Top>音楽ジャンル>グラディス ナイト

グラディス ナイト

概要

7歳のときにのど自慢大会で優勝したのをきっかけに、兄弟といとことでピップスを結成する。1961年にデビューし、R&B界で数々のヒットを放ったが、飛躍を求めて1966年にモータウンと契約、「悲しいうわさ(IHearditThroughtheGrapevine)」のヒットなどで幅広い人気を獲得した。1973年にはブッダ・レーベルに移籍、「夜汽車よジョージアへ」は全米1位を記録する最大のヒットとなり、その後もヒットを連発して人気はピークを迎えた。
しかし、レコード会社との契約の問題からピップスとの活動が凍結していまい、しばらくはソロ活動を余儀なくされるが、1986年にディオンヌ・ワーウィック、エルトン・ジョン、スティーヴィー・ワンダーと共演した「愛のハーモニー」の大ヒットで再び脚光を浴び、ピップスも復活した。
1989年に公開された映画『007消されたライセンス』の主題歌「LicenseToKill」はイギリスの『ミュージック・ウィーク』誌では、最高位6位を獲得した。
1996年にロックの殿堂入りを果たし、授賞式でのプレゼンターをマライア・キャリーが務めた。
1990年代以降はソロとして精力的に活動を続け。2002年には、グラミー賞の最優秀トラディショナルR&B歌唱賞を獲得している。
検索結果 1 件の見つかりました。
並び替え=> 最新閲覧数順 総合閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
 

カテゴリー

グラディス ナイトに関連したアーティスト



スポンサード リンク



スポンサード リンク

1

@ysak0406 @seikatsu954905 グラディス ナイトのDark end of the street 大好きです🎵