Top>音楽ジャンル>ビーニー マン

ビーニー マン

略歴

キングストンのウォーターハウス地区で生まれた。5歳のころ、音楽業界にいた叔父の薦めでDJを開始する。ビーニマンとは、パトワ(ジャマイカ訛りの英語)で「小さい人」を意味する。7歳のときテイスティー社主催のタレントコンテストで優勝し、翌年ヘンリー・"ジョンジョ"・ロウズのヴォルケイノ・レーベルより「TooFancy」でデビュー。
10歳でバニー・リーのプロデュースで初アルバムを出している。その後約10年の下積み期間を経て、1993年頃宿敵バウンティ・キラーとのクラッシュをきっかけに注目を浴びる。そのクラッシュのためにレコーディングした曲がパトリック・ロバーツのレーベル「ショッキング・ヴァイブス」を中心に次々にヒットしていった。因みに当時のショッキング・ヴァイブス・クルーの中心メンバーはビーニ・マン、タント・メトロ、スナガ・プス、シルバー・キャットであった。
翌1994年には年間最優秀男性DJ賞を受賞。同時期にラスタに改宗。
2000年にはメジャー初アルバムである『ArtandLife』でグラミー賞を受賞した。
その後も順調にキャリアを積み、ワイクリフ・ジョン、ジャネット・ジャクソン、マイアらと共演している。2007年の横浜レゲエ祭など1990年代後半から度々来日公演を行っている。
2006年8月にジャマイカ人女性アーティスト、ディ・エンジェルと結婚し一児をもうけるも翌2007年7月に離婚。同年10月にはジャマイカの税務署から脱税を指摘され、60万ドルの追徴課税を受けるなど近年はスキャンダルに悩まされている。
『ダンスホール・クイーン』(en:DancehallQueen)など映画のサウンドトラック制作も手がけている。

ビーニー マン ダリル・ホール&ジョン・オーツ

検索結果 3 件の見つかりました。並び替え=> 閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
ガール・アイ・ラヴ・ユー
アイ・ニード・ユア・ラヴ
セイ・ジーズ・ワーズ・オブ・ラヴ
パーキオメン
アイム・ソーリー
フォール・イン・フィラデルフィア
ウォーターホイール
リリー
悲しいめぐり逢い
ラスヴェガス・ターンアラウンド
シーズ・ゴーン(追憶のメロディ)
ユーア・マッチ・トゥー・スーン
イズ・イット・スター
イッツ・アンカニー
強き絆
レディ・レイン (Live at the New Victoria Theatre,London,England,1975/Previously Unreleased)
ビーニーGとバラの刺青 (Live at the New Victoria Theatre,London,England,1975/Previously Unreleased)
ベター・ウォッチ・ユア・バック (Live at the New Victoria Theatre,London,England,1975/Previously Unreleased)
アバンダンド・ランチョネット (Live at the New Victoria Theatre,London,England,1975/Previously Unreleased)
つめたい朝 (Live at the New Victoria Theatre,London,England,1975/Previously Unreleased)
いとしのカミリア
サラ・スマイル
ひとりぼっちの真夜中
ジーノ (2009 Remix) (Previously Unreleased)
山上のアンニュイ
僕からも、君からも
バック・トゥゲザー・アゲイン
リッチ・ガール
クレイジー・アイズ
愛は彼方に
八月の恋
イッツ・ア・ラーフ
君を失いたくない (7”Remix)
ウェイト・フォー・ミー
タイムズ・アップ
微笑は想い出
ハウ・ダズ・イット・フィール
ふられた気持
キッス・オン・マイ・リスト
エヴリタイム・ユー・ゴー・アウェイ (Live in Tokyo 1996/Previously Unreleased)
ユー・メイク・マイ・ドリームス
プライベート・アイズ
ヘッド・アバヴ・ウォーター
ディド・イット・イン・ア・ミニット
ユア・イマジネーション
アイ・キャント・ゴー・フォー・ザット
ドント・ゴー・アウト (Previously Unreleased)
マンイーター
ファミリー・マン
ワン・オン・ワン
ゴー・ソロ
セイ・イット・イズント・ソー
アダルト・エデュケイション
アウト・オブ・タッチ (7” Version)
メソッド・オブ・モダン・ラヴ
言わずにおいて
ポゼッション・オブセッション
ザ・ウェイ・ユー・ドゥ・ザ・シングス・ユー・ドゥ|マイ・ガール (7” Version)(Live at the Apollo Theater,Harlem,New York,May 23,1985)
エヴリシング・ユア・ハート・デザイアーズ (Video Mix)
ミスト・オポチュニティ
キープ・オン・プッシン・ラヴ
ストーム・ワーニング (Previously Unreleased)
チェンジ・オブ・シーズン
スターティング・オール・オーヴァー・アゲイン (Live in Toyko 1995/Previously Unreleased)
ソー・クロース (Live in Portland,OR 2006/Previously Unreleased)
ドゥ・イット・フォー・ラヴ
フォーエヴァー・フォー・ユー
ハートブレイク・タイム
オール・ザ・ウェイ・フロム・フィラデルフィア (Previously Unreleased)
ハヴ・ユー・エヴァー・ビーン・イン・ラヴ (Demo/Previously Unreleased)
ミー・アンド・ミセス・ジョーンズ (Live at John Jay College,New York,March 24,2003)
アイ・ウォント・サムワン (Live From Daryl’s House/Previously Unreleased)
ドゥ・ホワット・ユー・ウォント、ビー・ホワット・ユー・アー (Live 2007/Previously Unreleased)
ドリーマー (’72-’09 Redux/Previously Unreleased)
熱く胸を焦がして (ブルー・マンデー・ミックス)
スピニング・アラウンド (セヴンス・ディストリクト・クラヴ・メンタル・ミックス)
ワウ (デス・メタル・ディスコ・シーン・ミックス)
ラヴ・アット・ファースト・サイト (キッド・クレーム・ヴォーカル・ダブ)
スロウ (ケミカル・ブラザーズ・リミックス)
カム・イントゥ・マイ・ワールド (フィッシャースプーナー・ミックス)
レッド・ブラディッド・ウーマン (ホワイティ・ミックス)
アイ・ビリーヴ・イン・ユー (マイロ・ヴォーカル)
イン・ユア・アイズ (ナックルヘッズ・ミックス)
2・ハーツ (マーク・ブラウンズ・パシャ・イビザ・アッパー・テラス・ミックス)
オン・ア・ナイト・ライク・ディス (ビーニー&マティーニ・クラヴ・ミックス)
ギヴィング・ユー・アップ (ライトン・リ・ラブ・ヴォックス)
イン・マイ・アームズ (セバスチャン・レガー・ヴォーカル・ミックス)
ザ・ワン (ブリットロッカ・リミックス)
ユア・ディスコ・ニーズ・ユー (カジノ・レディオ&クラヴ・リミックス)
ブームボックス (LA・ライオッツ・リミックス) (新曲)
オール・アイ・シー featuring ミムズ (Bonus Japanese Edition Tracks)
ワウ (CSS リミックス) (Bonus Japanese Edition Tracks)
熱く胸を焦がして (グレッグ・カースティン・リミックス) (Bonus Japanese Edition Tracks)
熱く胸を焦がして (ブルー・マンデー・ミックス)
スピニング・アラウンド (セヴンス・ディストリクト・クラヴ・メンタル・ミックス)
ワウ (デス・メタル・ディスコ・シーン・ミックス)
ラヴ・アット・ファースト・サイト (キッド・クレーム・ヴォーカル・ダブ)
スロウ (ケミカル・ブラザーズ・リミックス)
カム・イントゥ・マイ・ワールド (フィッシャースプーナー・ミックス)
レッド・ブラディッド・ウーマン (ホワイティ・ミックス)
アイ・ビリーヴ・イン・ユー
イン・ユア・アイズ (ナックルヘッズ・ミックス)
2・ハーツ (マーク・ブラウンズ・パシャ・イビザ・アッパー・テラス・ミックス)
オン・ア・ナイト・ライク・ディス (ビーニー&マティーニ・クラヴ・ミックス)
ギヴィング・ユー・アップ (ライトン・リ・ラブ・ヴォックス)
イン・マイ・アームズ (セバスチャン・レガー・ヴォーカル・ミックス)
ザ・ワン (ブリットロッカ・リミックス)
ユア・ディスコ・ニーズ・ユー (カジノ・レディオ&クラヴ・リミックス)
ブームボックス (LA・ライオッツ・リミックス)
オール・アイ・シー featuring ミムズ (Bonus Japanese Edition Tracks)
ワウ (CSS リミックス) (Bonus Japanese Edition Tracks)
熱く胸を焦がして (グレッグ・カースティン・リミックス) (Bonus Japanese Edition Tracks)

カテゴリー

ビーニー マンに関連したアーティスト



スポンサード リンク



スポンサード リンク

1