Top>音楽ジャンル>ライオネル リッチー

ライオネル リッチー

人物

1974年に、コモドアーズのメンバーとしてデビュー。1982年からはソロ活動を行うようになり、1983年にリリースされたアルバム『オール・ナイト・ロング(Can'tSlowDown)』は、全世界でトータルセールス2000万枚を超える彼の一大出世作である。そんな彼の代表曲でもある「エンドレス・ラブ」や「オール・ナイト・ロング」等は、時代を超えるR&Bのスタンダードナンバーとして、現在も非常に人気が高い。
プライベートでは、1975年に大学で知り合ったブレンダ(BrendaHarvey)と結婚しており、彼女と共に、1983年にニコール・リッチーを養子に迎え入れている。しかし1993年に離婚し、25億円の慰謝料を支払ったと言われている。
検索結果 1 件の見つかりました。
並び替え=> 最新閲覧数順 総合閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
 
行け、わが思いよ、黄金の翼にのって (歌劇≪ナブッコ≫より)
ヴォラーレ
プレイヤー duet with ルル
オ・ソレ・ミオ
アヴェ・マリア
マティナータ
ペラギアの歌 (映画『コレリ大尉のマンドリン』より)
ユー・アー・ソー・ビューティフル
サムホェア (ミュージカル≪ウェスト・サイド・ストーリー≫より)
冷たい手を (歌劇≪ラ・ボエーム≫より)
星は光りぬ (歌劇≪トスカ≫より)
マジック・オブ・ラヴ duet with ライオネル・リッチー
キャッチ・ザ・ティアーズ
ロスト・イン・ザ・スノウ
清きアイーダ (歌劇≪アイーダ≫より)
ホェア・マイ・ハート・ウィル・テイク・ミー (『スター・トレック』テーマ)
サムワン・ライク・ユー duet with フェイ・トーザー (Bonus Track)
(エンハンスド)サムワン・ライク・ユー (フェイ・トーザーとのプロモーション・ビデオ映像)

カテゴリー

ライオネル リッチーに関連したアーティスト



スポンサード リンク



スポンサード リンク

1