Top>音楽ジャンル>クール&ザ ギャング

クール&ザ ギャング

歴史

1964年、ニュージャージー州にて、ベースのロバート"クール"・ベル、キーボードのロナルド・ベルの兄弟を中心に結成。1969年デビュー。結成当初はリード・ヴォーカルはおらず、ジャズ・ファンクを中心とした曲を演奏していた。デビュー後しばらくはヒットに恵まれなかったが、1973年「FunkyStuff」(ファンキー・スタッフ、Billboard誌が29位、以下Billboad誌のチャート最高位)が初のTop50入りを果たしブレイク。1974年、「JungleBoogie」(ジャングル・ブギー)を発表、22週に渡りチャート圏内に入り最高4位まであがる初のTOP10ヒットとなると、続く「HollywoodSwinging」(ハリウッド・スウィンギング、Hot1006位)も大ヒット。これらのヒットを契機に一躍人気ファンクバンドとなり、1977年には大ヒット映画「サタデー・ナイト・フィーバー」のサウンドトラックに曲(オープン・セサミ)を提供した。その後しばらく低迷したが、1979年にジェームス・"JT"・テイラーが加入し、デオダート制作の1980年「LadiesNight」(Hot100最高8位、Black3週連続1位)、「TooHot」(Hot100最高5位、Black3位)など全米ポップ・チャートでもヒットを連発した。
1980年暮れに彼ら最大のヒットとなる「Celebration」(Hot1002週連続1位、81年年間総合6位)を発表。81年のBlackSinglesチャートで,6週連続1位を獲得する。この曲は、アメリカのイベントやパーティーなどでよく使用されてきた。その後1981年から1982年にかけ「TakeMyHeart(YouCanHaveItIfYouWantIt)」(Hot10017位、Black1位)、「GetDownOnIt」(Hot10010位、Black4位)、「BigFun」(Hot10021位、Black6位)とヒットを出した。
1983年には、「Joanna」(Hot1002位、Black1位、AdultContemporary2位)を発表。以降、1984年に「Tonight」(Hot10013位、Black7位)、「Fresh」(Hot1009位、Black1位、Dance1位、AdultContemporary5位)、「Misled」(Hot10010位、Black3位、Dance9位)、1985年には「Cherish」(Hot1002位、Black1位、AdultContemporary1位)とヒットが続いた。
1986,87年には「Victory」(Hot10010位、Black2位)、「StoneLove」(Hot10010位、Black4位)がトップ10入りしたが、1988年にJTテイラーが脱退。その後、元ダズ・バンドのスキップ・マーティンがリードとして加入した。しかしグループは、80年代末以降ヒット曲に恵まれなくなってしまう。ソロとなったJTテイラーは、レジーナ・ベルとのデュエットなどを発表するが大きなヒットにはならず、1996年にグループに戻った。グループは、TOP10入り12曲の記録を残し第一線から退いた。

クール&ザ ギャング クール&ザ・ギャング

検索結果 2 件の見つかりました。並び替え=> 閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
セレブレーション 他,全11曲〈DVD〉
クール&ザ・ギャング〈CD〉
ファンキー・スタッフ〈CD〉
エヌ・ティー〈CD〉
ストリート・コーナー・シンフォニー〈CD〉
ハリウッド・スウィンギン〈CD〉
ライム・タイム・ピープル〈CD〉
エレクトリック・フロッグ・パート1〈CD〉
モア・ファンキー・スタッフ〈CD〉
オープン・セサミ〈CD〉
カム・トゥゲザー〈CD〉
レディース・ナイト〈CD〉
ステッピン・アウト〈CD〉
セレブレーション〈CD〉
ゲット・ダウン・オン・イット〈CD〉
フレッシュ〈CD〉
ジャングル・ブギー〈CD〉
ブリーズ&ソウル〈CD〉
シー・オブ・トランキリティ〈CD〉
ウィチタ・ラインマン〈CD〉
ラッキー・フォー・ミー〈CD〉
アイ・リメンバー・ジョン・コルトレーン〈CD〉
ヘヴン・アット・ワンス〈CD〉
シュガー〈CD〉
ホワイティングH&G〈CD〉
サマー・マッドネス〈CD〉
ウィンター・サッドネス〈CD〉
ユー・ドント・ハフ・トゥ・チェンジ〈CD〉
メッセンジャー・オブ・ウィズダム〈CD〉
フリー〈CD〉
テイク・マイ・ハート〈CD〉
トゥー・ホット〈CD〉
ジョーンズVS.ジョーンズ〈CD〉
ワイルド&ピースフル〈CD〉
ファイナリー(シー・シー・ペニストン)
ピープル・ホールド・オン(コールドカット・フィーチャリング・リサ・スタンスフィールド)
ジプシー・ウーマン(クリスタル・ウォーターズ)
ナイトシフト(コモドアーズ)
リズム・オブ・ザ・ナイト(デバージ)
キープ・オン・ジャンピン(トッド・テリー・フィーチャリング・ジョセリン・ブラウン)
ドント・ウォーリー・アバウト・ア・シング(インコグニート)
シェイク・ザ・グルーヴ・シング(ピーチズ&ハーブ)
ティアードロップス(ウーマック&ウーマック)
ダンス・ザ・ナイト・アウェイ(マーヴェリックス)
セレブレイション(クール&ザ・ギャング)
ドント・ウォーク・アウェイ(フォー・トップス)
プッシュ・ザ・フィーリング・オン(ナイトクロウラーズ)
ドント・リーヴ・ミー・ディス・ウェイ(テルマ・ヒューストン)
恋のサバイバル(グロリア・ゲイナー)
ライフ・イズ・ザ・ローラーコースター(ローナン・キーティング)

カテゴリー

クール&ザ ギャングに関連したアーティスト



スポンサード リンク



スポンサード リンク

1
2017-03-18 22:40:57

RT @aberandon: MTVでLiLiCoが「私が一番好きな80'sの曲は、クール & ザ ギャングの『チェリッシュ』です。好きだから音源持ってないんです。ここ大事。CDとか持ってたらいつでも聴けちゃうでしょ」と言っていて、食っていた夕飯、全部吐きそうになった。

2017-03-18 18:35:41

MTVでLiLiCoが「私が一番好きな80'sの曲は、クール & ザ ギャングの『チェリッシュ』です。好きだから音源持ってないんです。ここ大事。CDとか持ってたらいつでも聴けちゃうでしょ」と言っていて、食っていた夕飯、全部吐きそうになった。