Top>吟詠

吟詠

特徴

いわゆる歌のように、詩文をリズム、メロディに乗せて歌うのではなく、詩文の素読(朗読)を基本とし、素読の後に特有のメロディ(節調という)を加えることで、より効果的に詩情を表現する。
具体的には、「はーるーこーおーろーおーのー、はーなーのーえーんー」と歌うのではなく、「はるゥーー(節調)こーろーのォーー(節調)、はなのォーー(節調)えんンーー(節調)」というように、語尾の母音を長く引き、そこで節調を行うことになる。
詩吟が、その吟詠(吟ずること)の対象とするのは、その歴史的経緯(下記参照)から主として漢詩であるが、和歌や俳句、新体詩を吟ずることも少なくない。ただし、あまり長いものは好まれず、漢詩の吟詠であっても七言絶句が一般的である。
検索結果 53 件の見つかりました。
並び替え=> 最新閲覧数順 総合閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
 
名槍日本号
京都東山
宝船
坂本龍馬を思う
九段の桜
寒 梅
春夜洛城に笛を聞く
靜夜思
早に白帝城を発す
峨眉山月の歌
青葉の笛
楓橋夜泊
春夜
春日山懐古
江南の春
山 行
涼州詞
常磐孤を抱くの図に題す
城 山
富 嶽
胡隠君を尋ぬ
九月十三夜陣中の作
出郷の作
金洲城下の作
不識庵機山を撃つの図に題す
奥羽道中
将に東遊せんとして壁に題す
桜祠に遊ぶ
中秋の月
書懐
夏夜涼を追う
江畔独歩花を尋ぬ
赤馬が関舟中の作
坂本龍馬を思う
寒夜の即事
短歌「晴れてよし」
不識庵機山を撃つの図に題す
越中覧古
勧学文
望湖楼酔書
偶成
雨後登楼
鸛鵲楼に登る
芳野に遊ぶ
四海波
菊姫哀歌
会津鶴ケ城
落城
奇襲~桶狭間決戦譜~
紫陽花の宿
湖衣姫哀歌
愛加那悲恋
静の舞い
君を想う~挿入歌:影を慕いて~
霧ヶ城物語
出陣
桂小五郎と幾松
黒田武士
雨の田原坂
母を憶う
城山
三樹の酒亭に遊ぶ
辞世
金州城下の作
舟大垣を発し桑名に赴く
中庸
京に入る使に逢う
宝船
子規を聞く
山中諸生に示す(その五)
失題
新涼書を読む
海を望む
秋思
楓橋夜泊
天門山を望む
芙蓉楼にて辛漸を送る
鹿柴
海南行
葉がくれ
葉がくれ(オリジナル・カラオケ 吟3唄2本)
綾子舞
綾子舞(オリジナル・カラオケ 7本)
花影<吟入り>
花影<吟入り>(オリジナル・カラオケ 水2本)
龍虎川中島
龍虎川中島 (オリジナル・カラオケ)
嗚呼 松本城
嗚呼 松本城(オリジナル・カラオケ1本)
西郷 隆盛(吟入り)
西郷隆盛(吟入り)(オリジナル・カラオケ 3本)
舞扇
舞扇(オリジナル・カラオケ8本)
あゝ北の庄
あゝ北の庄(オリジナルカラオケ吟1本)
山陽旅情<山陽節入り>
山陽旅情<山陽節入り>(オリジナル・カラオケ/吟2本)
白虎隊
白虎隊(オリジナル・カラオケ/吟8本)
勧学
白鳥は (短歌)
両英雄
立山を望む
事に感ず
月夜三叉口に舟を泛ぶ
母を奉じて嵐山に遊ぶ
月に対して感有り
花朝澱江を下る
岩崎谷の洞に題す
青葉の笛
桑乾を度る
秋思
焦心録後に題す
山中諸生に示す (その五)
春日山懐古
家兄に寄せて志を言う
芳野
己亥の歳
清平調詞 (その一)
名流吟詠 古今名詩特選集40集(2)
取り扱い開始日:2012-02-08
胡隠君を尋ぬ
聖徳太子
偶成
感有り
問梅閣
海南行
芙蓉楼にて辛漸を送る
八陣の図
平泉懐古
結婚を賀す
漢江
鐘山即事
春を探る
望湖楼酔書
元二の安西に使するを送る
汪倫に贈る
ふるさとの
舟八島を過ぐ
宝船
山行
さくら さらさら
どんでん太鼓
こども八木節おどり
こども白虎隊
M-1 ひらひら (舞踊劇 南の海・みんなの海)
M-2 ジャマジャマ (舞踊劇 南の海・みんなの海)
M-3 ひらひらとジャマジャマのスクランブル (舞踊劇 南の海・みんなの海)
M-4 海の神マンタ (舞踊劇 南の海・みんなの海)
M-5 海でこんにちは (舞踊劇 南の海・みんなの海)
ひえつき哀歌 ~詩吟「稗搗之歌」、宮崎県民謡「稗搗節」入り~
あゝ 出郷の作 ~詩吟「出郷の作」入り~
郷愁平泉 ~詩吟「平泉懐古」入り~
静 ひとすじの舞 ~詩吟「静御前」入り~
傷心の旅 ~詩吟「秋思」入り~
八幡太郎義家 ~詩吟「八幡公」入り~
ひえつき哀歌 <オリジナルカラオケ>
あゝ 出郷の作 <オリジナルカラオケ>
郷愁平泉 <オリジナルカラオケ>
静 ひとすじの舞 <オリジナルカラオケ>
傷心の旅 <オリジナルカラオケ>
八幡太郎義家 <オリジナルカラオケ>
静夜思
海南行
峨眉山月の歌
江南の春
越中覧古
太田道灌蓑を借るの図に題す
秋浦の歌
壇の浦を過ぐ
春暁
菊花
寒梅
桂林荘雑詠諸生に示す (その二)
短歌 幾山河
短歌 たわむれに
俳句 春の海
俳句 朝顔に
俳句 名月や
春望 (律詩)
涼州詞
訣別
山行
弘道館に梅花を賞す
九月十日
絶句
汪倫に贈る
月夜三叉口に舟を泛ぶ
胡隠君を尋ぬ
青葉の笛
辞世
元二の安西に使するを送る
花朝澱江を下る
和歌 芳野山
和歌 我が胸の
常盤雪行~詩吟「常盤孤を抱くの図に題す」入り
九郎義経~詩吟「豪勇義経」入り
少年白虎隊~詩吟「白虎隊」入り
故郷の琵琶湖~詩吟「近江八景の図に題す」入り
しずやしず~詩吟「静御前」和歌入り
常盤雪行~詩吟「常盤孤を抱くの図に題す」入り<オリジナル・カラオケ>
九郎義経~詩吟「豪勇義経」入り<オリジナル・カラオケ>
少年白虎隊~詩吟「白虎隊」入り<オリジナル・カラオケ>
故郷の琵琶湖~詩吟「近江八景の図に題す」入り<オリジナル・カラオケ>
しずやしず~詩吟「静御前」和歌入り<オリジナル・カラオケ>
平家物語 ~詩吟「平家物語」入り~
天と地・龍虎決戦 ~詩吟「天と地」入り~
西郷隆盛 ~詩吟「城山」入り~
田原坂を偲ぶ ~詩吟「西南の役陣中の作」入り~
厳島 ~詩吟「厳島」入り~
河内路上の歌 ~詩吟「河内路上」入り~
おくのほそ道 ~詩吟「奥の細道」入り~
平家物語 <オリジナルカラオケ>
天と地・龍虎決戦 <オリジナルカラオケ>
西郷隆盛 <オリジナルカラオケ>
田原坂を偲ぶ <オリジナルカラオケ>
厳島 <オリジナルカラオケ>
河内路上の歌 <オリジナルカラオケ>
おくのほそ道 <オリジナルカラオケ>
三樹の酒亭に遊ぶ
舟大垣を発して桑名に赴く
訣別
平泉懐古
和歌「敷島の」
青葉の笛
立山を望む
中秋の月
越中覧古
鳥江亭に題す
暁に発す
短歌「白鳥は」
岩崎谷の洞に題す
秋浦の歌
金州城下の作
村夜
京都東山
大楠公
花に対して旧を懐う
農を憫む
獄中の作「二十六年」
慮山の瀑布を望む
城山
稲叢懐古
桶狭間を過ぐ
秋思
絵の島
山中問答
暁に発す
農を憫む
短歌「東海の」
獄中の作
爾霊山
除夜の作
江雪
早に深川を発す
夏日悟空上人の院に題するの詩
九月十日
太平洋上作有り
時に憩う
海に泛ぶ
雁を聞く
辺詞
静夜思
生田に宿す
八幡公
平泉懐古
夜受降城に上って笛を聞く
銀も金も (短歌)
舟中子規を聞く
黄鶴楼にて孟浩然の広陵に之くを送る
花に対して旧を壊う
酒に対す
雪梅
太田道灌蓑を借るの図に題す
山中幽人と対酌す
河内路上
客中の作
佳賓好主
春簾雨窓
洞庭湖に遊ぶ
涼州詞
西南の役陣中の作
春流
桶狭間を過ぐ
秋思
絵の島
山中問答
暁に発す
農を憫む
短歌「東海の」
獄中の作
爾霊山
除夜の作
江雪
早に深川を発す
夏日悟空上人の院に題するの詩
九月十日
太平洋上作有り
時に憩う
海に泛ぶ
雁を聞く
辺詞
静夜思
1 2 3