Top>音楽ジャンル>イルカ

イルカ

分類と名称

生物分類上はイルカとクジラに差はない。むしろ、ハクジラとヒゲクジラの差の方が生態的にも形態的にも違いが顕著である。しかし世界的にも日常語レベルでは両者は別のカテゴリーとして認識され、別の名で呼ばれることが多い。
日本語では、成体の体長でおよそ4mをクジラとイルカの境界と考えることが多い。これは定義ではなく、実際に○○クジラ、○○イルカと呼ばれている種の体長から帰納した傾向に過ぎず、4m基準に当てはまらない種もある。例えば、コマッコウやゴンドウクジラのような4mに達しないがクジラと見なされる種も多い。ただしゴンドウクジラはマイルカ科であり、まれにイルカとされることがある(ゴンドウクジラ#特徴も参照)。またイッカク科のシロイルカは、和名に「イルカ」とついているが、成体は5mに達しクジラと見なされることが多い。
英語での“Dolphin”と“Whale”の呼称の区別は、日本語の「イルカ」と「クジラ」の区別とほぼ共通する。例えば小型ハクジラ類のうちゴンドウクジラについては英語では“Whale”と呼びクジラとして扱う点で日本語と共通する。ただし、日本語で「イルカ」と呼ばれる種のうちネズミイルカ科のものは、英語では“Porpoise”と呼んでいて、“Dolphin”とは区別している。
なお、近年の研究により、イルカやクジラに最も近い陸上生物はカバ類であることがわかった。
検索結果 157 件の見つかりました。
並び替え=> 最新閲覧数順 総合閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
 
イルカ ベスト
取り扱い開始日:2006-06-07
あの頃のぼくは
風にのせて
なごり雪 ~オリジナルヴァージョン~
くじらのスーさん空を行く
星の長距離電話
夢の人
君は悲しみの
片想いの少女へ
雨の物語
あしたの君へ
バラのお嬢さん
月下美人の咲く夜に
サラダの国から来た娘
しあわせ
いつか冷たい雨が
海岸通
十九の春に
夜明けのグッドバイ
すべてがラヴ・ソング
我が心の友へ
まあるいいのち
真冬の天使
枯葉のシーズン
Follow Me ~オリジナルヴァージョン~
もう海には帰れない
時の子守唄
なごり雪 ~ハングル・日本語・ミックスヴァージョン~
ラピスの丘で ~Lapislazuli~
夢ひとり
エニー・キイ OK!!
こころね
イルカベスト
取り扱い開始日:2008-01-16
なごり雪 (シングルヴァージョン)
雨の物語 (シングルヴァージョン)
Follow Me (シングルミックス)
海岸通
サラダの国から来た娘
クジラのスーさん空を行く
すべてがラヴ・ソング
あの頃の僕は
まあるいいのち
いつか冷たい雨が
十九の春に
風にのせて
夜明けのグッドバイ
星の長距離電話
真夜中のギター / 千賀かほる
若者たち ~空にまた陽が昇るとき / ザ・ブロードサイド・フォー
星に祈りを / ジャッキー吉川とブルー・コメッツ
今日の日はさようなら / ダ・カーポ
白いブランコ / ビリー・バンバン
山谷ブルース / 岡林信康
フランシーヌの場合 / 新谷のり子
白い色は恋人の色 / ベッツイ&クリス
君について行こう / ザ・シャデラックス
私もあなたと泣いていい? / 兼田みえ子
結婚するって本当ですか / ダ・カーポ
22才の別れ / 風
あの素晴しい愛をもう一度 / 加藤和彦と北山修
長い夜 / 松山千春
大空と大地の中で / 松山千春
ブルー・シャトウ / ジャッキー吉川とブルー・コメッツ
夕陽が泣いている / 田辺昭知とザ・スパイダース
想い出の渚 / ザ・ワイルド・ワンズ
亜麻色の髪の乙女 / ヴィレッジ・シンガーズ
花の首飾り / ザ・タイガース
長い髪の少女 / ザ・ゴールデン・カップス
坊や大きくならないで / マイケルズ
白いサンゴ礁 / ズー・ニー・ヴー
さらば恋人 / 堺正章
ふれあい / 中村雅俊
太陽がくれた季節 / 青い三角定規
学生街の喫茶店 / ガロ
俺たちの旅 / 中村雅俊
サボテンの花 / 財津和夫
シクラメンのかほり / 布施明
ペッパー警部
ラスト・シーン
初恋草紙
四季の歌
あずさ2号
昔の名前で出ています
メランコリー
愛のメモリー
Hi-Hi-Hi
洪水の前
硝子坂
おんな港町
ワインカラーのときめき
雨の物語
熱帯魚
しあわせ未満
アン・ドゥ・トロワ
渚のシンドバッド
神田川
なごり雪
あの素晴らしい愛をもう一度
帰らざる日々
夏休み
ぼくがつくった愛のうた(いとしのEmily)
ロードショー
白い冬
赤ちょうちん
或る日突然
ひまわりの小径
加茂の流れに
落陽
ロマンス
マキシーのために
帰って来たヨッパライ
ほおづえをつく女
僕の胸でおやすみ
海岸通
22才の別れ
さよなら
わかって下さい
時のいたずら
秋桜 (コスモス)
縁切寺
雨の物語
夢一夜
さらば青春
ささやかなこの人生
愛する人へ
Follow Me
恋人よ
酒と泪と男と女
風の街
サラダの国から来た娘
夏の少女
あの唄はもう唄わないのですか
池上線
初恋
イルカ スーパーベスト
取り扱い開始日:2008-09-01
あの頃のぼくは
雨の物語
サラダの国から来た娘(2002 Version)
海岸通り(2002 Version)
時の子守唄
夢ひとり
すべてがラヴ・ソング
なごり雪
Follow Me(2002 Version)
仔犬のシロ
光のとびら
いつか冷たい雨が
流星(吉田拓郎)
グッド・タイム・ミュージック(斉藤哲夫)
そんな暮らしの中で(風)
長いのぼり坂(長渕 剛)
神田川(かぐや姫)
恋の歌(ラニアルズ)
また会おう(吉田拓郎)
ほおづえをつく女(風)
海になりたい(南こうせつ)
海岸通り(イルカ)
人見知りの街の中で(立川義喜)
雨が空から降れば(小室等)
大いなる(吉田拓郎)
わかれ道(かぐや姫)
いくつもの星が流れ(ヒロスケ)
アビーロードの街(かぐや姫)
ルーレット(田口清)
夢一夜(ゆめひとよ)(南こうせつ)
あゝ青春(吉田拓郎)
巡恋歌(長渕 剛)
歌ってよ夕陽の歌を(吉田拓郎)
星空(風)
岬めぐり(山本コータローとウイークエンド)
好きだった人(かぐや姫)
雨の物語(イルカ)
人間なんて(吉田拓郎)
逆流(長渕 剛)
雪(猫)
湘南 夏(かぐや姫)
ボーンフリー・スピリット(ロブバード)
春の風が吹いていたら(吉田拓郎)
けれど生きている(かぐや姫)
Do it 敦煌(とんこう)(Do!)
シンシア(吉田拓郎&かまやつひろし)
荻窪二丁目(南こうせつ)
暦の上では(風)
こっちを向いてくれ(吉田拓郎)
飛んでイスタンブール(庄野真代)
口笛天国 ナレーション
愛燦燦
シクラメンのかほり
ナレーション
愛は傷つきやすく
野に咲く花のように
ふりむけばヨコハマ
ナレーション
ブルー・シャトウ
白いサンゴ礁
さらば恋人
ガンダーラ
ナレーション
白いブランコ
白い色は恋人の色
なごり雪
贈る言葉
ナレーション
心の旅
飛んでイスタンブール
大空と大地の中で
会いたい
少年時代
ナレーション
夏色のナンシー
けんかをやめて
聖母たちのララバイ
ナレーション
俺たちの旅
愛の水中花
もしもピアノが弾けたなら
ナレーション
壊れかけのRadio
木蘭の涙
最後の雨
ナレーション
見上げてごらん夜の星を
喝采
時の流れに身をまかせ
花と小父さん
ナレーション
もしかして <ボーナス・トラック>
なごり雪
22才の別れ
夢一夜
さよならをするために
冬物語
野風増 ~お前が20才になったら~
時代おくれ
つくばねの唄
青葉城恋唄
若者たち
愛する人に歌わせないで
別れのサンバ
いとしのマックス
扉の冬
おいらぎゃんぐだぞ
イルカ アーカイブVol.2 「イルカ・ライブ」「植物誌」~ちいさなアルバム~
取り扱い開始日:2013-07-03
イルカ・ライヴ・テーマ
クジラのスーさん空をゆく
サラダの国から来た娘
とんがらし
あの頃のぼくは (弾き語り)
南国の冬
シルエット
冬の忘れ物
なごり雪
君は悲しみの
いつか冷たい雨が
夢の人~エンディング・テーマ
しあわせ
私の庭から
心はプラス
あしたの君へ
植物誌
タンチョウの詩
気ばらしドライブ
雨の物語
孤独な歌人
バラのお嬢さん
スカーフ
小さな子守唄
プリズム (1976.4.24 九段会館)
MC 8 (1976.4.24 九段会館)
おりこうさんにはならないよ (1976.4.24 九段会館)
MC 9 (1976.4.24 九段会館)
ひとりごと (弾き語り) (1976.4.24 九段会館)
キタギツネのうた (1976.4.24 九段会館)
MC 10 (1976.4.24 九段会館)
MC 11 (1976.4.24 九段会館)
夢の人 (1976.4.24 九段会館)
しあわせ (2013Remix) (「植物誌」in L.A マルチ・テープより)
気晴らしドライブ (2013Remix) (「植物誌」in L.A マルチ・テープより)
我が愛犬 (2013Remix) (1977年L.Aレコーディングより)
ぬけがら (2013Remix) (1977年L.Aレコーディングより)
片想いの少女へ (2013Remix)
おこられ人生 (2013Remix)
君と歩いた青春(風)
春だったね(吉田拓郎)
君は雨の日に(長渕 剛)
夏の少女(南こうせつ)
いまのキミはピカピカに光って(斉藤哲夫)
まにあうかもしれない(吉田拓郎)
妹(かぐや姫)
あの唄はもう唄わないのですか(風)
きみまつと(シュリークス)
外は白い雪の夜(吉田拓郎)
ラブソングはいらない(大野真澄)
おはようおやすみ日曜日(かぐや姫)
酔待草(よいまちぐさ)(長渕 剛)
地下鉄にのって(猫)
おきざりにした悲しみは(吉田拓郎)
なごり雪(かぐや姫)
サラダの国から来た娘(イルカ)
蒼い夏(吉田拓郎)
風の街(山田パンダ)
遥かなる想い(かぐや姫)
イメージの詩(うた)(吉田拓郎)
各駅停車(猫)
おはよう(桜井久美)
マキシーのために(かぐや姫)
三丁目の夕焼け(風)
マスカレード(庄野真代)
祭りのあと(吉田拓郎)
泣きながら恋をした頃(田口清)
祈り(長渕 剛)
君は今(ロブバード)
いつか街で会ったなら(吉田拓郎)
黄色い船(かぐや姫)
君は流れて(小林倫博)
どうしてこんなに悲しいんだろう(吉田拓郎)
幼い日に(南こうせつ)
あいつ(風)
乾杯(長渕 剛)
人生を語らず(吉田拓郎)
りんごの木の下で
生命の話をしよう
わたしのふるさと
夢見る森
メッセージ・ソング
メトロポリタン美術館
コンピューターおばあちゃん
怪盗夢之介
父さんの背番号
ピアノ
白い道
冬の夜のおはなし
きっとしあわせ
チュンチュンワールド~マジックカーニバル~
ぼくらまちボウズ!!
一円玉の旅がらす
ありがとう・さようなら
おもいでのアルバム
星空のオルゴール
切手のないおくりもの
セレクション
取り扱い開始日:2003-05-01
あの頃のぼくは
雨の物語
サラダの国から来た娘 -2002 Version-
海岸通 -2002 Version-
時の子守唄
夢ひとり
すべてがラヴ・ソング
なごり雪
Follow Me -2002 Version-
仔犬のシロ
光のとびら
いつか冷たい雨が
植物誌
取り扱い開始日:1994-12-05
しあわせ
私の庭から
心はプラス
あしたの君へ
植物誌
タンチョウの詩
気ばらしドライブ
雨の物語
孤独な歌人
バラのお嬢さん
スカーフ
小さな子守唄
我が心の友へ
取り扱い開始日:1995-05-21
ふりむけばそこに
我が心の友へ
涙のコンチェルト
夢みるパワー
いらくさ姫の伝説
ジェレミーの木
夜明けのグッドバイ
幻のタペストリィー
射手座生まれのキューピッド
ガラス窓の少女
まあるいいのち
ラピスの丘で
取り扱い開始日:1993-10-21
想い出と言う名の妖精(フェアリイ)
アストラルトロイメライ
アストラル海で逢いましょう
あなたの胸の鼓動
TRULY
羊飼いの少年
玉ネギ
どっちつかずは止めにする
CANDLE LIGHT-籾殻と炎-
川を渡る想い出
鈴の音
ラピスの丘で~Lapis lazuli~
朝日麦酒 三ツ矢サイダー’73
不二家 ルックチョコレート「おいしさ4つ」
資生堂 ディスカラー「アシ・アシ」
セイコー SEIKO「馬車」
セイコー SEIKO SUMMER「飛沫に光る夏」
資生堂 サマービューティーセット「夏はいろいろ」
セイコー SEIKO’74「あふれる輝き」
セイコー SEIKOクォーツ「多機種」
旭化成 ベンベルグ「フラワーリボン」
セイコー SEIKOジョイフル「花と時計」
朝日麦酒 三ツ矢サイダー’77
ニッカ お中元「贈るか、飲むか」
カルビー製菓 サッポロポテトバーベQ味「頑張れポテトズ」
旭化成 企業「タマゴのタンゴ」
伊勢丹 企業「女王陛下のお買物」
サンリオ いちご新聞「イチゴメイト」
長崎屋 企業「長崎屋祭」
全日空 企業「シャイニングスカイ」
天満屋 企業「HAPPY TOWN テンマヤ」
長崎屋 期末特別大廉売「down down」
江崎グリコ サワーコロン「青春はサワー」
合同酒精 富貴「おとこ酒」
ハウス食品 スパイス「スパイス・ソング」
トミー 企業「A CHILD IS KING」
グンゼ Tracy Austin「宇宙のテニスボール」
阪急百貨店 サマーギフト’80
サントリー 赤玉スイートワイン「こうして」
資生堂 シャワーコロン「女ともだち」
静岡ターミナル開発 企業「愛のパルシェ」
中部電力 企業「工事停電」
朝日麦酒 三ツ矢サイダー’83
ホンダ ACTY 4WD「タイガーマスク」
ホンダ ACTY 4WD「Show-by-han-joh」
日立 つくば博日立館「まわるとすすむ」
富士写真フィルム FUJIX「キミはベストシーン」
サントリー サントリーエード「コアラくんのともだちグラス」
ヒゲタ醤油 企業 「斎藤昌子さんの季節の歌」
ブルボン チョコあーんぱん「あなたにいそいそ」
ニコン F-401X「歩きつづけて」
日本中央競馬会 JRA ’92「夢のふるさと」
協和発酵 大五郎「俺とおまえと大五郎」
サントリー 新レッド「夕焼けレッドで帰りましょう」
丸井 企業「好きで、いっしょで」
神田川(かぐや姫)
ささやかなこの人生(風)
雨の物語(イルカ)
妹(かぐや姫)
風の街(山田パンダ)
海岸通(イルカ)
ほおづえをつく女(風)
僕の胸でおやすみ(かぐや姫)
おもかげ色の空(同)
夏の少女(南こうせつ)
ほたる(きくち寛)
幼い日に(南こうせつ)
春(イルカ)
愛する人へ(南こうせつ)
君と歩いた青春(風)
うちのお父さん(かぐや姫)
キャンパス・スケッチ(沢田聖子)
あの人の手紙(かぐや姫)
なごり雪(イルカ)
あの唄はもう唄わないのですか(風)
フォーロウ・ミー(イルカ)
今日は雨(南こうせつ)
夢一夜(同)
時の子守唄(イルカ)
思い出にしてしまえるさ(南こうせつ)
22才の別れ(風)
卒業(沢田聖子)
サラダの国から来た娘(イルカ)
さよなら友よ(山田パンダ)
赤ちょうちん(かぐや姫)
落陽(山田パンダ)
貴船川(きくち寛)
星空のメッセージ(沢田聖子)
バイ・バイ(風)
いつか冷たい雨が(イルカ)
FOLLOW ME
取り扱い開始日:1995-05-21
うつろな二人
孤独なダンス
Follow Me
悲しみのジャンクション
蒼い狼
すべてがラブソング
月光
僕のLovely Girl
雨の日の動物園
あなたへの手紙
夢ひとり
取り扱い開始日:2002-05-22
夢ひとり
祈り
夢ひとり (カラオケ)
祈り (カラオケ)
1 2 3 4 5 6 7 8