Top>音楽ジャンル>Smappies

Smappies

概要

SMAPは1994年にリリースしたアルバム「SMAP006〜SEXYSIX〜」以降、著名なジャズ・フュージョンのミュージシャンをアルバム製作時のレコーディングメンバーとして多数迎えるようになった。その参加ミュージシャンの顔ぶれの豪華さは、SMAPのファンのみならず、ジャズ・フュージョンの愛好家からも驚きを持って迎えられた。
この流れを作ったのが、当時SMAPの担当ディレクターだったビクターエンタテインメントの野澤孝智だった。
1995年にリリースされたアルバム「SMAP007〜GoldSinger〜」ではニューヨークレコーディングが実現、バックバンドメンバーが一堂に会することとなり、セッションが行われる。このセッションがきっかけとなり、ドラマーのオマー・ハキムにより「Smappies」と名付けられ、ついには1996年にSMAPが参加しない「Smappies」名義でのアルバム「SMAPPIES-Rhythmsticks」が発売された。1999年には第2弾「SmappiesII」がリリースされている。
収録されている曲は、基本的にはいずれもSMAPのアルバムに収録されているナンバーの再レコーディングだが、アレンジが大きく変更されているものも少なくない。
SMAP×SMAPのエンディングトークのBGMとして「Rhythmsticks」「II」問わず幾つか使用されている(2008年9月現在、「Rhythmsticks」収録の「Morning」が使用されている)。
「I」「Ⅱ」ともに、ジャケットは信藤三雄が手掛けた。

Smappies リンダ・フェンネル

検索結果 2 件の見つかりました。並び替え=> 閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
THEME OF SMAPPIES 2(Rhapsody in Blue)
SLAVE OF GROOVE(Ki ni Naru)
PERFECT(DUO)
MOONLIGHT(Tsuki ni Somuite)
FEELING OF BEGINNING
THEME OF 012
EAO
TRUTH IS JUST FACING YOU(TAISETSU)
RATHER THAN HEARING YOUR VOICE(Koe wo Kiku Yorimo)
TROUBLE
Theme of 007 Fames Bonsd Theme
働く人々
雨がやまない
切なさが痛む
君色思い
わかってほしい
Part Time Kiss
ギョーカイ地獄いちどはおいで
ルーズなMorning
Happy Birthday
1