Top>音楽ジャンル>ジョン オールディス合唱団

ジョン オールディス合唱団

検索結果 59 件の見つかりました。
並び替え=> 最新閲覧数順 総合閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
 
オラトリオ≪メサイア≫ 第1部 シンフォニー(序曲)
オラトリオ≪メサイア≫ 第1部 伴奏付きレチタティーヴォ(テノール):慰めよ、慰めよ、わたしの民を
オラトリオ≪メサイア≫ 第1部 アリア(テノール):すべての谷は埋め立てられ
オラトリオ≪メサイア≫ 第1部 コーラス:このようにして、主の栄光が現されると
オラトリオ≪メサイア≫ 第1部 アリア(バス):だれがこの方の来られる日に耐えられよう
オラトリオ≪メサイア≫ 第1部 コーラス:この方は、レビの子らをきよめ
オラトリオ≪メサイア≫ 第1部 レチタティーヴォ(アルト):見よ、処女がみごもり、男の子を産み|アリア(アルト):シオンに良い知らせを伝える者よ
オラトリオ≪メサイア≫ 第1部 コーラス:シオンに良い知らせを伝える者よ
オラトリオ≪メサイア≫ 第1部 パイファ(田園シンフォニー)
オラトリオ≪メサイア≫ 第1部 コーラス:いと高きところに、栄光が神にあるように
オラトリオ≪メサイア≫ 第1部 アリア(ソプラノ):シオンの娘よ、大いに喜べ
オラトリオ≪メサイア≫ 第2部 コーラス:見よ、世の罪を取り除く神の子羊
オラトリオ≪メサイア≫ 第2部 伴奏付きレチタティーヴォ(テノール):そしりが私の心を打ち砕き
オラトリオ≪メサイア≫ 第2部 アリオーソ(テノール):見よ、このような痛みがほかにあるかどうかを!
オラトリオ≪メサイア≫ 第2部 レチタティーヴォ(テノール):神は、かつてどの御使に向かって|コーラス:神の御使は皆、彼を拝め
オラトリオ≪メサイア≫ 第2部 コーラス:主は御言葉を賜る
オラトリオ≪メサイア≫ 第2部 アリア(バス):なぜ国々は騒ぎ立ち
オラトリオ≪メサイア≫ 第2部 コーラス:ハレルヤ
オラトリオ≪メサイア≫ 第3部 アリア(ソプラノ):私は知っている
オラトリオ≪メサイア≫ 第3部 アリア(ソプラノ):神が私達の味方であるなら
オラトリオ≪メサイア≫ 第3部 コーラス:ほふられた子羊は
オラトリオ≪メサイア≫ 第3部 コーラス:アーメン
誰も寝てはならぬ (歌劇≪トゥーランドット≫より)
冷たい手を (歌劇≪ボエーム≫より)
乾杯の歌:友よ、さあ飲みあかそう (歌劇≪椿姫≫より)
清きアイーダ (歌劇≪アイーダ≫より)
人知れぬ涙 (歌劇≪愛の妙薬≫より)
あれか、これか (歌劇≪リゴレット≫より)
夢のように (歌劇≪マルタ≫より)
星は光りぬ (歌劇≪トスカ≫より)
愛さずにはいられぬこの思い (歌劇≪フェドーラ≫より)
衣裳をつけろ (歌劇≪道化師≫より)
何とすばらしい美人 (歌劇≪マノン・レスコー≫より)
女心の歌:風の中の羽のように (歌劇≪リゴレット≫より)
おお、パラダイス (歌劇≪アフリカの女≫より)
春風よ、なぜ私をめざめさせるのか (歌劇≪ウェルテル≫より
花の歌:お前が投げたこの花は (歌劇≪カルメン≫より)
美しい人たちの中で (歌劇≪マノン・レスコー≫より)
空と海 (歌劇≪ジョコンダ≫より)
妙なる調和 (歌劇≪トスカ≫より)
優しい魂よ (歌劇≪ファヴォリータ≫より)
見よ、恐ろしい火を (歌劇≪トロヴァトーレ≫より)
さくらんぼの二重唱 (歌劇≪友人フリッツ≫より)
オ・ソレ・ミオ
帰れソレントへ
カタリ・カタリ
フニクリ・フニクラ
ノッテ・エ・ペスカトーレ
オ・ホーリー・ナイト
天使の糧
アヴェ・マリア
マティナータ
踊り
カロ・ミオ・ベン
カルーソー
マイ・ウェイ
サンタ・ルチア
君はわが心の全て (喜歌劇≪微笑みの国≫より)
マンマ
風に託そう私の歌
ヴォラーレ
情熱
グラナダ
「調和の幻想」作品3:協奏曲 第5番
「調和の幻想」作品3:協奏曲 第6番
「調和の幻想」作品3:協奏曲 第8番
「調和の幻想」作品3:協奏曲 第9番
「調和の幻想」作品3:協奏曲 第10番
「調和の幻想」作品3:協奏曲 第11番
「ラ・ストラヴァガンツァ」作品4:協奏曲 第2番
「ラ・ストラヴァガンツァ」作品4:協奏曲 第6番
「ラ・ストラヴァガンツァ」作品4:協奏曲 第7番
「ラ・ストラヴァガンツァ」作品4:協奏曲 第8番
協奏曲集作品6: 第1番
協奏曲集作品7: 第7番
協奏曲集作品7: 第10番
協奏曲集「四季」作品8:第1番ホ長調《春》
協奏曲集「四季」作品8:第2番ト短調《夏》
協奏曲集「四季」作品8:第3番ヘ長調《秋》
協奏曲集「四季」作品8:第4番ヘ短調《冬》
協奏曲集作品8: 第10番「狩」
「ラ・チェトラ」作品9:協奏曲 第2番
「ラ・チェトラ」作品9:協奏曲 第5番
「ラ・チェトラ」作品9:協奏曲 第10番
フルート協奏曲集 作品10:第1番「海の嵐」
フルート協奏曲集 作品10:第2番「夜」
フルート協奏曲集 作品10:第3番「ごしきひわ」
協奏曲集 作品11: 第2番「イル・ファヴォリト」
協奏曲集 作品12: 第1番
ヴァイオリン協奏曲 Rv271「恋びと」
2つのチェロのための協奏曲 Rv531
2つのマンドリンのための協奏曲 Rv532
リコーダー協奏曲 RV444
オーボエ協奏曲 作品8の9 RV454
バスーン協奏曲 RV497
2つのトランペットのための協奏曲 Rv537
弦楽のための協奏曲 Rv151「コンツェルト・アラ・ルスティカ」
ヴァイオリンとオルガンのための協奏曲 Rv542
ヴァイオリンとチェロのための協奏曲 Rv544「プロメテウス」
ソナタ集作品2: 第2番
グローリア RV589
詩篇第112番「僕らよ、主を讃美せよ」rv602
モテット「まことのやすらぎはこの世にはなく」rv630
野ばら D.257
「冬の旅」~菩提樹 D.911-5
ます D.550
野ばら
春への憧れ
歌の翼に
モーツァルトの子守歌
子守歌
アヴェ・マリア D.839 Op.52-6
アヴェ・マリア
ハレルヤ・コーラス
流浪の民
ローレライ
庭の千草(夏の名残のバラ)
ム・シ・デン
オー・ソレ・ミオ
帰れソレントへ
黒い瞳
きよしこの夜
蛍の光
ミサ曲 ハ短調 K.427「グレイト」(ランドン版)
ミサ曲 ハ長調 K.317「戴冠式ミサ」
レクイエム ニ短調 K.626(ジュスマイヤー版)
女心の歌(歌劇「リゴレット」より)
乾杯の歌(歌劇「椿姫」より)
夢のように(歌劇「マルタ」より)
人知れぬ涙(歌劇「愛の妙薬」より)
衣装をつけろ(歌劇「道化師」より)
フェデリコの嘆き(歌劇「アルルの女」より)
冷たい手を(歌劇「ラ・ボエーム」より)
妙なる調和(歌劇「トスカ」より)
星は光りぬ(歌劇「トスカ」より)
誰も寝てはならぬ(歌劇「トゥーランドット」より)
野ばら
菩提樹
ます
野ばら
春への憧れ
歌の翼に
モーツァルトの子守歌
子守歌
アヴェ・マリア
アヴェ・マリア
ハレルヤ・コーラス
流浪の民
ローレライ
庭の千草
ム・シ・デン
オ・ソレ・ミオ
帰れソレントへ
黒い瞳
きよしこの夜
蛍の光
歌劇「カルメン」~子供たちの行進曲
闘牛士の歌<歌劇「カルメン」>
歌劇「カルメン」~カドリーリャが来たぞ!
私は町の何でも屋<歌劇「セビリアの理髪
歌劇「ファウスト」~兵士の合唱
歌劇「トロヴァトーレ」~アンヴィル・コーラス
歌劇「蝶々夫人」~ハミング・コーラス
ワルキューレの騎行 楽劇「ワルキューレ
歌劇「ホフマン物語」~森の小鳥はあこがれを歌う
歌劇「アイーダ」~エジプトに栄えあれ(凱旋行進曲)
俺は鳥刺し<歌劇「魔笛」>
パパゲーナ,パパゲーナ<歌劇「魔笛」>
パ,パ,パ,パ,パ,パ<歌劇「魔笛」>
歌劇「ヘンゼルとグレーテル」~おにいちゃん,私と一緒にきて踊りましょう
歌劇「ヘンゼルとグレーテル」~私は小さな眠りの精だよ
歌劇「ヘンゼルとグレーテル」~夕べの祈り
歌劇「ヘンゼルとグレーテル」~お菓子の子供たちの歌
歌劇「ヘンゼルとグレーテル」 ラ ラ ラ ラ
ミサ曲 ハ長調 K.317「戴冠式ミサ」 1.Kyrie
ミサ曲 ハ長調 K.317「戴冠式ミサ」 2.Gloria
ミサ曲 ハ長調 K.317「戴冠式ミサ」 3.Credo
ミサ曲 ハ長調 K.317「戴冠式ミサ」 4.Sanctus
ミサ曲 ハ長調 K.317「戴冠式ミサ」 5.Benedictus
ミサ曲 ハ長調 K.317「戴冠式ミサ」 6.Agnus Dei
ミサ・ブレヴィス K.257「クレド・ミサ」 1.Kyrie
ミサ・ブレヴィス K.257「クレド・ミサ」 2.Gloria
ミサ・ブレヴィス K.257「クレド・ミサ」 3.Credo
ミサ・ブレヴィス K.257「クレド・ミサ」 4.Sanctus
ミサ・ブレヴィス K.257「クレド・ミサ」 5.Benedictus
ミサ・ブレヴィス K.257「クレド・ミサ」 6.Agnus Dei
エクスルターテ・イウビラーテ K.165 Exsultate,jubilate(Allegro)
エクスルターテ・イウビラーテ K.165 Fulget amica dies(Recitativo)
エクスルターテ・イウビラーテ K.165 Alleluia(Allegro)
モテット「アヴェ・ヴェルム・コルプス」K.618
オラトリオ《メサイア》抜粋第1部 - シンフォニー(序曲)
オラトリオ《メサイア》抜粋第1部 - 1.伴奏付きレチタティーヴォ(テノール) 慰めよ、慰めよ、わたしの民を
オラトリオ《メサイア》抜粋第1部 - 2.アリア(テノール) すべての谷は埋め立てられ
オラトリオ《メサイア》抜粋第1部 - 3.コーラス このようにして、主の栄光が現されると
オラトリオ《メサイア》抜粋第1部 - 5.アリア(バス) だれがこの方の来られる日に耐えられよう
オラトリオ《メサイア》抜粋第1部 - 6.コーラス この方は、レビの子らをきよめ
オラトリオ《メサイア》抜粋第1部 - 7.レチタティーヴォ(アルト) 見よ、処女がみごもり、男の子を産み|8.アリア(アルト) シオンに良い知らせを伝える者よ
オラトリオ《メサイア》抜粋第1部 - 9.コーラス シオンに良い知らせを伝える者よ
オラトリオ《メサイア》抜粋第1部 - 13.パイファ(田園シンフォニー)
オラトリオ《メサイア》抜粋第1部 - 15.コーラス いと高きところに、栄光が神にあるように
オラトリオ《メサイア》抜粋第1部 - 16.アリア(ソプラノ) シオンの娘よ、大いに喜べ
オラトリオ《メサイア》抜粋第2部 - 20.コーラス 見よ、世の罪を取り除く神の小羊
オラトリオ《メサイア》抜粋第2部 - 27.伴奏付きレチタティーヴォ(テノール) そしりが私の心を打ち砕き
オラトリオ《メサイア》抜粋第2部 - 28.アリオーソ(テノール) 見よ、このような痛みがほかにあるかどうかを!
オラトリオ《メサイア》抜粋第2部 - 32.レチタティーヴォ(テノール) 神は、かつてどの御使に向かって|33.コーラス 神の御使は皆、彼を拝め
オラトリオ《メサイア》抜粋第2部 - 35.コーラス 主は御言葉を賜る
オラトリオ《メサイア》抜粋第2部 - 38.アリア(バス) なぜ国々は騒ぎ立ち
オラトリオ《メサイア》抜粋第2部 - 42.コーラス ハレルヤ
オラトリオ《メサイア》抜粋第3部 - 43.アリア(ソプラノ) 私は知っている
オラトリオ《メサイア》抜粋第3部 - 50.アリア(ソプラノ) 神が私達の味方であるなら
オラトリオ《メサイア》抜粋第3部 - 51.コーラス ほふられた小羊は
オラトリオ《メサイア》抜粋第3部 - 52.コーラス アーメン
レクイエム ニ短調 K.626 I. イントロイトゥス
レクイエム ニ短調 K.626 II. キリエ|III. セクエンツィア
レクイエム ニ短調 K.626 怒りの日
レクイエム ニ短調 K.626 不思議なひびきを伝えるラッパが
レクイエム ニ短調 K.626 おそるべきみいつの大王よ
レクイエム ニ短調 K.626 憶いたまえ
レクイエム ニ短調 K.626 呪われた者ども
レクイエム ニ短調 K.626 涙の日|IV. オッフェルトリウム
レクイエム ニ短調 K.626 主イエズス・キリスト
レクイエム ニ短調 K.626 犠牲と祈りを
レクイエム ニ短調 K.626 V. サンクトゥス
レクイエム ニ短調 K.626 VI. ベネディクトゥス
レクイエム ニ短調 K.626 VII. アニュス・デイ
レクイエム ニ短調 K.626 VII. コンムニオ
エクスルターテ・ユビラーテ K.165 アレグロ : 踊れ、喜べ、幸いなる魂よ
エクスルターテ・ユビラーテ K.165 レチタティーヴォ : 楽しき日は輝き
エクスルターテ・ユビラーテ K.165 アンダンテ : なんじ、童貞者の冠よ
交響詩「海」
牧神の午後への前奏曲
ノクチュルヌ
遊戯
神にそむいた私を罰して下さい
お父さん,最後のお別れを受けて
神聖な森に人影はなくなった
ああ,私をお守の下さいませ
あの人だ,行ってくれ
行ってくれ,残酷な人よ
暗く,残忍な限りなく不吉な夜よ!
ああ,魔力です!お話し下さい!
お聞き下さい,王子様
氷のような姫君の心も
亡くなった母を
僕の悩める魂も
僕たちの死は愛の勝利だ
そして呪いを!
私の腕はあなたを捕らえた
自殺!
小舟が近づいてきます
おお、運命の女神よ(「カルミナ・ブラーナ」から)
歓呼の声を放て!(「クリスマス・オラトリオ」BWV248から)
イエスは変わりなきわが喜び(カンタータ「心と口と行いと生活で」BWV147から)
われは知る、われらをあがなう者はとわに生きる(オラトリオ「メサイア」から)
ハレルヤ!(オラトリオ「メサイア」から)
立ち上がり、光となれ(オラトリオ「パウロ」作品36から)
ばんざい、ワインだ(オラトリオ「四季」から)
それから、大いなる朝がやってきた(オラトリオ「四季」から)
偉大なる太守を讚えよ(歌劇「後宮からの誘拐」から)
わが偉大なる太守を讚えて歌え(歌劇「後宮からの誘拐」から)
狩人の喜びは(歌劇「魔弾の射手」から狩人の合唱)
やさしい女性を勝ち得た者は(歌劇「フィデリオ」から)
おお友よ!そんな調べではだめなのだ!…歓喜よ、美しい神の火(交響曲第9番「合唱」から)
たがいに抱き合うのだ、もろびとよ(交響曲 第9番「合唱」から)
歌の殿堂をたたえよう(歌劇「タンホイザー」から)
ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 作品73 「皇帝」 第1楽章 : アレグロ
ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 作品73 「皇帝」 第2楽章 : アダージョ・ウン・ポコ・モッソ
ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 作品73 「皇帝」 第3楽章 : ロンド アレグロ
合唱幻想曲 ハ短調 作品80
シンフォニー(序曲)
1.伴奏付きレチタティーヴォ(テノール):慰めよ、慰めよ、わたしの民を
2.アリア(テノール):すべての谷は埋め立てられ
6.コーラス:この方は、レビの子らをきよめ
7.レチタティーヴォ(アルト):見よ、処女がみごもり、男の子を産み
8.アリア(アルト):シオンに良い知らせを伝える者よ
9.コーラス:シオンに良い知らせを伝える者よ
12.コーラス:ひとりのみどり子が、私達のために生まれる
13.パイファ(田園シンフォニー)
14.レチタティーヴォ:さてこの土地に、羊飼い達が
15.コーラス:いと高きところに、栄光が神にあるように
18.二重唱(アルト、ソプラノ):主は羊飼いのように
24.コーラス:私達は皆、羊のようにさまよい
27.伴奏付きレチタティーヴォ(テノール):そしりが私の心を打ち砕き
28.アリオーソ(テノール):見よ、このような痛みがほかにあるかどうかを!
35.コーラス:主は御言葉を賜る
38.アリア(バス):なぜ国々は騒ぎ立ち
42.コーラス:ハレルヤ
43.アリア(ソプラノ):私は知っている
51.コーラス:ほふられた小羊は
52.コーラス:アーメン
歌劇「アイーダ」~清きアイーダ
歌劇「マノン・レスコー」~何とすばらしい美人
歌劇「ボエーム」~冷たい手を
歌劇「西部の娘」~やがてくる自由の日
歌劇「愛の妙薬」~人知れぬ涙
歌劇「カルメン」~お前が投げたこの花は「花の歌」
歌劇「トゥーランドット」~泣くな,リュー
歌劇「トゥーランドット」~誰も寝てはならぬ
歌劇「アンドレア・シェニエ」~ある日青空をながめて
歌劇「アンドレア・シェニエ」~五月の晴れた日のように
歌劇「椿姫」~燃える心を
歌劇「ルイザ・ミラー」~穏やかな夜には
歌劇「ランメルモールのルチア」~やがてこの世に別れを告げよう
友よ,私の復讐を助けてくれ<歌劇「ウィ
伯爵さまが踊るなら<歌劇「フィガロの結
歌劇「ジョコンダ」~空と海
おお,パラダイス<歌劇「アフリカの女」
歌劇「オテロ」~私を恐れることはない「オテロの死」
「トロヴァトーレ」~ああ,あなたこそわが恋人…見よ,恐ろしい火を
第1部 シンフォニー(序曲) Grave-Allegro moderato
第1部 No.1 伴奏付レシタティーフ(テノール):慰めよ、慰めよ、わたしの民を
第1部 No.2 アリア(テノール):すべての谷は埋め立てられ
第1部 No.3 コーラス:このようにして、主の栄光が現わされると
第1部 No.4 伴奏付レシタティーフ(バス):まことに、万軍の主はこう仰せられる
第1部 No.5 アリア(バス):だれがこの方の来られる日に耐えられよう
第1部 No.6 コーラス:この方は、レビの子らをきよめ
第1部 No.7 レシタティーフ(アルト):みよ、処女がみごもり、男の子を産み No.8 アリア(アルト):シオンに良い知らせを伝える者よ
第1部 No.9 コーラス:シオンに良い知らせを伝える者よ
第1部 No.10 伴奏付レシタティーフ(バス):見よ闇が地をおおい
第1部 No.11 アリア(バス):闇の中を歩んでいた民は
第1部 No.12 コーラス:ひとりのみどり子が、私達のために生まれる
第1部 No.13 パイファ(田園シンフォニー) Larghetto e mezzo piano
第1部 No.14 レシタティーフ(ソプラノ):さてこの土地に、羊飼い達が
第1部 No.15 コーラス:いと高きところに、栄光が神にあるように
第1部 No.16 アリア(ソプラノ):シオンの娘よ、大いに喜べ
第1部 No.17a レシタティーフ(アルト):その時盲人の目は開かれ No.18a 二重唱(アルト、ソプラノ):主は羊飼いのように
第1部 No.19 コーラス:私のくびきは負いやすく、私の荷は軽いからです
第2部 No.20 コーラス:見よ、世の罪を取り除く神の小羊
第2部 No.21 アリア(アルト):彼はさげすまれ
第2部 No.22 コーラス:まことに彼は私達の悩みを負い
第2部 No.23 コーラス:彼の打ち傷によって、私達はいやされた
第2部 No.24 コーラス:私達は皆、羊のようにさまよい
第2部 No.25 伴奏付レシタティーフ(テノール):私を見る者は皆
第2部 No.26 コーラス:主に身を任せよ
第2部 No.27 伴奏付レシタティーフ(テノール):そしりが私の心を打ち砕き
第2部 No.28 アリオーソ(テノール):見よ、このような痛みがほかにあるかどうかを
第2部 No.29 伴奏付レシタティーフ(テノール):彼が私の民のそむきの罪のために打たれ No.30 アリア(テノール):しかしあなたは私の魂を黄泉に捨て置か
第2部 No.31 コーラス:門よ、お前達のかしらを上げよ
第2部 No.32 レシタティーフ(テノール):神は、かつてどの御使に向かって No.33 コーラス:神の御使は皆、彼を拝め
第2部 No.34a アリア(アルト):あなたは、いと高き所に上がり
第2部 No.35 コーラス:主は御言葉を賜わる
第2部 No.36a アリア(ソプラノ):良いことの知らせを伝える人々の足は
第2部 No.37a アリオーソ(テノール):その声は全地に響き渡り
第2部 No.38 アリア(バス):なぜ国々は騒ぎ立ち
第2部 No.39 コーラス:さあ、彼等の枷を打ち砕き
第2部 No.40 レシタティーフ(テノール):天の御座に着いておられる方は笑い No.41 アリア(テノール):あなたは鉄の杖で彼等を打ち砕き
第2部 No.42 コーラス:ハレルヤ
第3部 No.43 アリア(ソプラノ):私は知っている
第3部 No.44 コーラス:というのは、死がひとりの人を通して来た
第3部 No.45 伴奏付レシタティーフ(バス):聞きなさい、私はあなたがたに奥義を告げましょう No.46 アリア(バス):ラッパが鳴ると
第3部 No.47 レシタティーフ(アルト):死は勝利に呑まれた No.48 二重唱(アルト、テノール):死よ、お前の勝利はどこにあるのか No.49 コーラス
第3部 No.50 アリア(ソプラノ):神が私達の味方であるなら
第3部 No.51 コーラス:ほふられた小羊は
第3部 No.52 コーラス:アーメン
歌劇≪トゥーランドット≫から〔カラフ〕 誰も寝てはならぬ(第3幕)
歌劇≪ボエーム≫から〔ロドルフォ〕 冷たい手を(第1幕)
歌劇≪ボエーム≫から〔ロドルフォ〕 おお、うるわしい乙女よ(第1幕)
歌劇≪ボエーム≫から〔ロドルフォ〕 もう帰らないミミ(第4幕)
歌劇≪トスカ≫から〔カヴァラドッシ〕 妙なる調和(第1幕)
歌劇≪トスカ≫から〔カヴァラドッシ〕 君がそこにいるのか!-緑の中にすっぽりと隠れて〔二人の愛の家〕(第1幕)
歌劇≪トスカ≫から〔カヴァラドッシ〕 星は光りぬ(第3幕)
歌劇≪西部の娘≫から〔ジョンソン〕 やがてくる自由の日(第3幕)
歌劇≪蝶々夫人≫から〔ピンカートン〕 愛の家よ、さようなら(第2幕)
歌劇≪蝶々夫人≫から〔ピンカートン〕 夕闇が訪れてきた-かわいがって下さいね〔愛の二重唱〕(第1幕)
歌劇≪マノン・レスコー≫から〔デ・グリュー〕 美しい人たちの中で(第1幕)
歌劇≪マノン・レスコー≫から〔デ・グリュー〕 何とすばらしい美人(第1幕)
歌劇≪マノン・レスコー≫から〔デ・グリュー〕 いや、僕は狂っている(第3幕)
歌劇≪トゥーランドット≫から〔カラフ〕 泣くな、リュー(第1幕)
1 2 3