Top>音楽ジャンル>白城あやか

白城あやか

略歴

1986年、宝塚音楽学校入学。74期生。
1988年、宝塚歌劇団入団。入団時の成績は5番。『キス・ミー・ケイト』で初舞台を踏み、花組に配属。同期には和央ようか・麻乃佳世・森奈みはる・渚あきら。1991年、『春の風を君に…』にて新人公演初ヒロイン。その後、星組に組替え。
1991年、『グランサッソの百合』にてバウホール公演初ヒロイン。
1992年、『白夜伝説/ワンナイト・ミラージュ』より、紫苑ゆうの相手役として星組トップ娘役に就任。
1994年、紫苑の退団に伴い、後任に麻路さきがトップスターに就任し、相手役を務める。翌1995年、阪神・淡路大震災直後の2月名古屋中日劇場『若き日の唄は忘れじ/ジャンプ・オリエント!』を麻路と共に無事につとめ上げ、3月に『国境のない地図』にて新トップコンビお披露目。
在団中は『紫禁城の落日』の浩、『うたかたの恋』のマリー・ヴェッツェラ、『若き日の唄は忘れじ』のふく、『国境のない地図』のベロニカ/ザビーネ、『エリザベート-愛と死の輪舞-』のタイトルロールのエリザベート、『カサノヴァ・夢のかたみ』のポンパドゥール夫人、『武蔵野の露と消ゆとも』の皇女和宮等、多様な役を演じた。唯一のコメディ作品とも言える『Action!』ではコメディエンヌとしての才能も披露した。
1997年3月31日、『エリザベート-愛と死の輪舞-』東京宝塚劇場公演の千秋楽をもって宝塚歌劇団を退団。
私生活では退団後の1998年に中山秀征と結婚。現在は4人の息子の母である。当初は家事・育児に専念していたが、2002年にテレビ番組の『TakarazukaCafeBreak』の司会や、夫婦揃ってのCM出演、2006年の『エリザベート10周年ガラコンサート』への出演など行っている。2011年には、自身のブログを開設した。
検索結果 3 件の見つかりました。
並び替え=> 最新閲覧数順 総合閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
 

カテゴリー

白城あやかに関連したアーティスト



スポンサード リンク



スポンサード リンク

1