Top>音楽ジャンル>麻実れい

麻実れい

人物・エピソード

東京の神田明神界隈で刀剣金具製造業(鍔など)の父のもと三人姉妹の末子として生まれる。幼稚園時からバレエを習い、高校3年生の時に宝塚ファンであった姉達の勧めで音楽学校を受験し合格した。

宝塚歌劇団退団直後の1985年8月、日本航空123便墜落事故当日、仕事が早く終わったため、123便をキャンセルし1便早い飛行機に振り替えて難を逃れた逸話を持つ。ちなみに明石家さんま・稲川淳二・逸見政孝らも同じ逸話を持っている。

私生活では、1995年7月に曙ブレーキ工業株式会社の会長・信元久隆と結婚。信元は再婚であり前妻とは死別している。

本来ならば1984年の『風と共に去りぬ』で退団することを決めていたが、偶然にも相手役の遥も退団を決めており、退団の意思を遥が先に切り出した為、「雪組の二本柱が同時に出てしまうと土台ががたついてしまう」という理由で一旦自分の退団予定を取り下げた。遥を送り出した後は「多数の若手娘役たちと組んだりして成長させてあげたい」という意思があり、後任の相手役を決めなかったという。

検索結果 4 件の見つかりました。
並び替え=> 最新閲覧数順 総合閲覧数順 リリース日順 最新リリース日順
 
幸福を売る男
バラ色の人生
私は首ったけ
夢の中に君がいる
ろくでない
アプレ・トワ
サン・トワ・マミー
愛の幕切れ
じらさないで
パリ野郎
私の心はバイオリン
愛と讃歌
そして今は
ラストダンスは私に
サン・トワ・マミー
明日は月の上で
群衆
ケ・セラ
誰もいない海
愛の讃歌
じらさないで
洒落にしましょう
アマリア
ラストダンスは私に
ろくでなし
メランコリ-
そして今は
幸福を売る男
ラストダンスは私に
一寸失礼ムッシュ(アダモ・メドレー)|夢の中に君がいる(アダモ・メドレー)|ろくでなし(アダモ・メドレー)
芸人達
ブラボー・クラウン
一寸おたずねします
人生は歌だけ
白い夜
夜ひらく花の
パリ野郎(パリ・メドレー)|セ・シ・ボン(パリ・メドレー)|オー・シャンゼリゼ(パリ・メドレー)
すみれの花咲く頃
筏流し

カテゴリー

麻実れいに関連したアーティスト



スポンサード リンク



スポンサード リンク

1