Top>音楽ジャンル>ムーンライダーズ

ムーンライダーズ

結成

はちみつぱい(1971年結成、1974年解散)を母体として1975年に結成。同時代にもうひとつのムーンライダーズ(1972年結成、1974年解散)が存在(メンバーは鈴木順、鈴木博文、松本隆、矢野誠、山本浩美)していたが、鈴木博文が在籍していた事を除けば、完全に別物である。彼らは便宜上、後にオリジナル・ムーンライダーズと呼ばれることになった。
「ムーンライダーズ」とは、稲垣足穂の小説「一千一秒物語」の一節から鈴木慶一が命名したもので、オリジナル・ムーンライダーズの解散後にメンバーの鈴木博文、松本隆に名前の再利用の承諾を得て、その名前を使うことになった。デビューアルバムが「鈴木慶一とムーンライダース」だったため、徳間に移籍するまでの数年間の間は雑誌やテレビ・ラジオ等では「ムーンライダース」とされることが多かった。現在は英語での表記も初期の「MOONRIDERS」から「MOONRIDERS」になっている。
彼らははちみつぱいで為せなかった「音楽で食べていく」事を優先させるため、まず、アグネス・チャンのバックバンドを行うことによりバンドの経済的基盤を確立させた。1975年2月1日青森県五所川原市にて初めてアグネス・チャンのステージに立った。その後、香港ツアーにも同行するなどしてバックバンド活動は1976年2月まで続き、1975年7月25日の演奏の模様はアグネス・チャンのライブアルバム『ファミリー・コンサート』に収録されている。収録されていないが、各ステージでは「酔いどれダンス・ミュージック」も演奏していた。人気歌手のバッキング活動は、その後もキャンディーズなどへと続いたが、かしぶち哲郎は、途中、活動から離脱し細野晴臣のトロピカル・ダンディーズに参加するなどした。
1976年1月25日、「鈴木慶一とムーンライダース」として『火の玉ボーイ』でアルバムデビュー。当初、鈴木慶一のソロ・アルバムとして制作が進められていたが、手違いに近い形でバンド名がクレジットされることになった。再発の際に鈴木慶一の単独名義になった時期もあったが、現在リリースされている物は「鈴木慶一とムーンライダーズ」名義になっている。
検索結果 111 件の見つかりました。
並び替え=> 最新閲覧数順 総合閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
 
SHADOW CITY / 寺尾 聰
都会 / 大貫妙子
Still I Love You / 安部恭弘
誰より好きなのに / 古内東子
接吻 / オリジナル・ラブ
夜風のインフォメーション / 濱田金吾
Candy / 具島直子
エイリアンズ / キリンジ
MADONNA 49 / 片寄明人
こぬか雨 / 伊藤銀次
My Spinning Wheel / DOOPEES
SAY GOODBYE / 佐藤博
朝のドライブ / EPO
スタジオ・ミュージシャン / ムーンライダーズ
頬に夜の灯 / 吉田美奈子
ONO / GREAT3
December Song / 加藤和彦
Best Drop / SPIRITUAL VIBES
Diary / 佐橋佳幸
ベステン ダンク / 高野寛
FLYING SANTA CLAUS / 村田和人
Be Yourself / LOGIC SYSTEM
My Eye's On You / SING LIKE TALKING
FOOLS / EL-MALO
新しい風 / 岩下清香
一人のままで - There's No Shoulder - / 稲垣潤一
摩天楼ブルース / 山本達彦
テールライト / 桐ヶ谷仁
Fascination / 門あさ美
Reach Out / 彩恵津子
Saravah! / 高橋幸宏
火の玉ボーイ
取り扱い開始日:2001-12-12
あの娘のラブレター
スカンピン
酔いどれダンスミュージック
火の玉ボーイ
午後の貴婦人
地中海地方の天気予報|ラム亭のMAMA
ウエディングソング
魅惑の港
髭と口紅とバルコニー
ラム亭のテーマ|蛍の光
酔いどれダンスミュージック (Out take) (Bonus Tracks)
髭と口紅とバルコニー (Out take) (Bonus Tracks)
ラム亭のMAMA (Live 1976) (Bonus Tracks)
魅惑の港 (Live 1976) (Bonus Tracks)
ウエディングソング (Live 1976) (Bonus Tracks)
MANIA MANIERA
取り扱い開始日:2006-10-25
Kのトランク
花咲く乙女よ穴を掘れ
檸檬の季節
気球と通信
バースディ
工場と微笑
ばらと廃物
滑車と振子
温和な労働者と便利な発電所
スカーレットの誓い
花咲く乙女よ穴を掘れ (Single Version)
サマー・コネクション
微熱少年
ホン・コン・ナイト・サイト
ワンダー・ラスト
ウッド・ペッカー
北京ダック
マイ・ネーム・イズ・ジャック
くすりをたくさん
砂の女
ディスフィナード
恋の四月 恋の九月
チャタヌガ・チュー・チュー
100ワットの恋人
シー・イズ・ゴーン
グレート・アメリカン・ファンキー・ガール
ソバカスのある少女
気づいた時は遅いもの
都会
What′s Going On
航海日誌
青空百景
取り扱い開始日:2006-10-25
僕はスーパーフライ
青空のマリー
霧の10m2
真夜中の玉子
トンピクレンッ子
二十世紀鋼鉄の男
アケガラス
O・K、パ・ド・ドゥ
物は壊れる、人は死ぬ 三つ数えて、眼をつぶれ
くれない埠頭
ジングル・ベル (初CD化)
戦場のメリークリスマス
降誕節
I wish you a Merry Christmas
東京クリスマス
Christmas in the air
ドアを開ければ……
EXIST
アフリカのクリスマス
戦場のメリークリスマス
絵本の中のクリスマス
スプーン一杯のクリスマス
25 Dec. 1983
I wish it could be Christmas everyday
むこう岸
地球を取って
80A.B
テディの歌
ジャッキーの歌
ワン・ニャン・ワン(オモチャのチャチャチャ)
イントロダクション・パパ
パパ
愛する勇気
花粉
括弧
迷い
サ・ヴァ、サ・ヴィアン
出逢い星
むこう岸
A.O.R
取り扱い開始日:2006-09-29
幸せの洪水の前で
ダイナマイトとクールガイ(アルバム・ミックス)
シリコン・ボーイ(アルバム・ヴァージョン)
さよならを手に
現代の晩年
WOO BABY
ONE WAY TO THE HEAVEN
レンガの男
無職の男のホットドッグ
月の爪
25 Dec. 1983
銀紙の星飾り
Belle Tristesse 妙なる悲しみ
Prelude et Choral
降誕節
Ce jour la…… (あの日)
祈り
ほこりだらけのクリスマス・ツリー
WHITE AND WHITE
ドアを開ければ……
アマチュア・アカデミー~20th Anniversary Edition~
取り扱い開始日:2004-12-29
Y.B.J.
30
G.o.a.P.
B TO F
S・E・X
M.I.J.
NO.OH
D/P
BLDG
B.B.L.B.
BLDG (英語ヴァージョン)
Goap (ライブ)
SEX (ライブ)
NO/OH (ライブ)
MIJ (シングルver)
GYM (シングルver)
Happy Birthday (完全未発表曲)
1979.7.7 アット・久保講堂
取り扱い開始日:2007-04-04
OVER TURE
トラベシア
ドッグ・ソング
Beep Beep Be オーライ
ウスクダラ
アニメーション・ヒーロー
週末の恋人
砂丘
オールド・レディ
夜の伯爵
スパークリング・ジェントルメン
いとこ同士
マイ・ネーム・イズ・ジャック
スイマー
ジェラシー
ジャブ・アップ・ファミリー
スタジオ・ミュージシャン
TWIN BEST
取り扱い開始日:1999-03-10
幸せの洪水の前で
YER BLUES
涙は悲しさだけで,出来てるんじゃない
ガラスの虹
ダイナマイトとクールガイ(シングル・ミックス)
Who’s gonna die first?
現代の晩年
シリコン・ボーイ(シングル・ヴァージョン)
さよならを手に
10時間
犬の帰宅
Christ,who’s gonna die and cry?
駅は今,朝の中
9月の海はクラゲの海
Come sta,Tokyo?
くれない埠頭
スカーレットの誓い
Highland
月の爪
D/P
幸せな野獣
ONE WAY TO THE HEAVEN
無職の男のホットドッグ
はい!はい!はい!はい!
WOO BABY
プラトーの日々
Who’s gonna cry?
レンガの男
シリコン・ボーイ(アルバム・ヴァージョン)
クラウン・イヤーズ・ベスト&LIVE
取り扱い開始日:2011-01-12
紅いの翼
スパークリング・ジェントルメン
マスカット・ココナッツ・バナナ・メロン
砂丘
ジェラシー (シングルver.)
Beep Beep Be オーライ
スイマー
スタジオ・ミュージシャン
ジャブ・アップ・ファミリー
いとこ同士
ヴィデオ・ボーイ
モダーン・ラヴァーズ
彼女について知っている二、三の事柄
無防備都市
水の中のナイフ
欲望
ヴァージニティ (シングルver.)
地下水道 (KANAL DUB)
エレファント
ヴィデオ・ボーイ (シングルver.)
ヴィデオ・ボーイ
グルーピーに気をつけろ
ヴァージニティ
バック・シート
鬼火
モダーン・ラヴァーズ
イスタンブール・マンボ
Beep Beep Be オーライ
ハバロフスクを訪ねて
ブラッディマリー
プカプカ
ねこ
ハイサイおじさん
摩天楼のヒロイン
月夜のドライブ
スーキー・スーキー
気まぐれ天使
た・くわん
もっと泣いてよフラッパー
ANIMAL INDEX
取り扱い開始日:1994-05-20
悲しいしらせ
犬にインタビュー
ウルフはウルフ
羊のトライアングル
さなぎ
Acid Moonlight
HEAVY FLIGHT
夢が見れる機械が欲しい
Frou Frou
駅は今、朝の中
僕は走って灰になる
歩いて、車で、スプートニクで
かしぶち哲郎SONG BOOK
取り扱い開始日:1998-05-02
砂丘
Beep Beep Be オーライ(Single Version)
ハバロフスクを訪ねて
オールド・レディー
トラベシア
バック・シート
狂ったバカンス
スカーレットの誓い
気球と通信
二十世紀鋼鉄の男
S・E・X(個人調査)
D/P(ダム/パール)
さなぎ
Frou Frou
CLINIKA(Unreleased Vocal Version)
プラトーの日々
ガールハント
BEATITUDE
愛はただ乱調にある
春のナヌーク
君に青空をあげよう
Happy Life
ニットキャップマン外伝
ニットキャップマン
僕は負けそうだ
オー何テュー事ナンダロウ
ガールハント
狂犬
風のロボット
スプーン一杯のクリスマス
みんなはライヴァル
気絶するほど悩ましい
銃爪
季節の中で
真夜中のドア~Stay With Me~
まちぶせ
ダンスはうまく踊れない
時をかける少女
星空のディスタンス
ふられ気分でRock`n` Roll
PARADAISE LOST
白い炎
天使のウインク
花咲く乙女よ穴を掘れ
Song for U.S.A.
Mother`s Touch
スペシャル・ボーイフレンド
ちいさな星
Frou Frou
DON’T TRUST ANYONE OVER 30
青空のマリー
ボクハナク
ギタ“夢”ギドラ 06’
煙草路地
赤色エレジー
塀の上で
スカンピン
夢ギドラ 85’
彼女について知っている二、三の事柄
Elephant
9月の海はクラゲの海
くれない埠頭
A Song For All Good Lovers
ソバカスのある少女(ティン・パン・アレー)
チャウ・チャウ・ドッグ(細野晴臣)
TOKYO・ハーバーライン(鈴木茂)
Beep Beep オーライ(ムーンライダーズ)
月にてらされて(ティン・パン・アレー)
午後の休息(大貫妙子)
レイニー・ステーション(鈴木茂)
霜の降りた朝(松任谷正隆)
スイマー(ムーンライダース)
明日から,ドラマ(大貫妙子)
はあどぼいるど町(ティン・パン・アレー)
気づいた時は遅いもの(松任谷正隆)
スタジオ・ミュージシャン(ムーンライダーズ)
北京ダック(細野晴臣)
1 2 3 4 5 6