Top>音楽ジャンル>ギャウロフ

ギャウロフ

検索結果 70 件の見つかりました。
並び替え=> 最新閲覧数順 総合閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
 
歌劇≪清教徒≫全曲 第1幕(その1) 序奏 ブルーノ、兵士たち「気をつけろ!気をつけろ!」
歌劇≪清教徒≫全曲 第1幕(その1) ブルーノ「おお、クロムウェルの戦士たちよ」
歌劇≪清教徒≫全曲 第1幕(その1) リッカルド「一体どこに逃げたものか?」
歌劇≪清教徒≫全曲 第1幕(その1) リッカルド「ああ!永久に私はあなたを失ったのです」
歌劇≪清教徒≫全曲 第1幕(その1) エルヴィーラ「おお、愛する叔父様!おお、私の第二のお父様!」
歌劇≪清教徒≫全曲 第1幕(その1) エルヴィーラ「あなたは私の胸に、この上もなく美しく」
歌劇≪清教徒≫全曲 第1幕(その1) 貴婦人、貴族、兵士たち「アルトゥーロに敬意を」
歌劇≪清教徒≫全曲 第1幕(その1) アルトゥーロ「おお、愛する人よ、かつて愛は涙の中で」
歌劇≪清教徒≫全曲 第1幕(その1) ヴァルトン「神聖な儀式は私が居なくても行われる」
歌劇≪清教徒≫全曲 第1幕(その1) エルヴィーラ「私は愛らしい乙女です」
歌劇≪清教徒≫全曲 第1幕(その1) リッカルド「止まれ!地上でただ1人の愛する人を」
歌劇≪清教徒≫全曲 第1幕(その2) エルヴィーラ「アルトゥーロはどこにいますの?」
歌劇≪清教徒≫全曲 第1幕(その2) エルヴィーラ「だけどあなたはもう私からお逃げになりましたの?」
歌劇≪清教徒≫全曲 第2幕 序奏 城内の住人たち「ああ…悲しい!ああ、恐ろしい!」
歌劇≪清教徒≫全曲 第2幕 ジョルジョ「ほどけた美しい髪を花で飾り」
歌劇≪清教徒≫全曲 第2幕 リッカルド「それで死の矢が放たれるのも、そうおそくはないな!」
歌劇≪清教徒≫全曲 第2幕 エルヴィーラ「おお、私に希望を返して下さいませ」
歌劇≪清教徒≫全曲 第2幕 エルヴィーラ「いらっしゃい、いとしい方、月が空にかかっています!」
歌劇≪清教徒≫全曲 第2幕 ジョルジョ「君は君の敵を救わなければならない」
歌劇≪清教徒≫全曲 第3幕 アルトゥーロ「助かった、とうとう助かった、敵は襲撃に」
歌劇≪清教徒≫全曲 第3幕 エルヴィーラの声「泉のほとりに独り悲しく」
歌劇≪清教徒≫全曲 第3幕 エルヴィーラ「ああ…終ったわ!あの声が私の心に」
歌劇≪清教徒≫全曲 第3幕 アルトゥーロ「さあ、おいでこの腕の中に」
歌劇≪清教徒≫全曲 第3幕 アルトゥーロ「またあの音が、執念深く聞えて来る」
歌劇≪清教徒≫全曲 第3幕 アルトゥーロ「考えて下さい、不幸な乙女よ!」
歌劇≪清教徒≫全曲 第3幕 リッカルド、ジョルジョほか「使者の音か?」
ヴォルガの舟歌~ロシア民謡集
取り扱い開始日:1996-04-21
ヴォルガの舟歌
ドゥビヌーシカ
バンドゥーラ
ステンカ・ラージン
ピーター街道に沿って
暗い森の中で
黒い瞳
かわいい友よ
12人の盗賊
さらば、喜びよ
レクイエム 永遠の安息を与え給え/主あわれみ給え(入祭文) 永遠の安息を与え給え
レクイエム 永遠の安息を与え給え/主あわれみ給え(入祭文) 主あわれみ給え
レクイエム 怒りの日(読誦) 怒りの日
レクイエム 怒りの日(続誦) くすしきラッパの音~人間が、審判者に答えるために
レクイエム 怒りの日(続誦) 書き記されし書物には~怒りの日
レクイエム 怒りの日(読誦) あわれなる我
レクイエム 怒りの日(読誦) みいつの大王
レクイエム 怒りの日(読誦) 思い給え
レクイエム 怒りの日(読誦) 我は嘆く
レクイエム 怒りの日(続誦) 判決を受けたる呪われし者は~怒りの日
レクイエム 怒りの日(読誦) 涙の日なるかな
レクイエム 奉献文 主イエズス
レクイエム 奉献文 主よ、称賛のいけにえと祈りとを
レクイエム 奉献文 聖なるかな(三聖唱)
レクイエム 奉献文 神の小羊(神羊唱)
レクイエム 奉献文 永遠の光を(聖体拝領誦)
レクイエム 我を許し給え(赦祷文) 主よ、かのおそろしい日に私を永遠の死から解き放ち給え~その日こそ怒りの日
レクイエム 我を許し給え(赦祷文) 主よ、永遠の安息をかれらに与え
レクイエム 我を許し給え(赦祷文) 主よ、かのおそろしい日に私を永遠の死から解き放ち給え
聖歌四篇 アヴェ・マリア
聖歌四篇 悲しみの聖母
聖歌四篇 聖母マリアへの讃歌
聖歌四篇 テ・デウム
歌劇 ≪愛の妙薬≫ から 「なんてきれいなんだろう、なんてかわいいんだろう」
歌劇 ≪愛の妙薬≫ から 「すばらしい妙薬!」
歌劇 ≪愛の妙薬≫ から 「いったいあの気のふれた人は誰でしょう?…ラッララッララ」
歌劇 ≪愛の妙薬≫ から 「まあしばらく、おれの苦しみをうれしがっていろ」
歌劇 ≪愛の妙薬≫ から 「人知れぬ涙」
歌劇 ≪マリア・ストゥアルダ≫ から 「おお、タールボットよ」
歌劇 ≪マリア・ストゥアルダ≫ から 「ああ! 美しいこの面影を」
歌劇 ≪ランメルモールのルチア≫ から 「わが祖先の墓よ」
歌劇 ≪ランメルモールのルチア≫ から 「やがてこの世に別れを告げよう」
歌劇 ≪ランメルモールのルチア≫ から 「ああ、かわいそうな女!」
歌劇 ≪ランメルモールのルチア≫ から 「お前は昇天の翼を広げた」
歌劇 ≪連隊の娘≫ から 「ああ、友よ、僕にとってはなんという幸運」
歌劇 ≪連隊の娘≫ から 「マリーのそばにいるために」
歌劇 ≪シャモニーのリンダ≫ から 「君に会ったあの日から」
歌劇 ≪ファヴォリータ≫ から 「天使のような乙女」
歌劇 ≪ファヴォリータ≫ から 「そうだ、あなたのひとことは」
歌劇 ≪ファヴォリータ≫ から 「やさしい魂よ」
歌劇 ≪ドン・パスクアーレ≫ から 「なんという優しさ」
歌劇 ≪カプレーティとモンテッキ≫ から 「彼女を愛す」
歌劇 ≪ノルマ≫ から 「彼女とともにヴィーナスの祭壇へ」
歌劇 ≪ノルマ≫ から 「彼らよりも大きな力が」
歌劇 ≪夢遊病の女≫ から 「僕を許してくれ、愛しい人よ」
歌劇 ≪夢遊病の女≫ から 「指環をお取り」
歌劇 ≪テンダのベアトリーチェ≫ から 「ええ、敵です…宮廷の敵です」
歌劇 ≪清教徒≫ から 「愛しい乙女よ、あなたに愛を」
歌劇 ≪清教徒≫ から 「僕の腕のなかにおいで」
歌劇 ≪ドン・セバスチャン≫ から 「誰もいないこの荒野に」
歌劇 ≪アルバ公爵≫ から 「清らかで美しい天使」
歌劇 ≪十字軍のロンバルディア人≫ から 「ああ、お母さん、彼女は何をしたのです」
歌劇 ≪十字軍のロンバルディア人≫ から 「私の喜びを包みたい」
歌劇 ≪十字軍のロンバルディア人≫ から 「あのような清らかな天使が」
歌劇 ≪二人のフォスカリ≫ から 「さいはての流刑地から」
歌劇 ≪エルナーニ≫ から 「萎れた花に降りた霞のように」
歌劇 ≪エルナーニ≫ から 「ああ、私の心が称えるあなた」
歌劇 ≪アッティラ≫ から 「ああ、苦しみよ」
歌劇 ≪マクベス≫ から 「おお、息子たちよ…おお、父の手は」
歌劇 ≪マクベス≫ から 「ここはどこだ…敵の手に渡ったわれらの祖国が」
歌劇 ≪ルイザ・ミラー≫ から 「それでこの手紙は?」
歌劇 ≪ルイザ・ミラー≫ から 「穏やかな夜には」
歌劇 ≪ルイザ・ミラー≫ から 「のどが焼けつくようだ」
歌劇 ≪リゴレット≫ から 「あれかこれか」
歌劇 ≪リゴレット≫ から 「さらわれてしまった」
歌劇 ≪リゴレット≫ から 「ほおの涙が」
歌劇 ≪リゴレット≫ から 「寂しい町外れで」
歌劇 ≪リゴレット≫ から 「望みはあるぞ」
歌劇 ≪リゴレット≫ から 「風のなかの羽のように」 (女心の歌)
歌劇 ≪リゴレット≫ から 「いつかあなたに会ったときから」
歌劇 ≪リゴレット≫ から 「美しい乙女よ」 (四重唱)
歌劇 ≪トロヴァトーレ≫ から 「ついさっきけたたましい武器の音が」
歌劇 ≪トロヴァトーレ≫ から 「ああ、あなたこそ私の恋人」
歌劇 ≪トロヴァトーレ≫ から 「神秘な楽の音」
歌劇 ≪トロヴァトーレ≫ から 「見よ、恐ろしい火を」
歌劇 ≪トロヴァトーレ≫ から 「ミゼレーレ」
歌劇 ≪椿姫≫ から 「友よ、さあ飲み明かそう」 (乾杯の歌)
歌劇 ≪椿姫≫ から 「思い出の日から」
歌劇 ≪椿姫≫ から 「あの人のそばを離れて…燃える心を」
歌劇 ≪椿姫≫ から 「アンニーナ、どこへ行ってきた?…絶えがたい後悔」
歌劇 ≪椿姫≫ から 「パリを離れて」
歌劇 ≪シチリア島の夕べの祈り≫ から 「愛した君へ」
歌劇 ≪仮面舞踏会≫ から 「今度の航海は無事だろうか」
歌劇 ≪仮面舞踏会≫ から 「こんな占いは当てにならない」
歌劇 ≪仮面舞踏会≫ から 「この胸のときめき」
歌劇 ≪仮面舞踏会≫ から 「多分玄関に着いたであろう」
歌劇 ≪仮面舞踏会≫ から 「永久に君を失えば」
歌劇 ≪運命の力≫ から 「兄弟よ…私がわかるか?」
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ から 「僕はあの方をなくしてしまった」
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ から 「僕はあの方に会った」
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ から 「われらの胸に友情を」
歌劇 ≪アイーダ≫ から 「もしも私がそのつわものであったなら…清きアイーダ」
歌劇 ≪アイーダ≫ から 「アイーダ、再びここで」 (ナイル川の二重唱)
歌劇 ≪アイーダ≫ から 「運命の石が」
歌劇 ≪アイーダ≫ から 「心があなたの罪を予見して」
歌劇 ≪アイーダ≫ から 「さらばこの世」
≪レクイエム≫ から 怒りの日:「われは嘆く」
歌劇 ≪オテロ≫ から 「すでに夜もふけた…死ぬなら死んでもよい」
歌劇 ≪オテロ≫ から 「恥と悲しみに満ちて」
歌劇 ≪オテロ≫ から 「カッシオがあそこに」
歌劇 ≪オテロ≫ から 「私を恐れるものはない」 (オテロの死)
歌劇 ≪ボエーム≫ から 「冷たい手を」
歌劇 ≪ボエーム≫ から 「愛らしい乙女よ」
歌劇 ≪ボエーム≫ から 「もう帰らないミミ」
歌劇 ≪ボエーム≫ から 「みんな行ってしまったのね」
歌劇 ≪ボエーム≫ から 「どうしたのだ」
歌劇 ≪蝶々夫人≫ から 「広い世界を」
歌劇 ≪蝶々夫人≫ から 「アメリカよ、永遠なれ…恋か気まぐれか」
歌劇 ≪蝶々夫人≫ から 「おととい彼女が訪ねてきた」
歌劇 ≪蝶々夫人≫ から 「いい子だ、いい子だ、泣いてはいけない」
歌劇 ≪蝶々夫人≫ から 「夕暮れは迫り」
歌劇 ≪蝶々夫人≫ から 「変わらぬ愛を」
歌劇 ≪蝶々夫人≫ から 「さらば愛の家よ」
歌劇 ≪トゥーランドット≫ から 「泣くなリュー」…「ああ! 最後のお願いだ」
歌劇 ≪トゥーランドット≫ から 「誰も寝てはならぬ」
歌劇 ≪トゥーランドット≫ から 「死の姫よ!」
歌劇 ≪トゥーランドット≫ から 「私をどうなさるの?」
歌劇 ≪トゥーランドット≫ から 「初めての涙」
歌劇 ≪トゥーランドット≫ から 「おまえの名前は分かった!」
歌劇 ≪トゥーランドット≫ から 「とこしえに栄えあれ!」
歌劇 ≪カヴァレリア・ルスティカーナ≫ から 「酒を称えて」 (乾杯の歌)
歌劇 ≪カヴァレリア・ルスティカーナ≫ から 「やあ、皆さん」
歌劇 ≪カヴァレリア・ルスティカーナ≫ から 「母さん、あの酒は強いね」
歌劇 ≪マノン・レスコー≫ から 「君たちの中に、栗色か金髪の髪を持ち」
歌劇 ≪マノン・レスコー≫ から 「しとやかなお方よ、私の願いを」
歌劇 ≪マノン・レスコー≫ から 「何とすばらしい美人」
歌劇 ≪マノン・レスコー≫ から 「おお、私は一番きれいでしょう…あなた、いとしい方!」
歌劇 ≪マノン・レスコー≫ から 「早く一列に並べ…ご覧ください、狂った僕を」
歌劇 ≪道化師≫ から 「衣裳を着けろ!」
歌劇 ≪道化師≫ から 「もう道化師じゃない」
歌劇 ≪アンドレア・シェニエ≫ から 「ある日青空を眺めて」
歌劇 ≪アンドレア・シェニエ≫ から 「私は兵士だった」
歌劇 ≪アンドレア・シェニエ≫ から 「五月の晴れた日のように」
歌劇 ≪アンドレア・シェニエ≫ から 「僕の悩める魂も」
歌劇 ≪アンドレア・シェニエ≫ から 「僕たちの死は愛の勝利だ!」
歌劇 ≪トスカ≫ から 「妙なる調和」
歌劇 ≪トスカ≫ から 「マリオ!マリオ!マリオ!…ふたりの愛の家へ」
歌劇 ≪トスカ≫ から 「もう仕事をさせてくれ」
歌劇 ≪トスカ≫ から 「星は光りぬ」
ガンジス川に陽が昇り [歌劇 ≪愛のまこと≫ から]
わが心の魂
お前を称える栄光のために [歌劇 ≪グリセルダ≫ から]
いとしの森よ [歌劇 ≪アタランタ≫ から]
ニーナの死
カロ・ミオ・ベン
エウリディーチェを失って [歌劇 ≪オルフェオとエウリディーチェ≫ から]
海から逃れたのに [歌劇 ≪イドメネオ≫ から]
受けたまえ、海の支配者よ [歌劇 ≪イドメネオ≫ から]
民よ、ここに最後の命を下す [歌劇 ≪イドメネオ≫ から]
心に平安が戻る [歌劇 ≪イドメネオ≫ から]
彼女こそ私の宝 [歌劇 ≪ドン・ジョヴァンニ≫ から]
恋の息吹は [歌劇 ≪コジ・ファン・トゥッテ≫ から]
第5の言葉 [オラトリオ ≪十字架上の7つの言葉≫ から]
神よ、あわれみたまえ
嘆き憂い悲しめるその御魂は [≪スターバト・マーテル≫ から]
復讐の希望よ、私を見捨てないでくれ…私が初めてこの世の光を見た先祖伝来の住処よ…友よ、私の復讐を助けてくれ [歌劇 ≪ウィリアム・テル≫ から]
夢のように [歌劇 ≪マルタ≫ から]
この清らかな住まい [歌劇 ≪ファウスト≫ から]
おおパラダイス [歌劇 ≪アフリカの女≫ から]
野から牧場から [歌劇 ≪メフィストーフェレ≫ から]
はるかに、はるかに [歌劇 ≪メフィストーフェレ≫ から]
世の果てに近づいた [歌劇 ≪メフィストーフェレ≫ から]
空と海 [歌劇 ≪ジョコンダ≫ から]
だが来るのは誰だ?…遠い霧の彼方に [歌劇 ≪ジョコンダ≫ から]
おまえが投げたこの花は (花の歌) [歌劇 ≪カルメン≫ から]
消え去れ、優しい面影よ [歌劇 ≪マノン≫ から]
春風よ、なぜ私を目覚めさせるのか (オシアンの歌) [歌劇 ≪ウェルテル≫ から]
愛さずにはいられぬこの思い [歌劇 ≪フェドーラ≫ から]
スゼルおはよう…真っ赤に熟れて (さくらんぼの二重唱) [歌劇 ≪友人フリッツ≫ から]
窓を開けよ [歌劇 ≪イリス≫ から]
ありふれた話 (フェデリコの囁き) [歌劇 ≪アルルの女≫ から]
あなたになつかしい母の優しさと微笑を感じ [歌劇 ≪アドリアーナ・ルクヴルール≫ から]
心身ともにくたくたで [歌劇 ≪アドリアーナ・ルクヴルール≫ から]
やがて来る自由の日 [歌劇 ≪西部の娘≫ から]
厳しさを胸に装い (歌手のアリア) [歌劇 ≪ばらの騎士≫ から]
私はある庭を知っている [喜歌劇 ≪マリステルラ≫ から]
この暗い墓の中に
舟人
私は家を建てたい
踊り
約束
この悩み、やさしい妖精よ
お行き、幸せなばらよ
ペトラルカの3つのソネット 平和は見出せず
ペトラルカの3つのソネット その日までいつくしみくださる
ペトラルカの3つのソネット 私は地上に天使のような姿を見た
ペトラルカの3つのソネット 雪
ペトラルカの3つのソネット 雨
ペトラルカの3つのソネット 霧
ペトラルカの3つのソネット セレナータ
ペトラルカの3つのソネット マッティナータ
ペトラルカの3つのソネット 暁は光から
ペトラルカの3つのソネット 四月
ペトラルカの3つのソネット 最後の歌
ペトラルカの3つのソネット セレナータ
ペトラルカの3つのソネット 魅惑
ペトラルカの3つのソネット われ、もはや愛さず
ペトラルカの3つのソネット かわいい口もと
ペトラルカの3つのソネット マレキアーレ
オ・ソレ・ミオ
夜の声
帰れ、ソレントヘ
カタリ・カタリ
太陽の土地
情熱
君を求めて
はるかなるサンタ・ルチア
フニクリ・フニクラ
つばめは古巣へ
マンマ
ヴォラーレ
ジロメッタ
ギルランデイナ
フラ・タンタ・ジェンテ
思うがままに行きよ
こんなに大きな愛
あなたがとても好きだ
ローマのギター
忘れな草
風に託そう私の歌
歌劇「オリフェオ」 第2幕~わが生命なる女よ,君死にて
歌劇「オルフェオ」 第2幕~力強い精霊よ
歌劇「ディドとエネアス」 第3幕~私が死んで土に埋められても
歌劇「ジュリアス・シーザー」 第3幕~つらい運命に涙はあふれ
歌劇「アルチーナ」 第3幕~野蛮人,私には判っている
歌劇「セルセ(クセルクセス)」 第1幕~オンブラ・マイ・フ(なつかしい木蔭)
歌劇「奥様女中」 第1部~怒りんぼさん,私の怒りんぼさん
歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」 第3幕~われエウリディーチェを失えり
歌劇「アルチェステ」 第1幕~あの世の神々
歌劇「ニーナ」~あの人がお帰りになったら
歌劇「宮廷楽士長」~ここはヴァイオリンのパッセージです
歌劇「アチデとガラテア」~涙を乾かし
歌劇「ツァイーデ」 第1幕~安らかにお休み下さい
歌劇「イドメネオ」 第2幕~胸のうちにある海は
歌劇「後宮からの逃走」 第2幕~あらゆる苦しみが待ちうけても
歌劇「フィガロの結婚」~もう飛ぶまいぞ蝶々くん
歌劇「フィガロの結婚」 第2幕~恋とはどんなものかしら
歌劇「フィガロの結婚」 第3幕~楽しい思い出はどこへ
歌劇「フィガロの結婚」 第4幕~恋人よ早くここへ
歌劇「ドン・ジョヴァンニ」 第1幕~奥さん,これが恋人のカタログ
歌劇「ドン・ジョヴァンニ」 第2幕~お出で窓べに,かわいい娘
歌劇「ドン・ジョヴァンニ」 第2幕~もういわないで,私はあなたのもの
歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」 第1幕~岩のように動かず
歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」 第1幕~恋人の愛の息吹きは
歌劇「魔笛」 第1幕~俺は鳥刺し
歌劇「魔笛」 第1幕~何と美しい絵姿
歌劇「魔笛」 第2幕~復讐の心は地獄のように
歌劇「魔笛」 第2幕~愛の喜びは露と消え
歌劇「魔笛」 第2幕~可愛い娘か女房がいれば
歌劇「アルジェのイタリア女」 第1幕~ひどい運命よ,愛の暴君よ
歌劇「セビリアの理髪師」 第1幕~私は街の何でも屋
歌劇「セビリアの理髪師」 第1幕~今の歌声は
歌劇「セビリアの理髪師」 第1幕~かげ口はそよ風のように
歌劇「オテロ」 第3幕~柳の下に坐ったまま
歌劇「シンデレラ」 第2幕~悲しみと涙のうちに生まれて
歌劇「セミラーミデ」 第1幕~麗しい光が
歌劇「ウィリアム・テル」 第2幕~暗い森
歌劇「アンナ・ボレーナ」 第3幕~あの方は泣いているの?…私の生まれたあのお城
歌劇「愛の妙薬」 第2幕~人知れぬ涙
歌劇「ランメルモールのルチア」 第3幕~やさしいささやきが…苦い涙をそそげ
歌劇「ランメルモールのルチア」 第3幕~わが祖先の墓よ…やがてこの世に別れを告げよう
歌劇「ファヴォリータ」 第4幕~やさしい魂よ
歌劇「カプレーティとモンテッキ」 第1幕~ロメオが御子息を殺したとしても
歌劇「夢遊病の娘」 第1幕~愛する仲間の方々…気も晴れ晴れと
歌劇「ノルマ」 第1幕~清らかな乙女よ
歌劇「清教徒」 第1幕~私は美しき乙女
歌劇「清教徒」 第2幕~花で飾られた女
歌劇「清教徒」 第2幕~やさしい声が私を呼んでいる…さあ,いらっしゃい愛しい人
歌劇「エルナーニ」 第1幕~エルナーニよ,一緒に逃げて
歌劇「マクベス」 第1幕~早くきて,あかりをつけておくれ
歌劇「ルイザ・ミラー」 第2幕~穏やかな夜には
歌劇「リゴレット」 第1幕~あれかこれか
歌劇「リゴレット」 第1幕~慕わしい人の名は
歌劇「リゴレット」 第2幕~頬の涙が
歌劇「リゴレット」 第2幕~悪魔め,鬼め
歌劇「リゴレット」 第3幕~風の中の羽根のように
歌劇「トロヴァトーレ」 第2幕~炎は燃えて
歌劇「トロヴァトーレ」 第3幕~ああ,あなたこそわが恋人…見よ,恐ろしい炎を
歌劇「トロヴァトーレ」 第4幕~恋はばら色の翼に乗って
歌劇「椿姫」~ああ,そはかの人か…花から花へ
歌劇「椿姫」 第2幕~燃える心を
歌劇「椿姫」 第2幕~プロヴァンスの海と陸
歌劇「シチリア島の夕べの祈り」 第5幕~ありがとう,愛する友よ
歌劇「仮面舞踏会」 第2幕~ここは恐ろしい場所…あの草を摘みとって
歌劇「仮面舞踏会」 第3幕~永久に君を失えば
歌劇「運命の力」 第3幕~天使のようなレオノーラよ
歌劇「運命の力」 第4幕~神よ,平和を与えたまえ
歌劇「ドン・カルロ」 第4幕~一人寂しく眠ろう
歌劇「アイーダ」 第1幕~清きアイーダ
歌劇「アイーダ」 第1幕~勝ちて帰れ
歌劇「オテロ」 第4幕~泣きぬれて野の果てにひとり(柳の歌)…アヴェ・マリア
歌劇「オテロ」 第4幕~わたしを恐れる者はない
歌劇「ジョコンダ」 第2幕~空と海
歌劇「ジョコンダ」 第4幕~自殺!
歌劇「メフィーストーフェレ」 第1幕~野から牧場から
歌劇「メフィーストーフェレ」 第3幕~いつかの夜,
歌劇「ワリー」 第1幕~さようなら,ふるさとの家よ
歌劇「道化師」~ごめん下さい,皆さん方(プロローグ)
歌劇「道化師」 第1幕~衣装をつけろ
歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」~ママも知る通り
歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」~母さん,このぶどう酒は強いね
歌劇「アドリアーナ・ルクヴルール」 第1幕~私は芸術の下僕
歌劇「アドリアーナ・ルクヴルール」 第1幕~あなたに母の優しさと
歌劇「アドリアーナ・ルクヴルール」 第4幕~哀れな花よ
歌劇「アルルの女」 第2幕~ありふれた話
歌劇「アンドレア・シェニエ」 第3幕~国を裏切る者
歌劇「アンドレア・シェニエ」 第3幕~亡くなった母を
歌劇「アンドレア・シェニエ」 第4幕~五月の晴れた日のように
歌劇「フェドーラ」 第2幕~愛さずにはいられぬこの思い
歌劇「マノン・レスコー」 第1幕~何とすばらしい美人
歌劇「マノン・レスコー」 第2幕~柔らかなレースの中で
歌劇「マノン・レスコー」 第4幕~一人寂しく捨てられて
歌劇「ボエーム」 第1幕~冷たい手を
歌劇「ボエーム」 第1幕~私の名はミミ
歌劇「ボエーム」 第3幕~さようなら,あなたの愛の呼ぶ声に
歌劇「トスカ」 第1幕~妙なる調和
歌劇「トスカ」 第2幕~歌に生き,恋に生き
歌劇「トスカ」 第3幕~星は光ぬ
歌劇「蝶々夫人」 第2幕~ある晴れた日に
歌劇「蝶々夫人」 第2幕~かわいい坊や
歌劇「西部の娘」 第3幕~やがてくる自由の日
歌劇「つばめ」 第1幕~ドレッタの夢
歌劇「ジャンニ・スキッキ」~私のお父さん
歌劇「トゥーランドット」 第1幕~お聞きください,王子様
歌劇「トゥーランドット」 第2幕~この宮殿の中で
歌劇「トゥーランドット」 第3幕~誰も寝てはならぬ
歌劇「トゥーランドット」 第3幕~氷のような姫君も
歌劇「メデア」 第2幕~あなたといっしょに泣きましょう
歌劇「ユグノー教徒」 第2幕~おお,美しいトゥレーヌ
歌劇「アフリカの女」 第4幕~おお,パラダイス
歌劇「ユダヤの女」 第4幕~主の恵みにより
歌劇「ミニヨン」 第1幕~君よ知るや南の国
歌劇「ハムレット」 第4幕~どうぞ皆さん,私も遊びの仲間に
歌劇「ファウスト」 第3幕~この清らかな住まい
歌劇「ファウスト」 第3幕~何と美しいこの姿
歌劇「ファウスト」 第4幕~眠ったふりをせず
歌劇「ロメオとジュリエット」 第1幕~夢に生きたい
歌劇「ジェロルスタン女公殿下」 第1幕~私は軍隊が好き
歌劇「ホフマン物語」 第1幕~クラインザッハの歌
歌劇「ホフマン物語」 第1幕~森の小鳥はあこがれを歌う
歌劇「ホフマン物語」 第2幕~美しいよる,おお恋の夜
歌劇「サムソンとデリラ」 第2幕~あなたの声に心は開く
歌劇「ラクメ」 第2幕~若いインドの娘はどこへ
歌劇「カルメン」 第1幕~恋は野の鳥
歌劇「カルメン」 第2幕~諸君の乾杯を喜んで受けよう
歌劇「カルメン」 第2幕~おまえが投げたこの花は
歌劇「カルメン」 第3幕~何を恐れることがありましょう
歌劇「マノン」 第2幕~目を閉じれば(夢の歌)
歌劇「ウェルテル」 第3幕~ウェルテルよ,誰がいえましょうか
歌劇「ウェルテル」 第3幕~春風よ,なぜ私をめざめさせるのか
歌劇「ルイーズ」 第3幕~その日から
歌劇「フィデリオ」 第1幕~悪者よ,どこへ急ぐのだ
歌劇「魔弾の射手」 第2幕~まどろみが近寄るように
歌劇「マルタ」 第3幕~夢のように
歌劇「ヘンゼルとグレーテル」 第2幕~わたしは小さな眠りの精
歌劇「さまよえるオランダ人」 第2幕~まっ赤な帆に黒いマストの船を
歌劇「タンホイザー」 第2幕~おごそかなこの広間よ
歌劇「タンホイザー」 第3幕~やさしい夕星よ
歌劇「ローエングリン」 第1幕~一人寂しく悲しみの日を
歌劇「ローエングリン」 第3幕~はるかな国へ
楽劇「トリスタンとイゾルデ」 第3幕~やさしくかすかな彼のほほえみ
楽劇「ワルキューレ」 第1幕~君こそは春
楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」 第3幕~朝はばら色に輝き
舞台神聖祝典劇「パルジファル」 第2幕~幼な子のあなたがお母様の胸に抱かれているのを見た
歌劇「ばらの騎士」 第2幕~ああ,こんなになってしまった
歌劇「ナクソス島のアリアドネ」 第1幕~偉大なる王女さま
歌劇「イワン・スサーニン」 第4幕~さし昇る私の太陽
歌劇「イーゴリ公」 第1幕~わしに栄誉が与えられ
歌劇「ボリス・ゴドノフ」 第2幕~わたしは最高の権力を得た
歌劇「エウゲニ・オネーギン」 第2幕~青春の日は遠く過ぎ去り
歌劇「エウゲニ・オネーギン」 第3幕~恋は年齢を問わぬもの
歌劇「ルサルカ」 第1幕~白銀の月よ
歌劇「イェヌーファ」 第2幕~お母さん,頭が痛いの
歌劇「ヴォツェック」 第2幕~子守歌
歌劇「ポーギーとベス」 第1幕~サマータイム
音楽劇「三文オペラ」~メッキ・メッサーのモリタート(プロローグ)
歌劇「ピーター・グライムス」 第2幕~あの人もやがて学校の習慣も忘れ
歌劇「こうもり」 第2幕~お客を呼ぶのは私の趣味で
喜歌劇「こうもり」 第2幕~ふるさとの調べよ
喜歌劇「ミカド」 第2幕~旭日の光芒は栄誉をたたえて
喜歌劇「メリー・ウィドウ」 第2幕~ヴィリアの歌
喜歌劇「ほほえみの国」 第2幕~君はわが心のすべて
恋とはどんなものかしら~「フィガロの結
「ばらの騎士」~<銀のばら>献呈の場
「ラ・ボエーム」~冷たい手を/私の名はミミ
「マルタ」~夢のように
「ジャンニ・スキッキ」~私のお父さん
冬の嵐は過ぎ去り…~「ヴァルキューレ」
何と美しい絵姿~「魔笛」
今の歌声は~「セビリャの理髪師」
「トロヴァトーレ」~おだやかな夜…この恋を語るすべもなく
「エフゲニ・オネーギン」~恋は年齢なんか問わぬもの
「トゥーランドット」~誰も寝てはならぬ
「椿姫」~ああ、そはかの人か…花から花へ
「アンドレア・シェニエ」~私たちの死は愛の勝利
第1幕 第1場 いとも尊き皇帝カルロも…(合唱、修道士)
第1幕 第1場 私は彼女を失ってしまった!ロマンツァ:私はあの人のほほえみに青春を夢見た(ドン・カルロ)
第1幕 第1場 この世の悩みは僧房の中まで(修道士、ドン・カルロ)
第1幕 第1場 あ、あの方だ!ああ、恐ろしい(ロドリーゴ、ドン・カルロ)
第1幕 第1場 お聞きなさい!僧房の門が開きます(ロドリーゴ、ドン・カルロ)
第1幕 第1場 我等の魂に、友情と希望を(ドン・カルロ、ロドリーゴ、合唱、修道士)
第1幕 第2場 濃く茂る数限りない樫の木の下(合唱、デバルド)
第1幕 第2場 スペインの女王はこの神聖な城壁の間を(エボリ、合唱)
第1幕 第2場 庭園の中にある、美しいサラセン風の館[ヴェールの歌](エボリ、合唱)
第1幕 第2場 王妃さま(合唱、エボリ、エリザベッタ、テバルド、ロドリーゴ)
第1幕 第2場 あのように優雅なフランスの土地で(エボリ、ロドリーゴ、エリザベッタ)
第1幕 第2場 カルロは我々の愛するただ一人のひと(ロドリーゴ、エボリ、エリザベッタ)
第1幕 第2場 私は王妃様のご好意をお願いに(ドン・カルロ、エリザベッタ)
第1幕 第2場 国王さまのお出ましです/何故王妃は独りでいるのか?(テバルド、フィリッポ、合唱)
第1幕 第2場 お泣きにならないで、友よ(エリザベッタ、ロドリーゴ、合唱、フィリッポ)
第1幕 第2場 とどまれ、国王の面前で(フィリッポ、ロドリーゴ)
第1幕 第2場 殿下よ、私はフランドルから参りました(ロドリーゴ、フィリッポ)
第1幕 第2場 これがあなたが世界にお与えになる平和でございますか?(ロドリーゴ、フィリッポ)
第1幕 第2場 君の眼光をもって、わしの王座を見透かし得るかな?(フィリッポ、ロドリーゴ)
第2幕 第1場 真夜中に王妃の庭園の噴水に近い月桂樹の下で(ドン・カルロ、エボリ、ロドリーゴ)
第2幕 第1場 そして私は彼女の態度に震えました!(エボリ、ロドリーゴ、ドン・カルロ)
第2幕 第2場 歓喜の日が明けた(合唱)
第2幕 第2場 歓喜の日が明けた(合唱)
第2幕 第2場 今こそ礼拝堂の扉が開かれる(合唱)
第2幕 第2場 私の頭上に王冠を戴いた時(フィリッポ、合唱、エリザベッタ、ロドリーゴ、ドン・カルロ、テバルド)
第2幕 第2場 陛下!私が行動すべき時です(ドン・カルロ、フィリッポ、エリザベッタ、ロドリーゴ)
第2幕 第2場 ああ!君は、ロドリーゴ!(ドン・カルロ、合唱、エボリ、フィリッポ、天からの声)
第3幕 第1場 彼女は決してわしを愛していない![ひとり寂しく眠ろう](フィリッポ)
第3幕 第1場 宗教裁判長でございます!(レルマ伯爵、裁判所長、フィリッポ)
第3幕 第1場 陛下、お裁きを!(エリザベッタ、フィリッポ)
第3幕 第1場 あなたは余りにも大胆に話した!(フィリッポ、エリザベッタ、エボリ、ロドリーゴ)
第3幕 第1場 ああ!どうにもならぬ宿命の疑惑よ(フィリッポ、エボリ、ロドリーゴ、エリザベッタ)
第3幕 第1場 お願いでございます(エボリ、エリザベッタ)
第3幕 第1場 おお、不幸な贈物[むごい運命よ](エボリ)
第3幕 第2場 私です、カルロ(ロドリーゴ、ドン・カルロ)
第3幕 第2場 私の最後の日が来ました(ロドリーゴ)
第3幕 第2場 私は死ぬでしょう(ロドリーゴ、ドン・カルロ)
第3幕 第2場 カルロ、お前にお前の剣をかえすぞ(フィリッポ、ドン・カルロ、合唱、レルマ伯爵、エボリ、裁判所長)
第4幕 あなた様は、この世のむなしさをしっていらっしゃいます[世のむなしさをしる神](エリザベッタ)
第4幕 彼女だ!/ただ一言だけ!(ドン・カルロ、エリザベッタ)
第4幕 しかし天上の、よりよい世界で(エリザベッタ、ドン・カルロ、フィリッポ、裁判官たち、修道女たち、合唱)
歌劇≪リゴレット≫全曲 第1幕 前奏曲
歌劇≪リゴレット≫全曲 第1幕 公爵 「あの見知らぬ町娘を」
歌劇≪リゴレット≫全曲 第1幕 公爵 「あれか、これか、わしをとりまく女達は」
歌劇≪リゴレット≫全曲 第1幕 マルッロ 「ビッグ・ニュース!ビッグ・ニュース!」
歌劇≪リゴレット≫全曲 第1幕 モンテローネ 「お話ししたいことがある」
歌劇≪リゴレット≫全曲 第1幕 リゴレット 「あのおいぼれ呪いおった!」
歌劇≪リゴレット≫全曲 第1幕 リゴレット 「二人は同じだ!」
歌劇≪リゴレット≫全曲 第1幕 リゴレット、ジルダ 「娘よ!…お父様!」
歌劇≪リゴレット≫全曲 第1幕 リゴレット 「お前を信じているのだからこの娘を」
歌劇≪リゴレット≫全曲 第1幕 ジルダ 「ジョヴァンナ、私後悔しているわ」
歌劇≪リゴレット≫全曲 第1幕 公爵 「私を愛していると、もう一度言って下さい」
歌劇≪リゴレット≫全曲 第1幕 ジルダ 「グァルティエール・マルデ…私の心を初めて」
歌劇≪リゴレット≫全曲 第1幕 リゴレット 「帰ってきた!でもなぜだ?」
歌劇≪リゴレット≫全曲 第1幕 宮廷の人々 「静かに、静かに…」
歌劇≪リゴレット≫全曲 第2幕 公爵 「あの娘は攫われてしまった!」
歌劇≪リゴレット≫全曲 第2幕 廷臣達 「殿、殿?」
歌劇≪リゴレット≫全曲 第2幕 公爵 「強い愛の力が私に命ずる」
歌劇≪リゴレット≫全曲 第2幕 マルッロ 「哀れなリゴレット!」
歌劇≪リゴレット≫全曲 第2幕 リゴレット 「廷臣がたよ、悪辣な方々よ」
歌劇≪リゴレット≫全曲 第2幕 ジルダ 「お父様!…毎日曜日教会で」
歌劇≪リゴレット≫全曲 第2幕 衛兵 「扉を開けられよ…」
歌劇≪リゴレット≫全曲 第3幕 リゴレット 「まだ彼を愛しているのか?」
歌劇≪リゴレット≫全曲 第3幕 公爵 「風にふかれる羽のように」(女心の歌)
歌劇≪リゴレット≫全曲 第3幕 公爵 「別嬪さんよ、いつだったか」
歌劇≪リゴレット≫全曲 第3幕 公爵 「艶っぽいお嬢さんよ」
歌劇≪リゴレット≫全曲 第3幕 リゴレット 「20スクーディと言ってたな?」
歌劇≪リゴレット≫全曲 第3幕 ジルダ 「ああ、もう自分がわからない!」
歌劇≪リゴレット≫全曲 第3幕 リゴレット 「復讐の瞬間がやっと来た!」
歌劇≪リゴレット≫全曲 第3幕 ジルダ 「お父様を裏切ってしまったの」
オ・ソレ・ミオ(ディ・カプア)
カタリ・カタリ(カルディッロ)
オンブラ・マイ・フ(ヘンデル)
ちょうちょ
野ばら(シューベルト)
ぼだい樹(同)
アヴェ・マリア(バッハ/グノー)
歌の翼に(メンデルスゾーン)
ブラームスの子守歌
アヴェ・マリア(シューベルト)
アヴィニヨンの橋の上で
フレール・ジャック(同)
埴生の宿~ホーム・スウィート・ホーム(ビショップ)
庭の千草~夏のなごりのばら(フロトー)
セレナード(シューベルト)
ステンカ・ラージン
ヴォルガの舟歌
ソルヴェイグの歌(グリーグ)
愛の喜び(マルティーニ)
フニクニ・フニクラ
帰れソレントへ(ディ・クルティス)
祭りの飾りを (歌劇≪ナブッコ≫第1幕から)
行け、わが思いよ、金色の翼に乗って〔ヘブライの捕虜たちの合唱〕 (歌劇≪ナブッコ≫第3幕から)
朝の光がさしてきた〔アンヴィル・コーラス〕 (歌劇≪トロヴァトーレ≫第2幕から)
喜びの炎よ〔火の合唱〕 (歌劇≪オテロ≫第1幕から)
いま一度目覚めるのだ、カスティーリアの獅子よ〔謀反人達の合唱〕 (歌劇≪エルナーニ≫第3幕から)
エジプトとイジスの神に栄光あれ〔凱旋の合唱〕 (歌劇≪アイーダ≫第2幕から)
永遠の母であり (歌劇≪アイーダ≫第3幕から)
ここで何をしていたのだい? いってごらん!〔魔女の合唱〕 (歌劇≪マクベス≫第1幕から)
行ってしまった!〔魔女の合唱〕 (歌劇≪マクベス≫第1幕から)
しいたげられた祖国〔スコットランド亡命者の合唱〕 (歌劇≪マクベス≫第4幕から)
エルサレムへ! エルサレムへ!〔行軍の合唱〕 (歌劇≪十字軍のロンバルディア人≫第3幕から)
おお主よ、ふるさとの家々を〔十字軍兵士と巡礼の合唱〕 (歌劇≪十字軍のロンバルディア人≫第4幕から)
ここに明けた、輝かしき喜びの日が (歌劇≪ドン・カルロ≫第3幕から)
美しく安らかな夢路 (歌劇≪仮面舞踏会≫第1幕から)
マリア! マリア! (歌劇≪シモン・ボッカネグラ≫プロローグから)
≪レクィエム≫から II.怒りの日
≪レクィエム≫から II.この世の墓の上に
≪レクィエム≫から IV.聖なるかな
第1幕 大臣「ペキンの民よ!」… 衛兵「さがれ犬め!」
第1幕 女「砥石を回せ!」… 人民「どうして月の出はおそいのだろう?」
第1幕 人民「若者に!お慈悲を、お慈悲を!」
第1幕 ティムール「むすこ、何をしているか?」
第1幕 ピン、ポン、パン「止まれ!何をする?なわをかけるぞ!」… 幻影「ぐずぐずするな!」
第1幕 リュー「ご主人さま聞いて下さいませ!」
第1幕 カラフ「泣くのではない、リュー!」… ティムール「ああ!もう一度いわせてくれ、これが最後だ!」
第2幕(その1) ピン「おーい、パン!おーい、ポン!」
第2幕(その1) ピン「わたしはホーナンに家がある」
第2幕(その1) ピン「世界は…」
第2幕(その1) 導入曲
第2幕(その1) 人民「封じられた神秘の謎を持って」
第2幕(その1) 皇帝アルトウム「非情な条約に忠実であらねばならない誓いを」
第2幕(その1) 大臣「ペキンの民よ!」
第2幕(その2) トゥーランドット「この宮殿の中には何千年も」
第2幕(その2) トゥーランドット「異邦人よ聞け!」
第2幕(その2) 人民「ばんざい、ばんざい、勝利者に!」 トゥーランドット「天なる子孫!高貴なる父帝!」
第2幕(その2) カラフ「わたしに出題した三つの謎は」
第3幕 導入曲
第3幕 カラフ「だれも眠ってはならない!」 ピン「あなたが見つめる…」
第3幕 ピン「こうごうしい皇女さま!」… リュー「告白することもできないひそやかな愛情」
第3幕 リュー「あなたの氷のような冷たさは」
第3幕 ティムール「リュー!リュー!起きなさい!起きなさい!」
第3幕 カラフ「死の皇女よ!」
第3幕 トゥーランドット「わたしはどうしたのでしょう?」
第3幕 トゥーランドット「初めての涙…ああ…」
第3幕 トゥーランドット「わたしはあなたの名前を知っています!」
第3幕 人民「千年も万年もわれわれの皇帝に!」
1.永遠の安息を(4部合唱と四重唱)
2.怒りの日 怒りの日(混声7部合唱)
2.怒りの日 くすしきラッパの音(混声7部合唱とバス独唱)
2.怒りの日 書き記されし書物は(メッゾ・ソプラノ独唱と4部合唱)
2.怒りの日 あわれなるかな(ソプラノ、メッゾ・ソプラノ、テノールの三重唱)
2.怒りの日 みいつの大王(4部合唱と四重唱)
2.怒りの日 思い給え(ソプラノ、メッゾ・ソプラノの二重唱)
2.怒りの日 われ、罪ある者として欺き(テノール独唱)
2.怒りの日 呪われたる者どもを罰し(バス独唱と混声7部合唱)
2.怒りの日 涙の日なるかな(四重唱と混声合唱)
3.主イエズス(四重唱)
4.聖なるかな(二重混声合唱)
5.神の小羊(ソプラノ、メッゾ・ソプラノ独唱と混声4部合唱)
6.永遠の光を(メッゾ・ソプラノ、テノール、バスの三重唱)
7.われらを解き放ち給え(ソプラノ独唱と混声7部合唱)
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第1幕 それっ、狩人よ!
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第1幕 フォンテーヌブロー! 限りなく広く孤独な森!
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第1幕 わたしは彼女を見た。 そして彼女のほほえみは
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第1幕 ついに角笛の音は消え、森はしーんとなる
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第1幕 なぜわたしのまえにひざまずきなさるの?
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第1幕 ああ! なんという愛、なんという情熱で
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第1幕 お姫さま、あなたの忠実なしもべ
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第1幕 運命の時が打ち鳴らされた!
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第1幕 お祝いの賛歌が快くひびき渡る
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第1幕 栄光輝くフランス王、エンリーコ大王は
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第2幕_第1場 カルロ、至高の皇帝
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第2幕_第1場 サン・ジュスト僧院で、わたしの祖父カルロ五世は
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第2幕_第1場 彼だ!… そうだ… 王子さま!
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第2幕_第1場 ああ、われわれの魂に
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第2幕_第2場 大きなもみの木の茂みは
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第2幕_第2場 美しいサラセンの
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第2幕_第2場 王妃さま!
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第2幕_第2場 女王にお願いがあってまいりました
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第2幕_第2場 王さま!
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第2幕_第2場 泣かないで、お友だちよ
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第2幕_第2場 残ってくれ!
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第2幕_第2場 王さま、わたしはフランドルから到着しました
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第2幕_第2場 君のまなざしは王座をじろじろ見ている
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第3幕_第1場 前奏曲
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第3幕_第1場 真夜中、王妃の庭園の
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第3幕_第1場 あなたはわたしの怒りから逃げてもむだです
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第3幕_第2場 喜びの日はついに来た
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第3幕_第2場 陛下、不幸なフランドル人たちの
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第3幕_第2場 陛下! 彼らのためにわたしの生きる時がきました
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第4幕_第1場 彼女は決してわたしを愛していなかった
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第4幕_第1場 宗教裁判長です
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第4幕_第1場 このスペインは、いまだかつて邪教が支配したことはありません
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第4幕_第1場 正道を!
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第4幕_第1場 ああ! のろいあれ、この宿命の疑惑
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第4幕_第1場 お慈悲を! おゆるしを! 犯した罪に苦しむ女を!
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第4幕_第1場 ああ、死の贈り物よ
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第4幕_第2場 わたしだよ、カルロ
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第4幕_第2場 わたしには最後の時がきた
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第4幕_第2場 おお、カルロ、聞いてくれますね
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第4幕_第2場 わたしのカルロよ、おまえに剣をかえす
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第5幕 世のむなしさを知り給うたあなた
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第5幕 フランスよ、高貴な土地よ、わたしの青春のとうとい日々よ!
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第5幕 彼女だ!
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第5幕 あの上のよりよい世界で、また会いましょう
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ 全曲_第5幕 永遠に! その通り
レクィエム 四人の独唱者、合唱と管弦楽のための 1.レクィエム(安息を)とキリエ(あわれみ給え) (4部合唱と四重唱)
レクィエム 四人の独唱者、合唱と管弦楽のための 2.ディエス・イレ(怒りの日) ディエス・イレ(怒りの日) (混声7部合唱)
レクィエム 四人の独唱者、合唱と管弦楽のための 2.ディエス・イレ(怒りの日) トゥーバ・ミルム(くすしきラッパの音) (混声7部合唱とバス独唱)
レクィエム 四人の独唱者、合唱と管弦楽のための 2.ディエス・イレ(怒りの日) リベル・スクリプトゥス(書き記されし書物は) (メッゾ・ソプラノ独唱と4部合唱)
レクィエム 四人の独唱者、合唱と管弦楽のための 2.ディエス・イレ(怒りの日) クィド・スム・ミゼル(あわれなるかな) (ソプラノ、メッゾ・ソプラノ、テノールのー三重唱)
レクィエム 四人の独唱者、合唱と管弦楽のための 2.ディエス・イレ(怒りの日) レックス・トレメンデ(みいつの大王) (4部合唱と四重唱)
レクィエム 四人の独唱者、合唱と管弦楽のための 2.ディエス・イレ(怒りの日) レコルダーレ(思い給え) (ソプラノ、メッゾ・ソプラノの二重唱)
レクィエム 四人の独唱者、合唱と管弦楽のための 2.ディエス・イレ(怒りの日) インジェスコ(われ、罪ある者として歎き) (テノール独唱)
レクィエム 四人の独唱者、合唱と管弦楽のための 2.ディエス・イレ(怒りの日) コンフターティス(呪われたる者どもを罰し) (バス独唱と混声7部合唱)
レクィエム 四人の独唱者、合唱と管弦楽のための 2.ディエス・イレ(怒りの日) ラクリモーザ(涙の日なるかな) (四重唱と混声合唱)
レクィエム 四人の独唱者、合唱と管弦楽のための 3.ドミネ・イエズ(主イエズス) (四重唱)
レクィエム 四人の独唱者、合唱と管弦楽のための 4.サンクトゥス(聖なるかな) (二重混声合唱)
レクィエム 四人の独唱者、合唱と管弦楽のための 5.アニュス・デイ(神の小羊) (ソプラノ、メッゾ・ソプラノ独唱と混声4部合唱)
レクィエム 四人の独唱者、合唱と管弦楽のための 6.ルックス・エテルナ(永遠の光を) (メッゾ・ソプラノ、テノール、バスの三重唱)
レクィエム 四人の独唱者、合唱と管弦楽のための 7.リベラ・メ(われらを解き放ちたまえ) (ソプラノ独唱と混声7部合唱)
もう飛ぶまいぞ蝶々くん(第1幕)(歌劇「フィガロの結婚」K.492より)
奥さん、これが恋人のカタログ<カタログの歌>(第1幕)(歌劇「ドン・ジョヴァンニ」K.527より)
俺は鳥刺し(第1幕)(歌劇「魔笛」K.620より)
私は町の何でも屋(第1幕)(歌劇「セビリアの理髪師」より)
人知れぬ涙(第2幕)(歌劇「愛の妙薬」より)
風の中の羽根のように<女心の歌>(第3幕)(歌劇「リゴレット」より)
プロヴァンスの海と陸(第2幕)(歌劇「椿姫」より)
清きアイーダ(第1幕)(歌劇「アイーダ」より)
やさしい夕星よ<夕星の歌>(第3幕)(歌劇「タンホイザー」より)
諸君の乾杯を喜んで受けよう<闘牛士の歌>(第2幕)(歌劇「カルメン」より)
お前が投げたこの花は<花の歌>(第2幕)(歌劇「カルメン」より)
空と海(第2幕)(歌劇「ジョコンダ」より)
衣裳をつけろ(第1幕)(歌劇「道化師」より)
五月の晴れた日のように(第4幕)(歌劇「アンドレア・シェニエ」より)
ありふれた話<フェデリコの嘆き>(第2幕)(歌劇「アルルの女」より)
冷たい手を(第1幕)(歌劇「ボエーム」より)
星は光りぬ(第3幕)(歌劇「トスカ」より)
誰も寝てはならぬ(第3幕)(歌劇「トゥーランドット」より)
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 プロローグ 序奏-警官「おい、いったいどうしたんだ?」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 プロローグ 民衆「だれの手にわれわれをおまかせなさるのか?」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 プロローグ 一部の男たち「ミチューハ、おいミチューハ、何をわめいているんだよ?」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 プロローグ シチェルカーロフ「正教徒たちよ!ボリスさまはきびしい」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 プロローグ 巡礼「栄えあれ、地上の最高の創造主に!」(巡礼の合唱)
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 プロローグ シュイスキー公「ボリス・フェオドロヴィチ皇帝ばんざい!」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 プロローグ 「わが魂は悲しむ!」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第1幕 ピーメンのモノローグ「もうひとつの物語で、私の年代記は終わる」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第1幕 僧たち「強く、正しい神よ」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第1幕 ピーメン「嘆くな、けがれた世間を早く捨てたことを」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第1幕 女主人「私はつかまえた、青っぽい雄ガモを」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第1幕 ワルラーム「何を考えこんでるんだよ?
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第1幕 ワルラーム「えーい!カザンの町であったこと」(ワルラームの歌)
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第1幕 ワルラーム「やつは馬で走る、やつは、やつは走る」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第1幕 役人「あなたは何をする人ですか?」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第1幕 グレゴリー「チュドーフ僧院の不道徳なる修道僧オトリェーペフ一族のグレゴリーは」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第2幕 クセニヤ「あなたはどこに、私の婚約者よ?」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第2幕 乳母「蚊がまきを割り」(蚊の歌)
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第2幕 フョードル「あれやこれやのお話さ」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第2幕 乳母「あ、どうしましょう!」-ボリス「どうした?」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第2幕 ボリスのモノローグ「私は最高の権力を手にいれた」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第2幕 乳母「ほら!あっちへ飛べ!」-ボリス「どうしたんだ?」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第2幕 フョードル「おうむが乳母たちといっしょに、部屋のなかにいました」(おうむの歌)
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第2幕 シュイスキー「陛下、何とぞお目どおりのほどを!」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第2幕 ボリス「うーん!苦しい!息をつかせてくれ…」(時計の場)
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第3幕 娘たち「青く澄んだヴィスラの川辺」(侍女たちの合唱)
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第3幕 マリーナ「もうたくさんよ!美しい姫はお礼をいうわ」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第3幕 マリーナ「マリーナは退屈なの。ああ、何て退屈なんだろう!」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第3幕 マリーナ「まあ、あなたでしたの、神父さま」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第3幕 ランゴーニ「あなたの美貌で僭称者をとりこにし」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第3幕 僭称者(グレゴリー)「この夜ふけ、庭の噴水の傍で-おお、妙なるあの声よ!」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第3幕 ランゴーニ「皇子さま!」-僭称者(グレゴリー)「またきたのか?」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第3幕 ランゴーニ「姫はただあなたのことで昼も夜も悩み苦しむ」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第3幕 ランゴーニ「温順な罪深い信心家が」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第3幕 マリーナ「あなたの情熱を信じませんわ、領主さま」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第3幕 僭称者(グレゴリー)「狡猾なジェスイット僧は私をしっかりつかんだ」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第3幕 僭称者(グリゴリー)「おお、どんなに苦しく、心もとなく」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第3幕 マリーナ「おお、皇子さま、お願いです」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第4幕 農夫たち「どうだ、礼拝は終わったか?」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第4幕 いたっずらっ児たち「トルルル、ルルル、ルルル、ルルル!」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第4幕 農婦たち「育ての親よ、キリストのために…」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第4幕 貴族たち「さて、票決にはいりましょうか、みなさん」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第4幕 シュイスキー「少しおくれました」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第4幕 ボリス「だれが“人殺し”という?」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第4幕 ピーメンの話「ある日、夕暮れどきに」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第4幕 ボリス「さらば、わが子よ、私はもう死ぬ!」(ボリスの死)
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第4幕 ボリス「鐘が鳴る!…葬いの鐘が鳴る!」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第4幕 一部の放浪者たち「ここへ連れてこい!切り株にすわらせろ!」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第4幕 ミサイル、ワルワーム「太陽も月も光を消して」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第4幕 群集「それいけ!怒り猛り、あばれまわった」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第4幕 ラヴィツキー、チェルニコフスキー「主よ、主よ、救いたまえ、皇帝を」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第4幕 ミサイル、ワルラーム「栄えあれ、皇子さまに」
歌劇≪ボリス・ゴドノフ≫全曲 第4幕 白痴「流れでよ、流れでよ、にがき涙よ!」
レクィエム_4人の独唱者、合唱と管弦楽のための 1.永遠の安息を (4部合唱と四重唱)
レクィエム_4人の独唱者、合唱と管弦楽のための 2.怒りの日_怒りの日 (混声7部合唱)
レクィエム_4人の独唱者、合唱と管弦楽のための 2.怒りの日_くすしきラッパの音 (混声7部合唱とバス独唱)
レクィエム_4人の独唱者、合唱と管弦楽のための 2.怒りの日_書き記されし書物は (メッゾ・ソプラノ独唱と4部合唱)
レクィエム_4人の独唱者、合唱と管弦楽のための 2.怒りの日_あわれなるかな (ソプラノ、メッゾ・ソプラノ、テノールの三重唱)
レクィエム_4人の独唱者、合唱と管弦楽のための 2.怒りの日_みいつの大王 (4部合唱と四重唱)
レクィエム_4人の独唱者、合唱と管弦楽のための 2.怒りの日_思い給え (ソプラノ、メッゾ・ソプラノの二重唱)
レクィエム_4人の独唱者、合唱と管弦楽のための 2.怒りの日_われ、罪ある者として歎き (テノール独唱)
レクィエム_4人の独唱者、合唱と管弦楽のための 2.怒りの日_呪われたる者どもを罰し (バス独唱と混声7部合唱)
レクィエム_4人の独唱者、合唱と管弦楽のための 2.怒りの日_涙の日なるかな (四重唱と混声合唱)
レクィエム_4人の独唱者、合唱と管弦楽のための 3.主イエズス (四重唱)
レクィエム_4人の独唱者、合唱と管弦楽のための 4.聖なるかな (二重混声合唱)
レクィエム_4人の独唱者、合唱と管弦楽のための 5.神の小羊 (ソプラノ、メッゾ・ソプラノ独唱と混声4部合唱)
レクィエム_4人の独唱者、合唱と管弦楽のための 6.永遠の光を (メッゾ・ソプラノ、テノール、バスの三重唱)
レクィエム_4人の独唱者、合唱と管弦楽のための 7.われらを解き放ち給え (ソプラノ独唱と混声7部合唱)
1 2 3 4