Top>音楽ジャンル>朝香じゅん

朝香じゅん

来歴

1975年、宝塚音楽学校を卒業後、61期生として宝塚歌劇団に入団。同期生には、元花組娘役トップ(1981年-1985年)の若葉ひろみ、元星組娘役トップ(1983年-1986年)の湖条れいか、元専科の一原けい、現役では元雪組組長(1996年-1998年)の箙かおるがいる。月組公演『春の宝塚踊り/ラムール・ア・パリ』で初舞台を踏む。
1976年に星組に配属後、1979年には『アンタレスの星』の新人公演にて二番手の役に抜擢。1980年には『恋の冒険者たち』で新人公演初主演。
1982年、花組に組替え。組替え後、自身最後の新人公演となる『夜明けの序曲』でも主役・川上音二郎を演じる。
高汐巴トップの時代には三番手スターとして活躍し、1988年、大浦みずきトップ就任に伴い二番手スターに昇格。同年、宝塚大劇場公演『春ふたたび』にて主演を務める。
1989年、地方公演(全国ツアー)『春ふたたび/ザ・レビュースコープ'89』にて、ニューヨーク公演に出演中だった大浦に代わりトップスターとして出演。
1991年、『春の風を君に…/ザ・フラッシュ!』の後、星組時代最後の新人公演で主役を務めた『小さな花がひらいた』(バウホール・日本青年館公演)で再び主役を務め、この作品で相手役を務めた梢真奈美と共に宝塚歌劇団を退団。
退団後は舞台・テレビ・ライブを中心に活躍している。
検索結果 2 件の見つかりました。
並び替え=> 最新閲覧数順 総合閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
 
1