Top>音楽ジャンル>雅楽

雅楽

概説

アジア大陸の諸国からもたらされた音楽や舞に、上代以前から伝わる音楽や舞が融合し日本化した芸術で、10世紀頃に大まかな形態が成立し、今日まで伝承されている。
現在においては、
国風歌舞(くにぶりのうたまい)—日本古来の歌謡をもとに平安期に完成された、神道や皇室に深い関わりをもつ歌舞。
大陸系の楽舞—5世紀頃から9世紀頃までの間に大陸から伝わった楽舞をもとに日本で作られた、中国、天竺、林邑系の唐楽(とうがく)と、朝鮮半島、渤海系の高麗楽(こまがく)。
謡物(うたいもの)—日本古来の民詩や漢詩に節づけをし、大陸からの渡来楽器による伴奏をともなう平安期に作られた歌曲。

の三つに大別される。
雅楽の原義は「雅正の楽舞」で、「俗楽」の対。国内の宮内庁式部職楽部による定義では、宮内庁式部職楽部が演奏する曲目の内、洋楽を除くもの、とされる。多くは器楽曲で宮廷音楽として継承されている。現在でも大規模な合奏形態で演奏される伝統音楽としては世界最古の様式である。ただし、平安時代に行われた楽制改革により大陸から伝来したものは編曲や整理統合がなされ国風化しているためかなり変化しており、主に京都の貴族の間で行われていた宮廷音楽としての雅楽の形態については応仁の乱以降、江戸幕府が楽師の末裔(楽家)をあつめて再編するまでは100年以上ほぼ断絶していたので往時の形態をどこまで継承しているかは不明である。また、後述するように明治時代以降は演奏速度に変化が見られる。
篳篥のカタカナで記されている譜面を唱歌(しょうが :メロディーを暗謡するために譜面の文字に節をつけて歌う事)として歌うときにハ行の発音をファフィフフェフォと発音するなど16世紀以前の日本語の発音の特徴などはそのまま伝えられている可能性が高い。
楽琵琶の譜面のように漢字で記されるものは、中国の敦煌で発見された琵琶譜とも類似点が多く、さらに古い大陸から伝わった様式が多く継承されている。
最も重要な史料としては、豊原統秋(1450~1512)が応仁の乱により雅楽等の記録が散逸することを憂えて著した『體源抄』(たいげんしょう)があげられる。笙の楽家の統秋が、笙を中心とした雅楽、舞楽についての記録をまとめたもので、古い時代の雅楽についての貴重な記録である。日本三大楽書の一。13巻22冊。永正9年成立。
検索結果 59 件の見つかりました。
並び替え=> 最新閲覧数順 総合閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
 
雅楽「越天楽」三調
取り扱い開始日:2006-10-18
平調音取
平調越天楽残楽三返
盤渉調音取
盤渉調越天楽
黄鐘調音取
黄鐘調越天楽
五常楽急 (平調)
納曽利破 (高麗壱越調)
納曽利急 (高麗壱越調)
越天楽今様
雅楽~平安のオーケストラ GA
取り扱い開始日:1999-10-22
越天楽(管弦):平調音取
越天楽(管弦):越天楽
喜春楽(舞楽):黄鐘調調子
喜春楽(舞楽):「喜春楽」序
喜春楽(舞楽):「喜春楽」破
青海波(管弦):盤渉調音取
青海波(管弦):青海波
貴徳(舞楽):高麗壱越調
小音取:「貴徳」破
小音取:「貴徳」急
東遊:求子歌出
東遊:求子歌
雅楽の世界(下)
取り扱い開始日:1990-04-21
平調 音取
平調 林歌
高麗壱越調 納曽利 破・急
平調 陪臚破
沙陀調音取
壱越調 陪臚急
平調 萬歳楽
東遊~狛調子~阿波礼~音出~一歌~二歌~駿河歌歌出~駿河歌一段~駿河歌二段~加多於呂志~阿波礼~求子歌出~求子歌~大比礼歌出~大比礼歌
盤渉調音取
盤渉調 白柱
黄鐘調音取
黄鐘調 拾翠楽
黄鐘調 喜春楽破
太食調 抜頭
高麗壱越調 胡蝶
神楽音取
其駒~三度拍子~揚拍子
壱越調 蘭陵王
雅~雅楽
取り扱い開始日:1993-05-25
平調-音取
催馬楽-更衣
平調-越天楽
盤渉調-青海波
右方 陪臚-平調調子
右方 陪臚-破
右方 陪臚-急(新羅陵王)
左方 太平楽急
右方 白浜
天地夢想(てんちむそう)
取り扱い開始日:2008-07-18
千年の風
D.N.A.
天地乃響
東風(カヴァー) Org.by 坂本龍一氏
インタールード<午後の邂逅>
天界への階段
朝霧
インタールード<鎮守の村祭り>
Continent of spring
琉球の歌
インタールード<来臨>
春雪
太陽神
木漏れ日
インタールード
韃靼人の踊り(カヴァー) Org.byボロディン
インタールード<記憶の糸>
組曲「惑星」 ジュピター より (カヴァー) org.by ホルスト
ながらの春
都踊
梅ヶ枝
山吹
三弦二重奏による::沙羅「第一番」
三弦二重奏による::沙羅「第二番」
女声二重唱と箏二部のための日本古謡 花くらべ・おん琴・天神様の細道::花くらべ 箏唄による女声二重唱
女声二重唱と箏二部のための日本古謡 花くらべ・おん琴・天神様の細道::おん琴 日本古謡
女声二重唱と箏二部のための日本古謡 花くらべ・おん琴・天神様の細道::天神様の細道 わらべうた
雅楽「越天楽」三調
取り扱い開始日:1991-06-21
平調 音取
平調 越天楽残楽三返
盤渉調音取
盤渉調越天楽
黄鐘調音取
黄鐘調越天楽
五常楽急(平調)
納曽利破(高麗壱越調)
納曽利急(高麗壱越調)
越天楽今様
奈良遷都千三百年 大和朝廷の音楽
取り扱い開始日:2010-01-20
早韓神(はやからかみ)
千歳~万歳~なお千歳~なお万歳(せんざい~まんざい~なおせんざい~なおまんざい)
縒合(よりあい)
榊(さかき)
大直日合音取(おおなおびのあわせねとり)
大直日歌(おおなおびのうた)
倭歌合音取(やまとうたのあわせねとり)
倭歌(やまとうた)
席田(むしろだ)
更衣(ころもがえ)
雅道
取り扱い開始日:1990-11-21
虚空(KOKU)~龍笛と打楽器による~ 作品74
龍笛独奏曲 一行の賦(ICHIGYO-NO-FU)
排簫のための 縹渺の響き1(HYOBYO-NO-HIBIKI 1) 作品69
光凪(HIKARINAGI)~龍笛と打物のための~
庭火(NIWABI)
蘚合香 ~序一帖~(SOKO)
陵王乱序 ~小乱声・陵王乱序~(RYOORANJO)
長保楽(CHOBORAKU) ~意調子・長保楽破・如利夜須音
浄土のしらべ 微妙音‾法要儀式的音楽
取り扱い開始日:1993-11-21
組曲 楽邦 Syns.+邦楽器 1.希有音(入堂用)
組曲 楽邦 Syns.+邦楽器 2.清浄音(献供用)
組曲 楽邦 Syns.+邦楽器 3.最勝音(登礼盤用)
組曲 楽邦 Syns.+邦楽器 4.真妙音(降礼盤用)
組曲 楽邦 Syns.+邦楽器 5.恒少音(退出用)
組曲 楽邦 電子オルガン(法要儀式用)1.希有音(入堂用)
組曲 楽邦 電子オルガン(法要儀式用)2.清浄音(献供用)
組曲 楽邦 電子オルガン(法要儀式用)3.最勝音(登礼盤用)
組曲 楽邦 電子オルガン(法要儀式用)4.真妙音(降礼盤用)
組曲 楽邦 電子オルガン(法要儀式用)5.恒沙音(退出用)
頌音五章 三管二弦三鼓編成 平調音取
頌音五章 三管二弦三鼓編成 1.揚庭楽(入堂用)
頌音五章 三管二弦三鼓編成 2.清爽楽(献供用)
頌音五章 三管二弦三鼓編成 3.登明楽(登礼盤用)
頌音五章 三管二弦三鼓編成 4.滋萌楽(降礼盤用)
頌音五章 三管二弦三鼓編成 5.震徳楽(退出用)
頌音五章 三管三鼓編成(法要儀式用)平調音取
頌音五章 三管三鼓編成(法要儀式用)1.揚庭楽(入堂用)
頌音五章 三管三鼓編成(法要儀式用)2.清爽楽(献供用)
頌音五章 三管三鼓編成(法要儀式用)3.登明楽(登礼盤用)
頌音五章 三管三鼓編成(法要儀式用)4.滋萌楽(降礼盤用)
頌音五章 三管三鼓編成(法要儀式用)5.震徳楽(退出用)
頌音五章 三管三鼓編成(法要儀式用)止手(Coda用)
コロムビア 邦楽 名曲セレクション20 雅楽
取り扱い開始日:2003-10-22
想夫恋
越天楽 <平調>
老君子
桃季花
蘇芳菲
皇仁庭 <急>
承和楽
蘇合香 <盤渉調>
散手
久米歌音取
久米歌 <参音声>
萬歳楽
賀殿 <壱越調>
酒胡子 <壱越調>
越天楽今様
抜頭
甘州
王昭君
長慶子
竹林楽
千秋楽 <黄鐘調>
天涯比隣
取り扱い開始日:2007-04-03
天地乃響
朝霧
春雪
琉球の風
冬のさくら
Continent of spring(春の大陸)
天地乃響
取り扱い開始日:2007-01-01
戦乱乃渦
Kingdom of wind
天地乃響
君が代
雅楽 第二集
取り扱い開始日:2012-07-04
越天楽
千秋楽
竹林楽
白柱
盤渉調音取
誄歌
1 2 3