Top>音楽ジャンル>ザ ブルーハーツ

ザ ブルーハーツ

概要

1985年結成。1987年にシングル「リンダリンダ」でメジャーデビュー。解散後も、その楽曲は近年でもCMやドラマや映画などに多く使われている。
ザ・ブルーハーツの詩は、NHK「人間講座」の「言葉の力・詩の力」(ねじめ正一講師)中でも、その文学性が高く評価されている(なお、教材本文の講義は、2001年度前期のNHK教育テレビ「人間講座」内で放送)。
『THEBLUEHEARTS』から『TRAIN-TRAIN』までの前期三部作は、ブルースをルーツとしたメッセージ性の強い、独自の日本語ロックの世界を構築していたが、イーストウェスト移籍後からの後期作品は、後のTHEHIGH-LOWSに繋がる様々なスタイルを取り入れ、メッセージ性を無視した楽曲も多い。

ザ ブルーハーツ ザ・ブルーハーツ

検索結果 1 件の見つかりました。並び替え=> 閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
人にやさしく
1985
リンダリンダ
終わらない歌
窓をあけよう
ブルーハーツのテーマ
ハンマー
少年の詩
パンクロック
爆弾が落っこちる時
ノー・ノー・ノー
未来は僕等の手の中
裸の王様
ロクデナシ
ブルーハーツより愛をこめて
ラインを越えて
ダンスナンバー
英雄にあこがれて
終わらない歌
チェルノブイリ
ラヴレター
風船爆弾
電光石火
世界のまん中
君のため
ブルースをけとばせ
キスしてほしい
お前を離さない
トレイン・トレイン
トゥ・マッチ・ペイン
青空
首つり台から
闘う男
殺しのライセンス
情熱の薔薇
イメージ
ナビゲーター
あの娘にタッチ
ザ・ローリング・マン
皆殺しのメロディー
東京ゾンビ
泣かないで恋人よ
やるか逃げるか
僕の右手
パーティー
すてごま
旅人
44口径
夕暮れ
俺は俺の死を死にたい
手紙
夜の盗賊団
月の爆撃機
1000のヴァイオリン
ロマンチック
歩く花
休日

カテゴリー

ザ ブルーハーツに関連したアーティスト



スポンサード リンク



スポンサード リンク

1