Top>音楽ジャンル>パヴァロッティ

パヴァロッティ

生い立ち

イタリアのモデナ生まれ。父親はパン焼職人の傍ら、才能あるアマチュア・テノール歌手でもあった。同郷で同い歳の名ソプラノ歌手、ミレッラ・フレーニとは幼なじみの上、同じ乳母によって育てられた。師範学校を卒業後、声楽を学ぶ。
検索結果 138 件の見つかりました。
並び替え=> 最新閲覧数順 総合閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
 
オ・ソレ・ミオ
フニクリ・フニクラ
乾杯の歌(歌劇「椿姫」より)
パリの空の下
そうとも、おれは闘牛士になる
マリウ愛の言葉を
カーニヴァルの朝(オルフェオの歌)(映画「黒いオルフェ」より)
ロリータ
彼女に告げて
カタリ・カタリ
ビコーズ
ユール・ネヴァー・ウォーク・アローン(ミュージカル「回転木馬」より)
雨に歌えば(ミュージカル「ザッツ・エンタテインメント」より)
マリア(ミュージカル「ウェスト・サイド物語」より)|トゥナイト(ミュージカル「ウェスト・サイド物語」より)|太陽の土地|シェリト・リンド(メキシコ民謡)
黒いひとみ(ロシア民謡)|カミニート|ばら色の人生
マティナータ|ウィーンわが夢の街|アマポーラ
唇は黙っていても(歌劇「メリー・ウィドー」より)
ブラジル
パリの橋の下
帰れソレントへ
誰も寝てはならぬ(歌劇「トゥーランドット」より)
女心の歌(風の中の羽のように)(歌劇「リゴレット」より)
オ・ソレ・ミオ~イタリア民謡集
取り扱い開始日:2009-05-20
オ・ソレ・ミオ
かわいい口もと
恋する兵士
マレキアーレ
帰れ、ソレントへ
太陽の土地
プジレコの漁夫
泣かないお前
マリア・マリ
フニクリ・フニクラ
情熱
はるかなサンタ・ルチア
カタリ、カタリ(つれない心)
マンマ
忘れな草
ロリータ
禁じられた音楽
クリスマスの歌 (オー・ホーリー・ナイト)
神の御子は今宵しも
アヴェ・マリア、優しいマリア
子守歌
もみの木
あなたは空から降りてくる
アメイジング・グレイス
ホワイト・クリスマス
眠れ、幼な子よ
きよしこの夜
祈り (聖母に捧ぐ魂の歌)
スザニ
ハッピー・クリスマス / 戦争は終わった
子守歌
キャロル・オブ・ザ・ドラム (リトル・ドラマー・ボーイ)
聖母の歌 (むつきを濯ぐ聖母)
わが家でむかえるクリスマス
そりすべり
ウィンター・ワンダーランド
新しい世紀
幸せなクリスマス
レット・イット・スノウ (ボーナス・トラック)
ジングル・ベル (ボーナス・トラック)
パヴァーヌop.50
管弦楽組曲第3番ニ長調BWV1068~アリア(G線上のアリア)
ジムノペディ第1番
カノン ニ長調
ヴォカリーズop.34-14
「グレゴリアン チャント」~「幼な子われらに生まれ」
映画「ピアノ レッスン」~楽しみを希う心
マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン
映画「シンドラーのリスト」のテーマ
アヴェ・マリア
タイム トゥ セイ グッバイ
夜想曲嬰ハ短調 遺作
アダージョ
交響曲第3番「悲歌のシンフォニー」~第2楽章
「レクイエム」~「我は嘆く」
歌劇「アンドレア シェニエ」~「亡くなった母を」
ピアノ協奏曲第3番~第3楽章から
歌劇「カルメン」~第3幕への間奏曲
チェロ協奏曲~第1楽章アダージョーモデラート
天使のミロンガ(カルリ)
「四季」~「春」第1楽章アレグロ
セレナード ト長調「アイネ クライネナハトムジーク~第2楽章 ロマンス
ピアノ協奏曲第1番~第1楽章(冒頭)
ピアノ ソナタ14番「月光」~第1楽章
練習曲第3番ホ長調op.10-3「別れの曲」
カンタータ第147番~主よ,人の望みの喜びよ
オラトリオ「メサイヤ」~「ハレルヤ コーラス」
歌劇「ジャンニ スキッキ」~「私のお父さん」
愛の夢第3番
交響曲第9番「新世界より」~第2楽章「家路」
交響曲第5番「運命」~第1楽章アレグロ コン ブリオ
ホルン協奏曲第4番~第3楽章ロンド
バレエ音楽「白鳥の湖」~第1幕のフィナーレ
歌劇「トゥーランドット」~「だれも寝てはならぬ」
バレエ音楽「ロメオとジュリエット」~「モンタギュー家とキャピュレット家」
「惑星」~「木星」
ワルキューレの騎行
歌劇「椿姫」~「乾杯の歌」
「ボレロ」より
「カルミナ ブラーナ」~「運命の女神よ」
オ・ホーリー・ナイト(アダン)
神よ、あわれみたまえ(ストラデルラ/ニーデルメイエ)
天使の糧[パニス・アンジェリクス](フランク)
第5の言葉(メルカダンテ)
アヴェ・マリア(シューベルト/メリヒャル)
幼なごキリスト(ヨン)
われエウリディーチェを失えり[歌劇≪オルフェオとエウリディーチェ≫から](グルック)
その心は嘆く[≪スターバト・マーテル≫からアリア](ロッシーニ)
われ あやまちたれば[≪レクイエム≫から](ヴェルディ)
アヴェ・マリア(バッハ/グノー)
合唱する千もの小天使たち(シューベルトの子守歌)(シューベルト/メリヒャル)
アニュス・デイ(ビゼー)
サンクトゥス(ベルリオーズ)
神のみ子はこよいしも[アデステ・フィデレス](ウェード)
わが最愛のイエス(グイーダ) (ボーナス・トラック)
アヴェ・ヴェルム(attr.シューベルト) (ボーナス・トラック)
アヴェ・マリア、やさしきマリア(パヴァロッティ/ベンヴェヌーティ) (ボーナス・トラック)
歌劇≪リゴレット≫~風にふかれる羽のように〔女心の歌〕
歌劇≪リゴレット≫~慕わしい人の名は
歌劇≪椿姫≫~友よ、さあ飲み明かそう〔乾杯の歌〕
歌劇≪アイーダ≫~清きアイーダ
歌劇≪アイーダ≫~勝ちて帰れ
歌劇≪愛の妙薬≫~人知れぬ涙
歌劇≪セビリャの理髪師≫~私は町の何でも屋
歌劇≪カルメン≫~恋は野の鳥〔ハバネラ〕
歌劇≪カルメン≫~おまえの投げた、この花を〔花の歌〕
歌劇≪ボエーム≫~冷たい手を
歌劇≪ボエーム≫~私の名はミミ
歌劇≪トスカ≫~歌に生き、恋に生き
歌劇≪トスカ≫~星は光りぬ
歌劇≪蝶々夫人≫~ある晴れた日に
歌劇≪ジャンニ・スキッキ≫~私のお父さん
歌劇≪トゥーランドット≫~誰も寝てはならぬ
誰も寝てはならぬ (歌劇≪トゥーランドット≫より)
冷たい手を (歌劇≪ボエーム≫より)
乾杯の歌:友よ、さあ飲みあかそう (歌劇≪椿姫≫より)
清きアイーダ (歌劇≪アイーダ≫より)
人知れぬ涙 (歌劇≪愛の妙薬≫より)
あれか、これか (歌劇≪リゴレット≫より)
夢のように (歌劇≪マルタ≫より)
星は光りぬ (歌劇≪トスカ≫より)
愛さずにはいられぬこの思い (歌劇≪フェドーラ≫より)
衣裳をつけろ (歌劇≪道化師≫より)
何とすばらしい美人 (歌劇≪マノン・レスコー≫より)
女心の歌:風の中の羽のように (歌劇≪リゴレット≫より)
おお、パラダイス (歌劇≪アフリカの女≫より)
春風よ、なぜ私をめざめさせるのか (歌劇≪ウェルテル≫より
花の歌:お前が投げたこの花は (歌劇≪カルメン≫より)
美しい人たちの中で (歌劇≪マノン・レスコー≫より)
空と海 (歌劇≪ジョコンダ≫より)
妙なる調和 (歌劇≪トスカ≫より)
優しい魂よ (歌劇≪ファヴォリータ≫より)
見よ、恐ろしい火を (歌劇≪トロヴァトーレ≫より)
さくらんぼの二重唱 (歌劇≪友人フリッツ≫より)
オ・ソレ・ミオ
帰れソレントへ
カタリ・カタリ
フニクリ・フニクラ
ノッテ・エ・ペスカトーレ
オ・ホーリー・ナイト
天使の糧
アヴェ・マリア
マティナータ
踊り
カロ・ミオ・ベン
カルーソー
マイ・ウェイ
サンタ・ルチア
君はわが心の全て (喜歌劇≪微笑みの国≫より)
マンマ
風に託そう私の歌
ヴォラーレ
情熱
グラナダ
誰も寝てはならぬ~パヴァロッティ スーパー・ヒッツ
取り扱い開始日:2009-05-20
カルーソー
オ・ソレ・ミオ
女心の歌〔歌劇≪リゴレット≫から〕
冷たい手を〔歌劇≪ラ・ボエーム≫から〕
星は光りぬ〔歌劇≪トスカ≫から〕
カタリ・カタリ
ヴォラーレ
フニクリ・フニクラ
忘れな草
人知れぬ涙〔歌劇≪愛の妙薬≫から〕
夢のように〔歌劇≪マルタ≫から〕
花の歌〔歌劇≪カルメン≫から〕
セレナード
マティナータ
衣裳をつけろ〔歌劇≪道化師≫から〕
見よ、恐ろしい火を〔歌劇≪トロヴァトーレ≫から〕
帰れ、ソレントへ
誰も寝てはならぬ〔歌劇≪トゥーランドット≫から〕
オ・ソレ・ミオ
かわいい口もと
恋する兵士
海の男
低い窓
マレキアーレ
帰れ、ソレントへ
なぜ
太陽の土地
プジレコの漁夫
泣かないお前
マリア・マリ
フニクリ・フニクラ
アヴェ・マリア
タイスの瞑想曲
誰も寝てはならぬ(歌劇「トゥーランドット」から)
ジャスミンのアーチ(歌劇「ラクメ」から)
ノクターン
輝ける大天使を(オラトリオ「サムソン」から)
ヴァイオリン協奏曲 第1番:アダージョ
ついに自由に(映画「グラディエーター」から)
ワルキューレの騎行(楽劇「ワルキューレ」から)
ライダーズ・オン・ザ・ストーム
オ・ソレ・ミオ
ピエ・イエス(「レクイエム」から)
楽しみを希う心(映画「ピアノ・レッスン」から)
オンブラ・マイ・フ(歌劇「セルセ」から)
星は光りぬ(歌劇「トスカ」から)
映画「スター・ウォーズ」からメイン・テーマ
ヴィクトリー
グラナダ
ユール・ネヴァー・ウォーク・アローン(ミュージカル「回転木馬」から)
ツァラトゥストラかく語りき(映画「2001年宇宙の旅」-メイン・テーマ)
コタヒタンガ
ネッラ・ファンタジア
プレリュード 第1番
衣裳をつけろ(歌劇「道化師」から)
ピアノ協奏曲 第3番:アレグロ・マ・ノン・タント(抜粋)
アダージョ
映画「ブレイブハート」からメインテーマ
トゥナイト(「ウェスト・サイド・ストーリー」から)
愛らしい乙女よ(歌劇「ラ・ボエーム」)
バイレロ
ミゼレーレ(抜粋)
グロリア
セカンド・ワルツ
清らかな女神よ(歌劇「ノルマ」から)
サマータイム(歌劇「ポーギーとベス」から)
オール・ザット・ジャズ(ミュージカル「シカゴ」から)
マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン(映画「タイタニック」のテーマ)
女心の歌(歌劇「リゴレット」から)
パヴァロッティ カタリ・カタリ
取り扱い開始日:2007-11-07
情熱
五月の事だった
光さす窓辺
彼女に告げて
小鳩
夜の声
くちづけを許して
はるかなるサンタ・ルチア
無言の歌い手
あなたが大好き
カタリ・カタリ(うすなさけ)
歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」から 「酒を称えて」(乾杯の歌)
歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」から 「やあ、皆さん」
歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」から 「母さん、あの酒は強いね」
歌劇「マノン・レスコー」から 「君たちの中に、栗色か金髪の髪を持ち」
歌劇「マノン・レスコー」から 「しとやかなお方よ、私の願いを」
歌劇「マノン・レスコー」から 「何とすばらしい美人」
歌劇「マノン・レスコー」から 「おお、私は一番きれいでしょう…あなた、いとしい方!」
歌劇「マノン・レスコー」から 「早く一列に並べ」…「ご覧ください、狂った僕を」
歌劇「道化師」から 「衣装を着けろ!」
歌劇「道化師」から 「もう道化師じゃない」
歌劇「アンドレア・シェニエ」から 「ある日青空を眺めて」
歌劇「アンドレア・シェニエ」から 「私は兵士だった」
歌劇「アンドレア・シェニエ」から 「五月の晴れた日のように」
歌劇「アンドレア・シェニエ」から 「僕の悩める魂も」
歌劇「アンドレア・シェニエ」から 「僕たちの死は愛の勝利だ!」
歌劇「トスカ」から 「妙なる調和」
歌劇「トスカ」から 「マリオ!マリオ!マリオ!…ふたりの愛の家へ」
歌劇「トスカ」から 「もう仕事をさせてくれ」
歌劇「トスカ」から 「星は光りぬ」
オ・ソレ・ミオ(ディ・カプア)
フニクリ・フニクラ(デンツァ)
乾杯の歌(ヴェルディ:歌劇≪椿姫≫より)
パリの空の下(ジロー)
そうとも、おれは闘牛士になる(ペネーリャ)
マリウ愛の言葉を(ビクシオ)
カーニヴァルの朝(オルフェオの歌)(ボンファ:映画『黒いオルフェ』より)
ロリータ(ブッツィ=ペッチア)
彼女に告げて(ファルヴォ)
カタリ・カタリ(カルディルロ)
ビコーズ(ダルドロ)
ユール・ネヴァー・ウォーク・アローン(ロジャース:ミュージカル≪回転木馬≫より)
雨に歌えば(ブラウン:ミュージカル≪ザッツ・エンタテインメント≫より)
マリア/トゥナイト(バーンスタイン:ミュージカル≪ウェスト・サイド物語≫より)|太陽の土地(ダンニバーレ)|シェリト・リンド(メキシコ民謡)
黒いひとみ(ロシア民謡)|カミニート(フィリベルト)|ばら色の人生(ルイギー)
マティナータ(レオンカヴァルロ)|ウィーンわが夢の街(ジーツィンスキー)|アマポーラ(ラカージェ)
唇は黙っていても(レハール:喜歌劇≪メリー・ウィドー≫より)
ブラジル(バローゾ)
パリの橋の下(スコット)
帰れソレントへ(デ・クルティス)
誰も寝てはならぬ(プッチーニ:歌劇≪トゥーランドット≫より)
女心の歌(風の中の羽のように)(ヴェルディ:歌劇≪リゴレット≫より)
歌劇 ≪愛の妙薬≫ から 「なんてきれいなんだろう、なんてかわいいんだろう」
歌劇 ≪愛の妙薬≫ から 「すばらしい妙薬!」
歌劇 ≪愛の妙薬≫ から 「いったいあの気のふれた人は誰でしょう?…ラッララッララ」
歌劇 ≪愛の妙薬≫ から 「まあしばらく、おれの苦しみをうれしがっていろ」
歌劇 ≪愛の妙薬≫ から 「人知れぬ涙」
歌劇 ≪マリア・ストゥアルダ≫ から 「おお、タールボットよ」
歌劇 ≪マリア・ストゥアルダ≫ から 「ああ! 美しいこの面影を」
歌劇 ≪ランメルモールのルチア≫ から 「わが祖先の墓よ」
歌劇 ≪ランメルモールのルチア≫ から 「やがてこの世に別れを告げよう」
歌劇 ≪ランメルモールのルチア≫ から 「ああ、かわいそうな女!」
歌劇 ≪ランメルモールのルチア≫ から 「お前は昇天の翼を広げた」
歌劇 ≪連隊の娘≫ から 「ああ、友よ、僕にとってはなんという幸運」
歌劇 ≪連隊の娘≫ から 「マリーのそばにいるために」
歌劇 ≪シャモニーのリンダ≫ から 「君に会ったあの日から」
歌劇 ≪ファヴォリータ≫ から 「天使のような乙女」
歌劇 ≪ファヴォリータ≫ から 「そうだ、あなたのひとことは」
歌劇 ≪ファヴォリータ≫ から 「やさしい魂よ」
歌劇 ≪ドン・パスクアーレ≫ から 「なんという優しさ」
歌劇 ≪カプレーティとモンテッキ≫ から 「彼女を愛す」
歌劇 ≪ノルマ≫ から 「彼女とともにヴィーナスの祭壇へ」
歌劇 ≪ノルマ≫ から 「彼らよりも大きな力が」
歌劇 ≪夢遊病の女≫ から 「僕を許してくれ、愛しい人よ」
歌劇 ≪夢遊病の女≫ から 「指環をお取り」
歌劇 ≪テンダのベアトリーチェ≫ から 「ええ、敵です…宮廷の敵です」
歌劇 ≪清教徒≫ から 「愛しい乙女よ、あなたに愛を」
歌劇 ≪清教徒≫ から 「僕の腕のなかにおいで」
歌劇 ≪ドン・セバスチャン≫ から 「誰もいないこの荒野に」
歌劇 ≪アルバ公爵≫ から 「清らかで美しい天使」
歌劇 ≪十字軍のロンバルディア人≫ から 「ああ、お母さん、彼女は何をしたのです」
歌劇 ≪十字軍のロンバルディア人≫ から 「私の喜びを包みたい」
歌劇 ≪十字軍のロンバルディア人≫ から 「あのような清らかな天使が」
歌劇 ≪二人のフォスカリ≫ から 「さいはての流刑地から」
歌劇 ≪エルナーニ≫ から 「萎れた花に降りた霞のように」
歌劇 ≪エルナーニ≫ から 「ああ、私の心が称えるあなた」
歌劇 ≪アッティラ≫ から 「ああ、苦しみよ」
歌劇 ≪マクベス≫ から 「おお、息子たちよ…おお、父の手は」
歌劇 ≪マクベス≫ から 「ここはどこだ…敵の手に渡ったわれらの祖国が」
歌劇 ≪ルイザ・ミラー≫ から 「それでこの手紙は?」
歌劇 ≪ルイザ・ミラー≫ から 「穏やかな夜には」
歌劇 ≪ルイザ・ミラー≫ から 「のどが焼けつくようだ」
歌劇 ≪リゴレット≫ から 「あれかこれか」
歌劇 ≪リゴレット≫ から 「さらわれてしまった」
歌劇 ≪リゴレット≫ から 「ほおの涙が」
歌劇 ≪リゴレット≫ から 「寂しい町外れで」
歌劇 ≪リゴレット≫ から 「望みはあるぞ」
歌劇 ≪リゴレット≫ から 「風のなかの羽のように」 (女心の歌)
歌劇 ≪リゴレット≫ から 「いつかあなたに会ったときから」
歌劇 ≪リゴレット≫ から 「美しい乙女よ」 (四重唱)
歌劇 ≪トロヴァトーレ≫ から 「ついさっきけたたましい武器の音が」
歌劇 ≪トロヴァトーレ≫ から 「ああ、あなたこそ私の恋人」
歌劇 ≪トロヴァトーレ≫ から 「神秘な楽の音」
歌劇 ≪トロヴァトーレ≫ から 「見よ、恐ろしい火を」
歌劇 ≪トロヴァトーレ≫ から 「ミゼレーレ」
歌劇 ≪椿姫≫ から 「友よ、さあ飲み明かそう」 (乾杯の歌)
歌劇 ≪椿姫≫ から 「思い出の日から」
歌劇 ≪椿姫≫ から 「あの人のそばを離れて…燃える心を」
歌劇 ≪椿姫≫ から 「アンニーナ、どこへ行ってきた?…絶えがたい後悔」
歌劇 ≪椿姫≫ から 「パリを離れて」
歌劇 ≪シチリア島の夕べの祈り≫ から 「愛した君へ」
歌劇 ≪仮面舞踏会≫ から 「今度の航海は無事だろうか」
歌劇 ≪仮面舞踏会≫ から 「こんな占いは当てにならない」
歌劇 ≪仮面舞踏会≫ から 「この胸のときめき」
歌劇 ≪仮面舞踏会≫ から 「多分玄関に着いたであろう」
歌劇 ≪仮面舞踏会≫ から 「永久に君を失えば」
歌劇 ≪運命の力≫ から 「兄弟よ…私がわかるか?」
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ から 「僕はあの方をなくしてしまった」
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ から 「僕はあの方に会った」
歌劇 ≪ドン・カルロ≫ から 「われらの胸に友情を」
歌劇 ≪アイーダ≫ から 「もしも私がそのつわものであったなら…清きアイーダ」
歌劇 ≪アイーダ≫ から 「アイーダ、再びここで」 (ナイル川の二重唱)
歌劇 ≪アイーダ≫ から 「運命の石が」
歌劇 ≪アイーダ≫ から 「心があなたの罪を予見して」
歌劇 ≪アイーダ≫ から 「さらばこの世」
≪レクイエム≫ から 怒りの日:「われは嘆く」
歌劇 ≪オテロ≫ から 「すでに夜もふけた…死ぬなら死んでもよい」
歌劇 ≪オテロ≫ から 「恥と悲しみに満ちて」
歌劇 ≪オテロ≫ から 「カッシオがあそこに」
歌劇 ≪オテロ≫ から 「私を恐れるものはない」 (オテロの死)
歌劇 ≪ボエーム≫ から 「冷たい手を」
歌劇 ≪ボエーム≫ から 「愛らしい乙女よ」
歌劇 ≪ボエーム≫ から 「もう帰らないミミ」
歌劇 ≪ボエーム≫ から 「みんな行ってしまったのね」
歌劇 ≪ボエーム≫ から 「どうしたのだ」
歌劇 ≪蝶々夫人≫ から 「広い世界を」
歌劇 ≪蝶々夫人≫ から 「アメリカよ、永遠なれ…恋か気まぐれか」
歌劇 ≪蝶々夫人≫ から 「おととい彼女が訪ねてきた」
歌劇 ≪蝶々夫人≫ から 「いい子だ、いい子だ、泣いてはいけない」
歌劇 ≪蝶々夫人≫ から 「夕暮れは迫り」
歌劇 ≪蝶々夫人≫ から 「変わらぬ愛を」
歌劇 ≪蝶々夫人≫ から 「さらば愛の家よ」
歌劇 ≪トゥーランドット≫ から 「泣くなリュー」…「ああ! 最後のお願いだ」
歌劇 ≪トゥーランドット≫ から 「誰も寝てはならぬ」
歌劇 ≪トゥーランドット≫ から 「死の姫よ!」
歌劇 ≪トゥーランドット≫ から 「私をどうなさるの?」
歌劇 ≪トゥーランドット≫ から 「初めての涙」
歌劇 ≪トゥーランドット≫ から 「おまえの名前は分かった!」
歌劇 ≪トゥーランドット≫ から 「とこしえに栄えあれ!」
歌劇 ≪カヴァレリア・ルスティカーナ≫ から 「酒を称えて」 (乾杯の歌)
歌劇 ≪カヴァレリア・ルスティカーナ≫ から 「やあ、皆さん」
歌劇 ≪カヴァレリア・ルスティカーナ≫ から 「母さん、あの酒は強いね」
歌劇 ≪マノン・レスコー≫ から 「君たちの中に、栗色か金髪の髪を持ち」
歌劇 ≪マノン・レスコー≫ から 「しとやかなお方よ、私の願いを」
歌劇 ≪マノン・レスコー≫ から 「何とすばらしい美人」
歌劇 ≪マノン・レスコー≫ から 「おお、私は一番きれいでしょう…あなた、いとしい方!」
歌劇 ≪マノン・レスコー≫ から 「早く一列に並べ…ご覧ください、狂った僕を」
歌劇 ≪道化師≫ から 「衣裳を着けろ!」
歌劇 ≪道化師≫ から 「もう道化師じゃない」
歌劇 ≪アンドレア・シェニエ≫ から 「ある日青空を眺めて」
歌劇 ≪アンドレア・シェニエ≫ から 「私は兵士だった」
歌劇 ≪アンドレア・シェニエ≫ から 「五月の晴れた日のように」
歌劇 ≪アンドレア・シェニエ≫ から 「僕の悩める魂も」
歌劇 ≪アンドレア・シェニエ≫ から 「僕たちの死は愛の勝利だ!」
歌劇 ≪トスカ≫ から 「妙なる調和」
歌劇 ≪トスカ≫ から 「マリオ!マリオ!マリオ!…ふたりの愛の家へ」
歌劇 ≪トスカ≫ から 「もう仕事をさせてくれ」
歌劇 ≪トスカ≫ から 「星は光りぬ」
ガンジス川に陽が昇り [歌劇 ≪愛のまこと≫ から]
わが心の魂
お前を称える栄光のために [歌劇 ≪グリセルダ≫ から]
いとしの森よ [歌劇 ≪アタランタ≫ から]
ニーナの死
カロ・ミオ・ベン
エウリディーチェを失って [歌劇 ≪オルフェオとエウリディーチェ≫ から]
海から逃れたのに [歌劇 ≪イドメネオ≫ から]
受けたまえ、海の支配者よ [歌劇 ≪イドメネオ≫ から]
民よ、ここに最後の命を下す [歌劇 ≪イドメネオ≫ から]
心に平安が戻る [歌劇 ≪イドメネオ≫ から]
彼女こそ私の宝 [歌劇 ≪ドン・ジョヴァンニ≫ から]
恋の息吹は [歌劇 ≪コジ・ファン・トゥッテ≫ から]
第5の言葉 [オラトリオ ≪十字架上の7つの言葉≫ から]
神よ、あわれみたまえ
嘆き憂い悲しめるその御魂は [≪スターバト・マーテル≫ から]
復讐の希望よ、私を見捨てないでくれ…私が初めてこの世の光を見た先祖伝来の住処よ…友よ、私の復讐を助けてくれ [歌劇 ≪ウィリアム・テル≫ から]
夢のように [歌劇 ≪マルタ≫ から]
この清らかな住まい [歌劇 ≪ファウスト≫ から]
おおパラダイス [歌劇 ≪アフリカの女≫ から]
野から牧場から [歌劇 ≪メフィストーフェレ≫ から]
はるかに、はるかに [歌劇 ≪メフィストーフェレ≫ から]
世の果てに近づいた [歌劇 ≪メフィストーフェレ≫ から]
空と海 [歌劇 ≪ジョコンダ≫ から]
だが来るのは誰だ?…遠い霧の彼方に [歌劇 ≪ジョコンダ≫ から]
おまえが投げたこの花は (花の歌) [歌劇 ≪カルメン≫ から]
消え去れ、優しい面影よ [歌劇 ≪マノン≫ から]
春風よ、なぜ私を目覚めさせるのか (オシアンの歌) [歌劇 ≪ウェルテル≫ から]
愛さずにはいられぬこの思い [歌劇 ≪フェドーラ≫ から]
スゼルおはよう…真っ赤に熟れて (さくらんぼの二重唱) [歌劇 ≪友人フリッツ≫ から]
窓を開けよ [歌劇 ≪イリス≫ から]
ありふれた話 (フェデリコの囁き) [歌劇 ≪アルルの女≫ から]
あなたになつかしい母の優しさと微笑を感じ [歌劇 ≪アドリアーナ・ルクヴルール≫ から]
心身ともにくたくたで [歌劇 ≪アドリアーナ・ルクヴルール≫ から]
やがて来る自由の日 [歌劇 ≪西部の娘≫ から]
厳しさを胸に装い (歌手のアリア) [歌劇 ≪ばらの騎士≫ から]
私はある庭を知っている [喜歌劇 ≪マリステルラ≫ から]
この暗い墓の中に
舟人
私は家を建てたい
踊り
約束
この悩み、やさしい妖精よ
お行き、幸せなばらよ
ペトラルカの3つのソネット 平和は見出せず
ペトラルカの3つのソネット その日までいつくしみくださる
ペトラルカの3つのソネット 私は地上に天使のような姿を見た
ペトラルカの3つのソネット 雪
ペトラルカの3つのソネット 雨
ペトラルカの3つのソネット 霧
ペトラルカの3つのソネット セレナータ
ペトラルカの3つのソネット マッティナータ
ペトラルカの3つのソネット 暁は光から
ペトラルカの3つのソネット 四月
ペトラルカの3つのソネット 最後の歌
ペトラルカの3つのソネット セレナータ
ペトラルカの3つのソネット 魅惑
ペトラルカの3つのソネット われ、もはや愛さず
ペトラルカの3つのソネット かわいい口もと
ペトラルカの3つのソネット マレキアーレ
オ・ソレ・ミオ
夜の声
帰れ、ソレントヘ
カタリ・カタリ
太陽の土地
情熱
君を求めて
はるかなるサンタ・ルチア
フニクリ・フニクラ
つばめは古巣へ
マンマ
ヴォラーレ
ジロメッタ
ギルランデイナ
フラ・タンタ・ジェンテ
思うがままに行きよ
こんなに大きな愛
あなたがとても好きだ
ローマのギター
忘れな草
風に託そう私の歌
プッチーニ:誰も寝てはならぬインストゥルメンタル(歌劇《トゥーランドット》から)
ラヴランド:ユー・レイズ・ミー・アップ
ダルラ:カルーソー
リスト:死の舞踏(抜粋)
アンドリュー・ロイド・ウェッバー:オペラ座の怪人~序曲
プッチーニ:星は光りぬ(歌劇《トスカ》から)
カッチーニ:アヴェ・マリア
ニーノ・ロータ:愛のテーマ(映画『ロミオとジュリエット』から)
ヨード・ネヴォ/ジル・ブラウン:ウィンターサン
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番~第2楽章
グリーグ:《ペール・ギュント》第1組曲~朝
J.S.バッハ:アヴェ・マリア
プッチーニ:ある晴れた日にインストゥルメンタル(歌劇《蝶々夫人》から)
ヴェルディ:凱旋行進曲(歌劇《アイーダ》から)
ガーシュウィン:ヘ調のピアノ協奏曲~第3楽章
ヴィヴァルディ:協奏曲集《四季》~<夏>:プレスト
歌劇「ボエーム」から 「冷たい手を」
歌劇「ボエーム」から 「愛らしい乙女よ」
歌劇「ボエーム」から 「もう帰らないミミ」
歌劇「ボエーム」から 「みんな行ってしまったのね」
歌劇「ボエーム」から 「どうしたのだ」
歌劇「蝶々夫人」から 「広い世界を」
歌劇「蝶々夫人」から 「アメリカよ、永遠なれ…恋か気まぐれか」
歌劇「蝶々夫人」から 「おととい彼女が訪ねてきた」
歌劇「蝶々夫人」から 「いい子だ、いい子だ、泣いてはいけない」
歌劇「蝶々夫人」から 「夕暮れは迫り」
歌劇「蝶々夫人」から 「変わらぬ愛を」
歌劇「蝶々夫人」から 「さらば愛の家よ」
歌劇「トゥーランドット」から 「泣くなリュー」…「ああ!最後のお願いだ」
歌劇「トゥーランドット」から 「誰も寝てはならぬ」
歌劇「トゥーランドット」から 「死の姫よ」
歌劇「トゥーランドット」から 「私をどうなさるの?」
歌劇「トゥーランドット」から 「初めての涙」
歌劇「トゥーランドット」から 「おまえの名前は分かった!」
歌劇「トゥーランドット」から 「とこしえに栄あれ」
私の知っている庭~歌劇「マリステルラ」より
愛さずにはいられぬこの思い~歌劇「フェドーラ」より
グラナダ
君を愛すOp.5-3
ダントンの回想
カルーソー
(メドレー・オブ・ロマンス)パリの空の下
(メドレー・オブ・ロマンス)ソラメンテ・ウナ・ベス
(メドレー・オブ・ロマンス)マリア・マリ
(メドレー・オブ・ロマンス)そうとも、俺は闘牛士になる~サルスエラ「山猫」より
(メドレー・オブ・ロマンス)マリウ愛の言葉を
(メドレー・オブ・ロマンス)君を求めて(泣かないお前)
(メドレー・オブ・ロマンス)カーニヴァルの朝(オルフェの歌)~映画「黒いオルフェ」より
(メドレー・オブ・ロマンス)とても君を愛してる
夜の声
お前の胸から心配を除いてやりたい~サルスエラ「ソト・デル・パラルの女」より
誰も寝てはならぬ~歌劇「トゥーランドット」より
ビコーズ
オ・ソレ・ミオ
(メドレー・オブ・ザ・ワールド)恋する兵士
(メドレー・オブ・ザ・ワールド)アイ・アイ・アイ
(メドレー・オブ・ザ・ワールド)ロリータ
(メドレー・オブ・ザ・ワールド)セレナード~歌曲集「白鳥の歌」より
(メドレー・オブ・ザ・ワールド)彼女に告げて
(メドレー・オブ・ザ・ワールド)カタリ・カタリ
ユール・ネヴァー・ウォーク・アローン~ミュージカル「回転木馬」より
歌劇≪蝶々夫人≫ 第1幕 導入曲-「これが天井で、それからこれが障子か」 (ピンカートン、ゴロー)
歌劇≪蝶々夫人≫ 第1幕 「お笑いでございますのね?」 (スズキ、ピンカートン、ゴロー、シャープレス)
歌劇≪蝶々夫人≫ 第1幕 「ヤンキーは世界のいずこであろうと」〔広い世界を〕 (ピンカートン、シャープレス)
歌劇≪蝶々夫人≫ 第1幕 「アメリカ万歳!」 (ピンカートン、シャープレス、ゴロー)
歌劇≪蝶々夫人≫ 第1幕 「この間彼女は領事館にやって来た」 (シャープレス、ピンカートン、蝶々さんの友だち)
歌劇≪蝶々夫人≫ 第1幕 「そらやって来ましたよ」 (ゴロー、友だち、蝶々さん) 「海の上にも、大地にも」〔美しい青空〕 (蝶々さん、友だち、シャープレス)
歌劇≪蝶々夫人≫ 第1幕 「どうぞよろしく」 (蝶々さん、友だち、ピンカートン、シャープレス、ゴロー)
歌劇≪蝶々夫人≫ 第1幕 「お役人さま、神主さま、親類ご一統さま」 (ゴロー、ピンカートン、親類、友だち、蝶々さん、ヤクシデ、シャープレス、他)
歌劇≪蝶々夫人≫ 第1幕 「おいで、いとしい人!この家は気に入ったかい?」 (ピンカートン、蝶々さん、ゴロー)
歌劇≪蝶々夫人≫ 第1幕 「きのう、たったひとりでこっそり教会へ行って来ましたの」 (蝶々さん)
歌劇≪蝶々夫人≫ 第1幕 「皆さん、お静かに!」 (ゴロー、神官、友だち、蝶々さん)
歌劇≪蝶々夫人≫ 第1幕 「おお、神さま、おお、神さま!」 (友だち、ピンカートン、ヤクシデ、親類、僧りょ、蝶々さん、ゴロー)
歌劇≪蝶々夫人≫ 第1幕 「蝶々さん!蝶々さん!」 (僧りょ、親類、友だち、蝶々さん、ピンカートン)
歌劇≪蝶々夫人≫ 第1幕 「かわいい赤ちゃん、泣くんじゃないよ」 (ピンカートン、友だち、親類、蝶々さん、スズキ)
歌劇≪蝶々夫人≫ 第1幕 「夕やみが訪れて来た」〔愛の二重唱〕 (ピンカートン、蝶々さん、スズキ)
歌劇≪蝶々夫人≫ 第1幕 「かわいがって下さいね」 (蝶々さん、ピンカートン)
歌劇≪蝶々夫人≫ 第2幕 第1場 間奏曲-「イザナギ、イザナミ、猿田彦の神、そのほかの神々さま」 (スズキ、蝶々さん)
歌劇≪蝶々夫人≫ 第2幕 第1場 「ある晴れた日 海のはるかかなたに」〔ある晴れた日に〕 (蝶々さん)
歌劇≪蝶々夫人≫ 第2幕 第1場 「おりますよ、おはいり下さい」-「ご免下さい」 (ゴロー、シャープレス、蝶々さん、ヤマドリ)
歌劇≪蝶々夫人≫ 第2幕 第1場 「この国では奥さんを戸口をあけて追い出すのを離婚と言うのですわ」 (蝶々さん、シャープレス)
歌劇≪蝶々夫人≫ 第2幕 第1場 「お聞きですか?」-「こんなわからない女に気の毒です」 (ヤマドリ、ゴロー、シャープレス、蝶々さん)
歌劇≪蝶々夫人≫ 第2幕 第1場 「やっとのこと。おかけ下さい」 (シャープレス、蝶々さん)
歌劇≪蝶々夫人≫ 第2幕 第1場 「わたしにできる道は二つだけ」 (蝶々さん、シャープレス)
歌劇≪蝶々夫人≫ 第2幕 第1場 「ご覧下さい!ご覧になって下さいませ!」 (蝶々さん、シャープレス)
歌劇≪蝶々夫人≫ 第2幕 第1場 「坊やのかあさんに雨の日も風の日もおまえをかかえ」 (蝶々さん、シャープレス)
歌劇≪蝶々夫人≫ 第2幕 第1場 「蜂め!のろわれたガマめ!」 (スズキ、蝶々さん、ゴロー)
歌劇≪蝶々夫人≫ 第2幕 第1場 「軍艦です!…」 (スズキ、蝶々さん)
歌劇≪蝶々夫人≫ 第2幕 第1場 「あの桜の小枝をゆさぶって」〔花の二重唱〕 (蝶々さん、スズキ)
歌劇≪蝶々夫人≫ 第2幕 第1場 「つぎはお化粧よ」 (蝶々さん、スズキ)
歌劇≪蝶々夫人≫ 第2幕 第1場 ハミング・コーラス (合唱)
歌劇≪蝶々夫人≫ 第2幕 第2場 前奏曲
歌劇≪蝶々夫人≫ 第2幕 第2場 庭の小鳥のさえずり
歌劇≪蝶々夫人≫ 第2幕 第2場 「夜があけたわ!」 (スズキ、蝶々さん)
歌劇≪蝶々夫人≫ 第2幕 第2場 「どなた?おお!」-「シッ!シッ!」-「静かに!静かに!」 (スズキ、シャープレス、ピンカートン)
歌劇≪蝶々夫人≫ 第2幕 第2場 「なぐさめようもないことはわたしによくわかる」 (シャープレス、ピンカートン、スズキ)
歌劇≪蝶々夫人≫ 第2幕 第2場 「言ったとおりだろう」 (シャープレス、ピンカートン)
歌劇≪蝶々夫人≫ 第2幕 第2場 「さらば、愛の家、花のかくれ家よ」〔愛の家よ、さようなら〕 (ピンカートン、シャープレス、ケート、スズキ)
歌劇≪蝶々夫人≫ 第2幕 第2場 「スズキ!スズキ!どこにいるの!」 (蝶々さん、スズキ)
歌劇≪蝶々夫人≫ 第2幕 第2場 「スズキ おまえはいい人だから、もう泣かないね!」 (蝶々さん、スズキ、シャープレス、ケート)
歌劇≪蝶々夫人≫ 第2幕 第2場 「捕えられたはえが羽をバタバタさせるように」 (スズキ、蝶々さん)
歌劇≪蝶々夫人≫ 第2幕 第2場 「名誉を守ることができなければ名誉のために死ぬ…おまえ? おまえ?小さい神さま!」 (蝶々さん、ピンカートンの声)
歌劇≪連隊の娘≫全曲 序曲
歌劇≪連隊の娘≫全曲 第1幕 No.1 導入部 敵がやってくる(村人たち/ホルテンシウス/侯爵夫人/農夫)
歌劇≪連隊の娘≫全曲 第1幕 No.1 導入部 私のような身分の女には(侯爵夫人/村人たち/農夫/ホルテンシウス) 台詞「皆さん私のそばにいて下さい」(侯爵夫人/ホルテンシウス)
歌劇≪連隊の娘≫全曲 第1幕 No.2 二重唱 なんという腰ぬけ野郎!(スュルピス/マリー)
歌劇≪連隊の娘≫全曲 第1幕 No.2 二重唱 戦火の中で 私は生まれた(マリー/スュルピス) 台詞「こんにちは、お父さん!」(マリー/スュルピス)
歌劇≪連隊の娘≫全曲 第1幕 No.3 合唱 さあ、さあ、歩け、歩け、さっさと歩け!(兵士たち/マリー/スュルピス/トニオ
歌劇≪連隊の娘≫全曲 第1幕 No.3 合唱 ラララ、etc. ア、ア、etc.〔連隊の歌〕(マリー/兵士たち/トニオ/スュルピス)
歌劇≪連隊の娘≫全曲 第1幕 No.3 合唱 点呼の太鼓がなったら(スュルピス/兵士たち) 台詞「気をつけ! 前へ進め!」(スュルピス)
歌劇≪連隊の娘≫全曲 第1幕 No.4 二重唱 みんなは、彼を手荒く連れて行った(マリー/トニオ)
歌劇≪連隊の娘≫全曲 第1幕 No.4 二重唱 何ですって?あなたが私を愛してる?(マリー/トニオ) 台詞「これは結構! またチロル訓に会えたな!」(スュルピス/マリー/ホルテンシウス/侯爵夫人)
歌劇≪連隊の娘≫全曲 第1幕 No.5 フィナーレ タラタタ、タラタタ、タラタタ、タタ!(伍長/兵士たち)
歌劇≪連隊の娘≫全曲 第1幕 No.5 フィナーレ ああ! 友よ! なんと楽しい日!(トニオ)
歌劇≪連隊の娘≫全曲 第1幕 No.5 フィナーレ 我らの仲間は恋をしてるぞ!(伍長/トニオ/兵士たち)
歌劇≪連隊の娘≫全曲 第1幕 No.5 フィナーレ 僕は軍人、僕は軍人(トニオ/スュルピス/伍長/兵士たち/マリー/侯爵夫人/ホウルテンシウス)
歌劇≪連隊の娘≫全曲 第2幕 間奏曲 台詞「さあ、彼女は、ドイツで一番の領主と結婚する!」
歌劇≪連隊の娘≫全曲 第2幕 No.6 三重唱 失ったロマンスをまた見つけること(侯爵夫人/スュルピス/マリー)
歌劇≪連隊の娘≫全曲 第2幕 No.6 三重唱 小さい森に陽が昇り(マリー/スュルピス/侯爵夫人) 台詞「こんなことは、神経にさわるわ…」(侯爵夫人/スュルピス/マリー)
歌劇≪連隊の娘≫全曲 第2幕 No.7 マリーのアリア こうなってしまって、私の運命は変わる(マリー/兵士たち) 台詞「友よ、仲間よ、やってきたな!」(スュルピス/兵士たち/マリー/トニオ/ホルテンシ
歌劇≪連隊の娘≫全曲 第2幕 No.8 三重唱 三人はまた会えた(マリー/トニオ/スュルピス) 台詞「誰かと思えば、へマリーがここに居るなんて!」(侯爵夫人/スュルピス/トニオ)
歌劇≪連隊の娘≫全曲 第2幕 No.9 トニオのロマンス お聞き下さい、お願いです!-マリーのそばに居るために(トニオ) 台詞「あなた、私の姪は婚約しました」(侯爵夫人/スュルピス/ホルテンシウス/侯
歌劇≪連隊の娘≫全曲 第2幕 No.10 フィナーレ ああ!まいりました!(マリー/侯爵夫人/トニオ/客たち/兵士たち/伍長/スュルピス)
歌劇≪連隊の娘≫全曲 第2幕 No.10 フィナーレ 戦いの最中に、運命のいたずらで(マリー/客たち/トニオ/侯爵夫人/スュルピス/公爵夫人/全員)
Io Conosco Un Giardino
Amor Ti Vieta // Fedora
Granada /original Version/
I Love You
Memoirs De Danton
Caruso
Sous Le Ciel De Paris
Solamente Una Vez /original Version/
Maria Mari
Si Toreno Quiero Se // Gato Montes El
Parlami D Amore Mariu
Tu Ca Nun Chiagne
Manha Do Carnaval // Orfeu Negro
Ti Voglio Tanto Bene /vocal/
Voce E Notte /vocal/
Del Soto Del Parral La
Nessun Dorma // Turandot /original/
Because
O Sole Mio
Surdato Nnammurato O /original/
Ay Ay Ay
Lolita
Standchen
Dicitincello Vuie /original/
Core Ngrato
You Ll Never Walk Alone // Carousel
1 2 3 4 5 6 7