Top>音楽ジャンル>森奈みはる

森奈みはる

来歴・人物

母は宝塚歌劇団卒業生(41期生)の武蔵野裕美。
高校在学中にタレントとして活動。高校の同級生には本田美奈子.、南野陽子、岡田有希子、長山洋子などがいた。
1986年、高校卒業後、宝塚歌劇団出身である母の薦めで宝塚音楽学校に入学。74期生。
1988年、宝塚歌劇団入団。入団時の成績は11番。『キス・ミー・ケイト』で初舞台を踏み、花組に配属。同期には和央ようか・麻乃佳世・白城あやか・渚あきら。
1990年、『秋…冬への前奏曲』にて新人公演初ヒロイン。
1991年、『ディーン』にてバウホール公演初ヒロイン。その後、安寿ミラの相手役としてトップ娘役に就任。『心の旅路』、『メランコリック・ジゴロ』、『ブラック・ジャック危険な賭け』、『火の鳥』などの代表作を残す。
1995年、『哀しみのコルドバ/メガ・ヴィジョン』を最後に安寿と共に宝塚歌劇団を退団。以後、ミュージカル・舞台などで活動。
在団当時、同時期にトップ娘役を務めた同期の麻乃(月組)・白城(星組)と共に「74期3人娘」と称された。
彼女にあこがれて入った生徒も多く、元雪組トップ娘役の紺野まひるもその一人である。
検索結果 3 件の見つかりました。
並び替え=> 最新閲覧数順 総合閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
 

カテゴリー

森奈みはるに関連したアーティスト



スポンサード リンク



スポンサード リンク

1