Top>音楽ジャンル>ビューティーこくぶ

ビューティーこくぶ

来歴

中学生時代に教室などで余興で物真似を始める。
ある精密機械測定メーカーに営業マンとして勤務していた時に、知人に東京都新宿区のものまねライブハウス『そっくり館キサラ』に連れて来られ、いきなりステージで物真似ショーを演じたということが物真似タレントとなるきっかけとなった。なお、その時は『キサラ』に来たのは全く初めてで、演じたのは米米CLUBの物真似だった。
それからしばらくの間は営業マンと物真似タレントとを並行して活動していたが、次第に物真似に手応えを感じるようになり、後に会社を退職して物真似芸に専念することになる。当初は米米CLUBの物真似を中心に演じていたが、徐々にレパートリーを増やしていった。『キサラ』でデビューしてから約2年6か月後に『爆笑そっくりものまね紅白歌合戦スペシャル』のレギュラーとなる。
その後、2008年頃よりジャワネットたかな名義でエンタの神様に出演し、ジャパネットたかたの社長である高田明の物真似で出演している。それに目を付けたジャパネットたかた側が2009年1月から3月までビューティーこくぶをCMに起用していた。このCMでは高田明本人と共演している。
検索結果 3 件の見つかりました。
並び替え=> 最新閲覧数順 総合閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
 
CMの花道
取り扱い開始日:2005-02-23
CMの花道
CMの花道 (オリジナル・カラオケ)
キューティーハニー(心に沁みる編)
粉雪(ピッタシカンカン編)
かざぐるま(あこがれ編)
青春アミーゴ(小父さんをプロデュース編)
川の流れのように(女性の歌を唄っちゃった編)
大空と大地の中で(季節がら花粉症編)
抱きしめてTONIGHT(まだまだお盛ん編)
ただ…逢いたくて(ちょっとシビレル編)
どしゃ降りの雨の中で(きっとルーツ編)
ENDLESS STORY(興味本位編)
fragile(平成の歌ヒメ編)
このまま君だけを奪い去りたい(これってアリ編)
さよならから
取り扱い開始日:2013-10-23
さよならから
さよならから (オリジナル・カラオケ)
さよならから (半音下げオリジナル・カラオケ)
さよならから (出光仁美とあなたのカラオケ)
さよならから (ビューティーこくぶとあなたのカラオケ)
六甲の女 ~スペシャルバージョン~
六甲の女 ~スペシャルバージョン~ (オリジナル・カラオケ)

カテゴリー

ビューティーこくぶに関連したアーティスト



スポンサード リンク



スポンサード リンク

1