Top>音楽ジャンル>篠原太郎

篠原太郎

経歴

1963年、東京都に生まれる。小学校の終わりに姉の影響でビートルズを聴き音楽に目覚める。
1977年、中2で初めてギターを手にし、バンドを組む都合でベースを始める。マルチプレーヤー志向があったためピアノも弾き始める。
高校入学後、THEJAM、THECLASHやビートルズ等のマージー・ビートのコピー・バンドにボーカル・ベースで参加。高校のジャズ部にも所属し、スタンダードなブルース形式の曲を演奏するバンドでピアノ・ベースを担当する。
1980年、高3の時、ジャズ部のメンバー2人と3人編成のニュー・ヴェイヴ系のバンド「Beta」を結成。EastWest等のコンテストに出場する。
1981年、高校の頃に組んでいたコピーバンドが、THEBEATLONDONERS名義となり、オリジナル中心で再開。ボーカル・ベースを担当。
1982年前半、THEBREAKERSにドラム・ボーカルとして加入。後にベース・ボーカル担当に変わる。
1984年、THEBREAKERS活動中に桑田りんに楽曲提供。
1985年、THEBREAKERS解散。以降、作家として真田広之、須藤薫、横山輝一に曲・詩を提供。
1988年2月、メルダックからシングル「CRYINGYOUTH」、3月に同名のファースト・アルバムでソロ・デビュー。ザ・コレクターズの古市コータローのソロアルバムに詞を提供。
1989年4月、セカンド・アルバム「光と陰」発売。この頃ソロ活動に疑問を感じ始め、「B-JACKS」を結成し、再びバンド活動を始める。
1991年、B-JACKSからキーボーディストが脱退、バンド名を「THEBRICK'STONE」に改名。同年真島昌利のソロツアーに参加。
1993年、BMGビクターからデビュー。アルバムを2枚リリース後、インディーズに戻る。
2009年以降、Moonlights、Bohemians、Briar等のバンドのレコーディングにプロデューサー、エンジニアとして参加。
現在もTHEBRICK'STONEで精力的に活動し、自主制作アルバムもリリース。他に、元THESHAMROCKの山森ジェフ正之らと「ピノキオズ」としても活動中。2012年からは自身のソロ・ユニット「BRICKPIECE」も始動している。

検索結果 4 件の見つかりました。
並び替え=> 最新閲覧数順 総合閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
 
CRYING YOUTH
取り扱い開始日:1988-02-21
CRYING YOUTH
YOUNG BOY BLUES
光と蔭
取り扱い開始日:1989-04-08
蔭の中
MISUNDERSTANDING
KIDS ARE IN LOVE
ここにあるもの
偶像が落ちていく
VAMP!
君といたい
Grooveが欲しい
時計じかけの世界
光に
CRYING YOUTH
取り扱い開始日:1988-03-21
CRYING YOUTH
Let’s Beat
Ain’t She Hip?
朝のうた
YOUNG BOY BLUES
彼女は夜
少年の日の記憶
NO ANGEL
Hazy!Dozy!Jack A Dandy
GET YOUR KICKS
キスしてほしい~トゥー・トゥー・トゥー(ザ・ブルー・ハーツ)
アクリリック・ナイト(Johnny吉長)
夜空の星くず(真島昌利)
何も言えなくて(J-WALK)
銀の時計(アンジー)
ハイウェイ・バス(MAGIC)
いつか見た夢(Jaco-neco)
ムーンライト・ロリータ(Gedo['])
アンダルシアに憧れて(真島昌利)
ギヴ・ミー・ラヴ(TENSAW)
天国に結ぶ恋(人間椅子)
雪は…(THE KIDS)
君といたい(篠原太郎)
ラヴレター(ザ・ブルー・ハーツ)
夢じかけロマンス(The ALPHA)

カテゴリー

篠原太郎に関連したアーティスト



スポンサード リンク



スポンサード リンク

1