Top>宮城道雄

宮城道雄

検索結果 34 件の見つかりました。
並び替え=> 最新閲覧数順 総合閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
 
宮城道雄作品規範集成
取り扱い開始日:2005-07-21
数え唄変奏曲
夏の小曲 風鈴
夏の小曲 線香花火
虫の歌
三つの遊び
手事 第一楽章 手事
手事 第二楽章 組歌風
手事 第三楽章 輪舌
五十鈴川
祭の太鼓
中空砧
ロンドンの夜の雨
衛兵の交替
唐砧 (オリジナルバージョン)
唐砧 (現行バージョン)
吹雪の花
落葉の踊り
さくら変奏曲
谷間の水車
瀬音
舞踏曲
春の訪れ
湖辺の夕
清水楽
鈴虫
小鳥の歌
今日のよろこび
春の海 (オリジナルバージョン)
春の海 (シュメー編曲バージョン)
こほろぎ
うぐいす
さらし風手事
三つの民謡調
北海民謡調
越天楽変奏曲 (オーケストラ版)
越天楽変奏曲 (邦楽器版)
祝典箏協奏曲 (邦楽器版)
薤露調
船唄
和風楽
満州調
笛の音
君のめぐみ
岩もる水
山の上
雪の雲
富士の高嶺
海棠
藤の花
山と雲
大井川
花よりあくる
福寿草
吉野山
岩間とぢし
寝覚め
春霞
春の園
かざしの菊
水の変態
春の夜
初鶯
都踊
比良
軒の雫
花紅葉
遠砧
高麗の春
千代の寿
虫の武蔵野
さしそう光
御代の祝
秋の庭
昭和松竹梅
秋の初風
四季の柳
奈良の四季
秋の調
若水
秋の夜
紅薔薇
むら竹
こすもす
せきれい
ひばり
花園
新暁
嘆き給ひそ
章魚つき
初便り
喜悦の波と花と
水三題
落葉
潮音
秋の流れ
観音様
水滴
浜木綿
春の雨
お山の細道
夜の大工さん
朝の雪昼の雪晩の雪
小狸小兎
雛祭り
ピョンピョコリン
一番星二番星
赤い牛の子
柿の種と握り飯
ワンワンニャオニャオ
お正月ですから
お宮とお寺
雪のペンキ屋
ロバサン
大蛇退治
小鳩
テンテマリ
花咲爺
勝った亀の子
秋韻
秋の草
春陽楽 第一楽章「曙」
春陽楽 第二楽章「佐保姫舞曲」
春陽楽 第三楽章「夕暮」
春陽楽 第四楽章「さくら」
うてや鼓
道灌
大和の春
夢殿
飛鳥の夢
春の賦
日蓮
菊の栄
尾上の松
吼□
編曲八千代獅子
編曲松竹梅
ノイズレスSPアーカイヴズ 春の海 宮城道雄(1)
取り扱い開始日:2007-08-22
春の海
さくら変奏曲
瀬音
数え唄変奏曲
落葉の踊り
春の訪れ
さらし風手事
六段
取り扱い開始日:1985-11-21
六段
秋風の曲(前弾)
私の言の葉(抜粋)
みだれ
五段砧
千鳥の曲
宮城道雄
取り扱い開始日:2005-04-21
春の海
水の変態
秋の調べ
瀬音
さくら変奏曲
ロンドンの夜の雨
六段
末の契
秋風の曲(前弾)
水の変態
さしそう光
奈良の四季
春の夜
初鴬
昭和松竹梅
飛鳥の夢
比良
軒の雫
花紅葉
高麗の春
虫の武蔵野
四季の柳
秋の初風
都踊
遠砧
水滴
秋の流れ
秋の夜
秋の調べ
紅薔薇
こすもす
せきれい
母の唄
春の唄
初便り
章魚つき
嘆き給ひそ
雲のあなたに
落葉
浜木綿
むら竹
花園
喜悦の波と花と
秋の章
春の雨
おさる
あひる
お山の細道
夜の大工さん
チョコレイト
冬田の案山子
葉げいとう
燕と少女
金の鵄
傘舞台
竹の子
春の夜の風
二軒の雨だれ
ワンワンニャオニャオ
柿の種と握り飯
高脚踊
お宮とお寺
春の風
青山の池
ピョンピョコリン
赤い牛の子
寝覚め
岩間とじし
編曲八千代獅子
同松竹梅
尾上の松
吼歳
数へ唄変奏曲
風鈴
線香花火
虫の歌
まりつき
かくれんぼ
汽車ごっこ
手事
五十鈴川
祭りの太鼓
ロンドンの夜の雨
中空砧
衛兵の交替
さらし風手事
谷間の水車
春の訪れ
鈴虫
春の海
こほろぎ
うぐいす
瀬音
今日のよろこび
希望の朝
さくら変奏曲
落葉の踊り
湖辺の夕
小鳥の歌
舞踏曲
唐砧
吹雪の花
三つの民謡調
北海民謡調
薤露調
和風楽
船唄
越天楽変奏曲
秋の韻
春陽楽
うてや鼓
春の賦
日蓮
盤渉調箏協奏曲
「源氏物語」明石の巻より
「同」初音の巻より
神辺小唄
すみだ川
さしそう光
尊しや
若水
こすもす
ひぐらし
ロバサン
お正月ですから
お宮とお寺
手事
尾上の松
ノイズレスSPアーカイヴズ 六段 宮城道雄(3)
取り扱い開始日:2007-08-22
六段
五段砧
末の契
茶音頭
千鳥の曲 (「古今和歌集、金葉集」より)
数え唄変奏曲
春の訪れ
岩間とぢし
春の唄
春の夜
軒の雫
雛祭り
さくら変奏曲
春の海
打てや鼓
数え唄変奏曲
谷間の水車
秋の夜
線香花火
虫の歌
今日のよろこび
藤の花
道潅
奈良の四季
風鈴
尾上の松
数え唄変奏曲
秋の初風
コスモス
高脚踊り
こほろぎ
鈴虫
秋の夜
虫の武蔵野
母の唄
荒城の月
千鳥の曲
秋の調べ
数え唄変奏曲
落葉
冬の曲
せきれい
さらし風手事
松竹梅
四季の柳
千鳥の曲
鳥の朝
雪の雲
千代の寿
清水楽
宮城道雄 芸談1
水の変態(一節)
春の夜
宮城道雄 芸談2
春の海(一節)
随想「春のあしおと」
夕ぞら
ロンドンの夜の雨
風鈴
線香花火
君が代
君が代 (合唱)
君が代 (前奏あり)
君が代 (S.ウエッブ) (王政復古の君が代)
君が代 (J.W.フェントン) (王政復古の君が代)
君が代変奏曲 (民族伝統としての君が代(洋楽~純邦楽への流れ))
君が代 (七声唱歌の部より) (民族伝統としての君が代(洋楽~純邦楽への流れ))
君が代による前奏曲 (御大典奉祝前奏曲) (洋楽受容としての君が代(君が代を主題とした変奏))
君が代 (洋楽受容としての君が代(君が代を主題とした変奏))
君が代 (軍楽としての君が代(軍隊や国民の士気を上げるための))
君が代行進曲 (軍楽としての君が代(軍隊や国民の士気を上げるための))
海軍儀礼曲 (海軍儀制度曲) (軍楽としての君が代(軍隊や国民の士気を上げるための))
SP盤復刻 名人宮城道雄名演集(コロムビア版)
取り扱い開始日:2011-11-30
春の夜
千鳥の曲
春の訪(おとづ)れ
秋の調(しらべ)
谷間の水車
コスモス
湖辺の夕
生田流箏曲
取り扱い開始日:2005-04-06
六段
春の海
みだれ
春の夜
唐砧
落葉の踊り
1 2
2017-10-23 15:43:45

宮城道雄「春の海」アンサンブル楽譜 無料楽譜ダウンロード https://t.co/blO1k0zMlE   https://t.co/DBcFw2uIMN @YouTubeさんから

2017-10-23 07:02:45

百閒は盲目の宮城道雄に「めくらでも美人はわかりますか」ときく。こころが、脳のあたりにある人は絶対きかないだろう。すると宮城検校は「わかります」と答える。美人が行き過ぎるときの空気でわかるそうである。私はショックを受けた。盲目の人にさえブスはばれるのだ。『問題があります』

2017-10-22 21:40:53

ロンドンの夜の雨 作曲・演奏: 宮城道雄 https://t.co/d9EnPM7drO

2017-10-22 16:42:17

花園/宮城道雄

2017-10-22 14:21:59

今決めた事、 来月7日に名古屋に出掛ける時、 刈谷で下りて宮城道雄先生の供養塔に お参りに行く事です。 — 決心した

2017-10-22 12:23:45

刈谷は宮城道雄先生が列車から 転落されお亡くなりになられた所でして、 駅から近い所に供養塔があります。 https://t.co/DFQJK6mHJT

2017-10-22 05:44:32

宮城道雄:春の海 https://t.co/HJ8iLJK5uN

2017-10-21 21:18:36

Song Writers を終えまして。 和のいろは~自然が織りなす古典から現代邦楽の名曲まで 日時→10.29.Sun 場所→洗足学園音楽大学 シルバーマウンテン1F 入場料→無料 「さくら変奏曲」/宮城道雄 十七絃、「和」… https://t.co/jQV2IUwTCV

2017-10-21 21:10:26

【214】[芸 26%] 宮城道雄が1929年に作曲した 『春の海』の尺八のパートを バイオリンで演奏して協演した フランスのバイオリニストは? →ルネ・シュメー

2017-10-21 18:59:33

IS JAPAN COOL? Japanese Koto Haru no Umi (Spring Sea) /春の海 Composer/作曲者 Michio Miyagi/宮城道雄 https://t.co/IT7Fl0RNOR

2017-10-21 18:27:48

今年の藝大邦楽第84回定期・11月10日(金)18時~ https://t.co/7Fi1Lus4Cx このところ編成が大きいような気がする。数年前は小編成がいくつかあって笛4重奏なんかは音響を考えた作曲で面白かった(作者失念)。今年は宮城道雄の”道灌”があるそうなので楽しみ。

RT @ritshou: 立命館大学邦楽部第65回定期演奏会  【日時】 11月4日(土) 開場 16時半 開演17時 【会場】 京都市右京ふれあい文化会館 【演目】 都踊(宮城道雄 作曲) 菊日和(石垣征山 作曲) ままの川(菊岡検校 作曲) 舞い蛍(片山瞠山 作曲) 希の…

2017-10-21 15:30:11

或時、横須賀から東京に向う省線に逗子駅から乗ったことがあった。 宮城道雄『声と人柄』

RT @ritshou: 立命館大学邦楽部第65回定期演奏会  【日時】 11月4日(土) 開場 16時半 開演17時 【会場】 京都市右京ふれあい文化会館 【演目】 都踊(宮城道雄 作曲) 菊日和(石垣征山 作曲) ままの川(菊岡検校 作曲) 舞い蛍(片山瞠山 作曲) 希の…

2017-10-21 09:04:20

RT @ritshou: 立命館大学邦楽部第65回定期演奏会  【日時】 11月4日(土) 開場 16時半 開演17時 【会場】 京都市右京ふれあい文化会館 【演目】 都踊(宮城道雄 作曲) 菊日和(石垣征山 作曲) ままの川(菊岡検校 作曲) 舞い蛍(片山瞠山 作曲) 希の…

RT @ritshou: 立命館大学邦楽部第65回定期演奏会  【日時】 11月4日(土) 開場 16時半 開演17時 【会場】 京都市右京ふれあい文化会館 【演目】 都踊(宮城道雄 作曲) 菊日和(石垣征山 作曲) ままの川(菊岡検校 作曲) 舞い蛍(片山瞠山 作曲) 希の…

RT @ritshou: 立命館大学邦楽部第65回定期演奏会  【日時】 11月4日(土) 開場 16時半 開演17時 【会場】 京都市右京ふれあい文化会館 【演目】 都踊(宮城道雄 作曲) 菊日和(石垣征山 作曲) ままの川(菊岡検校 作曲) 舞い蛍(片山瞠山 作曲) 希の…

2017-10-21 06:57:47

RT @ritshou: 立命館大学邦楽部第65回定期演奏会  【日時】 11月4日(土) 開場 16時半 開演17時 【会場】 京都市右京ふれあい文化会館 【演目】 都踊(宮城道雄 作曲) 菊日和(石垣征山 作曲) ままの川(菊岡検校 作曲) 舞い蛍(片山瞠山 作曲) 希の…

2017-10-21 06:33:24

立命館大学邦楽部第65回定期演奏会  【日時】 11月4日(土) 開場 16時半 開演17時 【会場】 京都市右京ふれあい文化会館 【演目】 都踊(宮城道雄 作曲) 菊日和(石垣征山 作曲) ままの川(菊岡検校 作曲) 舞い蛍(… https://t.co/Kdq0Ub0zlI

修行中は馬鹿になっていなければ上達しない。馬鹿という言葉を言い換えれば、ものに拘(こだわ)らない素直なことである。理屈っぽいのが一番修行の妨げになる。 (宮城道雄) https://t.co/5Q7ELIMSSY #教育 #学び

2017-10-20 07:48:35

囚われるということの一面には、みずから亡びるということが暗示されているように思われる  宮城道雄

2017-10-20 06:02:00

朝 二、行進(宮城道雄) https://t.co/oK0I77ozae https://t.co/4KwlAgll39

2017-10-20 00:24:46

RT @ponymachine: 朝ドラ「わろてんか」で娘義太夫がアイドルのような感じなのをみて思い出したのが、井上金太郎監督の「すみだ川」(1942)。明治時代が舞台で、お箏を寄席のような場所でひく、人気商売的に描かれている部分があった。音楽作曲は宮城道雄。 #ふや町映画タウ…

【M3応援】ワンワンニャオニャオ(宮城道雄、葛原しげる、ゆるふわ軒MIX) https://t.co/vxzuXgfDpc 出られないけど、応援動画です。作品出来てる人も今作ってる人もがんばって!そして息抜きにこの曲をご覧下さい!

2017-10-19 21:37:42

RT @ponymachine: 朝ドラ「わろてんか」で娘義太夫がアイドルのような感じなのをみて思い出したのが、井上金太郎監督の「すみだ川」(1942)。明治時代が舞台で、お箏を寄席のような場所でひく、人気商売的に描かれている部分があった。音楽作曲は宮城道雄。 #ふや町映画タウ…

2017-10-19 17:55:57

宮城道雄「春の海」アンサンブル楽譜 ⭐︎無料楽譜ダウンロード https://t.co/blO1k0zMlE https://t.co/DBcFw2uIMN @YouTubeさんから

2017-10-19 15:11:59

CD「双樹─宮越圭子・渡辺治子ジョイントコンサート」が再入荷しました!収録曲は吉松隆「プレイアディス舞曲集」、長澤勝俊「萌春」、宮城道雄「瀬音」、山本純ノ介「秋霖」、千秋次郎「双樹」、宮田耕八朗「北風のとき」「草笛の頃」。残部僅少!!https://t.co/uC3RxH1yAv

2017-10-19 14:37:01

朝ドラ「わろてんか」で娘義太夫がアイドルのような感じなのをみて思い出したのが、井上金太郎監督の「すみだ川」(1942)。明治時代が舞台で、お箏を寄席のような場所でひく、人気商売的に描かれている部分があった。音楽作曲は宮城道雄。 #ふや町映画タウン 在庫あり

2017-10-19 11:08:30

RT @kanizora: 嬉しいことには、今年も早や、春が訪れて、つい、二三日前から、家の庭に蟹が来て、しきりに囀っている。(宮城道雄『春雨』)

2017-10-19 11:07:55

嬉しいことには、今年も早や、春が訪れて、つい、二三日前から、家の庭に蟹が来て、しきりに囀っている。(宮城道雄『春雨』)