Top>音楽ジャンル>鳥羽一郎

鳥羽一郎

略歴・人物

父は漁師、母は海女という漁業一家に生まれた。5年間、遠洋漁船の船員としてパナマやインド洋までマグロやカツオの捕獲に従事。海が荒れれば命さえ落としかねない厳しい環境での心の慰めは、『別れの一本杉』『なみだ船』といった船村徹の作品だった。
一度は板前を志すものの(調理師免許取得)、実弟・山川豊の東京での活躍もあり、もともと抱いていた歌手への想いを断ち切れず27歳で上京。かねてから憧れの存在であった船村に弟子入りし、3年間の修行生活を経て1982年、出身地に由来する芸名をつけて『兄弟船』で歌手デビュー。デビュー時のキャッチフレーズは「潮の香りが似合う男」。「海の男」という、それまで殆ど取り上げられなかった独自の路線を開拓して、その年の新人賞を総なめにする。このとき既に30歳を迎えていた。
弟の山川がしなやかに「大人の色気」を歌い上げるのに対し、鳥羽の演歌は、大海原を相手に日々格闘する漁業従事者たちの「心意気」や「絆」を力強く歌い上げる。港町の漁師の中で友人と酒盛りをしながら鳥羽の演歌を聞くのはもはや日常となっている。また、テレビ番組でも船に乗り込み漁にでるようなロケがある、或いは漁師や仕事で船に乗っている人が出演すると挿入歌として「兄弟船」が流されることが多い。
1985年に初出場したNHK紅白歌合戦は2007年度で20回目の出場を数えている。これまでに数々の音楽賞を獲得している他にも、全国に12個の歌碑が建設されていることや、海難遺児の進学機会確保のための80回に及ぶ献身的なチャリティー活動、新宿コマ劇場などでの舞台公演や7度の紺綬褒章の受章といった側面もある。
2006年に歌手デビュー25周年を迎え、1月11日に記念曲第1弾『母の磯笛』を発売。
また、息子の木村竜蔵も歌手として活動している。
検索結果 815 件の見つかりました。
並び替え=> 最新閲覧数順 総合閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
 
奥飛騨慕情 (竜 鉄也 )
さざんかの宿 (大川 栄策)
大阪しぐれ (都 はるみ)
矢切の渡し (細川 たかし)
おやじの海 (村木 賢吉)
別れても好きな人 (ロス・インディオス&シルヴィア)
みちのくひとり旅 (山本 譲二)
娘よ (芦屋 雁之助)
氷雨 (佳山 明生)
長良川艶歌 (五木 ひろし)
ブランデーグラス (石原 裕次郎)
雨の慕情 (八代 亜紀)
ラヴ・イズ・オーヴァー (欧陽 菲菲)
夢芝居 (梅沢 富美男)
つぐない (テレサ・テン)
川の流れのように (美空 ひばり)
雪國 (吉 幾三)
人生いろいろ (島倉 千代子)
兄弟船 (鳥羽 一郎)
兄弟船
羅針盤
お待たせ音頭
南十字星
海の匂いのお母さん
流氷・オホーツク
北凍船
別れの宿
わすれ宿
下北漁港
風待ち食堂
親なしかもめ
漁港列島
名球一代
なにわの片隅
俺はやる
海の祈り
母のいない故郷
祭り唄
みちのくしぐれ
港駅
みなと祭り
ふれあい酒場
怨んでいるだろう
男の港
雨酒場
愛恋岬
水平線
昭和北前船
母鈴蘭の歌
稚内ブルース
北緯四十五度
北斗船
さらば海峡
熊野灘
海の航空便
帰港節
おふくろ漁港
北の鴎唄
雪の華
秋津島
兄妹みなと
演歌船
母から海に
周防灘恋唄
男の海
ジャコマン船
漁火港
南回帰線
寿太鼓
サンゴ礁だぜ三度笠
男は浪漫
ひとり旅
師匠 (おやじ)
妻から海へ
港町雪月花
初船出
中仙道
泣くな母さん
泉州春木港
男の海は女の涙
博多純情
男追い山笠
ねぶた恋歌
人生なかば
ふたりの縁歌
嘘か本当か知らないけれど
男岬 (海の三代目)
母ちゃんお嫁にゆかないで
羅臼の男
男宿
だんじり
水平線の彼方へ
徐福夢男 ~虹のかけ橋~
徐福音頭
山陽道
裏街
瀬戸の水軍
御山 (やま)
厳冬・富山湾
源次
兄弟酒
望郷船歌
男の火祭り
がまん船
天下布武
男泣き
坂本龍馬
龍馬は生きる
好きだよ佐賀関
豊後水道
駿河男節
夜明け船
北帰航
咲かず花
カサブランカ・グッバイ
ハマナスの眠り唄
海峡浪漫
男の裏町
時化酒場
酔いどれ船
伊勢湾
俺の海
来島海峡
愛をみんなで
龍神
月下一献
ZANZA (ザンザ)
新島の海
負けてたまるか
人生旅衣
紀州街道
夕焼け港
関の孫六
青函連絡船
酔ったほうが勝ち
彼奴
男の挽歌
佐渡の舞い扇
佐渡こいおけさ
足摺岬
よさこい鳴子踊り
予感
東京ワルツ
海峡の春
佐田岬
粋将伝
生命燃やして
東海道
風の旅唄
夢・一本づり
賢島の女
ステーション
知床番屋
志摩半島
大王の疾風
スケソウ大漁節
道南お元気音頭
宗谷岬
故郷の山が見える
雄冬岬
のぞみ (希望)
やさぐれ通り
いっぴき人生の歌
流れもんだよ
愛恋岬 (LPバージョン)
舞酔坂
漁師
吾助に春が来た
藤勝歌
城ケ崎ブルース
さすらい夜曲
昭和ブルース
夕笛
未練の波止場
雨の夜あなたは帰る
連絡船の唄
たまゆらの宿
玄海ブルース
夜が笑っている
お別れ公衆電話
かよい船
千曲川
新潟ブルース
新宿情話
おふくろさん
おんなの宿
くちなしの花
不如帰
放浪記
にごりえ
京の川
波浮の港
花嫁人形
宵待草(原曲)
あなたへの数え唄
雪の越後をあとにして
みちのくしぐれ
雨あがり
浪花恋しぐれ
純情物語
他人船
くちぐせ
夫婦坂
花ぬすびと
こころうるおい夢本線
じょんがら恋唄
じょんがらの宿
女の雪国
戻れぬ旅だよ人生は
恋のわかれ唄
盛り場かもめ
酒場すずめ
やがて港は朝
縄のれん
雪つばき
おまえと生きる
女の旅路
それなりに青い鳥
螢火情話
虞美人草
笹舟
帰郷
山本譲二2009年全曲集
取り扱い開始日:2008-09-24
泣いたらいいさ
惚れたおまえと
おまえにありがとう
願い
名もない花に乾杯を
高杉晋作
放浪~さすらい~
花も嵐も
みちのくひとり旅
夢街道
関門海峡
奥入瀬
夕陽
俺がいるじゃないか
旅の終りはお前
しあわせさんよ ありがとう!
夫婦絆
取り扱い開始日:2011-11-02
夫婦絆
沖田総司
夫婦絆 【オリジナル・カラオケ】
沖田総司 【オリジナル・カラオケ】
別れの一本杉
ひばりの佐渡情話
風雪ながれ旅
王将
矢切の渡し
兄弟船
女の港
宗谷岬
おんなの宿
哀愁波止場
柿の木坂の家
わすれ宿
海の祈り
紅とんぼ
別れの宿
なみだ船
のぞみ(希望)
サロベツ原野
激唱 ~青函トンネル~
親子船
おんなの一生 ~汗の花~
湯けむりの宿
夢うぐいす
鳥取砂丘
ふたり傘
夜明けの出船
陽だまりの詩
北の秋桜
白雲の城
気まぐれ道中
放浪 ~さすらい~
玄界太鼓
女の時計
じょんから女節
大河
カサブランカ・グッバイ
アメリカ橋
恋唄綴り
心凍らせて
バラの香水 ~女性詞バージョン~
恋さぐり夢さぐり
未練のグラス
時間を止めて
おれでよければ
愛しつづけるボレロ
秋冬
ホテル
神戸北クラブ
男と女の破片
想いで迷子
恋唄
虞美人草
恋小舟
縄のれん
やがて港は朝
放浪記
酒場すずめ
じょんがら恋唄
花ぬすびと
雪の越後をあとにして
みちのくしぐれ (デュエット)
デュオ 雨あがり (デュエット)
純情物語 (デュエット)
それなりに青い鳥
笹舟
京の川
帰郷
「走れ!歌謡曲」パーソナリティー最終回トーク
不如帰
風雪ながれ旅
アンコ椿は恋の花
兄弟船
昔の名前で出ています
三百六十五歩のマーチ
兄弟仁義
雪椿
自動車ショー歌
さようならは五つのひらがな
男はつらいよ
いっぽんどっこの唄
河内遊侠伝
叱らないで
花はおそかった
不如帰
好きですサッポロ
涙を抱いた渡り鳥
函館の女
兄弟船 中仙道 カサブランカ・グッバイ
取り扱い開始日:2003-07-24
兄弟船
中仙道
カサブランカ・グッバイ
兄弟船 【カラオケ】
中仙道 【カラオケ】
カサブランカ・グッバイ 【カラオケ】
鳥羽一郎全曲集
取り扱い開始日:2006-10-04
サロベツ原野
志摩半島
南十字星
親子船
おふくろ
兄弟酒
海の匂いのお母さん
兄弟船
河内一代男
母の磯笛
男の港
北斗船
カサブランカ・グッバイ
流氷・オホーツク
海の祈り
つぐない
愛人
時の流れに身をまかせ
津軽海峡・冬景色
能登半島
夜桜お七
追憶
北の螢
花挽歌
愛傷歌
カサブランカ・グッバイ
想いで迷子
禁じられた恋
神戸で死ねたら
あなたにあげる
愛の化石
夕月
さくらの唄 【ボーナス・トラック】
演歌兄弟
取り扱い開始日:2002-01-01
演歌兄弟
東京しぐれ
演歌兄弟(オリジナル・カラオケ)
東京しぐれ(オリジナル・カラオケ)
30周年記念アルバム 男の軌跡
取り扱い開始日:2011-07-06
夜風
兄弟船
演歌船
男の港
北の鴎唄
裏町
カサブランカ・グッバイ
サロベツ原野
海の祈り
師匠
風待ち食堂
中仙道
ひとり鳥
北のえぞ番屋 (未発表曲)
ごめんよ、おやじ (未発表曲)
男の隠れ家 (未発表曲)
全曲集
取り扱い開始日:1999-09-22
京の川
おまえと生きる
じょんがら恋唄
放浪記
恋のわかれ唄
花ぬすびと
雪の越後をあとにして
盛り場かもめ
螢火情話
不如帰
酒場すずめ
にごりえ
純情物語
笹舟
人生に四季があるなら
北々列車
女の旅路
恋小船
みちのくしぐれ
それなりに青い鳥
1 2 3 4 5 6 7 8 9 41