Top>音楽ジャンル>峰さを理

峰さを理

略歴

敦賀市のかまぼこ店の娘として生まれる。
1970年、宝塚音楽学校に入学。
1972年、58期生として宝塚歌劇団に入団。雪組公演『かぐら/ザ・フラワー』。同期生に元専科の邦なつき、元花組組長の星原美沙緒、女優の寿ひずる、高汐巴がいる。
同年8月、関西テレビの番組「ザ・タカラヅカ!」に出演するユニット「バンビーズ」の8期生に選ばれる。同じく選ばれた寿、高汐とともに、翌年3月までほぼ毎週テレビ出演することとなる。
1973年4月2日、星組に配属。寿、高汐と同期生トリオとして使われ、注目を浴びる。
同年9月、『この恋は雲の涯まで』新人公演で主役、源義経を演じる。研2(入団2年目)での新人公演主演は(当時の)新記録だった。その後も新人公演の主役を、多数務める。
1983年、瀬戸内美八の後任として、東京公演『アルジェの男/ザ・ストーム』にて星組トップスターに就任。姿晴香が1作のみ相手役を務めた。
1984年、南風まいが相手役に。この年後半には湖条れいかも相手役に就任し、異例のダブル娘役トップ体制になる。
1987年11月29日、宝塚歌劇団を退団。最終出演公演の演目は星組・東京公演『別離の肖像』。
退団後は女優として・日本舞踊家「西崎峰」として舞台活動を続けるほか、宝塚歌劇団で日本ものの振付も手がけている。

検索結果 4 件の見つかりました。
並び替え=> 最新閲覧数順 総合閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
 
愛あればこそ
心のひとオスカル
白ばらのひと
結ばれぬ愛
愛の怯え
バラのスーベニール
ばらベルサイユ
そは薔薇の花
愛の巡礼
白ばらのひと
別れの紅薔薇
神に召されて
薔薇になみだを
美しき愛の誓い
夢の馬車
駆けろペガサスの如く
そは薔薇の花
愛あればこそ

カテゴリー

峰さを理に関連したアーティスト



スポンサード リンク



スポンサード リンク

1