タンゴはひとりじゃ踊れない
知りたくないの
芽生えて そして
誰もいない
今日でお別れ
忘れな草をあなたに
愛の嵐
乳母車
ありがとうさようなら
愛の讃歌
少しは私に愛を下さい
アマン
風の盆
恋すみれ
白夜抄 ~北のおもいで~
アマンII(ドゥー)
シンガーそは歌人
ありがとう、ごめんね
ひとひらの雪 (オリジナル・カラオケ)
港町ブルース
池袋の夜
長崎は今日も雨だった
君は心の妻だから
新宿の女
仁義
目ン無い千鳥
抱擁
夜の銀狐
うしろ姿
加賀の女
港町 涙町 別れ町
長崎の夜はむらさき
一度だけなら
今日でお別れ
傷だらけの人生
圭子の夢は夜ひらく
逢わずに愛して
男と女のお話
おんな占い
女のブルース
おんなの朝
波止場女のブルース
酔いどれ女の流れ歌
恋あざみ
噂の女
ついて来るかい
長崎から船に乗って
わたしの城下町
よこはま・たそがれ
乾杯
大阪で生まれた女
旅の宿
さよなら
涙そうそう
TSUNAMI
片想い
春よ、来い
なごり雪
時代おくれ
愚か者
秋桜
いっそセレナーデ
22才の別れ
シングル・アゲイン
無縁坂
ビューティフルメモリー
取り扱い開始日:2010-10-06
ビューティフルメモリー
ビューティフルメモリー (オリジナルカラオケ)
ビューティフルメモリー (ナレーション入り スペシャルカラオケ)
風のラブソング
風のラブソング (オリジナルカラオケ)
風のラブソング (ナレーション入り スペシャルカラオケ)
ナレーション (BGM 「口笛天国」 Whistling Jack Smith)
函館の女
よこはま・たそがれ
熱き心に
雪國
さざんかの宿
なみだの操
襟裳岬
みちのくひとり旅
くちなしの花
そんな女のひとりごと
小樽のひとよ
すきま風
うそ
奥飛騨慕情
娘よ
今日でお別れ
ナレーション (MONO)
夜霧よ今夜も有難う
今宵タンゴを
取り扱い開始日:1996-12-21
黒き汝が瞳
夜のタンゴ
奥様お手をどうぞ
バラのタンゴ
夜のヴァイオリン
永遠に別れを(アスタ・シエンプレ・アモール)
ラ・クンパルシータ
淡き光に(ア・メディア・ルス)
カミニート
さらば草原よ
ママ、恋人が欲しいの
小さな喫茶店
イタリーの庭
郷愁(ノスタルヒア)
ジーラ・ジーラ
アディオス・ムチャーチョス
恋心
許されぬ恋
ダイヤモンド・ベスト シャンソン ~日本人歌手が唄うシャンソンナンバー~ ベスト
取り扱い開始日:2010-11-24
枯葉
私の心はヴァイオリン
僕は小さな舟
そして今は
なれそめの頃のように
水に流して
君によい旅を
ラスト・ワルツ
バラ色の人生
愛の生命
愛の讃歌
夜のメロディー
巴里の屋根の下
桜んぼの実る頃
真夜中の居酒屋
再会
愛の幕切れ
夜よ さようなら
時は過ぎてゆく
ミラボー橋
逢いびき
枯葉によせて
暗い日曜日
アデュー
アマンII
取り扱い開始日:2003-10-22
アマンII
哀しみのラストタンゴ
シンガーそは歌人
アマンII (オリジナルカラオケ)
アマンII (女性ヴォーカル入りカラオケ)
アマンII (男性ヴォーカル入りカラオケ)
赤とんぼ
女ひとり
われは海の子
冬の夜
ふるさとの
秋の月
さくら貝の歌
あざみの歌
夏の思い出
雪のふる町を
夏は来ぬ
故郷
朧月夜
四季の歌
誰もいない海
遠くへ行きたい
浜千鳥
浜辺の歌
小さい秋みつけた
もずが枯木で
母さんの歌
この道
知床旅情
琵琶湖周航の歌
竹田の子守唄
ペチカ
早春賦
旅愁
青葉城恋唄
城ヶ島の雨
椰子の実
雨ふりお月さん
からたちの花
てんさぐの花
異国の丘
落葉しぐれ
弁天小僧
赤と黒のブルース
好きだった
夜霧の第二国道
有楽町で逢いましょう
グッド・ナイト
東京ナイト・クラブ
誰よりも君を愛す
潮来笠
再会
霧子のタンゴ
おまえに
傷だらけの人生
有楽町で逢いましょう
好きだった
ブルー・ライト・ヨコハマ
ブランデーグラス
再会 (モノラル録音)
グッド・ナイト
よせばいいのに
ベッドで煙草を吸わないで
赤毛のおんな
おまえに
伊勢佐木町ブルース
恍惚のブルース
盛り場ブルース
忘れな草をあなたに
抱擁
男と女のお話
手のひらを太陽に
雪山讃歌
禁じられた遊び
さあ太陽を呼んでこい
ドミニク
トムピリビ
走れ並木を
ピエロのトランペット
夏の思い出
想い出のグリーングラス
雪の降る町を
森の熊さん
ユミちゃんの引越し~さよならツトム君~
はじめての僕デス
ドナドナ
シング
森へ行きましょう
シーハイルの歌
アビニョンの橋で
勇気の歌
一週間
ロンドン橋
雪と子ども
土湯讃歌
オナカの大きな王子さま
すずらん
バラが咲いた
ちいさい秋みつけた
山口さんちのツトム君 (モノラル)
デンデン虫のデン子さん
虫歯のこどもの誕生日 (モノラル)
ドラキュラのうた
泣いていた女の子 (モノラル)
花のまわりで
ヒロミ
北風小僧の寒太郎
歌が唄いたい!!ベストヒット&カラオケ 菅原洋一
取り扱い開始日:2006-08-30
知りたくないの(I Really Don’t Want To Know)
誰もいない
今日でお別れ
愛のフィナーレ
アマン
風の盆
知りたくないの(I Really Don’t Want To Know)(カラオケ)
誰もいない(カラオケ)
今日でお別れ(カラオケ)
愛のフィナーレ(カラオケ)
アマン(カラオケ)
風の盆(カラオケ)
都会の天使たち(堀内孝雄&桂銀淑)
忘れていいの~愛の幕切れ(谷村新司&小川知子)
夜明けの伝言(小柳ルミ子&高山厳)
別れても好きな人(ロス・インディオス&シルヴィア)
悲しい乾杯(堀内孝雄&斉藤慶子)
ハンリーラ(堀内孝雄&倉橋ルイ子)
P.S.愛してる!(高田純次&上沼恵美子)
アマン(菅原洋一&シルヴィア)
男と女のラヴゲーム(武田鉄矢&芦川よしみ)
男と女のはしご酒(同)
恋をちょうだい(香西かおり&高山厳)
それぞれの原宿(ロス・インディオス&シルヴィア)
野郎(おとこ)たちの挽歌(堀内孝雄&チョー・ヨンピル)
南回帰線(堀内孝雄&滝ともはる)
クラシック~シングル・ヴァージョン(谷村新司&奥田瑛二)
サライ(加山雄三&谷村新司)
1 2 3 4 5