Top>音楽ジャンル>ウィーン少年合唱団

ウィーン少年合唱団

題材となった映画

いずれも日本公開のもの。
『野ばら(映画)』(DerSchönsteTagmeinesLebens、1957年、ドイツ)-出演:ミハエル・アンデ、パウル・ヘルビガー。
『いつか来た道』(日本)-出演:山本富士子、和波孝禧(当時14歳)、黒岩かをる、小林勝彦、シュタットマン・ヴォルフガンク(団員)、来日団員総出演。1959年。監督:島耕二、大映作品。来日した時に本格的に出演。地方ロケにも参加。当時の来日団員に、1983年~1987年にオーストリアの副首相になったノルベルト・シュティガー(NorbertSteger、在団1954年~1959年)もおり、1985年に再来日した時に山本と再会する。
『ほがらかに鐘は鳴る』(WennDieGlockenHellErklingen、1959年、ドイツ)-出演:ミハエル・アンデ、ヴィリー・ビルゲル、テディ・レーノ、エレン・シュヴィールス、ロニー・フリードル。
『青きドナウ』(AlmostAngels、1962年、アメリカ)-監督:スティーヴ・プレヴィン

検索結果 193 件の見つかりました。
並び替え=> 最新閲覧数順 総合閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
 
菩提樹
取り扱い開始日:1996-03-27
目覚めよと呼ぶ声あり~シオンの娘は見張りの歌声を聞く(バッハ)
ラルゴ~オンブラ・マイ・フ(ヘンデル)
わずかひとときも(ビクトリア)
この日こそ(ガルス)
菩提樹(シューベルト)
セレナード(同)
三つのカンツォネッタ(モンテヴェルディ)
眼をあげよ(メンデルスゾーン)
主のしもべたちよ,主を賛美せよ(同)
夜(シューベルト)
矛盾(同)
踊り(エルガー)
二つの民謡~カッテージチーズをジプシーが食べたら(コダーイ)
冬との別れ~復活祭前のソボル村(同)
さあ さあ どうぞ(J.シュトラウス2世)
喜歌劇「インディゴと40人の盗賊(千夜一夜物語)」~眠りの歌(同)
花(滝廉太郎)
浜辺の歌(成田為三~遠藤雅夫編)
故郷(岡野貞一~同)
酒・女・歌 作品333
ピツィカート・ポルカ
子守歌~オペレッタ≪インディゴ≫より
ハンガリー万歳! 作品332
朝の新聞 作品279
千一夜物語 作品346
かじやのポルカ 作品269
オーストリアの村つばめ 作品164
トリッチ・トラッチ 作品346
シトロンの花咲く国 作品304
キリエ 変ホ長調 K.322
もろびとよ歓呼して神を迎えよ (カンタータBWV51 NO.1:アリア)
栄光にふさわしい主よ H.XXVc NO.8
すべてはシバから(グラドゥアーレ)
詩篇第5番「主よわが祈りをききたまえ」
サルヴェ・レジナ 変ロ長調 D.386
タントゥム・エルゴ 変ホ長調 D.962
オッフェルトリウム「心に悲しみを抱きて」 ハ長調 作品46 D.136
レクエイムよりピエ・イエズ
祭司ザドク
主の祈り
キリエ ニ短調 K.341
五月の歌 作品79の9
子守歌 D.498
すずらんと小さな花たち 作品63の6
音楽に寄せて D.547
すみれ
春のはじめに K.597
私の願い K.539
つばめたち 作品79の20
子供たちの見張り 作品79の21
子守歌 作品49の4
春の挨拶 作品79の4
渡り鳥の別れの歌 作品63の2
幸福 D.433
秋の歌 作品63の4
マリアの子守歌 作品76の52
田舎の楽しみ H.XXVIa NO.10
美しい花 作品43の3
子供の遊び K.598
眠りの精~≪ヘンゼルとグレーテル≫より (フンパーディンク)
君はわが生命(いのち) <フランス・FRANCE>
五月になった <フランス・FRANCE>
ぼくの思いのすべては <ドイツ・GERMANY>
森は色づいて <ドイツ・GERMANY>
森番が狩りに <イングランド・ENGLAND>
スカボロ・フェア <イングランド・ENGLAND>
ロッホ・ローモンド <スコットランド・SCOTLAND>
シェナンドー <アメリカ・USA>
いとしのクレメンタイン <アメリカ・USA>
調子をそろえてクリック、クリック、クリック <オーストラリア・AUSTRALIA>
ガンダガイへの道 <オーストラリア・AUSTRALIA>
しばし別れの時 <ニュージーランド・NEW ZEALAND>
さあ、一緒に踊りましょう <オランダ・THE NETHERLANDS>
ヤン・ピーレヴィート <南アフリカ・SOUTH AFRICA>
サリー・マライス <南アフリカ・SOUTH AFRICA>
バンツー族の別れの歌 <南アフリカ・SOUTH AFRICA>
この道 <日本・JAPAN>
城ヶ島の雨 <日本・JAPAN>
アーモンドの木 <ポルトガル・PORTUGAL>
君とぼく <ブラジル・BRASIL>
イパネマの娘 <ブラジル・BRASIL>
おいらの小屋のまわりに <スペイン・SPAIN>
うぐいすはフランスヘ <カタルーニャ・CATALONIA>
コンドルは飛んで行く <ペルー・PERU>
かくれんぼ <アルゼンチン・ARGENTINA>
昔の祈り <チリ・CHILE>
グアンタナメラ <キューバ・CUBA>
シエリト・リンド <メキシコ・MEXICO>
谷を通りぬけるとき <オーストリア・AUSTRIA>
アルムよ、さようなら <オーストリア・AUSTRIA>
マレキアーレ <イタリア・ITALY>
イデアーレ <イタリア・ITALY>
キリエ 変ホ長調 K.322
もろびとよ歓呼して神を迎えよ (カンタータ BWV51 No.1: アリア)
栄光にふさわしい主よ H.XXVc No.8
すべてはシバから (グラドゥアーレ)
詩篇5番 「主よわが祈りをききたまえ」
サルヴェ・レジナ 変ロ長調 D.386
タントゥム・エルゴ 変ホ長調 D.962
オッフェルトリウム 「心に悲しみを抱きて」 ハ長調 作品16 D.136
レクエイムよりピエ・イエズ
祭司ザドク
主の祈り
キリエ ニ短調 K.341
野ばら&美しく青きドナウ~天使の歌声
取り扱い開始日:2007-11-07
野ばら D.257、Op.3-3
流浪の民 Op.29-3
ます D.550、Op.32
セレナード (聞け、聞けひばりを) D.889
うぐいす D.724、Op.11-2
セレナード D.921、Op.135
ターラウのエンヒェン
一輪のばらが咲いて
グリーンスリーヴズ
ワルツ 「美しく青きドナウ」 Op.314
ワルツ 「ウィーンの森の物語」 Op.325
ワルツ 「南国のばら」 Op.388
皇帝円舞曲 Op.437
ワルツ 「ウィーンかたぎ」 Op.354
ポルカ 「雷鳴と電光」 Op.324
天を統べたもう者よ(クリスマス・オラトリオ)
信じ望むわが心よ(カンタータ第68番より)
イエスは変わりなきわが喜び(カンタータ第147番より)
最期の時刻よ、わが身に臨み(カンタータ第31番より)
心と口と行いと生きざまもて(カンタータ第147番より)
血を流せ、わが心よ(マタイ受難曲より)
歌よ、響け、緒琴よ、鳴れ!(カンタータ第172番より)
汝、平和の君、主イエス・キリスト(カンタータ第143番より)
いと尊き御神よ、いつわれは死なん?(カンタータ第8番より)
われもまた汝に従い行かん(ヨハネ受難曲より)
わが魂よ、主を頌め讃えよ(カンタータ第143番より)
愛よりしてわが救い主は死にたまわんとす(マタイ受難曲より)
目覚めよ、とわれらに呼ばわる物見らの声(カンタータ第140番より)
答えたまえ、わが救い主よ(クリスマス・オラトリオより)
天は笑い、地は歓呼す(カンタータ第31番より)
満たしたまえ、御身ら(カンタータ第1番より)
ああ、血と傷にまみれし御首(マタイ受難曲)
花は咲く
取り扱い開始日:2013-03-06
花は咲く
花は咲く
花は咲く <ピアノ伴奏>
イエスタデイ
シーズ・リーヴィング・ホーム
ア・ハード・デイズ・ナイト
ペニー・レイン
愛こそはすべて
ヘイ・ジュード
オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ
レット・イット・ビー
ガール
涙の乗車券
ヒア・カムズ・ザ・サン
ペイパー・バック・ライター
ハニー・パイ
マックスウェルズ・シルヴァー・ハンマー
レディ・マドンナ
ミッシェル
デイ・トリッパー
フール・オン・ザ・ヒル
ゴット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ
ビートル・クラッカー組曲 I.フロム・ミー・トゥ・ユー
ビートル・クラッカー組曲 II.キャント・バイ・ミー・ラヴ
ビートル・クラッカー組曲 III.シー・ラヴズ・ユー
ビートル・クラッカー組曲 IV.ヘルプ!
ビートル・クラッカー組曲 V.イッツ・フォー・ユー
ビートル・クラッカー組曲 VI.涙の乗車券
ビートル・クラッカー組曲 VII.オール・マイ・ラヴィング
フォー・ノー・ワン/ブラックバード
エイト・デイズ・ア・ウィーク
アンド・アイ・ラヴ・ハー
ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ
エリナー・リグビー
ア・ハード・デイズ・ナイト
キャント・バイ・ミー・ラヴ
ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア
フール・オン・ザ・ヒル
イエロー・サブマリン
抱きしめたい
ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード
ヘルプ!
恋を抱きしめよう
悲しみはぶっとばせ
バック・イン・ザ・U.S.S.R.
ザ・ビートルズ・コンチェルト I.マエストーソ-アレグロ・モデラート
ザ・ビートルズ・コンチェルト II.アンダンテ・エスプレッシーヴォ
ザ・ビートルズ・コンチェルト III.プレスト
世界をめぐる ウィーン少年合唱団
取り扱い開始日:1997-10-08
おお、スザンナ
ワルツィング・マチルダ
ソーラン節
さくらさくら
野ばら
ます
きけきけひばり
子守歌
皇帝円舞曲
アレルヤ
荒城の月
浜辺の歌
野ばら
流浪の民
ちょうちょう
アルファベットの歌
さらば故郷(ムシデン)
妖精の歌
ワルツ
眠りの精
きよしこの夜
わが家の宝物
取り扱い開始日:1994-07-27
赤ちゃんの好きな音(オルゴール・ガラ)
ブルー・ワルツ(作者不詳)
前奏曲とフーガ第1番ハ長調BWV846~前奏曲(バッハ)
主よ,人の望みの喜びよ(同)
眠りの精(ブラームス)
トロイメライ(シューマン)
3声のカノン ニ長調(パッヘルベル)
子守歌変ニ長調op.57(ショパン)
亜麻色の髪の乙女(ドビュッシー)
ジムノペディ第1番(サティ)
同第2番(同)
同第3番(同)
ロマンス第2番ヘ長調op.50(ベートーヴェン)
管弦楽組曲第3番~エア〈G線上のアリア〉(バッハ)
牧神の午後への前奏曲(ドビュッシー)
歌劇「アフリカの女」序曲~抜粋(マイヤベーア)
赤ちゃんの好きな音(オルゴール・ガラ)
(聖歌)::ピエ・イエズ ~ 「レクイエム」 より
(聖歌)::イン・パラディスム (天国にて) ~ 「レクイエム」 より
(聖歌)::ラルゴ (オンブラ・マイ・フ)
(聖歌)::子守歌 ~ 「キャロルの祭典」 より
(聖歌)::ライク・ア・マイティ・リヴァー・フローイング
(聖歌)::クリスマスの楽しい歌
(聖歌)::アヴェ・マリア
(聖歌)::来たれ、キリストの花嫁
(聖歌)::夜
(歌曲・民謡)::セレナード
(歌曲・民謡)::さすらい
(歌曲・民謡)::野ばら
(歌曲・民謡)::王様の行進
(歌曲・民謡)::歌わずにはいられない
(歌曲・民謡)::トネリコの木立
(オペラ)::アリア ~ 「バスティエンとバスティエンヌ」 より K.50 (466)
(オペラ)::三人の童子の歌 ~ 歌劇 「魔笛」 K.620より
(オペラ)::彼はけがをしているの? ~ 子供オペラ 「小さな煙突掃除屋さん」 第1幕より
(ポップス)::美しい大地よ
(ポップス)::マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン (映画 『タイタニック』 のテーマ)
(ポップス)::オンリー・タイム
(ポップス)::ステイ・ウィズ・ミー
カルミナ・ブラーナ 世俗的歌曲 運の女神、全世界の支配者なる 1.おお、運の女神よ
カルミナ・ブラーナ 世俗的歌曲 運の女神、全世界の支配者なる 2.運の女神の傷手を
カルミナ・ブラーナ 世俗的歌曲 第1部:初春に 3.春の愉しい面ざしが
カルミナ・ブラーナ 世俗的歌曲 第1部:初春に 4.万物を太陽は整えおさめる
カルミナ・ブラーナ 世俗的歌曲 第1部:初春に 5.見よ、今や楽しい
カルミナ・ブラーナ 世俗的歌曲 第1部:芝生の上で 6.おどり
カルミナ・ブラーナ 世俗的歌曲 第1部:芝生の上で 7.森は花さき繁る
カルミナ・ブラーナ 世俗的歌曲 第1部:芝生の上で 8.小間物屋さん、色紅を下さい
カルミナ・ブラーナ 世俗的歌曲 第1部:芝生の上で 9.円舞曲 ここで輪を描いて回るもの おいで、おいで、私の友だち ここで輪を描いて回るもの
カルミナ・ブラーナ 世俗的歌曲 第1部:芝生の上で 10.たとえこの世界がみな
カルミナ・ブラーナ 世俗的歌曲 第2部:酒場で 11.胸のうちは、抑えようもない
カルミナ・ブラーナ 世俗的歌曲 第2部:酒場で 12.むかしは湖に住まっていた
カルミナ・ブラーナ 世俗的歌曲 第2部:酒場で 13.わしは院長さまだぞ
カルミナ・ブラーナ 世俗的歌曲 第2部:酒場で 14.酒場に私が居るときにゃ
カルミナ・ブラーナ 世俗的歌曲 第3部:愛の誘い 15.愛神はどこもかしこも飛び廻る
カルミナ・ブラーナ 世俗的歌曲 第3部:愛の誘い 16.昼間も夜も、何もかもが
カルミナ・ブラーナ 世俗的歌曲 第3部:愛の誘い 17.少女が立っていた
カルミナ・ブラーナ 世俗的歌曲 第3部:愛の誘い 18.私の胸をめぐっては
カルミナ・ブラーナ 世俗的歌曲 第3部:愛の誘い 19.もし若者が乙女と一緒に
カルミナ・ブラーナ 世俗的歌曲 第3部:愛の誘い 20.おいで、おいで、さあ来ておくれ
カルミナ・ブラーナ 世俗的歌曲 第3部:愛の誘い 21.天秤棒に心をかけて
カルミナ・ブラーナ 世俗的歌曲 第3部:愛の誘い 22.今こそ愉悦の季節
カルミナ・ブラーナ 世俗的歌曲 第3部:愛の誘い 23.とても、いとしい方
カルミナ・ブラーナ 世俗的歌曲 第3部:ブランツィフロール(白い花)とヘレナ 24.アヴェ、この上なく美しい姿
カルミナ・ブラーナ 世俗的歌曲 第3部:運の女神、全世界の支配者なる 25.おお、運の女神よ
もろびとこぞりて <メイソン>
楽しいクリスマス <伝承曲>
あら野のはてに <古謡>
クリスマス・ソング <メル・トーメ>
アヴェ・マリア D.839 <シューベルト>
クリスマスの楽しい歌 <古謡/フランソワ・ジュヴェール編>
神の御子は今宵しも <古謡>
イン・ザ・ブリーク・ミッドウィンター <ドレイク>
ホワイト・クリスマス <アーヴィング・バーリン>
きよしこの夜 <グルーバー>
主よ、人の望みの喜びよ
アヴェ・ヴェルム・コルプス K.618
鳩のように飛べたなら
ハレルヤ(オラトリオ《メサイア》より)
ピエ、イエズス(レクイエムより)
アレルヤ(モテット《エクスルテータ・イゥビラーテ》K.165より)
きよしこの夜
輝けるセラフィムたちを(オラトリオ《サムソン》より)
わが泣くままに(歌劇《リナルド》より)
祭司ザドク(アンセム 第1番 HWV258)
春の声
森番が狩りに
スカボロ・フェア
ロッホ・ローモンド
シェナンドー
しばし別れの時に
イパネマの娘
コンドルは飛んでいく
グアンタナメラ
シェリト・リンド
野ばら
森で鳴くカッコウ
野ばら&ます~シューベルト,モーツァルト,シューマン&ブラームス
取り扱い開始日:2007-03-21
ます Op.32, D.550
小さな村 Op.11-1, D.641
セレナード(聞け、聞け、ひばりを) D.889
野ばら Op.3-3, D.257
自然の中の神 Op.133
森の夜の歌 D.913
神、わが頼み(詩篇23) Op.132, D.706
うぐいす Op.11-2, D.724
セレナード Op.135, D.921
羊飼いの乙女 D.513
反抗 Op.105-1, D.865
愛らしいふたつのひとみが K.439
黙しながら嘆こう、欲深い私の運命を K.437
いとしの光、うるわしの光よ K.346(K439a)
もう見られはしない K.549
流浪の民 Op.29-3
「若返りの泉」 Op.44 第2集より 4つの歌曲 今、バラは花盛り
「若返りの泉」 Op.44 第2集より 4つの歌曲 山々はするどくそそり立ち
「若返りの泉」 Op.44 第2集より 4つの歌曲 急流にしだれる柳は
「若返りの泉」 Op.44 第2集より 4つの歌曲 そしてお前が墓地をたずねると
すてきなお兄さん~喜歌劇 「百万長者の百姓」
前奏曲
第1幕(その1) グルネマンツ「これこれ!森の番人たち!みんな、そろって眠りの番人に…」
第1幕(その1) 第二の小姓「見ろ、馬に乗ってくる荒々しい女を」
第1幕(その1) アンフォルタス「それでよい!ありがとう」
第1幕(その1) 第三の小姓「おい、そこにいる女!なぜ、けもののように横たわっているのだ」
第1幕(その1) グルネマンツ「それはまた別のことだ」
第1幕(その1) グルネマンツ「敬虔なる先王ティトゥレルは彼をよくご存じであった」
第1幕(その1) 第四の小姓「何はともあれ槍を取返さなければ!」
第1幕(その1) 騎士たちと小姓たち「かわいそうに!大変だ。さあ!」
第1幕(その1) グルネマンツ「この聖なる森で、平和にかこまれながら」
第1幕(その1) グルネマンツ「お前はどこから来たのか?」
第1幕(その1) クンドリ「その母親は夫のガムーレットが」
第1幕(その1) グルネマンツ「それでよろしい。これが聖杯の慈悲にかなう」
第1幕(その2) グルネマンツ「王が浴みより帰って来る」
第1幕(その2) 聖杯行進曲 グルネマンツ「お前が、まだどんな知を持っているにしても」
第1幕(その2) ティトゥレル「わが息子アンフォルタス、お前は奉仕の席についているか?」
第1幕(その2) アンフォルタス「いや、そのままにして置け!」
第1幕(その2) 声「我が肉を取れ」
第1幕(その2) グルネマンツ「何をぼんやり立っているのだ」
第1幕(その2) 前奏曲
第2幕(その1) クリングゾール「時が来た」
第2幕(その1) クリングゾール「目がさめたのか!」
第2幕(その1) クリングゾール「あいつはもう城に上って来るぞ」
第2幕(その1) 花の乙女たち「さわがしい音のしたのはここだった」
第2幕(その1) パルジファル「美しい娘たち、私は彼らを打たねばならなかったのだ」
第2幕(その2) 他の花の乙女たち「おいで、やさしい坊や!
第2幕(その2) クンドリ「パルジファル!とどまりなさい!」
第2幕(その2) クンドリ「私はあの子が、母の胸にすがるのを見た」
第2幕(その2) パルジファル「ああ、情ない。私は何をしたのだ」
第2幕(その2) パルジファル「アンフォルタス!あの傷!」
第2幕(その2) クンドリ「残酷な人よ!あなたは心の中に他の人の」
第2幕(その2) パルジファル「たとえひとときたりとも、私の使命を忘れて」
第2幕(その2) パルジファル「消えうせよ、汚れたる女!」
第2幕(その2) クリングゾール「止まれ!本当の武器でお前を呪縛するのだ!」
第2幕(その2) 前奏曲
第3幕(その1) グルネマンツ「向こうに呻き声がきこえたが」
第3幕(その1) グルネマンツ「狂気のような女よ!」
第3幕(その2) グルネマンツ「聖なる泉に近づくのは誰か?」
第3幕(その2) パルジファル「あなたに再び合うことの出来たのは何という幸でしょう!」
第3幕(その2) グルネマンツ「ああ、めぐみ!最高の幸!」
第3幕(その2) グルネマンツ「いや、そうするのではない!-聖なる泉そのものが」
第3幕(その2) パルジファル「足はあなたに洗ってもらったが」
第3幕(その2) パルジファル「草原がきょうは何と美しく見えることでしょう」
第3幕(その2) グルネマンツ「まひるです。-いよいよ時刻となった」
第3幕(その2) 騎士たち「厨子に収められた聖杯を」
第3幕(その2) アンフォルタス「哀しや!哀しやこの身の上!」
第3幕(その2) パルジファル「ただ1つの武器だけが」
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10